パン屑リストを開始します ホーム >> 事業案内 >> 人文・社会科学振興プロジェクト研究事業 >> インフォ・公開シンポジウム >> 平和構築とグローバル・ガバナンス パン屑リストを終わります
main content
本編を開始します
人文・社会科学振興プロジェクト研究事業

インフォメーション
シンポジウム 開催のご案内*このシンポジウムは終了しています

平和構築とグローバル・ガバナンス

日 時:

平成17年3月25日(金曜日)  13:00〜18:30
平成17年3月26日(土曜日)  9:30〜17:00

場 所:

ホテルラフォーレ東京 「御殿山ホール」
(JR品川駅「高輪口」より徒歩10分、京浜急行・北品川駅より徒歩5分)

本事業の趣旨

 近年、平和構築をグローバル・ガバナンスの重要課題とする考え方が急浮上しつつあります。世界各地におけるさまざまな内戦とテロリズムの発生は、国家機能の低下や崩壊を示し、権力の空白、人権の侵害などの現象を伴ってきました。
 そのような状況に対して、各々の現場で平和構築が試みられるとともに、その影響が国境をはるか越えた地域にまで及ぶなどといった事情を背景に、国際社会によるさまざまな形態の介入をテコにした国家建設や自立への関与も平和構築の内容となっています。

 しかし、そうした平和構築の活動をめぐる議論は、「国際社会」という概念そのものの脆弱性と多義性を映し出すものともなっているのです。また、ジェノサイドや内戦は歴史的にも繰り返されてきており、その背景の複雑性・多様性はわれわれにその防止戦略の難しさを教えています。
 以上のことから、実務の現場と歴史学、地域研究、法学・政治学などのさまざまな研究とを結び、第一線で活躍する関係者・研究者を国内外より招き、平和構築とグローバル・ガバナンスについて考えるシンポジウムを開催することとしました。

プログラム

セッション I  :  紛争の歴史に学ぶ −比較史的考察−
セッションII  :  平和構築の現場から −現場の多様な経験知−
セッションIII  :  平和構築のシステムを探る −制度的・理念的考察−

<1日目> 平成17年3月25日(金曜日) 午後

13 : 00 〜  開会挨拶 : 日本学術振興会理事長/池端 雪浦 事業委員会委員長
13 : 10 〜  シンポジウム趣旨説明 : 企画委員会主査
13 : 30 〜  基調講演(各セッションの海外研究者3名×30分)
セッション I :紛争の歴史に学ぶ より
Prof. Eric Stover(カリフォルニア大学バークレー校)
セッションII :平和構築の現場から より
Prof. Oren Yiftachel (イスラエル ベン・グリオン大学)
セッションIII :平和構築のシステムを探る より
Prof. John Braithwaite(オーストラリア国立大学)
15 : 30 〜  ■セッション I : 紛争の歴史に学ぶ−比較史的考察−

 コーディネーター : 石田勇治(東京大学)

セッションIでは、世界のさまざまな地域における過去と現在の集団殺害や「民族浄化」等を対象とする比較ジェノサイド研究の成果をもとに、紛争のメカニズムと、事後の再建や和解に向かう社会の動態分析を試みます。その際、紛争で生じる加害者と被害者の関係がけっして固定的なものでなく、被害者がつぎには加害者になる現象(置換性)がしばしば起きることに留意しつつ、歴史的経験の示唆するところを明らかにし、紛争の防止に活用する方策について考えます。

【パネリスト】

  1. Prof. Eric Stover(University of Calfornia, Berkley)
  2. Dr. Juergen Zimmerer(Universitaet Duisburg-Essen)
  3. 廣瀬陽子(慶應義塾大学)
  4. 武内進一(アジア経済研究所)
  5. 清水明子(東京大学)
  6. 西 芳実(東京大学)
  7. 狐崎知己(専修大学)
18 : 45 〜  意見交換会/レセプション

<2日目> 平成17年3月26日(土曜日) 終日

9 : 30 〜  ■セッション II : 平和構築の現場から −現場の多様な経験知−

 コーディネーター : 黒木英充(東京外国語大学)

セッションIIでは、世界のさまざまな地域における多様な平和構築の試みについての経験知を共有することを試みます。パネリストは、さまざまな地域(アジア、アフリカ、中東など)において、あるいはさまざまな手法(和解の支援、真実究明委員会、国際刑事手続き)を通して平和構築の現場に携わった実務家、あるいはその現場を直接観察対象とする研究者です。そうした経験を通して、どのような相互学習の可能性があるのか、平和構築のあるべき姿とは何なのかを考えます。

【パネリスト】

  1. Prof. John Braithwaite(Ben Gurion University, Israel)
  2. Mr. Michael Mastura(Sultan Kudarat Islamic Academy Faundation, the Philippines)
  3. Hiroto Fujiwara(International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia)
  4. 松野明久(大阪外国語大学)
  5. 伊勢崎賢治(立教大学教授)
12 : 30 〜  ポスターセッション
14 : 00 〜  ■セッション III : 平和構築のシステムを探る −制度的・理念的考察−

 コーディネーター : 遠藤 乾(北海道大学)

セッションIIIでは、平和構築のグローバルなシステムについて包括的に考察します。具体的には、一貫した責任ある介入を志向するシステムを求めるべきなのか、修復的司法のような個々の状況に応じたアドホックな和解を志向するシステムを求めるべきなのかが、一つの争点となります。また、平和構築における諸アクター、たとえば米国のような大国、国際刑事裁判所のような国際機構、あるいは国際NGOなどの役割とその限界に関する分析を行います。あわせて、歴史的・思想的にこれらの問題がどう捉えられるのかについて考えます。

【パネリスト】

  1. Prof. John Braithwaite(Australian National University)
  2. Judge Erkki Kourula(International Criminal Court)
  3. Ms. Fiona McKay(International Criminal Court)
  4. Mr. Uwe Ewald(Max Planck Institute for Foreign and International Criminal Law / International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia)
  5. 篠田英朗(広島大学平和科学研究センター)
  6. 寺谷広司(東京大学)
  7. 古矢 旬(北海道大学)
17 : 00 〜  閉会挨拶 : 石井紫郎 日本学術振興会学術システム研究センター副所長
 
ポスター