パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> プロジェクト研究の成果一覧 >> プロジェクト研究の成果 パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業

プロジェクト研究の成果

プロジェクト研究一覧表

研究領域 3
Project Number 3-2

プロジェクト研究名:

医療システムと倫理

グループ名:

医療現場における意思決定・問題解決・協働

リーダー名(所属):

清水 哲郎 (東京大学大学院人文社会系研究科)

組織構成:

清水 哲郎 東京大学大学院文学研究科・特任教授 研究の総括・臨床倫理システム開発
石垣 靖子 北海道医療大学・大学院看護福祉学科・教授 臨床倫理システム開発
佐藤 伸彦 砺波サンシャイン病院・医師 臨床倫理システム開発協力
日笠 晴香 東北大学大学院文学研究科・博士後期課程 臨床倫理学理論
会田 薫子 東京大学・大学院医学系研究科・博士後期課程 臨床倫理学理論
圓増 文 国士舘大学・非常勤講師 臨床倫理学理論
熊野 純彦 東京大学大学院人文社会系研究科・准教授 ナラティブと死生学
島薗 進 東京大学大学院人文社会系研究科・教授 ナラティブと死生学
山崎 浩司 東京大学大学院人文社会系研究科・特任講師
竹之内 弘文 静岡大学農学部・准教授 地域の医療・福祉ネットワーク
岡部 健 社団法人爽秋会岡部医院・院長 地域の医療・福祉ネットワーク
福間 聡 東京大学大学院人文社会系研究科・特任研究員 地域の医療・福祉ネットワーク
直江 清隆 東北大学大学院文学研究科・准教授 臨床研究の倫理
田代 志門 日本学術振興会 特別研究員PD 臨床研究の倫理・地域ネットワーク

平成19年度の研究成果

  • 臨床倫理検討システム開発:本システムは実際に医療現場での使用に耐え得るものである。これについて理論的補強(〈同〉を原理とする倫理と〈異〉を原理とする倫理の区別とバランス等)を行い、また、個別問題の分析法の検討を進めた。また、医療システムの中への定着を目指す活動を行った。すなわち、「臨床倫理ベーシック研修会」を、札幌で二回(延べ 名参加)、大阪で一回(50名弱参加)開催した。これは現地の医療者と協働によるものであり、予想を上回る参加者を得た。また、これを使用している医療者たちのネットワークによる今後のシステム開発推進の計画をたてた。また、研究会のための資料作りを通して、マニュアル作成を試み、関係する講義のビデオをとり、DVD製作への準備をした(未完)。さらに、前年度に引き続き、看護系大学院や各種医療団体の研修会に要請に応じて出向き、本システム普及につとめた(島根大学大学院、新潟県立大学大学院、看護大学校、秋田緩和医療研究会、岐阜緩和医療研究会、つくば医療センター)。成果の国際発信としては、香港で開催された遺伝倫理の国際研究集会に招かれて、本システムの背景理論を骨子とする発表を行った。
  • 臨床死生学との融合:ナラティブ・メソッドの展開として行ってきた活動について、東京大学グローバルCOE《死生学の展開と組織化》との連携を深め、臨床倫理学と死生学の融合の可能性を探った。上述の@について、次年度以降このプロジェクトにおいて研究を推進する方向で、医療・介護従事者のための死生学カリキュラムに、臨床倫理学を組み込んだ。
  • 地域における医療・福祉ネットワーク:
    宮城県内における、若手研究者の在宅ホスピス専門医療機関における研究活動をさらに進め、死期が近づいた人への「お迎え現象」など、成果を発表するにいたった。また、若手グループで成果を書籍にまとめる企画が進んでいる。
  • 臨床研究の倫理
    従来に引き続き、東北大学21世紀COE《CRESCENDO》と共同して、被験者保護を中心とした倫理を現実に有効なものとするために必要な諸点を明確にし、これを臨床研究において活かす作業をおこなった。

