日本学術振興会賞

第9回(平成24年度)日本学術振興会賞の受賞者決定について

第9回(平成24年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_住井 英二郎
住井 英二郎
(スミイ エイジロウ)
SUMII Eijiro



生年 1975年 出身地 東京都
現職 東北大学大学院情報科学研究科 准教授
(Associate Professor, Graduate School of Information Sciences, Tohoku University)
専門分野 プログラム理論
略歴
1998年 東京大学理学部卒
2000年 東京大学大学院理学系研究科修士課程修了
2000年 日本学術振興会特別研究員-DC
2001年 東京大学大学院理学系研究科博士課程中退
2001年 東京大学大学院情報学環助手
2003年 ペンシルバニア大学工学部リサーチアソシエイト
2004年 博士(情報理工学)の学位取得(東京大学)
2005年 東北大学大学院情報科学研究科助教授
2007年 東北大学大学院情報科学研究科准教授(現在に至る)
授賞理由
「環境双模倣によるプログラム等価性証明手法」
(Proof Method of Program Equivalence by Environmental Bisimulation)
  プログラム等価性証明問題は、計算機科学、特にプログラミング言語分野において1960年代からの歴史的難問であり、世界的に研究が行われてきたが、既存の理論は、複数のプログラムが通信を行う並行計算や、大規模システム開発や高水準プログラムに欠かせない情報隠蔽などの高度な機能について、健全性と完全性が保証できないという本質的な限界があった。
  住井英二郎氏は、環境双模倣理論を構築して、これらの50年来の基礎的難問に対する健全かつ完全な一般解を世界で初めて示した。この成果は、一般的なプログラム等価性証明手法であり、世界の多数の研究グループが追従研究を行うなど、世界的に極めて高く評価され、今後も様々なプログラミング言語や計算モデルへの応用が期待されている。
  住井氏の理論計算機科学分野における貢献は非常に大きいものであり、今後の発展が高く期待される。

第9回(平成24年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る