日本学術振興会賞

過去の受賞者について

第7回(平成22年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_木村 剛
木村 剛
(キムラ ツヨシ)
KIMURA Tsuyoshi



生年 1968年 出身地 神奈川県
現職 大阪大学大学院基礎工学研究科 教授
(Professor, Graduate School of Engineering Science, Osaka University)
専門分野 材料科学、固体物性
略歴
1991年 東京大学工学部卒
1993年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
1994年 日本学術振興会特別研究員-DC
1996年 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了
1996年 博士(工学)の学位取得(東京大学)
1996年 アトムテクノロジー研究体博士研究員
2000年 東京大学大学院工学系研究科講師
2003年 ロスアラモス米国立研究所任期付スタッフメンバー
2005年 ベル研究所メンバー・オブ・テクニカルスタッフ
2007年 大阪大学大学院基礎工学研究科教授(現在に至る)

授賞理由
「電気磁気効果に関連する物質および現象の研究」
(Development of Magnetoelectric Materials and Phenomena)
  固体中で強く相互作用する多体電子系は強相関電子系と呼ばれ、銅酸化物超伝導体の発見以降精力的に研究が行われている。木村剛氏は、強相関電子系の典型である遷移金属酸化物において、自然超格子のトンネル磁気抵抗効果の発見、磁気リラクサーの概念の提案、巨大な電気磁気効果の発見など、数々の新しい発見や提案を行ってきた。
 その中でも特筆すべき仕事は「電気磁気効果」に関するものである。通常、物質の誘電的性質は電場によって磁気的性質は磁場によって制御されるが、同氏は様々な遷移金属酸化物において誘電的性質を磁場によって制御することができることを実証した。この研究は、低電力消費・高密度記録など次世代に向けた新規電子デバイス原理の構築へとつながる基礎技術学理の創成を目指すものであり、未来型材料の創製につながるものである。
 木村氏は物質合成能力と物性開拓能力の両面に秀でているだけでなく、学際性・国際性豊かな経歴および研究の方向性を持ち合わせており、次世代の物性科学分野を牽引することが期待される。

第7回(平成22年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る