パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> サイエンス・カフェ人社版 >> サイエンス・カフェ詳細パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業
  • テーマ名
  • 第2回:私たちの須賀川見つけ隊

  • 開催日
  • 平成20年11月15日 (土)〜16日(日)

  • 開催会場
  • 須賀川市総合福祉センター

  • 住所
  • 〒962-0485福島県須賀川市中町6-1

  • 実施の様子
  • 須賀川のまちづくり団体(須賀川知る古会)と共に、これまでに須賀川で積み重ねてきた「まち歩きを通じた地域文化遺産発掘・発信」プロジェクトの、今年度の集大成としてのイベントを開催した。

    本企画は2日間に渡り、1日目はまち歩きを、2日目は発掘した文化遺産の位置を示すための地形模型制作等を行った。参加者は中高年層の男女がバランス良く約30名集った中に、須賀川市役所職員や商工会議所職員も見られ、行政の関心の高さも窺えるものであった。まち歩きプロジェクトは長期的な活動として位置付けており、これまでのまち歩きが須賀川知る古会とプロジェクトの中核の村松研究室のメンバーに限定されたものであったのを一歩前進させ、本企画は一般住民にも参加を呼びかけ、地域文化遺産の概念を広く体感してもらうことを意図した。

    参加者からは、予想もしなかった貴重な文化遺産が身近に存在していることへの驚きや、普段気になってはいたが確認できなかったこと、断片的に知っていた情報が線としてつながったことへの喜びが湧き上がった。また、そうした文化遺産の情報提供者にとっても、他人に紹介することの喜びや新たな発見があり、相互のコミュニケーションによって、より一層の効果を得ることができた。更に、本企画が街中で違和感なく受け入れられるケースが多かったことは、本企画を含めこれまでの活動を通じて、活動の趣旨が徐々に街中に浸透している事実を示すものであると言えよう。

    本企画終了後は、3月に予定している須賀川知る古会の活動報告会に向け、今回制作した地形模型や、発見した各文化遺産の概要をまとめた冊子を展示するための準備を進めている。また、今後も継続して活動を行い、更にまとまった文化遺産件数が蓄積された暁には、関連する文化遺産エピソードを組み合わせたストーリーマップを制作するといった提案もなされ、今後の活動への盛り上がりの機運を確認することができた。