パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> 活動報告・ワークショップ >> インフォ・ワークショップ >> 家族像の変容と未来 パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業

インフォメーション
ワークショップ

家族像の変容と未来

このワークショップの開催日:平成17年10月21日(金)

この書類の発行日:平成17年8月
独立行政法人 日本学術振興会

 

ワークショップ開催案内

 

 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業を充実させるため、下記のとおりワークショップを開催することとします。 テーマに関心のある方は、提案発表又は参加(傍聴)いただきますようご案内いたします。

  1. 趣旨:
  2.  本事業は、科学技術・学術審議会学術分科会 人文・社会科学特別委員会において検討されてきました「人文・社会科学の振興について −21世紀に期待される役割に応えるための当面の振興方策−(平成14年6月11日)」報告を踏まえ、人文・社会科学の新しい学問領域及び研究領域の創出を目指し、日本学術振興会において平成15年度から実施しております。
     本事業の目的は、現代社会において人類が直面している様々な問題の本質を見極め、それらの解明と対応に向け、 人文・社会科学の各分野の研究者が協働して、学際的・学融合的に取り組む研究を進めるとともに、その成果を社会への提言 として発信することとしております。

    ※ 科学技術・学術審議会学術分科会報告「人文・社会科学の振興について−21世紀に期待される役割に応えるための当面の振興方策−」については、文部科学省のホームページをご覧ください。
    http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/020601.htm

  3. 主 催: 
  4. 独立行政法人日本学術振興会

  5. テーマ: 
  6. 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業の充実に向けての提案について

    新規研究テーマ:家族像の変容と未来

  7. 開催日時・会場:
  8. 日時:平成17年10月21日(金) 14:00〜16:30
    会場:独立行政法人日本学術振興会 麹町事務室会議室 <地図参照>
        東京都千代田区麹町5−3−1(ヤマトビル4階)

  9. その他:
  10. ・本ワークショップの参加費は無料、その他参加に必要な経費(会場までの旅費等)については参加者の負担となります。

  11. 問合せ先: 
  12. 独立行政法人日本学術振興会 研究事業課
    人文・社会科学振興プロジェクト研究事業担当
    TEL:03-3263-4645  FAX:03-3237-8015  Email:jinsha@jsps.go.jp

 
  
 

既存研究領域新規研究テーマ ワークショップ実施内容

 
  1. プログラム
  2. <家族像の変容と未来>
    平成17年10月21日(金)

    13:30〜   受付
    14:00〜 開会挨拶、事業説明
    14:15〜16:30 提案発表、質疑応答
    16:30 閉会

    (閉会時間は提案発表者数により若干変更になることもあります。)

  3. 提案発表


    • 提案の内容

       人文・社会科学の現状と課題を踏まえつつ、本事業の研究領域Wのプロジェクト研究「豊かな人間像の獲得」に おける新規研究テーマ「家族像の変容と未来」(別紙参照)について提案を発表していただきます。
       なお、本ワークショップにおける提案発表は、人文・社会科学振興のためのプロジェクト研究の充実に向けての取り組み、提案等の参考となるものです。

    • 提案できる者

       大学等学術研究機関の研究者

    • 提案要領
      •  提案者は、別紙「提案発表申込書(提案様式:WORDファイル)」により事前に作成・提出してください。
      •  提出いただいた提案書は、本ワークショップでの配付資料となりますので、その旨ご了解の上、提案書を作成してください。
      •  ワークショップ当日の発表順については、本事業企画委員会において調整し、日本学術振興会より連絡させていただきます。
      •  提案発表の際の一人当たりの持ち時間は10〜20分を基本とし、発表要領等は別途、発表者に連絡いたします。(意見交換の時間は別途設けます。)
    • 今後の手順等
      •  本ワークショップは、本事業の事業委員会における審議・検討の上、企画委員会が研究計画等を広く募集するために企画・実施するものです。
         ワークショップ終了後、企画委員会においてプロジェクト具体的内容、進め方等について検討を行い、企画書を作成します研究グループとして構築し、その企画書を事業委員会にて審議し、了承後、実施することとなります。
         なお、研究の実施に関しては、日本学術振興会が研究者の所属する研究機関と研究委託契約を締結することにより実施します。
    • 提案方法
      •  提案者は、別紙「提案発表申込書(提案様式:WORDファイル)」に必要事項を記入の上、Email又はFAXで送付してください。なお、様式はホームページよりダウンロードできます。
      •  申込締切:平成17年9月7日(水)(必着)
      •  提出された提案書により、企画委員会において提案発表者を決定し、提案発表をしていただく者に対してのみ、平成17年9月末日までに連絡します。
         なお、提案発表していただけない場合でも、提案書は当日ワークショップにて資料として配付させていただきます。
  4. 参加(傍聴)
  5.  

     提案発表を傍聴することができます。また、意見交換にも参加いただけます。

    • 申込方法
    •  参加希望者は、別紙「参加申込書」:WORDファイルによりEmail又はFAXで申し込みください。 なお、様式はホームページよりダウンロードできます。

      • 参加希望:平成17年10月14日(金)締切(必着)

    • 参加者の決定
    •  申込先着順に受付け、定員に達し次第締め切ります。
       ただし、希望日時・会場への参加が会場収容人数等により不可能な場合には、事前にその旨を連絡します。

  6. 申込・問合せ先
  7. 〒102-8472 東京都千代田区一番町8(一番町FSビル)
    独立行政法人日本学術振興会 研究事業課
    人文・社会科学振興プロジェクト研究事業担当
    TEL:03-3263-4645  FAX:03-3237-8015  Email:jinsha@jsps.go.jp