お問い合わせ先

独立行政法人日本学術振興会
人材育成事業部 研究者養成課
「日本学術振興会賞」事務局
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03(3263)0912
FAX03(3222)1986

日本学術振興会賞

第14回(平成29年度)日本学術振興会賞の受賞者決定について

第14回(平成29年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_米德 大輔
米德 大輔
(ヨネトク ダイスケ)
YONETOKU Daisuke



生年 1977年 出身地 千葉県
現職 金沢大学理工研究域 教授
(Professor, Institute of Science & Engineering, Kanazawa University)
専門分野 宇宙物理学
略歴

1999年
2001年
2002年
2002年
2004年
2012年
2016年

東京工業大学理学部中退(飛び級制度により修士課程入学)
東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了
東京工業大学大学院理工学研究科博士課程中退(金沢大学助手着任)
金沢大学理学部物理学科助手
博士(理学)の学位取得(東京工業大学)
金沢大学理工研究域准教授
金沢大学理工研究域教授(現在に至る)

授賞理由
「人工衛星搭載ガンマ線偏光検出器によるガンマ線バーストの放射機構の研究」
(Study of Radiation Mechanism of Gamma-ray Bursts Using Gamma-ray Polarimeter onboard Spacecraft)

  米德大輔氏は、宇宙最大の爆発として知られるガンマ線バーストの放射機構の解明について著しい成果を挙げている研究者である。
  米德氏は新しいタイプの検出器GAPを開発し、観測により放射機構を特定する有力な手がかりを得た。すなわち、高い有意度でガンマ線バーストの偏光を検出し、短時間で偏光角が大きく変化することを見出した。この結果はガンマ線バーストがシンクロトロン放射であることを強く示唆する。米德氏はガンマ線のコンプトン散乱の角度異方性を利用するGAPの立案、開発、製作、人工衛星への搭載、機器の機上較正において中心的な役割を担い、データ解析による科学的成果をまとめる段階でも主導的な役割を果たしている。また米德氏が2004年に見出した放射強度が最大になるエネルギーと最大光度の良い相関には、米徳関係式と名前が付けられている。
  これらの業績は独創的かつ先進的であり、X線・ガンマ線天文学を大きく前進させるものである。

第14回(平成29年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る