事業の成果

科学研究費補助金事業

科学研究費補助金は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

最近のユニークな研究成果

(「科研費NEWS 2011 vol.2」より)

写真:兼岡理恵准教授

人文・社会系

風土記受容史 ―風土記からひもとく土地へのまなざし―
千葉大学 文学部 准教授 兼岡 理恵
風土記とは、和銅6年(713)に出された命によって各地で編纂された報告書です。しかしまとまった形で現存するのは常陸・播磨・出雲・豊後・肥前の5ヶ国のみ、さらにいずれも完本ではありません。こうした状況から・・・

もっと読む

写真:古村 孝志教授

理工系

東北地方太平洋沖地震の巨大津波の謎を解く
東京大学  大学院情報学環総合防災情報研究センター  教授 / 地震研究所  教授 古村 孝志
これまで宮城県沖ではマグニチュード(M)7.5~8.0の地震が繰り返し発生してきており、30年以内に99%の確率で同規模の地震が起きると考えられてきました。ところが・・・

もっと読む

写真:井上貴美子専任研究員

生物系

体細胞クローン動物が産まれにくい原因はX染色体の異常にあった
独立行政法人理化学研究所 遺伝工学基盤技術室 専任研究員 井上 貴美子
体細胞クローン技術とは、体内の体細胞を未受精卵子に移植することによって元の動物と全く同じ遺伝子を持った新たな生命を作り出す技術のことです。哺乳動物で初めて発表されたのは1997年のことであり・・・

もっと読む

その他の研究成果は科学研究費助成事業成果ページへ