パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> プロジェクト研究の成果一覧 >> プロジェクト研究の成果 パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業

プロジェクト研究の成果

プロジェクト研究一覧表

研究領域 1
Project Number 1-1

プロジェクト研究名:

日本的知的資産の活用

グループ名:

日本文化の空間学構築

リーダー名(所属):

桑子敏雄(国立大学法人東京工業大学大学院社会理工学研究科)

組織構成:

桑子 敏雄:東京工業大学大学院社会理工学研究科教授(グループ長・空間学の全体構想担当)
延藤 安弘:愛知産業大学大学院教授・NPO法人まちの縁側育み隊隊長(住民参加担当)
オギュスタン・ベルク:フランス国立社会科学高等研究院教授(風土学的観点による空間学)
片寄 俊秀:大阪人間科学大学人間科学部教授(地域再生の理念と技法、NPO・大学の役割担当)
島谷 幸宏:九州大学大学院工学研究院教授(河川空間の再生と継承の理念構築担当)
萩原 なつ子:武蔵工業大学環境情報学部助教授(住民参加と合意形成担当)
宮尾 博一:河川環境管理財団理事(行政教育担当)
賀雪鴻:(日中文化交流促進担当)
百武 ひろ子:早稲田大学芸術学校講師・プロセスデザイン研究所代表(地域づくり担当)
大谷 いづみ:NPO法人合意形成マネジメント協会理事(合意形成プロセス)
金子 洋二:新潟県NPOサポートセンター事務局長(NPO育成の問題担当)
ヤン・ヌソム:パリ大学・ラヴィレット建築学校助教授(景観担当)
吉村 伸一:葛g村伸一流域計画室代表取締役(再生の技術担当)
鈴木 良一:鰹コ和堂取締役(出版と文化学構築担当)
吉武 久美子:新潟県立看護大学准教授(地域医療合意形成)
研究協力者
佐野 陽子:(日本文化論)
池田 聖子:財団法人日本ナショナルトラスト(まちづくり担当)
土井 裕子:五ヶ瀬川リバーパル館長
佐藤 和歌子:NPO法人森林(もり)をつくろう理事長
豊田 光代:東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程(環境倫理教育担当)

平成19年度の研究成果

 本年度は、最終年度として、これまでの研究手法であるフィールドワークショップを継続して行うとともに、これまで研究に協力した日本各地の地域活動のキーパーソンを招き、総括の討議を行った。また、その成果を『日本文化の空間学』出版へと結びつけた。
 総括討論に参加した市民から高い評価を得た。

(1)都城市でフィールドワークショップによるサイエンスカフェを行った。
(2)フィールドワークショップを新潟県佐渡島岩首地区で開催した。メンバーのヤン・ヌソムが研究者メンバー、地域の市民を対象に講演を行った。
(3)これまでのFWに参加した地域の市民、NPO、行政担当者などに集まってもらい、空間学の提案が地域にとってどのような意味をもったかについて情報交流を行った。
(4) 研究成果を検証するためのフィールドワークショップを大和盆地で、また総括シンポジウムを天理大学において行った。
(5) 京都桂ユーコートでの世代間継承についての調査をまとめた。
(6) これまで行ってきたプロジェクトについて、運営の方法、成果の評価方法、その他について検証するための作業をインタビュー形式で行った。(資料Ⅴ)
(7) 以上の作業を行いながら、本プロジェクトでの研究方法および活動の成果について、出版社と協議しながら、人文社会科学の振興に関する社会的ニーズを踏まえ、社会提言を実現するような形で研究成果(『日本文化の空間学』(東信堂))の出版にこぎつけた。

シンポジウム、ワークショップ等の開催状況:

2007.7.2-3 
志賀海神社(福岡県) 海神能ワークショップ
2007.7.14-15
行橋 行橋海岸「景観と社会基盤整備」ワークショップ
2007.9.8-9
東京工業大学 空間学総括シンポジウム
2007.9.11-13
佐渡市岩首談義所 空間学フィールドワークショップ
2008.3.10-11
京都・奈良フィールドワークショップ
2008.3.12
天理市天理大学 国土再生の空間学シンポジウム
2008.3.13
豊岡市 コウノトリの里フィールドワークショップ

