パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> (参考)平成15年度 事業実施について パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業

(参考)平成15年度 事業実施について

このページの掲載内容
平成15年度のプロジェクト研究事業について  (このページ)(平成16年1月発行)
資料
資料1. 平成15年度 人文・社会科学振興のためのプロジェクト研究の構築と運営について
資料2. プロジェクト研究一覧
資料3. 平成15年度 研究領域の概要及びプロジェクト研究概要

研究領域 Ⅰ

研究領域 Ⅱ

研究領域 Ⅲ

研究領域 Ⅳ

参考: 人文・社会科学振興のためのプロジェクト研究について
参考: 本事業構築の流れ
 

平成15年度のプロジェクト研究事業について

平成16年1月
独立行政法人 日本学術振興会

 平成14年6月の科学技術・学術審議会学術分科会報告「人文・社会科学の振興について −21世紀に期待される役割に応えるための当面の振興方策−」を踏まえて、独立行政法人日本学術振興会では、人文・社会科学の新しい学問領域及び研究領域の創出を行おうとする「人文・社会科学振興のためのプロジェクト研究事業」を平成15年度から実施します。

 本事業は、社会における倫理の喪失、グローバル化、持続的社会制度の破綻といった、現代社会において人類が直面している問題の本質を見極め、これらの分析と対応に向け、人文・社会科学を中心とした各分野の研究者が協働(collaborate)して、学際的・学融合的に取り組む「課題設定型プロジェクト研究」を推進するとともに、その成果を社会への提言として発信することを目的としています。

 平成15年度は次の4つの研究領域について、13件のプロジェクト研究を事業委員会にて決定しました。

研究領域 Ⅰ :

知の遺産を始めとする日本の在り方と今後の変容について研究する領域−3件

研究領域 Ⅱ :

グローバル化時代における多様な価値観を持つ社会の共生を図るシステムについて研究する領域−3件

研究領域 Ⅲ :

科学技術や市場経済等の急速な発展や変化に対応した社会倫理システムの在り方について研究する領域−3件

研究領域 Ⅳ :

過去から現代にわたる社会システムに学び、将来に向けた社会の持続的発展の確保について研究する領域−4件

 今回、これらについての決定をとりまとめましたので公表します。

 

科学技術・学術審議会学術分科会報告「人文・社会科学の振興について−21世紀に期待される役割に応えるための当面の振興方策−」については、文部科学省のホームページをご覧ください。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/020601.htm