パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> プロジェクト研究の成果一覧 >> プロジェクト研究の成果 パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業

プロジェクト研究の成果

プロジェクト研究一覧表

研究領域 2
Project Number 2-1

プロジェクト研究名:

平和構築に向けた知の展開

グループ名:

地域研究による「人間の安全保障学」の構築

リーダー名(所属):

黒木 英充(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・教授)

組織構成:

黒木 英充(東京外国語大学・アジア・アフリカ言語文化研究所・教授)研究全体の統括
阿部 健一(京都大学・地域研究統合情報センター・准教授)東南アジア生態学
飯島 みどり(立教大学・法学部・准教授)ラテンアメリカ現代史
飯塚 正人(東京外国語大学・アジア・アフリカ言語文化研究所・准教授)現代イスラーム思想
井坂 理穂(東京大学・大学院総合文化研究科・准教授)インド現代史
石井 正子(大阪大学・グローバルコラボレーションセンター・特任准教授)東南アジア開発研究
岩下 明裕(北海道大学・スラブ研究センター・教授)北東アジア国際政治
臼杵陽(日本女子大学・文学部・教授)中東現代史
宇山 智彦(北海道大学・スラブ研究センター・准教授)中央アジア国際政治
帯谷 知可(京都大学・地域研究統合情報センター・准教授)中央アジア現代史
栗本 英世(大阪大学・大学院人間科学研究科・教授)アフリカ人類学
黒崎 卓(一橋大学・経済研究所・准教授)南アジア開発研究
河野 泰之(京都大学・東南アジア研究所・教授)東南アジア自然資源管理研究
小林 誠(お茶の水女子大学・文教育学部・教授)国際政治
酒井 啓子(東京外国語大学・大学院・教授)中東国際政治
佐原 徹哉(明治大学・政治経済学部・准教授)バルカン現代史
床呂 郁哉(東京外国語大学・アジア・アフリカ言語文化研究所・准教授)東南アジア人類学
土佐 弘之(神戸大学・大学院国際協力研究科・教授)国際政治
永原 陽子(東京外国語大学・アジア・アフリカ言語文化研究所・教授)アフリカ現代史
真島 一郎(東京外国語大学・アジア・アフリカ言語文化研究所・准教授)アフリカ人類学
松永 泰行(同志社大学・一神教学際研究センター・客員フェロー)中東国際政治
松野 明久(大阪外国語大学・外国語学部・教授)東南アジア現代史
松林 公蔵(京都大学・東南アジア研究所・教授)フィールド医学
山 岸智子(明治大学・政治経済学部・准教授)中東現代史
山根 聡(大阪大学・世界言語研究センター・准教授)南アジア現代史・文学
(研究協力者)
小副川 琢(エネルギー経済研究所・研究員)中東国際政治

平成19年度の研究成果

2007年度は最終年度であったので、研究成果の社会還元を中心に活動を展開した。

1) まず7月31日にサイエンスカフェを東京都府中市の生涯学習センターで開催した。そこでは府中市民とともに、「人間の安全」を、沖縄という日本の一地域を事例に、食・住・環境といった身近な話題から第2次世界大戦、米軍基地問題、対テロ戦争という問題にまで拡張する重層的な構造のなかで考えるような対話をもった。そのうえで、「人間の安全」を支えるものはいったい何なのか、という根本的な問題を議論する方向に発展した。

2) 9月24日には、東京大学駒場キャンパスにて、映画会議「サブラー・シャティーラーのキャンプ虐殺から25年—加害者による証言映像をめぐって」を開催した。これは、1982年に内戦下レバノンのイスラエル軍侵攻時にパレスチナ人難民キャンプで発生した大量虐殺事件をめぐり、その加害者6名に暴力の記憶を語らせたドキュメンタリー映画を上映し、その事件の意味について議論するものであった。本会議のために、アラビア語音声の日本語字幕を作成した。レバノンから映画製作者のロクマーン・スリーム、モニカ・ボルグマン両氏を招聘し、3名のコメンテータとともに、その時代背景、映像の現代性、映画の製作意図など様々な問題が扱われた。内戦下の大規模虐殺という、人間の安全が極限的に破壊される状況の情報については、これまで暴力の被害者の証言記録は多数例があるが、加害者が直接語るという記録は非常に稀である。ドキュメンタリー製作者が発信し、見る者が受け止めるメッセージの質的変化の問題も含み、刺激的な討論がなされた。また2名の映画製作者は広島平和記念公園も訪問し、地元メディアでも大きく取り上げられた。

