職員採用情報 -学術研究を支える先駆者の一員に-

非常勤職員採用情報

(独)日本学術振興会 短時間勤務有期雇用職員募集要項

1. 募集職種、人員、職務内容

職  種 人 数 主 な 職 務 内 容
特任職員 1名

研究協力第二課における業務
① 学術交流に関する国際交流事業全般において、
・審査会や会議等の資料作成、審査委員との連絡・調整
・国内研究機関担当者及び研究者等との連絡・調整
・申請システムや日常管理システムの改修にかかる振興会内・業者との連絡・調整
・申請受付・処理業務
・各種提出書類の確認
・データ入力・管理等
・経費支給手続き
・各種会議出席・運営補助
・出張(国内・海外出張があり得る)   など
② その他連絡調整・庶務業務
(資料作成、各種連絡調整等は英語を使用する場合あり)

2. 勤務条件

(1) 勤務期間  平成30年8月中のできる限り速やかな時期から平成31年3月31日まで。
以降、予算の状況、業務の必要性、勤務成績の評価により更新することもある。(当初の採用日から最長5年間)
※試用期間(14日間)あり。
(2) 就 業 日
就業時間

1日7時間 週5日勤務(月~金) 週35時間 
就業時間 9:30~17:15(休憩時間45分)
※所定労働時間を超える労働あり。
(3) 報  酬
社会保険
時給制(経歴等により1,549円~)
健康保険・厚生年金保険・厚生年金基金・雇用保険に加入
(4) 各種手当 通勤手当(上限あり)、時間外勤務手当
(5) 休  暇 有給休暇・特別休暇等
(6) 勤 務 地

(独)日本学術振興会国際事業部研究協力第二課
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1 麹町ビジネスセンター5階
※時給については就業規則事項であるため、変更する場合あり。
※勤務地については会議等のための近隣の会場等への外出勤務あり。

3. 応募条件

次の条件を全て満たしていること。

  • 四年制大学卒業以上又はそれと同等以上の学力を有すること。
  • 社会人としての接遇マナーを心得た対応や電話の応対ができること。
  • パソコン(Windows)の基本的な操作ができること。また、ビジネスアプリケーションのうち、ワードやエクセル(表の作成、加工など)及びパワーポイントの基本操作が可能なこと。なお、使用経験のないソフトウェアやシステム等に適応する能力があること。
  • 本会事業用に開発された電子申請システムやデータベースを利用し、マニュアルに従って作業することがあるため、これに対応できること。
  • 担当する業務に対し理解を深める積極性を有していること。
  • 学術関係の業務に興味、関心があること
  • 繁忙期(9月上旬に1週間程度)に3~4時間程度の超過勤務が可能であること。
  • 英語による事務(主に読解)も含まれているため、TOEIC470点(英検準2級相当)程度の英語運用能力を有していること。英語を用いた業務経験(読解、及び日常会話)があれば、なお望ましい。

上記に加え、大学等の教育研究機関における支援業務の経験があれば、なお望ましい。

4. 応募方法

  • 履歴書を(独)日本学術振興会国際事業部研究協力第二課(小山)あて、指定する期日まで、郵送すること。
  • 応募封筒及び履歴書欄外に朱書きで「特任職員」と記載すること。
  • 貼付写真は、上半身、正面、無帽、無背景、6ヶ月以内に撮影のものとする。
  • 提出期限 平成30年7月19日(木)17:00必着
    (応募書類は、返却は行わず、採否決定後速やかに本会の責任をもって廃棄いたしますので、あらかじめご承知置き願います)
  • 提出先及び問合せ先:
    (独)日本学術振興会国際事業部研究協力第二課 担当:小山
    〒102-0083
    東京都千代田区麹町5-3-1 麹町ビジネスセンター5階
    電話:03-3263-1769
    (平日9:00-12:00,13:00-17:00)
    e-mail:koyama*jsps.go.jp
    (注)メールアドレスは、「@」を「*」に置換しています。

5. 選考方法及び合否の決定

  • 書類により一次選考し、一次選考合格者に対して後日面接試験を行います。
    ※面接は7月23日~26日頃を予定しています。詳細は一次選考合格者へ7月20日頃電話でお知らせします。
    ※二次選考の正式な合否は、書面で通知します。