パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> プロジェクト研究の成果一覧 >> プロジェクト研究の成果 パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業

プロジェクト研究の成果

プロジェクト研究一覧表

研究領域 4
Project Number 4-3

プロジェクト研究名:

「資源配分メカニズムと公正」

グループ名:

分配問題としての資源・インフラ

リーダー名(所属):

湊隆幸(東京大学大学院新領域創成科学研究科)

組織構成:

<コア・メンバー>
佐藤 仁  東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授
湊 隆幸  東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授

<メンバー>
直江清隆  東北大学文学部 准教授
安部竜一郎 四国学院大学社会学部応用社会学科 准教授
永田淳嗣  東京大学大学院総合文化研究科 准教授
新井祥穂 東京大学大学院総合文化研究科 助教
趙公章   大韓民国環境研究所 研究員
松本 悟  特定非営利活動法人メコン・ウォッチ 代表理事
杉浦未希子 東京大学大学院農学生命学研究科 研究員
ピッチ・スティラワッタナ 東京大学大学院新領域創成科学研究科 研究員
渡部厚志 東京大学大学院新領域創成科学研究科 産学官連携研究員
東 知美  一橋大学大学院社会学研究科 後期博士課程
王智弘   東京大学大学院新領域創成科学研究科 後期博士課程
佐々木育子 東京大学大学院新領域創成科学研究科 後期博士課程
石曽根道子 東京大学大学院新領域創成科学研究科 後期博士課程

平成19年度の研究成果

<概要>
極端に不公正な資源の分配は、紛争や暴力の原因となり、社会秩序を不安定にし、持続性を損なう。「分配問題としてのインフラ/資源開発」グループは、資源配分に関わる技術の問題を、機能的・経済的側面からではなく技術の政治性という観点から副次的な影響に着目し、「技術と人間の選択肢」「資源化プロセス」という二つのサブグループにおいて研究をすすめてきた。
第1班「技術と人間の選択肢」は、おもに大規模なインフラを対象として、人工物と社会との連関を研究した。インフラ設置過程における必要条件としての設計規準、社会とのインターフェイス、意思決定システムなどが持つ分配論的メカニズムを技術の政治性の面から分析してきた。
第2班「資源化プロセスの研究」は、資源そのものが社会で果たす役割に注目し、配分メカニズムを根本から再検討してきた。とくに、自然物が資源になるメカニズムや二次的な作用についての事例研究を蓄積し、資源配分メカニズムの理論化を試みてきた。

<今年度の活動方針>
最終年度に当たる今年度は、これまでの研究成果を出版物、シンポジウム(サイエンスカフェを含む)、学会報告等で公表し、社会に還元するとともにフィードバックを受け、さらなる理論的な蓄積を行うことを中心として活動を行った。

<研究の進展>
・研究会の実施:19年度は、2班合わせて3回の研究会を実施した。
・事例調査の進捗:メンバーが取り扱う研究事例は、移動労働者出身村(タイ)、鉱物資源産業の自由化による影響(ザンビア)、エコツーリズム、産業廃棄物の再利用(日本)、都市河川の復元(韓国)などである。それぞれの事例について1週間から1ヶ月程度の現地調査を行った、
・成果の公表:上記の調査や理論検討にともなう研究の成果は、後述する14本に代表される論文・エッセイならびに学会・シンポジウム報告として公表した。また、2回におよぶサイエンスカフェでは、地域行政、NGOや教員等の参加をいただき、地域の皆さんの声をもとに研究テーマをさらに習熟させることが出来た。さらに、年度末には人社シリーズ本『資源を見る眼:現場からの分配論』を刊行することができた。
・今後の研究にむけて:18年度から、「技術」班、「資源化」班双方の理論的考察を昇華させるテーマとして「大規模開発の後始末」を設定した。廃坑、発電所や大規模工場の跡など、かつて経済開発に大きく寄与したが、現在はその役割を終え、なおかつ処理されずに残っている人工物の、「資源」として今後果たすことの可能な役割やコストを検討する試みを開始している。このテーマは、今後東南アジアや中南米諸国においても大きなインプリケーションを持つものと期待できるため、本プロジェクト終了後においても継続的な調査・検討を要する課題として認識している。

シンポジウム、ワークショップ(サイエンスカフェ人社版)等の開催状況

ワークショップ
1.「戦後資源調査会と『国土保全』のための資源研究」
2007年6月22日 13:00〜16:30
講師:石井素介氏(明治大学文学部名誉教授)講演会
東京大学本郷キャンパス 山上会館にて開催、参加者は大学教員、大学院生、行政などより18人。

2.成果報告検討ワークショップ「資源を見る眼」
2007年6月29日 12:30〜18:30
東京大学本郷キャンパス 山上会館にて開催、参加者は大学教員、研究員など10人。