3) 1月12日に同じく東京大学駒場キャンパスにて平和構築3グループ共催で開催した国際シンポジウムは、「ジェノサイド研究の展開」グループが中心となって推進してきた「ジェノサイド」の問題を総合的に捉えるとともに、国際刑事裁判所という国際機関を通じた平和構築作業の可能性を追求するものであった。カンボジアやバルカンなど、世界各地の事例が検討されるとともに、それらを横断する総括的議論が活発に行われた。

4) 締めくくりは、3月13日にレバノンの首都ベイルートで開催した映画会議「『パレスチナ1948NAKBA』」を考える」であった。同映画は日本の代表的なフォトジャーナリスト広河隆一氏がパレスチナ問題の発生から現代に至る問題を扱って、過去40年間にわたって撮影してきたビデオ映像・写真をもとに製作された大作である。本グループの臼杵陽氏も映画製作に協力した。今回、広河監督をベイルートに招聘し、ベイルートのパレスチナ研究所と共催し、パレスチナ関係NGO、上記スリーム、ボルグマン両氏が主催する民間研究所の協力を受けて本映画を上映し、関連研究者や映画関係者と討論する機会をもったが、これは単に政情不安のレバノンにおいて文化的な催しを実現できた、ということにとどまらず、パレスチナ問題という人間の安全保障のあらゆる問題点が集約された問題について、日本人の視点から描き出した一つの像を提示し、中東現地の人々に直接訴えかける意味があった。実際、レバノン国内のみならず、隣国シリアでの上映も求められることとなり、いわば社会還元事業を国際的に展開することに成功したといえよう。

シンポジウム、ワークショップ等の開催状況:

2007年9月24日(月)13:30〜18:00;東京大学駒場キャンパス18号館ホール;映画会議「サブラー・シャティーラーのキャンプ虐殺から25年—加害者による証言映像をめぐって」(「ジェノサイド研究の展開」グループと共催);約60名参加

2008年1月12日(土)10:30〜18:00;東京大学駒場キャンパス18号館ホール;国際シンポジウム「ジェノサイド研究と平和構築」(「ジェノサイド研究の展開」「アメリカ研究の再編」グループと共催);約50名参加

2008年3月13日(木)19:00〜22:30;レバノン共和国ベイルート、メトロポリス・シネマ劇場;ベイルート映画会議「パレスチナ1948NAKBA」を考える;約100名参加

<飛び出せ人文・社会科学〜津々浦々学びの座〜実施状況>
2007年7月31日(火)14:30-16:30 府中市生涯学習センターにて、「人間の安全の現在」と題したサイエンスカフェを開催した。府中市民19名が参加、主催者側からは黒木英充、床呂郁哉、飯塚正人、石田勇治(ジェノサイド研究の展開グループリーダー)が参加した。

論文、著書等:

オレン・イフタヘル(著)、黒木英充(訳)「民主主義とエスノクラシーの間—イスラエル/パレスチナにおける紛争と平和の政治地理学」城山英明他(編)『紛争現場からの平和構築』未来を拓く人文・社会科学0、73-91頁、2007年10月。

松野明久「平和構築における真実探求—紛争後の東ティモールの事例から」城山英明他(編)『紛争現場からの平和構築』未来を拓く人文・社会科学0、92-108頁、2007年10月。

土佐弘之「アメリカ映画から見たアメリカの戦争観・世界観」初瀬龍平他(編)『日本で学ぶ国際関係論』法律文化社、151-161頁、2007年10月。

小林誠「ハードな戦争とソフトな戦争」進藤栄一他(編)『戦後日本政治と平和外交』法律文化社、160-168頁、2007年12月。

佐原徹哉『ボスニア内戦』有志舎、460頁、2008年3月。

  

グループ名:

ジェノサイド研究の展開

リーダー名(所属):

石田勇治・東京大学大学院総合文化研究科

組織構成:

