日本学術振興会賞

第10回(平成25年度)日本学術振興会賞の受賞者決定について

第10回(平成25年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_佐藤 ゆたか
佐藤 ゆたか
(サトウ ユタカ)
SATOU Yutaka



生年 1972年 出身地 東京都
現職 京都大学大学院理学研究科 准教授
(Associate Professor, Graduate School of Science, Kyoto University)
専門分野 発生生物学、ゲノム生物学
略歴

1994年
1996年
1996年
1999年
1999年
1999年
1999年
2004年
2007年

京都大学理学部卒
京都大学大学院理学研究科修士課程修了
日本学術振興会特別研究員-DC
京都大学大学院理学研究科博士課程修了
博士(理学)の学位取得(京都大学)
日本学術振興会特別研究員-PD
京都大学大学院理学研究科助手
京都大学大学院理学研究科助教授
京都大学大学院理学研究科准教授(現在に至る)

授賞理由
「脊索動物ホヤのゲノム研究と胚発生における遺伝子調節ネットワークの解明」
(Studies of the Genome of a Chordate Ciona Intestinalis and Elucidation of Gene Regulatory Networks in the Ciona Embryo)

  生物の遺伝情報の全て(ゲノム)を解読する技術の進展に伴い、これからの生物科学は1遺伝子の機能を調べるだけでなく、多数の遺伝子の相互作用として統合的に理解していくことが可能となった。このような研究を行うためには、生きた実験材料に精通しそれを解析する能力と、コンピューター上の情報を解析する能力の両方が必要である。佐藤ゆたか氏はヒトを含む脊椎動物に近縁で、動物の発生と進化を理解する鍵となるカタユウレイボヤ(ホヤの仲間)のゲノム解読を行うとともに、これら遺伝子間の相互作用を解明した。ゲノム解読からその解析までをゲノム生物学の最先端の成果として発表してきたことは高く評価できる。さらに、佐藤氏は、隣り合う遺伝子の間にあるエンハンサー(遺伝子の転写を強めるように働く領域)が、両側の遺伝子に対して排他的に働くことを明らかにし、1つの細胞ではどちらか1つの遺伝子しか発現しないという分子機構を解明した。
  佐藤氏は、コンピューターを用いた解析から生物学的問題点を発見し、それを実験的に検証するという、従来の研究スタイルを超えた独自の研究方法を確立しており、今後も独創的な研究成果が期待できる。

第10回(平成25年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る