事業の成果

科学研究費助成事業

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

最近のユニークな研究成果

(「科研費NEWS 2012 vol.4」より)

写真:廣田律子教授

人文・社会系

ヤオ族の儀礼知識と儀礼文献の保存・活用・継承
神奈川大学 経営学部 教授 廣田 律子
ヤオ族は中国ばかりでなくタイをはじめとする東南アジアやアメリカ等世界各地に分散して居住しており、ヤオ族の儀礼文献・文書は、多面的で豊富な内容をもつにも関わらず、解読すること自体が充分に実現されてきませんでした。・・・

もっと読む

写真:椎名勇教授

理工系

医薬品の不純物を有効成分に変化させる方法の開発 (純度は2倍、効果は3〜4倍!)
東京理科大学 理学部 教授 椎名 勇
薬などに使われる有機化合物には、右手と左手のように鏡に映すと重ね合わせられる構造を持つものがあります。これらを鏡像異性体と呼びます。 ・・・

もっと読む

写真:宮田麻理子教授

生物系

末梢神経損傷により生じる早期の中枢神経回路の 「つなぎ換え」現象
‐幻肢痛発症の解明の手がかりへ‐

東京女子医科大学 医学部 第一生理学教室 教授 科学技術振興機構 さきがけ 宮田 麻理子
脳には身体部位に応じて身体感覚を知覚する機能局在が存在し、脳地図は神経細胞同士の配線である神経回路によって構成されています。・・・

もっと読む

その他の研究成果は科学研究費助成事業成果ページへ