パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> サイエンス・カフェ人社版 >> サイエンス・カフェ詳細パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業
  • タイトル
  • 語る文化から、しぐさの学びへ
    -アートの社会的媒介機能としてのワークショップの4年間の実践をふりかえって-

  • 開催日時
  • 2009年1月24日(土) 10:00〜18:00

  • 会場
  • 東京大学本郷キャンパス 福武ホール

  • 住所
  • 東京都文京区本郷7丁目3-1

  • 対象者
  • アートワークショップ研究者・実践者及び一般市民

  • 参加する研究者
  • 責任者 : 茂木一司(群馬大学)
    佐藤優香(国立歴史民俗博物館)、鷲田清一(大阪大学)、上田信行(同志社女子大学)、下原美保(鹿児島大学)、原田泰(千葉工業大学)、苅宿俊文(青山学院大学)、宮田義郎(中京大学)、福本謹一(兵庫教育大学)、阿部寿文(大阪女子短期大学)

  • 内容
  • 今年度の企画は、ワークショップという学びの特徴である「学びの身体化」をテーマに、珍しいキノコ舞踊団のパフォーマンスとダンスワークショップを通して、「日常のふるまいやしぐさ」の学びの重要性について考えたいと思います。私たちのこれまでの取り組みは、「子ども」「芸術」「表現の学び」「ワークショップ」「実践」をキーワードにしてきました。それは、視点やふるまいを新しく獲得すること、すなわち、ある経験が身体化されることです。身体に直接働きかけ表現する、珍しいキノコ舞踊団のパフォーマンスから、「日常からの表現」や「身体化された学び」を再考したいと思います。
    ■午前10:00〜12:00 珍しいキノコ舞踊団のプチダンスワークショップ(定員 20 名くらい:ワークショップ研究者・実践者を中心に。一般参加の方は要問い合わせ)
    ■ 午後13:00〜14:00:珍しいキノコ舞踊団のパフォーマンス
    ■ 午後14:00〜15:00:基調講演:鷲田清一(大阪大学総長)「アートとコミュニケーション」
    ■ 午後14:15〜16:15:シンポジウム「語る文化から、しぐさの学びへ—アートの社会的媒介機能としてのワークショップの4年間の実践をふりかえって—」
     パネラー報告1:佐藤優香:文化を語る子どもたちとお茶箱プロジェクト(国立歴史民俗博物館)
     パネラー報告2:下原美保(変身とアニメと〈なりきりえまき〉ワークショップ:鹿児島大学)
     パネラー報告3:茂木一司+手塚千尋(ゆるやかな学びの場の創造?人茶workshop cafe@前橋で起こったことー:群馬大学・同大学院教育学研究科)
     司会:上田信行(同志社女子大学)
    ■午後16:30〜18:00:カフェ・パーティー(会費制)

    問合せ先・参加申し込み

  • 担当者名
  • 茂木一司

  • TEL
  • 027-220-7310

  • E-Mail
  • mogi@edu.gunma-u.ac.jp

    <参加を希望される方へ>

    参加希望の方は、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、E−mail、参加してどのようなことを聞きたいのか、話し合いたいか等をご記入の上、<問い合わせ先・参加申込先>のE−malにメールをお送りください。なお、人数等の関係上、参加いただけない場合もありますのでご了承ください。