事業の成果

科学研究費補助金事業

科学研究費補助金は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピア・レビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。


最近のユニークな研究成果

(「科研費NEWS 2009 vol.4」より)

写真:教授

人文・社会系

キャラクターと言葉をつなぐ「役割語」の研究
大阪大学大学院文学研究科 教授 金水 敏
まず、次の日本語の例をご覧下さい。
1. そうじゃ、わしが知っておるんじゃ。2. そうですわよ、私が存じておりますわ。3. そや、わしが知っとるでえ。
日本語の母語話者であれば、これらの台詞をどんな人(性別、年齢、出身地など)であるかということはおおよそ推測がつくと思います。例えば1ならおじいさん(ひょっとしたら、博士)、2なら上品な女性(お嬢様など)、3なら・・・

もっと読む

写真:教授

理工系

太陽系外の惑星とその誕生現場を直接に観測する
自然科学研究機構 国立天文台 准教授 田村 元秀
太陽系外の惑星とその誕生の場は、太陽系内の8つの惑星とそれらの形成を理解し、さらには、宇宙の生命を科学的に議論する上で最も重要な観測対象です。1995年以降、太陽系外惑星は次々と発見されてはいましたが、すべて間接観測によるものであり、直接観測の例はありませんでした。いっぽう、惑星が生まれる現場である原始惑星系円盤も、直接観測は極めて数が少なく、その形態について・・・

もっと読む

写真:教授

生物系

青色の花の発色の仕組み
名古屋大学大学院情報科学研究科 准教授 吉田 久美
身近な花の色の仕組みは、19世紀から研究されています。それでもまだ、なぜ「バラは赤でスミレは青く」、「アジサイの色が変わるのか」などわからないことが沢山残っています。花の色はほとんどがアントシアニンというポリフェノール色素によります。この色素は、薄めた水溶液中では不安定で、色を保つことができません。しかし花弁細胞の中では、色素分子を安定化し色・・・

もっと読む


その他の研究成果は科学研究費助成事業成果ページへ