事業の成果

科学研究費助成事業

科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

最近のユニークな研究成果

(「科研費NEWS 2012 vol.3」より)

写真:今津節生課長

人文・社会系

X線CTを用いた国宝阿修羅像の健康状態調査と製作技術の解明
国立文化財機構 九州国立博物館 博物館科学課長 今津 節生
天平の美少年、阿修羅像をはじめとする奈良・興福寺の八部衆・十大弟子は天平彫刻の最高傑作として知られています。・・・

もっと読む

写真:河田惠昭教授

理工系

新たな巨大複合災害の減災戦略とその活用
関西大学 社会安全学部 教授 河田 惠昭
1948年の福井震災や1959年の伊勢湾台風は、同種・異種の災害が連続発生する複合災害であり、甚大な被害をもたらしました。 ・・・

もっと読む

写真:樋田京子特任准教授

生物系

がん血管の特異性の解明と新しいがん治療・診断法への応用
北海道大学 大学院歯学研究科口腔病態学講座 血管生物学教室 特任准教授 樋田 京子
私たちのからだの中でライフラインとして機能している血管は、病気の発症や進行においてもとても重要な働きをしています。がんは自らが成長し転移するために血管を呼び寄せ沢山の血管を作らせます。・・・

もっと読む

その他の研究成果は科学研究費助成事業成果ページへ