<飛び出せ人文・社会科学〜津々浦々学びの座〜実施状況>

2007.7.8
都城市都島町 テーマ:川の駅の水辺やお城跡を歩きながら身近な水辺・街づくりを語ろう
主催:がくれんすづくりプロジェクト 後援:NPO法人みやざき技術士の会 協力:都城市・国土交通省
参加者:約30名 「日本文化の空間学構築」研究グループ参加者:桑子敏雄・島谷幸宏・土井裕子

論文、著書等:

島谷幸宏:
「環境再生の時代」 建設の施工企画 2007.4
片寄俊秀:
『いいまちづくりが防災の基本』(イマジン出版) 87P 2007.4
桑子敏雄:
「水土持続の論理と倫理」 土地改良[257] pp22-26 2007.4
桑子敏雄:
「多自然川づくり基本方針」と「河川景観の形成と保全の考え方」について 生き物文化誌BIOSTORY[7] 2007.5
桑子敏雄:
「ふるさとの見分け方 −コモンズの喜劇ー」 2007年度日本建築学会大会都市計画部門パネルディスカッション資料 pp17-26 2007.8
桑子敏雄:
「環境政策の思想と社会的合意形成」 現代に挑む哲学(学文社) pp184-195 2007.11
島谷幸宏:
「自然再生事業の可能性と課題」土木施工 2007.11
Augustin Berque編:
『日本の住まいと風土性<国際日本文化研究センター共同研究報告書>』176P 2007.11
  

グループ名:

「日本型地域ネットワークと地域通貨」

リーダー名(所属):

岡田 真美子 (環境人間学部)

組織構成:

岡田 真美子 兵庫県立大学 環境人間学部 教授
合田 博子 兵庫県立大学 環境人間学部 教授
熊谷  哲 兵庫県立大学 環境人間学部 教授
森下 一男 香川大学  工学部  准教授
三宅 康成 兵庫県立大学  環境人間学部  准教授
田端 和彦 兵庫大学 経済学部 准教授
大坪 慎一 大坪税理士事務所 所長 (元賢明女子短期大学・講師)
和ア 宏 インフォミーム株式会社 代表取締役
兵庫県立大学大学院 環境人間学専攻 博士後期課程
神頭 成禎 兵庫県立大学大学院 環境人間学専攻 博士後期課程
古賀 弘一 兵庫県立大学大学院 環境人間学専攻 博士後期課程
兵庫県 西播磨県民局 嘱託
中塚 則男 兵庫県 兵庫県県民政策部県民政策局 局長
竹村 英樹 兵庫県 北播磨県民局県民生活部 主幹(総務調整担当)
久戸瀬昭彦 兵庫県 県民政策部県民文化局生活創造課 課長補佐
行司 高博 兵庫県 県民政策部政策局地域振興課 課長補佐
松田 竜一 兵庫県 県民政策部政策局ビジョン課 課長補佐(ビジョン担当)
芦谷 恒憲 兵庫県 県民政策部統計課 課長補佐
牧 慎太郎 兵庫県 企画管理部 部長
高石 理香子 NPO法人千姫プロジェクト 事務局長

平成19年度の研究成果

平成19年度は、これまでの研究成果を集大成し、地域ネットワーク学を固めるための作業を行った。

(1)出版:成果発表と社会提言
出版社と協議しながら、人文社会科学の振興に関する社会的ニーズを踏まえ、社会提言を実現するような形で研究成果を発表した。 本研究事業パイロット期間中のH16(2004)年12月に桑子プロジェクト「空間学」研究グループの支援を得て行った「場と縁の継承・再生国際会議in神戸」「地域通貨国際会議」の成果を中心に、産官学民参画と協働の地域づくりなどをテーマとした学融合的出版第2弾をおこなった。(第1弾は『地域をはぐくむネットワーク』昭和堂2006.12)★岡田真美子編著(2008.3.31) 『地域再生とネットワーク』昭和堂

(2)地域の水ネットワーク研究:ため池シンポジウムの継続
前年度H18年度11月本研究グループが中心となって起こした世界初の「国際ため池シンポジウム」を、人社プロ「青の革命と水のガバナンス」研究グループ(蔵治 光一郎グループ長)に引継ぎ、本年度9月愛知で「第2回ため池シンポジウム」が行われた。さらに来年度H20年秋には奈良県立大学を中心に第3回が行われることが決定し、第4回候補地として福岡を推薦した。

