日本学術振興会賞

第8回(平成23年度)日本学術振興会賞の受賞者決定について

第8回(平成23年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_津本 浩平
津本 浩平
(ツモト コウヘイ)
TSUMOTO Kouhei



生年 1967年 出身地 大阪府
現職 東京大学医科学研究所 教授
(Professor, Institute of Medical Science, The University of Tokyo)
専門分野 蛋白質工学、生命分子工学
略歴
1991年 東京大学工学部卒
1993年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
1995年 東京大学大学院工学系研究科博士課程中退
1995年 東北大学大学院工学研究科助手
1997年 博士(工学)の学位取得(東京大学)
2001年 東北大学大学院工学研究科講師
2002年 東北大学大学院工学研究科助教授
2005年 東京大学大学院新領域創成科学研究科助教授
2007年 東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授
2010年 東京大学医科学研究所教授(現在に至る)

授賞理由
「基礎科学から産業展開を目指すタンパク質相互作用の精密解析」
(Dissection of Protein Interactions for Innovations)
 津本浩平氏は、酵素・タンパク質の結晶解析を含む基礎的な物理化学的解析から、タンパク質合成過程の技術向上に直接関わる、革新的なタンパク質立体構造の安定化技術を開発し、タンパク質工学分野に大きく貢献する研究成果をあげている。
 同氏は、抗体タンパク質を中心とし、結晶構造解析と熱力学的解析を駆使して、抗体・抗原反応の精密な解析を行い、抗体・抗原分子認識における特異性の解釈について新たな科学的領域を築きあげている。加えて、酵素やタンパク質の合成過程において、非常に重要な問題となるタンパク質のアモルファス集合体・不溶体の生成に対して、アミノ酸添加物により普遍的にこれを抑制できる全く新しい概念に基づいた工業的に利用可能な方法を開発し、創薬や材料分野でのタンパク質の適用範囲を大きく広げる研究を展開している。
 津本氏の業績は、タンパク質の立体構造に基づく分子認識化学の基礎的原理の解明からタンパク質製造の技術革新に貢献する応用的研究まで幅広いものであり、タンパク質工学分野を大きく発展させることが期待される。

第8回(平成23年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る