お問い合わせ先

独立行政法人日本学術振興会
総務部 研究者養成課
「日本学術振興会 日本学術振興会賞」担当
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03(3263)0912
FAX03(3222)1986

日本学術振興会賞

第8回(平成23年度)日本学術振興会賞の受賞者決定について

第8回(平成23年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_西林 仁昭
西林 仁昭
(ニシバヤシ ヨシアキ)
NISHIBAYASHI Yoshiaki



生年 1968年 出身地 大阪府
現職 東京大学大学院工学系研究科 准教授
(Associate Professor, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo)
専門分野 有機金属化学、錯体化学、有機合成化学
略歴
1991年 京都大学工学部卒
1993年 京都大学大学院工学研究科修士課程修了
1994年 日本学術振興会特別研究員-DC
1995年 京都大学大学院工学研究科博士後期課程修了(在学期間短縮)
1995年 博士(工学)の学位取得(京都大学)
1995年 東京大学大学院工学系研究科助手
2000年 京都大学大学院工学研究科助手
2005年 東京大学大学院工学系研究科助教授
2007年 東京大学大学院工学系研究科准教授(現在に至る)

授賞理由
「錯体化学を用いた新しい窒素固定法の開発」
(Development of New System for Nitrogen Fixation Using Transition Metal Complexes)
 20世紀初頭に開発された鉄触媒を利用して窒素と水素からアンモニアを合成するハーバー・ボッシュ法は約一世紀を経た現在でもアンモニアの製造法として利用されているが、高温・高圧の反応条件が必要であり、新たな触媒技術の開発が切望されてきた。
 西林仁昭氏は、常温・常圧下での窒素固定という難易度の高い命題に果敢に挑戦し、モリブデン錯体を用いて窒素から触媒的にアンモニアを得ることに成功している。この触媒系を用い、従来では達成できなかった温和な条件下での高効率的窒素固定を可能にした。
 同氏は、独創的な着想をもとに、専門とする基礎的な金属錯体の研究を精力的に推し進め、上記の如く社会的に重要な命題にひとつの解決の道を切り開いた。この成果は、西林氏の研究者としての並外れた力量により達成されたものであり、この分野を先導する研究者として、今後の活躍が期待される。

第8回(平成23年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る