(3)ネットワーク「講」研究の締めくくりフォローアップ取材とまとめ

  • 「無尽講」−健康寿命をのばす秘密をさぐる
    継続して県庁研究グループが行ってきた健康寿命と社会的紐帯としての無尽講研究の仕上げとして、実際の無尽講の場を取材し成果を発表した
  • 「契約講」−その現代的変容を追う
    石巻市北上町に残る江戸時代来の契約講のうち、財団法人化を目指さなかった長尾の集落が山林の村持ち化を復活する自治会組織に変容するプロセスを追い、最後の契約講と第1回自治会を記録し、地域自治、所有と使用について考察を深めた。(9月提出の学位論文に成果を発表)
  • 「日待ち講」−復活する地域ネットワーク
    愛知県小牧市久保一色で復活した「日待ち講」の現場を取材。(H20年度宗教学会で発表予定)

(4)地域の神仏ネットワーク研究(現代および古代朝鮮との関係)

シンポジウム、ワークショップ等の開催状況:

04/16
新神戸 第12回人社講 15人
06/06
新神戸 第13回人社講 14人
07/07
京都 関西人社研究会 6人+30人
07/13-15
行橋 空間学 姥が懐(岡田、合田 +100人
07/20
たつの市龍野町 学びの座inたつの 7人+7人
08/05-07
富士吉田市 富士吉田無尽講FWS 5人+17人
08/31-9/01
神戸/丹波虚空蔵山 地域SNS全国フォーラム/兵庫県 総務省 550人
09/08-09
東京 空間学研究会(岡田、合田) 2人+23人
09/11-12
佐渡 空間学FWS
09/14-16
愛知県知多郡美浜町 第2回ため池シンポジウム(岡田)/半田市FW
10/16
福岡県宇美町-大野城市 宇美・大宰府・大野城FW/韓人池勉強会(岡田)
10/27-29
宮崎県五ヶ瀬町椎葉村(岡田、合田)
11/06
新神戸 第14回人社講 11人
11/25
愛知県小牧市 久保一色復活お日待ち講FW(岡田)
12/15-16
福岡県大野城市 韓人池(岡田)
01/06
石巻市 契約講取材予備調査(古賀)
01/12-21
石巻市 旧契約講改め第1回総会、神事その他FW(古賀)
03/08
東京 人社シンポジウム(和ア、古賀)
03/11-13
八幡市−奈良−豊岡 空間学 治水、桃花鳥FW(岡田、合田)
03/22-23
高槻市−京都 第15回人社講 11人
03/28-31
韓国清渓川・金海 空間学(岡田、合田)

<飛び出せ人文・社会科学〜津々浦々学びの座〜実施状況>
別添「飛び出す人文・社会科学〜津々浦々学びの座〜inたつの」報告書参照

論文、著書等:

岡田真美子編著(2008.3.31)『地域再生とネットワーク』昭和堂
岡田真美子「コミュニティの再生とネットワーク・パワー」pp.18-35
岡田真美子「エピローグ 場と縁の継承・再生国際会議その後」pp.253-258
森下一男「復興をささえる知縁—舞子高校生の震災体験に学ぶ」pp.202-213
竹村英樹・松田竜一・久戸瀬昭彦「地域通貨.が生んだ官学民の協働」pp.214-232
大坪愼一「簿記の哲学—「官の会計」とのつきあいから見えるものp.233-239
中塚則男「政策の宴」pp.245-252
岡田真美子(2007.4)「日本型地域ネットワークと地域通貨研究グループの活動」『人社プロニューズレター』第1号[ニューズレターでは題名が誤って印刷されている]
芦谷恒憲・兵庫健康コミュニティ研究会(2007)「五日無尽会訪問記」『富士吉田市歴史民俗博物館だより 第29号(特集「無尽」)p.4
合田博子(2007)『当屋制の社会人類学的研究−兵庫県南部の事例を中心に』博士学位請求論文
田端和彦(2007) How to Promote the Roles of Community andSocial Economy in Disaster Management:Reflections from the Great Hanshin-AwajiEarthquake "Proceedings 1st INTERNATIONAL CIRIEC RESEARCH CONFERENCE ON THE SOCIAL ECONOMY", 2007 Oct.
田端和彦(2007)「自治体における地域競争力向上のための政策〜基礎的自治体に対するアンケート調査から〜」『兵庫大学論集』第13号(印刷中)