パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> インフォ・公開シンポジウム >> 市民の社会を創る パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業

インフォメーション
シンポジウム 開催のご案内

市民の社会を創る
―社会提言の試み―

日 時:

平成18年3月4日(土)  12:45〜20:00(12:15受付開始)
平成18年3月5日(日)   9:00〜12:30

場 所:

東京グリーンパレス「ばらの間」
(東京都千代田区二番町2番地  東京メトロ麹町駅より徒歩1分)

本事業の趣旨:

 近年、世界的に「市民」「市民社会」「市民活動・運動」に注目が集まりつつある。日本では「ボランティア元年」という言葉を生み出した阪神淡路大震災が、そうした潮流を促進する大きな契機となったといわれるが、もちろん、それ以前からも、それ以外の地域・分野でも、市民・住民の活動は行われてきているし、その重要性は今後さらに高まっていくだろう。
  本シンポジウムでは、まず、そうした市民の活動・運動の具体的な経験を共有しながら、現状を多角的に確認する。そして、その経験を生産的に発展させていくために、現場が抱えている課題(行政や企業との関係、合意形成の難しさ、コミュニティ観をめぐる齟齬や葛藤、人材やリーダーシップのあり方、市民組織そのものの変質化や硬直化、マイノリティの排除など)に注目して議論を交わし、これからの市民の社会に向けた提言を試みる。

参加方法:

 1氏名、2住所、3職業(所属)、4電話、5FAX、6メール、7参加日時及び「市民の社会を創る・シンポジウム参加希望」と明記の上、下記宛にFAX又はメールでお申し込みください。
※一日のみの参加も可能です。その場合、参加したい日を明記ください。
申込締切:3月2日(木)まで

申込先:

独立行政法人日本学術振興会 研究事業部研究事業課企画係
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業担当
TEL 03-3263-4645
FAX 03-3237-8015
E-mail jinsha@jsps.go.jp

プログラム:

<1日目> 平成18年3月4日(土) 12:45〜20:00

12 : 15 〜 12:45 受付
12 : 45 〜 12:50 開会挨拶
12 : 50 〜 13:00 趣旨説明
13 : 00 〜 14:00 (1)新たな市民活動の展開
報告   西山 志保(25分)
コメント  石田 勇治(10分) 道場 親信(15分)
14 : 00 〜 15:00 (2)コミュニティの合意形成
報告   甲斐 徹郎(30分)
コメント  金子 洋二(20分)
15 : 00 〜 16:00 (3)コミュニティ・デザインと協働地域つくり
報告   中村 陽一(30分)
コメント  河村 孝 (20分)
16 : 00 〜 16:15 休憩
16 : 15 〜 17:15 (4)社会的排除の克服
報告   吉富 志津代(FMわいわい)(25分)
コメント  後藤 浩二(スープの会) (15分) 西本 マルドニア(カラカサン)(15分)
17 : 15 〜 18:15 (5)企業と社会・市民
報告   高 巌(30分)
コメント  山本 隆彦(三井物産)(20分)
18 : 15 〜 19:00 仙台シンポジウムのビデオ上映会
19 : 00 〜 20:00 懇親会
*懇親会は会費制です。

<2日目> 平成18年3月5日(日) 9:00〜12:30

9 : 00 〜 9:20 論点整理 宇田川妙子
 9 : 20 〜 11:00 グループ・ディスカッション(1グループ:10〜15人)
論点によるディスカッション・グループ(案)
(1)合意形成の手法
(リソースパーソン:桑子 敏雄、蔵治 光一郎)
(2)コミュニティ・デザイン
(リソースパーソン:中村 陽一、村松 伸)
(3)メディアの役割
(リソースパーソン:佐藤 達哉、松浦 さと子)
※マス・メディア(報道、新聞社記者)の参加を検討
(4)リスクマネジメント
(リソースパーソン:高 巌、宮本 俊信)
(5)社会的排除の克服
(リソースパーソン:木村 武史、小長谷 有紀)
※ リソースパーソンに各グループの意見を集約してもらう。
11 : 00 〜 11:30 グループ・ディスカッションの結果報告(各グループ)
11 : 30 〜 11:50 コメント
11 : 50 〜 12:20 全体討議
12 : 20 〜 12:30 閉会挨拶

ポスター