事業の成果

科学研究費補助金事業

科学研究費補助金は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。

最近のユニークな研究成果

(「科研費NEWS 2010 vol.4」より)

写真:教授

人文・社会系

人口移動の功罪
大阪大学 大学院経済学研究科 准教授 佐藤 泰裕
近年、国内地域間・国際間の人口移動はますます活発になっています。こうした移動は、移動元、移動先の地域・国にとって労働供給の変化を意味し、そこの労働条件(賃金や失業率など)に様々な影響を及ぼすため、多くの分析が行われてきました・・・

もっと読む

写真:教授

理工系

糖鎖高分子を用いた生体機能材料の開発
九州大学 大学院工学研究院 教授 三浦 佳子
細胞表面の糖鎖は、タンパク質や細胞と相互作用して、生体の認識信号として働いていることが知られています。私は糖鎖を生体認識性の分子素子と考えて、これを高分子に組み込むことで生体機能材料の開発を行っています・・・

もっと読む

写真:教授

生物系

単細胞生物粘菌の「賢さ」を探る
公立はこだて未来大学 システム情報科学部 教授 中垣 俊之
「単細胞」という日本語には、「知的レベルの低いこと」という一般的な意味があります。しかし、単細胞生物が数億年にもわたって進化の洗練を経たことを思い起こしてみますと、あながち馬鹿にしたものではないかもしれません・・・

もっと読む

その他の研究成果は科学研究費助成事業成果ページへ