パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> インフォ・公開シンポジウム >> 未来を拓く人文・社会科学 パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業

インフォメーション
シンポジウム 開催のご案内

 

未来を拓く人文・社会科学

日 時:

2007年3月 9日(金)13:30〜18:00(13:00受付開始)
2007年3月10日(土)10:00〜15:00(9:30受付開始)

場 所:

大手町サンケイプラザホール
東京都千代田区大手町1−7−2(大手町駅すぐ)

題目:イノチのゆらぎとゆらめき

日時:2007年3月9日(金) 13:30〜18:00

趣旨:

 生命改造技術の発展に伴う生命観の揺らぎと、それも踏まえた生命観の多様な対応の可能性について検討する。
 第1部では、「生命改造技術のインパクト」というタイトルで、生命の改造技術及びその技術の持っているインパクトについて紹介・議論したい。ここでいう生命には、生命科学と工学との技術ミックス、そしてそのインパクトの大きさの観点から、生物以外にロボットも含めて考えることにした。これまでは、人、動物、ロボットの境界線は明確であった。ところが、現代の生命科学・技術、そして工学技術の発達により、人と動物、動物とロボット、人とロボットのハイブリッドが作成されつつあり、これらの生命の間に連続性が見られる状況が生まれている。この状況に注目し、第1部では、われわれの生命への関わり方の過去、現在、未来を具体的に把握することとともに、そのような認識に立脚した時に、われわれの生命観はこれからどのように変わるのか、その変動の可能性について展望したい。
 第2部で、「生命観の諸相」というタイトルで、これからの「生命」はどこにあるのであろうか、これからの「生命」は何から成り立っているのであろうか、「生命」とは何よって支えられているのであろうか、という問いを現場から見ていくことによって、現代社会のいのちの立ちゆく諸相について考える。例えば、今日、精子バンクや受精卵の着床前診断等の技術の介入によって生命が取捨選択されるようになっている。自然な受精や自然な出産だけで生命が誕生しているのではない。また、原理的には「生命」は皆等しいかもしれないが、誕生した後、「生命」は社会が持つ分節化や差異化の力のために差別化される。それは社会の階級化や他民族への抑圧などとして表出してくる。また、今や日常化しているコンピューターの中での人工生命の創造という先進の研究も行われている。それは人間のイマジネーションの為せる業なのであろうか、それとも現代の「生命」観の変更を迫るような新しいイノチの創出なのであろうか。これらの現場も踏まえて、現代社会のいのちの立ちゆく諸相について考える。

プログラム:

13:30 〜 13:40 開会挨拶

第1部「生命改造技術のインパクト」 司会 大上 泰弘 
13:40 〜 14:00 ロボットは「生命多様性」という価値観に何をもたらすか
瀬名 秀明 (作家)
14:00 〜 14:20 「遺伝子操作」という生命改造技術
野地 澄晴(徳島大学)
14:20 〜 14:40 育種という生物改造技術
林 良博(東京大学)
14:40 〜 15:30 パネリスト討論(瀬名、野地、林、大上)
15:30 〜 16:00 休憩

第2部「生命観の諸相」 司会 木村 武史(筑波大学)
16:00 〜 16:20 自然主義と文化による設計
金森 修(東京大学)
16:20 〜 16:40 生命と身体の政治学—ジェノサイド研究の視点から
石田 勇治(東京大学)
16:40 〜 17:00 人工生命で探るイノチ
有田 隆也(名古屋大学)
17:00 〜 17:50 パネリスト討論(金森、石田、有田、木村)
17:50 〜 18:00 閉会挨拶
総合司会 小長谷 有紀(国立民族学博物館)
※終了後1時間程度、パネリストと自由に意見交換できる場を設けております。

題目:社会の制度設計と合意形成

日時:2007年3月10日(土)10:00〜15:00

趣旨:

 人間が環境に存する資源を利用し管理していくために、市場のみに依存するわけではなく、様々な関係者から構成される仕組み=ガバナンスが構築されている。このようなガバナンスにおいては、情報を独占しがちである様々な専門家の役割をどのようにコントロールしていくのか、資源利用における世代間公平をどのように考えるのか等が課題となる。また、そもそも何を資源として把握するかということ自体、流動的である。このような課題を踏まえた上で、社会における資源を管理し配分するための、ガバナンスの制度設計を、様々な分野において行っていく必要がある。
 また、これらのガバナンスには、社会的価値や環境条件の変化に対応して自らを変容させていく、社会的イノベーションのメカニズム(=メタガバナンス)が必要になる。このようなメカニズムでは、どのような関係者(利用者や新規参入者等の利害関係者あるいはその代弁者、専門家)を巻き込むのか、多様な観点を踏まえた課題設定(フレーミング)をどのように行うのか、その上で、関係者の合意形成・調整(場合によってはレントの再配分)をいかなる場でどのように行うのかが重要になる。
 本シンポジウムにおいては、自然資源、社会資源を素材として、ガバナンスの制度設計とその変化のための合意形成のメカニズムの課題を探る。具体的には、前半では、自然資源として、食品・食料、水、空間をとりあげる。その上で、何を資源として切り取るかに焦点を当てて、資源の物理的性格と配分メカニズムの制度設計のあり方に関する横断的比較を行う。後半では、社会資源として、医療、金融、司法サービスをとりあげる。その上で、制度設計のあり方に加えて、専門家や様々な利害関係者の役割と、変化における合意形成のメカニズムに焦点を当てて、横断的比較を行う。

プログラム:

10:00 〜 10:10開会挨拶

第1部:自然資源のガバナンス 司会:佐藤 仁(東京大学)
10:10 〜 10:25 食の安全と安定供給のリスク—資源ガバナンス
平川 秀幸(大阪大学)
10:25 〜 10:40 水問題を巡るガバナンス
蔵治 光一郎(東京大学)
10:40 〜 10:55 飛べ、ヘリテイジバタフライ
村松 伸(東京大学)
10:55 〜 11:10 資源を見る眼
佐藤 仁(東京大学)
11:10 〜 12:00 パネリスト討論(平川、蔵治、村松、佐藤)
12:00 〜 13:00 休憩

第2部:社会資源のガバナンス 司会:城山 英明(東京大学)
13:00 〜 13:15 公的医療保険制度のガバナンスと価格システム
吉田 あつし(筑波大学)
13:15 〜 13:30 金融サービスと金融制度改革
藤谷 武史(北海道大学)
13:30 〜 13:45 司法制度改革における「司法」と「市場」
阿部 昌樹(大阪市立大学)
13:45 〜 14:00 メタガバナンスの視点
城山 英明(東京大学)
14:00 〜 14:50 パネリスト討論(吉田、藤谷、阿部、佐藤、城山)
14:50 〜 15:00 閉会挨拶
総合司会 城山 英明(東京大学)
※終了後1時間程度、パネリストと自由に意見交換できる場を設けております。
 
ポスター