木畑洋一・東京大学大学院総合文化研究科(植民地主義)
柴宜弘・東京大学大学院総合文化研究科(バルカン)
佐藤安信・東京大学大学院総合文化研究科(平和構築)
石田憲・千葉大学法経学部(国際政治)
栗本英世・大阪大学人間学部(アフリカ、スーダン)
星乃治彦・福岡大学人文学部(ジェンダー)
林博史・関東学院大学経済学部(総力戦)
狐崎知己・専修大学経済学部(ジェノサイド後の社会復興、ラテンアメリカ)
芝健介・東京女子大学文理学部(戦時下のジェノサイド)
中村雄祐・東京大学大学院人文社会系研究科(ジェノサイド後の社会復興)
川喜田敦子・東京大学大学院総合文化研究科(民族浄化・強制移住)
佐原徹哉・明治大学政経学部(民族浄化・バルカン)
廣瀬陽子・東京外国語大学大学院(中央アジア)
武内進一・日本貿易振興機構アジア経済研究所(アフリカ、ルワンダ)
瀬川博義・愛知産業大学経営学部(国際法、アルメニア)
福永美和子・日本学術振興会特別研究員PD(国際刑事司法)
清水明子・東京大学大学院総合文化研究科・産学官連携研究員(バルカン)
吉村貴之・東京大学大学院総合文化研究科・産学官連携研究員(中央アジア)
増田好純・東京大学大学院総合文化研究科・博士課程(収容所システム)
猪狩弘美・東京大学大学院総合文化研究科・博士課程(記憶とトラウマ)
松村由子・東京大学大学院総合文化研究科・博士課程(文化ジェノサイド)

平成19年度の研究成果

<研究の内容と成果の発信>2007年度は、昨年度に引き続き、世界各地のさまざまなジェノサイドの事例を実証的に精査・検証すると同時に、「ジェノサイドと近代(モダニティ)」の重層的な連関について、またジェノサイド後の社会復興・平和構築の多様な形態について検討した。事例研究としては、瀬川博義と吉村貴之がアルメニア人虐殺について、石田勇治がホロコーストを含むナチ・ジェノサイドについて、武内進一がルワンダのジェノサイドについて、清水明子がバルカンでの集団暴力の諸相についてそれぞれ実証研究を行い、「近代」との関係においては、これまで重視してきた(1)人種主義・優生思想、(2)全体主義、(3)民族浄化・強制移住、(4)総力戦、(5)植民地支配の5つの問題系から、松村由子が(5)について、日本の植民地支配を例に「文化ジェノサイド」概念の精緻化に努めた。ジェノサイド後の社会復興・平和構築の事例として、カンボジア、ルワンダ、グアテマラに注目し、それぞれ継続的に調査を実施する一方で、カンボジア特別法廷の判事野口元郎氏を講師に招いて、同裁判をテーマのひとつする国際シンポジウムを実施した。また国際政治史の観点から福永美和子が国際刑事裁判所の提起する問題に、佐藤安信が国際法の視点から平和構築の理論研究に取り組んだ。海外派遣としては、石田勇治が「四・三事件」についての資料蒐集と韓国ジェノサイド学会との交流を目的に、韓国済州島で開催された平和学会に参加し、分科会「ジェノサイド研究」を主宰した。本年度の成果の一部は、雑誌「季刊戦争責任研究」第59号(「ジェノサイド特集」、2008年3月刊行)に公表した。本年度も海外の研究組織との積極的な交流を行ったが、なかでもイェール大学ジェノサイド研究プログラムとの研究交流は成果をあげた。

<得られた知見>ジェノサイドには時代状況や文化的背景の違い、虐殺の形態と被害規模の差を越えて、共通の分析アプローチを可能にする以下のような現象が存在する。

  • 一見無目的で不合理なジェノサイドにも実行者の様々な具体的な目的があり、ジェノサイドはその手段として遂行されている。
  • 実行者は所与の集団を破壊するかにみえて、実際はしばしば恣意的に対象集団を定義・設定している。
  • ジェノサイドを正当化し、人びとをこれに動員するために、実行者は自己集団のアイデンティティ・ポリティクスを強化させるとともに、敵集団を悪魔化・非人間化するために様々な言説や表象(イメージ)を創出・動員している。
  • ジェノサイドの進行につれて、当初は傍観していた人びとが協力者・加害者に転じ、広範な受益者ネットワークが形成される。
  • ジェノサイドの急進化メカニズムは中央からだけなく、ローカルレヴェルから、また目的やイデオロギーだけなく、具体的な状況の変化、不測の事態への対応から生じる場合が多い。
  • ジェノサイドでは敵集団の身体的破壊だけでなく、文化的破壊行為と隠蔽工作も伴っている。
  • ジェノサイドの被害者と加害者の関係は固定的なものではなく、両者には置換性がある。
  • ジェノサイドには引き金要因とともに予兆現象が存在する。これらの諸点に着眼し、一見共約不能なジェノサイドに共通する論理を解明することが今後の課題となろう。

シンポジウム、ワークショップ等の開催状況:

(1)2007年6月9日、ワークショップ、「バルカン複合民族社会におけるエスニック集団と『民族浄化』」、早稲田大学、20名、報告者:清水明子、討論者:庵逧由香(立命館大学コリア研究センター)

