パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> プロジェクト研究の成果一覧 >> プロジェクト研究の成果 パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業

プロジェクト研究の成果

プロジェクト研究一覧表

研究領域 1
Project Number 1-1

プロジェクト研究名:

日本的知的資産の活用

グループ名:

日本文化の空間学構築

リーダー名(所属):

桑子敏雄 (東京工業大学・大学院社会理工学研究科価値システム専攻・教授)

組織構成:

桑子敏雄:東京工業大学大学院社会理工学研究科教授(グループ長・空間学の全体構想担当)
延藤安弘:愛知産業大学大学院教授・NPO法人まちの縁側育み隊隊長(住民参加担当)
オギュスタン・ベルク:フランス国立社会科学高等研究院教授(風土学的観点による空間学)
片寄俊秀:大阪人間科学大学人間科学部教授(地域再生の理念と技法、NPO・大学の役割担当)
島谷幸宏:九州大学大学院工学研究院教授(河川空間の再生と継承の理念構築担当)
萩原なつ子:武蔵工業大学環境情報学部助教授(住民参加と合意形成担当)
宮尾博一:河川環境管理財団理事(行政教育担当)
賀雪鴻:中国北京・文化交流センター・ジェネラルマネージャー(日中文化交流促進担当)
百武ひろ子:早稲田大学芸術学校講師・プロセスデザイン研究所代表(地域づくり担当)
大谷いづみ:NPO法人合意形成マネジメント協会理事(合意形成プロセス)
金子洋二:新潟県NPOサポートセンター事務局長(NPO育成の問題担当)
ヤン・ヌソム:パリ大学・ラヴィレット建築学校助教授(景観担当)
吉村伸一:(株)吉村伸一流域計画室代表取締役(再生の技術担当)
鈴木良一:(株)昭和堂取締役(出版と文化学構築担当)
吉武久美子:(財)日本訪問看護振興財団主任研究員(地域医療合意形成)
豊田光世:東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程(環境倫理教育担当)
研究協力者
佐野陽子:フランス国立高等社会科学研究院博士課程(日本文化論)
池田聖子:財団法人日本ナショナルトラスト(まちづくり担当)
土井裕子:五ヶ瀬川リバーパル館長
佐藤和歌子:NPO法人森林(もり)をつくろう理事長

平成18年度の研究成果

平成18年度は、当初計画したフィールドワークショップ・シンポジウムを次ページの「シンポジウム、ワークショップ等の開催状況」の通り実施した。

フィールドワークショップを開催しながら、地域の環境や景観についての知見を深めるとともに、地域の人々、行政関係者との交流を深めた。そのプロセスで、地域空間の価値構造認識(ふるさとの見分け方)という考え方に到達し、これをもとに、地域住民が地域の価値を認識する活動の支援へと発展した。
また、本年度は、とくに、「空間の継承と再生」という課題にとって、2つの重要な要素を確認できた。それは、環境・景観に対する自然災害と公共工事というインパクトである。これらに対する対応をどのように行うかによって、空間の継承と再生という課題に対する答えが異なってくる。

自然災害という点では、新潟県長岡市の旧山古志村の地震被災地の住民との交流によって、中山間地の地域維持が抱える困難を認識するとともに、こうした地域社会を支えるネットワークの重要性を認識することができた。
自然災害とその防止策としての公共事業は、皮肉なことに、高度経済成長の時代には、環境破壊、景観破壊をともなっていた。現代社会では、そうした自然災害と公共事業によって破壊された環境・景観の再生が大きな課題になっている。本研究グループは、これを「空間の継承と再生」というキーワードのもとに、問題の本質解明および解決のための思想形成と技術のあり方について議論を深めることができた。

平成17年に開催した高千穂でのワークショップに続き、再度ワークショップを行うことで、洪水とその対策としての河川改修、ダム建設が地域の環境・景観に大きな影響を与えてきたことを確認するとともに、環境再生・景観再生は、自然破壊型公共工事をどう克服し、再生型事業にどうつなげるかという問題であることを確認した。高千穂の神代川は、本グループの活動によって、地域住民と行政との連携を生み出し、再生に向かって動き出した。