以上の他に、全体的な活動として、

  • 人社プロジェクトの成果発表の一環として『高齢社会を生きる:老いる人/看取るシステム』を刊行し、上記1.、2.、3.の成果の一部を収めた。
  • 研究集会(2月2日開催)を行い、本グループの研究の総括をおこなった。
  • サイエンスカフェ人社版に参画し、2回にわたり、それぞれ市民の協力をえて、1.および2,に関するテーマで集会を開催した。その他、人社プロジェクトの全体的活動に参加した。

シンポジウム、ワークショップ等の開催状況:

  • 2007/9/1、 札幌(コンベンションセンター)、臨床倫理ベーシック in さっぽろ 第3回、117名、東札幌病院倫理委員会と共催
  • 2008/1/27 札幌(自治労会館) 臨床倫理ベーシック in さっぽろ 第4回、112名、東札幌病院倫理委員会と共催
  • 2008/2/2、仙台(国際センター)、 研究集会《医療・介護現場における価値評価と意思決定》、40名、本グループの総括のための研究会
  • 2008/3/30、大阪(千里阪急ホテル)、 臨床倫理ベーシック in おおさか、 45名、 ガラシア病院(箕面市)、阪大病院救急センター、淀川キリスト教病院等の医療者の協力を得て開催

<飛び出せ人文・社会科学〜津々浦々学びの座〜実施状況>

  • 2007/11/18、仙台(エスカリエ)、♪千の風になって♪ エスカリエ・哲学サロン、38名、エスカリエとのジョイント開催
  • 2007/11/24、神戸(勤労会館)、高齢社会を生きる! 老いてからの医療の受け方、52名、市民のウェル・リビングを考える会との共催

論文、著書等:

清水哲郎、臨床倫理学から臨床死生学へ、 財団法人上廣倫理財団『倫理的叡智を求めて』、83-105、2007.6.

SHIMIZU T., Non-consequentialist Theory of Proportionality: with reference to the Ethical Controversy over Sedation in Terminal Stage, Journal of Philosophy and Ethics in Health Care and Medicine, 2: 4-25, 2007.9

田代志門、研究と診療を区別する二つのモデル—ヘルシンキ宣言からベルモント・レポートへ、日本医学哲学・倫理学会『医学哲学・医学倫理』、25、21-30、2007.10

山本史華、臨床研究におけるアフターケア倫理—その理念の提示、日本医学哲学・倫理学会『医学哲学・医学倫理』、25、31-40、2007.10

日笠晴香、一つの人生か別の人格か—事前指示の有効性をめぐって、日本医学哲学・倫理学会『医学哲学・医学倫理』、25、41-50、2007.10

清水哲郎、緩和ケアの臨床倫理、『カレントテラピー』25-11、90-96、2007.11

清水哲郎、鎮静をめぐる臨床倫理、『がんけあナビ』1-5、70-77、2008.5

  

グループ名:

医療システムと医療専門家組織、保険者、民間保険機関の役割

リーダー名(所属):

吉田あつし(筑波大学大学院システム情報工学研究科)

組織構成:

三橋 平 筑波大学・大学院システム情報工学研究科 同窓ネットワークと医療者養成
村澤 康友 大阪府立大学・経済学部 医療サービス市場規制と社会厚生
鹿野 繁樹 大阪府立大学・経済学部 医療サービス市場規制と社会厚生
西本 真弓 阪南大学・経済学部 医療・介護と家族の役割
川村 顕 筑波大学・大学院システム情報工学研究科 医療サービス市場規制と社会厚生
鶴田 芳貴 筑波大学・大学院システム情報工学研究科 医療サービス市場規制と社会厚生
牛島 光一 筑波大学・大学院システム情報工学研究科 タイの医療保険制度
吉本 大介 筑波大学・大学院システム情報工学研究科 医療サービス市場規制と社会厚生
大平 邦明 筑波大学・大学院システム情報工学研究科 医療サービス市場規制と社会厚生
佐藤 伸彦 砺波サンシャイン病院 医療・介護と家族の役割
小暮 克夫 カンボジア統計局 (JICA派遣) 発展途上国の医療保険制度
ウォーラウェット・スワンラダ チュラロンコン大学・経済学部 タイの医療保険制度
金 栄淑 Institute for National Health Insurance, National Health Insurance Corporation (韓国) 韓国の医療保険制度

