日本学術振興会賞

過去の受賞者について

第7回(平成22年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_福村 知昭
福村 知昭
(フクムラ トモテル)
FUKUMURA Tomoteru



生年 1969年 出身地 三重県
現職 東京大学大学院理学系研究科 准教授
(Associate Professor, Graduate School of Science, The University of Tokyo)
専門分野 半導体スピントロニクス
略歴
1993年 東京大学工学部卒
1995年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
1995年 日本学術振興会特別研究員-DC
1998年 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了
1998年 博士(工学)の学位取得(東京大学)
1998年 東京工業大学大学院総合理工学研究科リサーチアソシエイト
2001年 文部科学省先導プログラム特別研究員
2001年 東北大学金属材料研究所助手
2003年 カリフォルニア大学サンタバーバラ校在外研究員
2004年 東北大学金属材料研究所講師
2008年 科学技術振興機構「さきがけ」研究者兼任
2009年 東北大学金属材料研究所准教授
2010年 東京大学大学院理学系研究科准教授(現在に至る)

授賞理由
「磁性酸化物半導体の創成」
(Invention of Magnetic Oxide Semiconductor)
 エレクトロニクスの主役である電子の振る舞いは、電荷とスピンによって支配され、物質中の電子の持つ電荷だけでなくスピンの自由度も用いて高度な次世代エレクトロニクスを構築する試みがスピントロニクスという研究分野を形成している。
 福村知昭氏は、スピントロニクス材料開発に於いて、磁性酸化物半導体が室温強磁性を発現する材料であることを最初に見出し、その材料開発、磁性評価、スピントロニクス特有の物性観測、そして室温での強磁性オン・オフ制御等の優れた成果を創出し、半導体スピントロニクス分野の発展に多大な貢献を果たしている。
 同氏の業績は、磁性酸化物半導体のスピントロニクス材料としてのポテンシャルを示しただけでなく、新材料の発見から新機能の発現、デバイス実証に渡る広い研究を単独で成し遂げた点にある。本研究の更なる発展が大いに期待される。

第7回(平成22年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る