(2)2007年11月10日、国際ワークショップ、「日韓ジェノサイド研究の動向と課題」、韓国・済州大学、15名、報告者:金東椿(聖公会大学)、石田勇治

(3)2008年 1月 12 日、国際シンポジウム、「ジェノサイド研究と平和構築」東京大学・駒場、80名、セッション1「カンボジア・ジェノサイドを再考する」、報告者:ベン・キアナン(イェール大)、野口元郎(外務省)、コメンテーター:熊岡路矢(日本国際ボランティアセンター)、山本晋平(弁護士・ヒューマンライツナウ)、セッション2「脱ジェノサイド社会をめざして−ジェノサイド研究からの提言」、報告者:川喜田敦子、清水明子、吉村貴之、狐崎知己、兼清順子(立命館大学国際平和ミュージアム)、福永美和子、セッション3 「総括討論」

<飛び出せ人文・社会科学〜津々浦々学びの座〜実施状況>
「アウシュヴィッツが投げかける問い 21世紀はこれにどう答えるのか」、2007年11月17日(土)14:00−16:00、場所 コミュニティサテライトオフィス、松坂屋岡崎店6階(岡崎ショッピングセンタービル)愛知県岡崎市康生通西3-15-4、参加研究者:瀬川博義、石田勇治、吉村貴之、兼清順子、福永美和子、一般参加者40名

論文、著書等:

石田勇治「アウシュヴィッツが投げかける問い−21世紀の歴史学はこれにどう答えるか」『東海史学』、42号、5−18頁、08年3月。

石田勇治「比較ジェノサイド研究の課題と射程」『季刊戦争責任研究』59号、2−10頁、08年3月。

武内進一「ルワンダのジェノサイドを引き起こしたもの」『季刊戦争責任研究』59号、11−17頁、08年3月。

福永美和子「国際刑事裁判所の創設とその可能性」『季刊戦争責任研究』59号、26-33頁、08年3月。

福永美和子「ICC創設をめぐるドイツの外交・司法政策」『ドイツ研究』42号、1−19頁、08年4月。

松村由子「『文化ジェノサイド』としての植民地支配」『季刊戦争責任研究』59号、34−40頁、08年3月。

瀬川博義編『アルメニア人虐殺の記憶』三恵社、総147頁、08年3月。

佐原徹哉『ボスニア内戦』有志舎、総460頁、08年3月。

  

グループ名:

「アメリカ研究」の再編

リーダー名(所属):

古矢 旬 (東京大学・大学院総合文化研究科・教授)

組織構成:

久保文明(東京大学・大学院法学政治学研究科・教授)現代アメリカ政治の制度=イデオロギー分析
遠藤泰生(東京大学・大学院総合文化研究科・教授)アメリカ・ナショナリズムとクレオール性
松本悠子(中央大学・文学部・教授)ナショナリズムとアメリカニゼーション
小檜山ルイ(東京女子大学・大学院現代文化研究科・教授)太平洋文化接触とアメリカ研究
トーマス・ベンダー(ニューヨーク大学・歴史学部・教授)アメリカ史の国際化
ゲアリー・ガースル(ヴァンダービルト大学・歴史学部・教授)20世紀アメリカのナショナリズム
デヴィッド・ファーバー(テンプル大学・歴史学部・教授)アメリカ・ラディカリズムの理念
スヴェン・ベッカート(バーヴァード大学・歴史学部・教授)アメリカ帝国論とヨーロッパ
マイケル・アダス(ラトガース大学・歴史学部・教授)アメリカ例外論
アラン・ドーリー(ニュージャージー・カレッジ・歴史学部・教授)アメリカ帝国とナショナリズム
西崎文子(成蹊大学・法学部・教授)国際連合とアメリカ
ダーク・ヘーダー(アリゾナ州立大学・歴史学部・教授)移民史研究の世界化
レイナルド・イレート(国立シンガポール大学・東南アジア研究科・教授)フィリピン革命とアメリカ
廬慶秀(ソウル大学校・大学院公共政策学研究科・教授)東アジア外交とアメリカ
林忠行(北海道大学・スラブ研究センター・教授)スラブ研究とアメリカ研究
酒井啓子(東京外国語大学・大学院地域文化研究科・教授)イラク研究とアメリカ研究
ヴァンサン・ミシュロ(リヨン第二大学・政治研究学部・教授)フランスとアメリカ・ナショナリズム
ロブ・クルーズ(アムステルダム大学・名誉教授)アメリカ大衆文化の世界性
デズモンド・キング(オックスフォード大学・ナッフィールド・カレッジ・教授)アメリカ・ナショナリズムの編制
モーリツィオ・ヴォーダニャ(東ピエモント大学・人文学部・教授)アメリカ・ナショナリズムと国際性
マイケル・ザッカマン(ペンシルヴァニア大学・歴史学部・教授)アメリカ・ナショナリズムと宗教
中山俊宏(津田塾大学・学芸学部・助教授)現代アメリカ右翼政治とナショナリズム
中野聡(一橋大学・大学院社会学研究科・教授)東南アジアナショナリズムとアメリカ帝国

