パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> サイエンス・カフェ人社版 >> サイエンス・カフェ詳細パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業
  • タイトル
  • 市民が担う多彩な<協働>は発展しているのか?
    —被災地KOBE、13年余の経験を踏まえながら

  • 開催日時
  • 11月 1日(土曜日) 午後1:00 〜 4:00(予定)

  • 会場
  • 東亜ホール(神戸中華会館内)

  • 住所
  • 神戸市中央区下山手通2丁目13番9号
    (JR・阪神元町駅東口より徒歩8分、JR・阪急三ノ宮駅より10分)

  • 対象者
  • 一般市民

  • 参加する研究者
  • 対象者 市民活動の展開に関心のある市民のみなさん
    阪神大震災の被災地のその後について関心のある市民のみなさん
    参加する研究者 責任者 : 岩崎信彦 (神戸大学名誉教授)
    松本誠(市民まちづくり研究所)
    野崎隆一(神戸まちづくり研究所)
    藤室玲治(神戸大学学術研究員)

  • 内容
  • 阪神・淡路大震災で多くのボランティアの救援・支援活動が展開され、その後の被災地の市民活動も発展してきました。大震災後13年を経るなかで、あらためて震災後の多彩な市民活動の到達点を確認しながら、<協働>が市民活動にとって、また行政との関係において、どのような意義と問題を提起しているのかを、一緒に考えていきます。

    報告「名古屋市における市民活動の連携的展開」大西光夫(NPO法人ボランタリーネイバーズ)を中心に、元行政幹部、新聞人、市民活動家が多様な体験と意見を提供します。

    問合せ先・参加申し込み

  • 担当者名
  • 岩崎信彦

  • TEL
  • 075−791−6286

  • E-Mail
  • n-iwasaki@orchid.plala.or.jp

    <参加を希望される方へ>

    参加希望の方は、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、E−mail、参加してどのようなことを話し合いたいか等をご記入の上、<問い合わせ先・参加申込先>のE−mailにメールをお送りください。なお、人数等の関係上、参加いただけない場合もありますのでご了承ください。