平成19年度の研究成果

平成19年度は、昨年度までに行ってきた研究を引き続き行うと同時に、以下の方法で最終的なとりまとめを行った:(1) 一般向けの書籍の発刊(9月発刊予定)、(2) 総合(一般)雑誌への寄稿、(3) 専門書の発刊(今冬発刊予定)。これ以外にも、研究成果の専門国内外ジャーナルへの投稿を行った。さらに、研究成果の一部は、「人社版サイエンス・カフェ」や、実証研究のベースとしている富山市でコンファレンスを行った。

タイにおける医療制度の研究

一人当たりGDPが3000ドル弱で、公的医療保険制度を持ちすでに途上国を脱しつつあるタイについて、医療サービスへの需要個票データを用いて、どのような要因が医療サービスの需要に影響を与えているのか、家族間の資源の配分はどのようになされているのかの分析を行った。この研究成果の一部は、共同研究者のいるチュラロンコン大学で報告をした。

韓国における公的医療保険制度の研究

少子高齢化が進む韓国では、日本と同じような公的医療保険制度を維持するためにどのように公的保険を再設計するかが、これから数年間の政策的に最重要課題のひとつになっている。特に、保険料や自己負担率をどのレベルに設定するか、誰が保険料を支払うのか(企業、家族にどの程度の保険料を負担させるか)、そのとき医療サービスへの需要はどう変化するのか、その結果医療費の伸びはどの程度抑制されるのか、などの政策課題は日本と共通の課題である。韓国の医療保険制度改革について、筑波大学で博士号を取得し現在韓国の政府系研究所で研究している金栄淑の協力を得て、少子高齢化が日本以上のスピードで進む韓国の公的医療保険と日本のそれとを比較研究するためのデータベースを構築した。

医師のキャリアパスと「医師不足」

「医師不足」と呼ばれている状況がなぜ生じたのかを、女性医師のキャリアパスに焦点を当てて分析した。その結果、「医師不足」が生じているのは、大病院の小児科、産科であって、これらの診療科では女性医師の比率が高いが、女性医師は40代までに病院から診療所に職場を変えるために、「医師不足」が生じていることが分かった。

高齢者医療・介護と家族の機能

昨年度整備した、砺波サンシャイン病院(療養型病院)に入院した事があるか現在入院している高齢者の介護度・認知度、医療・介護給付費、家族の状況についてのデータベースを用いて、どのような病院を経てサンシャイン病院に入院してきたか、入院後どの程度の期間治療を受けているのかを分析してきた。その結果、介護療養病床には要介護度が重い患者が入院しており、さらに寝たきり度が重い患者は要介護度が重く死亡リスクが高かった。つまり、介護療養病床には要介護度、寝たきり度が重く、死亡リスクの高く医療の必要性が高い患者を受け入れていることがわかった。

シンポジウム、ワークショップ等の開催状況:

開催年:2008年2月9日(土)〜2008年2月10日(日)
開催場所:富山国際会議場(特別会議室)
名称:「医療システムと倫理」(「医療システムと医療専門家組織、保険者、民間保険機関の役割」)研究集会

<飛び出せ人文・社会科学〜津々浦々学びの座〜実施状況>
開催年:2007年10月7日(日)
開催場所:第33回筑波大学学園祭(雙峰祭) 筑波大学第2エリア 2B207
名称:「患者様」と「お医者様」の経済

論文、著書等:

吉田あつし 「専門家倫理の経済学的考察」, 経済セミナー, 日本評論社, 625号, 40-42, 2007年4月.

吉田あつし・幸野聡 「茨城県における診療所間の空間的競争」, 日本統計学会誌, 第37巻, 第1号, 133-150, 2007年9月.