<飛び出せ人文・社会科学〜津々浦々学びの座〜実施状況>
1.「開発の持続と副次性」
2007年8月14日(火) 15:00〜18:00
NPO法人結・ログハウス(鹿児島県鹿屋市川東)にて開催。参加者は地域NGOスタッフなど15名。

2.「開発とは何か?−地方における持続的開発にかかる諸問題を語る」
2007年12月1日(土) 15:00〜18:00
NPO法人結・ログハウス(鹿児島県鹿屋市川東)にて開催。参加者はNGOスタッフ、市議、記者など12名。

論文、著書等:

佐藤仁「現場にみる“結んで開く”の実践」小宮山宏編『サステイナビリティ学の挑戦』
2007年,岩波科学ライブラリー, pp.25-34.

佐藤仁「資源と民主主義:日本資源論の戦前と戦後」
内堀基光編『講座 資源人類学 第1巻 資源と人間』、2007年,弘文堂,pp331-355.

佐藤仁「津波被災地のモラルエコノミー」竹中千春他編『市民社会』2007年,慶応大学出版会(印刷中)
Jin Sato“Formation of the Resource Concept in Japan: Post-War Efforts in Knowledge Integration,” /Sustainability Science/, 2007, Vol.2, No.2, pp.151-158.

佐藤仁「タイの環境政策と地方分権」寺尾忠能・大塚健司編『アジア諸国の分権化と環境政策』,2007年,アジア経済研究所,47-78.

佐藤仁「持たざる国の資源論:環境論との総合に向けて」『環境社会学研究』2007, 13号、pp.173-183.

佐藤仁「財は人を選ぶか:タイ津波被災地にみる稀少財の配分と分配」『国際開発研究』,2007年,Vol.16,No.2,83-96.

佐藤仁「展開するタイの環境政策と地方分権」『アジ研ワールドトレンド』2008年2月号、印刷中。

佐藤仁「タイ、シンガポール、マレーシアの援助政策:東南アジアの新興ドナー」『開発金融研究所所報』,2007年,35号,40-71.

永田淳嗣 「環境と向き合う知恵の創造−沖縄農業の挑戦」、高橋哲哉・山影進(編)『人間の安全保障』所収(東京大学出版会) 2008年3月 刊行予定

宮地隆廣、「統一協定(Pacto de Unidad):ボリビア先住民運動の新動向と変わらない構造」、『ラテンアメリカ時報』 no.1380、pp.17-23、2007月10月.

宮地隆廣、「労働運動の民主主義支持に関する構成主義からの分析―方法論の検討と応用−」、『国際政治』、(16ページ、現在編者校正中)、第151号、2008年2月.

Atsushi Watabe “The Official Narratives of Empowerment and People’s Narratives in the Transition: Reconsidering Human Security from Thai Farmers’ Fluctuating Way of Recounting the Past and Imagining Future, Policy and Governance Working Paper Series, vol. 144, January 2008. Keio University Press.

Atushi Watabe and Chaicharn Wongsamun, “Choice of Their Own, Choice of Their Needs: People on the Move in the Northeast Thailand”, in Umegaki, Thiesmeyer and Watabe eds. Essays on Human Security in East Asia, (United Nations University Press. 2008年刊行予定)

  

グループ名:

貧困・格差研究

リーダー名(所属):

青山和佳(日本大学・生物資源科学部)

組織構成:

青山 和佳(和洋女子大学人文学部)、グループ長、事例研究(フィリピン)
下村 恭民(法政大学人間環境学部)、アドヴァイザー、内外研究交流調整
受田 宏之(東京大学教養学部ほか)、グループ長補佐、事例研究(メキシコ)
小林 誉明(国際協力銀行開発金融研究所)、理論(政治学)
初鹿野 直美(アジア経済研究所)、理論(開発学研究)・事例研究(カンボジア)
東方 孝之(アジア経済研究所)、事例研究(インドネシア)
船田クラーセン さやか(東京外国語大学外国語学部)、事例研究(モザンビーク)
宮地 隆廣(東京大学大学院総合文化研究科)、理論(政治学)・事例研究(ボリビア)

平成19年度の研究成果

・貧困の学際的な理解を目指し、(財)統計研究会を事務局とする「貧困の学際的研究会」を共同組織して、本年度前半までは、ほぼ月1回のペースで研究会を開き、内外の第一線の研究者・実務家との交流を重ねてきた。その成果は、学会報告、サイエンスカフェおよび出版物を通じて公表してきた。一部は当事業の選書に収録される。

