パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> サイエンス・カフェ人社版 >> サイエンス・カフェ詳細パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業
  • タイトル
  • Visual Devices 視覚装置の魅力

  • 開催日時
  • 10月16日(木曜日)  16:30 〜   :   

  • 会場
  • 武蔵野美術大学 美術資料図書館第10会議室

  • 住所
  • 東京都小平市小川町1−736

  • 対象者
  •  

  • 参加する研究者
  • 責任者 : 柏木博(武蔵野美術大学)
    森山朋絵(東京都現代美術館)

  • 内容
  • 東京都写真美術館、J.P.ゲッティ美術館でのパーマネントコレクション調査・収蔵や映像メディア展企画を通して行ってきた、映像文化史を等距離に横断する試みを紹介します。

    あわせて、アナモルフォーズ作画装置、驚き盤教材、現代のメディアアート作家によるデジタルピープショーなどに実際に触れながら、素朴な視覚の驚きを体験します。

    私たちの知識や思考を外在化するためのひとつのありかたとして、視覚装置の魅力を探ります。

    問合せ先・参加申し込み

  • 担当者名
  • 長沼行太郎

  • TEL
  •  

  • E-Mail
  • knaganum@nifty.com

    <参加を希望される方へ>

    参加希望の方は、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、E−mail、参加してどのようなことを話し合いたいか等をご記入の上、<問い合わせ先・参加申込先>のE−mailにメールをお送りください。なお、人数等の関係上、参加いただけない場合もありますのでご了承ください。