パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> 本事業について パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業

本事業について

 
1

趣旨・目的

本事業は、グローバル化、情報化が進む中、現代社会において人類が直面している様々な問題の本質を見極め、それらの解明と対応に向け、人文・社会科学を中心とした各分野の研究者が協働(collaborate)して、学際的・学融合的に取り組む「課題設定型プロジェクト研究」を推進するとともに、その成果を社会への提言として発信することを目的とする。

このことが新しい学問分野、領域の創出につながり、我が国の人文・社会科学の活性化に貢献することを目指しています。

2

事業推進方法等

2-1. プロジェクト研究の推進方針

科学技術・学術審議会学術分科会の報告の趣旨等を十分活かしつつ、第一線の研究者による研究の推進により、人文・社会科学の新たな展開に資する。

2-2. プロジェクト研究の構築手順

日本学術振興会に設置された「事業委員会」、「企画委員会」において、推進すべき研究領域・研究テーマに関する具体的内容、進め方等について検討し、具体のプロジェクト研究を構築する。その過程において、適宜、専門研究者の意見を徴し、プロジェクト・リーダー、サブテーマ、研究グループ等の設定を行う。

なお、「研究領域」は、科学技術・学術審議会学術分科会の報告「人文・社会科学の振興について−21世紀に期待される役割に応えるための当面の振興方策−」(平成14年6月11日)に示された4つの領域、及びその他重要かつ緊急に推進していくべき領域とし、プロジェクト研究の研究テーマは、各研究領域において推進していくべき中心となる研究課題として設定する。

2-3. プロジェクト研究推進のポイント

プロジェクト研究は次のポイントに留意して進める。

  1. 研究者のリーダーシップ:直面する現代的諸問題を研究者自らが課題として設定し、研究者のイニシアティブ、柔軟な協働体制、調整と効果的運営におけるリーダーシップを重視する。
  2. 諸学の協働:各分野の研究者が協働して学際的、学融合的に研究に取り組む。
  3. 社会提言:プロジェクト研究の成果を社会への提言として発信し、現代的諸問題の解決に貢献する。
  4. 若手研究者も含むプロジェクト・リーダーを養成する。