パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> サイエンス・カフェ人社版 >> サイエンス・カフェ詳細パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業
  • タイトル
  • 家庭と仕事 −今と昔−

  • 開催日時
  • 平成20年11月8日(土曜日)

  • 会場
  • 阪南大学同窓会館1F交流室

  • 住所
  • 大阪府松原市天美東5-44-33

  • 内容
  • 写真1:会場案内看板

     「医療保険と高齢者制度のこれから」という演題で開かれた会場には、約30人ほどの近隣地区の市民が参加した。
     参加者は、今進められている医療制度改革について大きな関心を持っている方々であった。
     最初に、主催者である吉田が、この講演会の趣旨を説明し、患者も、医師も、国・保険者も現在の医療保険制度に不満を持っており、持続可能な医療制度、特に高齢者向けの医療制度改革で議論されていることを、簡単に10分程度でまとめた。
     その後、西本が、高齢者医療の歴史と、現在進められている療養病床の再編がどんな結果をもたらすことになるかを、説明した。その内容は、西本と吉田が、個票データを用いて行った研究の成果に関するもであった。

    療養病床には、医療保険が使える医療療養病床と、介護保険が使える介護療養病床があるが、数年のうちに後者を廃止されようとしている。後者は、いわゆる「社会的入院」が多いからだというのがその理由であるが、実際には、後者に、医療を必要としている人たちが入院している。なぜそうなっているかというと、介護保険のほうが、診療報酬が多い場合があるからだ、という研究結果が説明された。  参加者からは、医療制度に関する多くの質問、意見と提案がなされ、この問題への関心の高さがうかがわれた。ただ、今回は、後期高齢者医療制度については説明しなかったのだが、それへの関心は非常に高く、いくつかの質問が出され、活発な議論がおこなわれた。

    写真2:最初の挨拶をする吉田と西本

    写真3:講演への参加者たち