日本学術振興会賞

第12回(平成27年度)日本学術振興会賞の受賞者決定について

第12回(平成27年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_竹内 理
竹内 理
(タケウチ オサム)
TAKEUCHI Osamu



生年 1970年 出身地 福井県
現職 京都大学ウイルス研究所 教授
(Professor, Institute for Virus Research, Kyoto University)
専門分野 自然免疫
略歴

1995年
2000年
2001年
2001年
2002年
2002年
2004年
2007年
2012年

大阪大学医学部卒
日本学術振興会特別研究員-DC(2001年からPD)
大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了
博士(医学)の学位取得(大阪大学)
ハーバード大学博士研究員
ヒューマンフロンティア・サイエンスプログラム長期フェロー
大阪大学微生物病研究所助手
大阪大学微生物病研究所准教授
京都大学ウイルス研究所教授(現在に至る)

授賞理由
「自然免疫における炎症調節分子機構の解明」
(Clarification of Molecular Mechanisms Underlying Inflammation Control in Innate Immunity)

  感染防御に重要な自然免疫システムの機構解明に焦点を定めて研究を進めてきた竹内理氏は、大学院生時代に、異なる病原体認識受容体が異なる病原体の分子パターンを認識することを発見した。自然免疫におけるパターン認識とその多様性という概念を誕生させた発見として高く評価されている。その後、一貫して自然免疫調節機構の解明に従事し、自らの研究グループを率いて研究をさらに展開させ、mRNA分解による自然免疫応答制御とそれに関与する新規酵素を発見しRegnase-1と名付けた。最近、Regnase-1とRoquinが時空間的に異なるmRNA分解メカニズムにて協調することで病原体応答を調節するという新しい免疫応答制御機構を発見している。竹内氏らを中心とした自然免疫機構解明の研究は、病原体に対する感染防御機構解明に向けた重要な基盤を提供するものとして独創性と新規性が国際的に極めて高く評価されているばかりでなく、自然免疫システムが多くの炎症性疾患に関与することから、新しい炎症調節機構として世界から広く注目されており、竹内氏の今後の益々の発展が期待される。

第12回(平成27年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る