・ 最終報告書およびそれにつづく学術出版準備のため、在外研究者以外のメンバー全員の参加により打合せの合宿を開催した(2006年6月19日、於:箱根)。さらに、学術出版系の編集者と会合をもち(東京大学出版会など)、社会のニーズにこたえられるような内容の検討を試みた。

・ 基本的な枠組みの共有に努めてきたとはいえ、最終成果物が「総花的」とならないようメンバーの執筆計画を並べて再検討し、つぎのような共通項を見出した。1)援助者、2)被援助者、3)NGO、4)現場、である。さらに、各メンバーは、日常生活において研究者/援助実践者としてホームとフィールドを往来しているという意味で、インサイダー/アウトサイダーという単純な構図に還元できない複雑なポジションに立つことが明確になった。

 ・最終報告書はつぎのような方針でまとめる予定である。そもそもの「開発援助プロジェクトの過程」に加え、「共同研究プロジェクトの過程」(という悩み)そのものを活かした作品をつくることを検討した。意義はふたつ。第1に、私たちメンバーにとって学際・学融的研究がどのように難しかったのかという問題は、そのまま開発援助をめぐる各学問分野の思想の違いを反映している。この難しさや矛盾を小手先で昇華させず、丁寧に整理して見せることで開発援助を題材に社会科学というものを再考することができる。第2に、神の視点ではなく人間の視点(当事者:研究者から受益者までを含む)を採用することで、従来の開発援助研究にはなかった自他関係(「他者」認識と研究者の属する「自己」のあいだの関係)を明示する。国境を超えた行為である援助の公共哲学というものを考える第1歩として材料を提供する。

 ・ このような最終報告書の方針にそって、理論担当メンバーは総論に必要な文献研究をさらにすすめ、事例担当メンバーはこれまでに収集したデータの捕捉や仮説検証のためフィールドワークを継続した(メキシコ、フィリピン、インドネシア)。

・ 事例担当メンバーも最終報告書で執筆する論文の学術的深みが十分なものとなるよう、さらに文献サーベイを行なった(「貧困問題と人類学」、「貧困問題と政治学」など)。成果の一部は、来年度中に、下村恭民・小林誉明編の学術書として出版される予定(勁草書房)。

シンポジウム、ワークショップ(サイエンスカフェ人社版)等の開催状況

・ ラテンアメリカ政経学会第44回全国大会, シンポジウム「社会政策」での報告, 受田宏之「PROGRESA(Oportunidades)の意義と限界―社会政策, メキシコの事例―」, 2007年10月28日, 南山大学, , 参加人数は約70名

・ ワークショップ(サイエンスカフェ人社版)、2007年年11月3日(祝)、「援助は役に立つのか」 於:JICA地球ひろば(広尾)

東京、神奈川に立地する国立及び私立大学から国際協力、ボランティアに関心のある学生16名が集まった。援助研究の成果(途上国の現状、具体的な援助事例、援助のジレンマを説明する理論)を紹介しながらも、おもに参加者の関心や疑問に答える形で議論した。研究者と学生との間だけでなく、この問題に関心のある学生同士の相互交流も活発に行われた。

<飛び出せ人文・社会科学〜津々浦々学びの座〜実施状況>
上記の通り

論文、著書等:

(1) 受田宏之「先住民二言語教育の理想と現実―メキシコのオトミーの事例―」米村明夫編 『貧困の克服と教育発展―メキシコとブラジルの事例研究』, 125-177, 明石書店, 2007年、(2) 宮地隆廣、「統一協定(Pacto de Unidad):ボリビア先住民運動の新展開と変わらない構造」、『ラテンアメリカ時報』、no.1380、17?23、2007年10月.(3)小林誉明「中国の援助政策?対外援助改革の展開?」『開発金融研究所報』35,109-147,2007年10月、(4) 川村晃一・東方孝之・道田悦代「第3章 インドネシアにおける開発の実態」『新ICA国別事業実施方針(インドネシア)策定支援のための社会経済調査 最終報告書』、アジア経済研究所、29-48、2007年、(5)高橋和志・東方孝之・道田悦代「第6章 インドネシアの短・長期開発戦略に関する計量分析」『新JICA国別事業実施方針(インドネシア)策定支援のための社会経済調査 最終報告書』、アジア経済研究所、113-154、2007年、(6)宮地隆廣、「労働運動の民主化支持に関する構成主義による分析――方法論の検討と応用――」、『国際政治』、第151号、(16ページ、現在編者校正中)、2008年2月、 (7) Takaaki Kobayashi ”China's Development Assistance Model” JBICI Working Paper27,2008年3月、(8)青山和佳「貧困問題と人類学――他者の生き方を書くということ――」下村恭民・小林誉明編『貧困問題とはなにか――開発学の再定義――』勁草書房、刊行予定(脱稿ずみ)。