日本学術振興会賞

第10回(平成25年度)日本学術振興会賞の受賞者決定について

第10回(平成25年度)日本学術振興会賞受賞者

photo_宇田 哲也
宇田 哲也
(ウダ テツヤ)
UDA Tetsuya



生年 1971年 出身地 愛媛県
現職 京都大学大学院工学研究科 准教授
(Associate Professor, Graduate School of Engineering, Kyoto University)
専門分野 材料プロセス学
略歴

1994年
1996年
1997年
1999年
1999年
1999年
2002年
2003年
2003年
2005年
2006年
2007年

京都大学工学部卒
京都大学大学院工学研究科修士課程修了
日本学術振興会特別研究員-DC
東北大学大学院工学研究科博士課程修了
博士(工学)の学位取得(東北大学)
東北大学素材工学研究所助手
カリフォルニア工科大学ポストドクトラルスカラー
日本学術振興会海外特別研究員
Proton Power Inc.創業(CTO)
京都大学大学院工学研究科助手
京都大学大学院工学研究科助教授
京都大学大学院工学研究科准教授(現在に至る)

授賞理由
「熱力学的性質に基づいた材料の製造プロセスに関する研究」
(Study on Materials Processing Based on the Thermodynamics Properties)

  物質の性質の改善や新規材料の開発では、温度、圧力、反応物質、反応操作順序などの製造パラメータを制御することで、材料の作りやすさやその物性値が大きく変わる。宇田哲也氏は、反応の方向性を決める熱力学を駆使して、チタン、希土類、燃料電池電解質の製造プロセスを独自の方法で開発し、基礎から応用に至る研究領域で優れた業績をあげている。
  宇田氏は、例えば、粉末チタンの新しい合成法を開発し、従来からチタンの乾式冶金製造で用いられてきたクロール法の問題点を解決した。また、希土類製造プロセスの開発では、廃液を出さない乾式法による高効率な相互分離法を用いて、1回の分離反応でもSmやNdの相互分離を95%の純度にまで高めることができることを示した。さらに燃料電池電解質の製造プロセス開発では、水蒸気分圧を積極的に制御して、250℃程度で作動する新たな中温型燃料電池を開発して世界的にも脚光を浴びると同時に、1kWのプロトタイプ機の試作にも成功している。
  宇田氏の熱力学に精通した研究成果は世界をリードするものであり、今後さらなる発展が期待される。

第10回(平成25年度)日本学術振興会賞受賞者一覧へ戻る