お問い合わせ先

独立行政法人日本学術振興会
総務部 研究者養成課
「日本学術振興会 日本学術振興会賞」担当
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03(3263)0912
FAX03(3222)1986

日本学術振興会賞

過去の受賞者について

第6回(平成21年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_小澤 登高
小澤 登高
(オザワ ナルタカ)
OZAWA Narutaka



生年 1974年 出身地 神奈川県
現職 東京大学大学院数理科学研究科 准教授
(Associate Professor, Graduate School of Mathematical Sciences, The University of Tokyo)
専門分野 作用素環
略歴
1997年 東京大学理学部卒
1999年 東京大学大学院数理科学研究科修士課程修了
1999年 日本学術振興会特別研究員-DC
2000年 東京大学大学院数理科学研究科博士課程修了
2000年 博士(数理科学)の学位取得(東京大学)
2000年 東京大学大学院数理科学研究科助手
2002年 日本学術振興会海外特別研究員
2004年 東京大学大学院数理科学研究科助教授
2007年 東京大学大学院数理科学研究科准教授(現在に至る)

授賞理由
「離散群と作用素環の研究」
(Theory of Discrete Groups and Operator Algebras)
 作用素環論は、フォン・ノイマンが量子力学の数学的取り扱いを目指して創始した分野であり、その後数理物理だけでなく、幾何学、群論、エルゴード理論などの分野と関連して発展し、特に近年は離散群の幾何学との関連が注目を集めている。作用素環論では、様々に構成される作用素環の間の同型性などその分類問題が根本問題とされている。
 小澤登高氏は、幾何学的なアイデアと解析的議論の巧みな組み合わせにより、作用素環論における基本的な未解決問題を次々と解決し、特にフォン・ノイマン環と呼ばれる作用素環の分類問題では、既存の議論を一新する基礎理論を構築するなど顕著な業績をあげた。
 同氏の最近の群の表現論に関する研究は、グラフ理論、ネットワーク理論、誤り訂正符号理論など多分野への応用が可能なものである。このように、同氏の理論は今後も作用素環論分野を長くリードしていくだけでなく、広く他分野への応用も大きく期待される。

第6回(平成21年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る