平成25年度「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」

平成26年度「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」が実施されています。

  「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」は、科学研究費助成事業(KAKENHI)から生まれた研究成果を我が国の将来を担う小中高校生に広く伝えることで、人文学・社会科学から自然科学にわたるさまざまな分野の科学の楽しさを身近に感じてもらうために平成17年度から実施している事業で、今年で10年目を迎えました。
  小中高校生の皆さんに、最先端の研究を行っている大学等へ実際に来ていただき、大学等の研究室でしか体験できない最先端の実験や調査をするとともに、第一線で活躍する研究者から直接話を聞くことができる点にポイントがあります。
  今年度のプログラムは、全国の145機関で平成27年1月まで随時実施されています。皆さんのご参加をお待ちしています。

ひらめきときめきサイエンス
■実施プログラム例の紹介

8月5日(火)福岡女子大学「ナメクジは賢い!~ナメクジの学習行動と脳の仕組み~」

8月7日(木)京都大学「カオス・フラクタルの世界の魅力に触れる」

8月22日(金)東海大学「展覧会をつくろう!! 日本画の魅力と学芸員のしごと」


 




  平成26年8月7日に京都大学で「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」によるプログラム「カオス・フラクタルの世界の魅力に触れる」が開催されました。このプログラムは高校生を対象に、カオス・フラクタルといった現象に関して、身近な例を通して勉強し、そのおもしろさと自然の奥深さの一端を垣間見ることを目的としています。


先生によるお手本オペ

オリエンテーションの様子

  当日は、まず実施代表者の宮崎教授から、プログラムの趣旨等を説明するオリエンテーションが行われ、つづいて様々なトピックについて、大学院生や外部の講師による講義と実習を交える形で進みました。具体的には、実習だけでも、

・電卓や二重振り子を用いたカオスの例示
・セミの個体数変化を説明するためのロジスティック写像のふるまい
・洗濯ホースや人形を用いた自励振動の体験
・水の滴下実験によるカオスの体験実験
・単純な図形によるフラクタル次元の算出
・航空写真を用いた海岸線のフラクタル次元の算出
・散逸構造の例として、ホットプレートと油を用いたベナール対流の観察
・メトロノームを用いた同期現象の例示
・電子レンジを使ったプラズマ発生実験
・ガラス管や狭い電極を用いた放電によるプラズマ実験


ロジスティック写像のパラメータを変えて、エクセルでセミの個体数変化を計算

ロジスティック写像のパラメータを変えて、エクセルでセミの個体数変化を計算

海岸線のフラクタル次元の計測

海岸線のフラクタル次元の計測、地道な作業です。使っている写真は講師の地元長崎だそうです

と、多岐にわたっており、それぞれ身近なものを使ってできるだけ簡単に、カオスなどの現象を体験できるよう工夫されていました。
  特に目を引いたのは、電子レンジを用いたプラズマ実験で、例えば薄膜フィルムが一瞬発光して、フラクタル上のひび割れパターンを示したり、容器の中で見事な火の玉が発生したりと、参加者の目を奪うような演示実験が多くなされました。

海岸線のフラクタル次元の計測

電子レンジで発生させた火の玉。ものすごい光!

  それぞれの講義・実習の合間には、抹茶とお菓子や、プレッツェルというドイツ発祥のパンの一種が振る舞われ、宮崎教授の海外での研究経験を元に、自国や他国の文化を知ることが、国際的な舞台で研究していく上で重要であることが説かれました。

  すべての講義と実習が終わったのち、日独の二カ国語で書かれたプログラムの修了証書が全参加者に手渡されました。長時間かつ濃密なプログラムでしたが、参加者は最後まで集中力を切らさず、講義や実習などに取り組んでいました。

  カオス・フラクタルといった少し取っつきにくいテーマでしたが、わかりやすい導入部の説明と見た目や中身のインパクトの大きい実習を通して参加者の興味を引き、好奇心をかき立てている点が印象的でした。


日独二カ国語で書かれたユニークな修了証書

日独二カ国語で書かれたユニークな修了証書。名前は毛筆の直筆で書かれています