研究グループが支援した福岡県行橋市の沓尾海岸に建設予定の道路に関わる市民の活動については、日本文化の継承という観点から開催したワークショップを契機に、市民と行政との交渉が当初予定の計画変更にこぎつけ、自然海岸の岩石を破壊しない事業へと結実した。この支援は、市民参加型公共事業への転換の道筋を示す活動として市民から評価された。

また、福岡県大川市および柳川市で開催した環有明海環境フィールドワークショップおよび佐賀県佐賀市で開催した環有明海地域づくりシンポジウムは、海、川、山をつなぐ古代以来のネットワークの存在を確認し、これを現代・未来社会に活かすための手がかりを得た。その成果は、佐賀新聞の特集によって、広く地域社会に報じられた。
その他、京都のUコート調査、長野県山ノ内町に結成されたNPOによる自然再生活動など、本年度は、本グループによる社会的提言が多様な効果を生み出すに至っている。

シンポジウム、ワークショップ等の開催状況:

【シンポジウム・フィールドワークショップ(FWS)・研究会等】
(括弧内は、市民、行政担当者等の人数を含む総参加者数)

2006.4.6-7
荒川FWS・研究会 [東京四谷] 14名
2006.4.28-3
有明海環境FWS [大川市・柳川市] 20名(約120名)
2006.6.2-3
北九州FWS [北九州市] 4名
2006.6.10-11
山ノ内FWS [長野県山ノ内町] 4名
2006.7.14-17
環有明海地域づくりシンポジウム [佐賀市] 16名(約150名)
2006.9.17-24
パリFWS [パリ・ヴエルムノンビル・ジベルニー] 4名
2006.10.27-29
災害とまちづくりFWS [長岡市山古志] 12名(約30名)
2006.11.10-12
国際ため池シンポジウム&あわじFWS[姫路・南あわじ市]28名(約200名)(日本型地域ネットワークと地域通貨グループ主催)
2007.2.9
福岡県行橋市沓尾海岸FWS[行橋市] 7名(約200名)
2007.2.10
宮崎県高千穂町神代川FWS[高千穂町] 7名(約20名)

論文、著書等:

【著書】

2006
Augustin Berque編 La Ville insoutenable  Belin 366P 
2006.4
延藤安弘 『おもろい町人(まちんちゅ)』 太郎次郎社エディタス 150P
2006.5
延藤安弘編著 『私からはじまるまち育て-<つながりのデザイン10の極意>』 風媒社 221P
2006.10
Yann Nussaume La maison individuelle LE MONITEUR 253P

【論文】

2006
Augustin Berque  Kunlun, la montagne cosmique L’Alpe No.32 pp78-82
2006.7
片寄俊秀 『まちづくり道場へ ようこそ』 建設ジャーナル No1105 pp11
2006.8
吉村伸一 『千代川に刻まれた治水の履歴を読み解く』 FRONT No.215 pp44-48
2006.9
桑子敏雄 『社会的合意形成と風土の問題』 公共研究3(2) pp114-122
2006.9
Augustin Berque 『風土性に立った倫理と公共性』 公共研究3(2) pp8-46
2006.9
延藤安弘 『人と人、人と自然をつなぐ、まちの縁側空間をつくる』 新世 707 pp10-15
2006.10
片寄俊秀 『スローなまちづくりが忙しい!時代』 建設ジャーナル No1112 pp11
2006.10
島谷幸弘 『川への思い入れが広げる新たな公』 里川の可能性 新曜社 pp134-147
2006.11
島谷幸宏 『多自然型川作りから多自然川づくりへ』 河川 62(11) pp72-81
2006.11
桑子敏雄 『環境政策の思想と社会的合意形成』 杭州師範学院学報 28(6) pp28-30
2006.12
桑子敏雄 『神社と山見分け・川見分け』 地域をはぐくむネットワーク 昭和堂 pp153-165
2007.1
吉村伸一 『アユがのぼりサケが回帰する久慈川』 FRONT No.220 pp44-48
2007.2
延藤安弘 『子どもの視点からのまちそだて―想像力の翼をひろげる』 街並み 40 pp1-5