平成19年度の研究成果

 本研究の目的は、一つには現代世界におけるアメリカの影響を、その内側のナショナリズムとその外側に向けての「帝国」的国家行動との両面から明らかにしようとする点に置かれてきた。と同時に、いま一つには、それらを理解するに当たり、従来のアメリカ研究の枠組みや方法では不十分であることをふまえ、研究全体の方向性の再編も企図されてきた。最終年に至り、なお二つの課題は部分的にしか実現されていないが、本年度もまた学際的、国際的研究連携を拡充しながら課題達成に向けて研究の展開を模索した。

 活動は、本年度も国際シンポジウムと研究ワークショップの開催による研究成果の集約と公開を中心とした。まず2007年9月末、研究リーダー所属の東京大学アメリカ太平洋地域研究センターとの協力の下に、反米主義の世界的展開をめぐるワークショップ"Anti-Americanism: History and Structure"を開催した。ワークショップでは、本研究グループの 中心的参加者であるDavid Farber、Rob Kroes両教授の基調報告にもとづき、とりわけ「9・11事件」以後の現代世界における反米主義の展開と地域ごとに異なるその諸原因の詳細が議論された。二つの基調報告は、ともにブッシュ現政権の対外政策に対する批判を共有しながら、それぞれアメリカとヨーロッパに視点をすえた結果、両者の交錯のなかに反米主義を立体的に理解することが可能になった。基調報告と討論の概要は、東京大学総合文化研究科附属アメリカ太平洋地域研究センター紀要『アメリカ太平洋研究』8号(2008年)に収録、公表した。

 第二の主要活動は、2008年3月に開かれた国際シンポジウム "American Nationalism and Empire in an Age of Globalization"である。このシンポジウムには、従来からの海外研究協力者を中心に米国、フランス、イタリア、シンガポールから総勢11名の研究者を報告者として招き、2日間にわたる共同討議をとおして、内外両世界におけるアメリカ・ナショナリズムの歴史像に多面的な光が投げかけられた。それとともに、これまでの「本研究グループ」の研究成果、到達点とさらなる課題についても、国際的、学際的観点から種々の評価、意見交換、提案が行われた。現在、今回のものを含め、これまでのシンポジウム、ワークショップの成果をとりまとめ刊行するプロジェクトが進行中である。

 本年度は、領域Ⅱ「平和構築」グループ全体の締めくくりのために、1月に東京大学総合文化研究科において総括的シンポジウム「ジェノサイド研究と平和構築」が開かれ、本グループもそれに参加した。  

 そのほか、社会貢献を目的とするサイエンス・カフェを札幌市くすみ書店との共同で開催し、ブッシュ政権末期、2008年大統領選挙に向かうアメリカの現状について、ジャーナリスト、地域住民との対話を深めた。

シンポジウム、ワークショップ等の開催状況:

2007年9月29日 国際ワークショップ、東大駒場キャンパス、"Anti-Americanism: History and Structure" (発表者2名、参加者40名)

2008年1月12日 国際シンポジウム、東大駒場キャンパス、「ジェノサイド研究と平和構築」(参加者、130名)

2008年3月1、2日、第6回国際シンポジウム、東京グリーンパレスホテル、"American Nationalism and Empire in an Age of Globalization"(発表者13名、参加者38名)

<飛び出せ人文・社会科学〜津々浦々学びの座〜実施状況>
2007年9月15日、札幌くすみ書房でサイエンス・カフェ古矢旬「アメリカの本当の姿とは?」を実施。参加者市民40名あまり。

論文、著書等:

編著『権力と暴力』(シリーズ・アメリカ研究の越境、第2巻)、ミネルヴァ書房、2007年.

「アメリカニズムと暴力」、『権力と暴力』(シリーズ・アメリカ研究の越境、第2巻)、ミネルヴァ書房、2007年、pp.1-14.

「2008年選挙の歴史的位相」、『外交フォーラム』、No. 237 (2008年4月号)、14-19.

"A New Perspective on American History from the Other Side of the Pacific," The Japanese Journal of American Studies, No. 18 (June 2007): 59-71.