パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> インフォ・公開シンポジウム >> 長寿化・少子化社会における知の継承と創造 パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業

インフォメーション
シンポジウム 開催のご案内

公開シンポジウム・フィールドワークショップ

長寿化・少子化社会における知の継承と創造
−何を・誰が・どのように−


日 時:

公開シンポジウム    平成17年9月23日(金・祝日) 10:30-18:15
フィールドワークショップ    平成17年9月24日(土)〜25日(日)

場 所:

公開シンポジウム:
仙台プラザホテル      
宮城県仙台市青葉区本町2丁目20−1    TEL:022-262-7111(代)
フィールドワークショップ:
宮城県石巻市北上公民館      
宮城県石巻市北上町十三浜月浜88−1    TEL:0225-67-2234

本事業の趣旨

 本フィールドワークショップ・公開シンポジウムでは、人文・社会科学振興プロジェクト研究事業の研究領域 I 「知の遺産を始めとする日本の在り方と今後の変容について研究する領域」を中心として、「知」の問題を取り上げます。

 長寿化・少子化という日本社会の大きな変動を視野に置き、「知」の問題を継承と創造という切り口で議論します。

公開シンポジウム:

 公開シンポジウムでは、日本の「知」の継承と創造について、「何を・誰が・どのように」という視点から検討を行います。具体的には、「学校教育と企業内人材育成の連携を探る」、及び「市民という担い手をつくる」という観点からパネル・セッションを行い、総論として、「社会における教育の機能分担」という観点からパネル・セッションを行います。
 また、「何を・誰が・どのように」という視点についてテーブルを分けて討論し、社会提言すべき内容を検討します(テーブル・セッション)。

フィールドワークショップ:

 フィールドワークショップでは、公開シンポジウムでの内容を受け、「食育」による地域づくりで大きな成果を挙げている宮城県石巻市北上地区(旧北上町)で、本事業の各プロジェクト研究に参画している研究者らによるフィールドワークショップ(拡大研究推進委員会)を実施します。
 フィールド(現場)において、実際に地域づくりに参加してきた住民の話を聞き、その成果を直接ふれることによって、「知」がどのように継承されているかの新しい知見を得ることを試みます。
 
ポスター