お問い合わせ先

■審査・評価に関する問合せ先
独立行政法人日本学術振興会
人材育成事業部 大学連携課
大学の世界展開力強化事業プログラム委員会事務局
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1(麹町ビジネスセンター6階)
TEL03-3263-1740
FAX03-3237-8015
MAILtenkai-jsps*jsps.go.jp

■事業内容全般に関する問合せ先
文部科学省
高等教育局高等教育企画課
国際企画室 調整係
〒100-8959
東京都千代田区霞が関3-2-2
TEL03-5253-4111(内線3352)
FAX03-6734-3385

(注)メールアドレスは、「@」を「*」に置換しています。

大学の世界展開力強化事業

制度概要

目的

   大学の世界展開力強化事業は、国際的に活躍できるグローバル人材の育成と大学教育のグローバル展開力の強化を目指し、高等教育の質の保証を図りながら、日本人学生の海外留学と外国人学生の戦略的受入を行うアジア・米国・欧州等の大学との国際教育連携の取組を支援することを目的としています。
   平成29年度は、「ロシア、インド等との大学間交流形成支援」として、両国の大学との間で、質の保証を伴った交流プログラムを実施する事業及びプラットフォームを構築する事業に対して重点的に財政支援を行います。

【タイプA:交流推進プログラム】
   国際的に活躍できるグローバル人材の育成と大学教育のグローバルな展開力の強化を目的に、高等教育の質の保証を図りながら、ロシア又はインドの大学との間で、日本人学生の海外留学や外国人学生の積極的受入を伴う教育連携プログラムを実施する事業。

【タイプB:プラットフォーム構築プログラム】   
   ロシア、インド両国それぞれ1件ずつ選定された大学を当該国のプラットフォーム構築事務局と位置付け、選定大学をはじめとするロシア・インドの大学との交流を実施する全国の大学等の活用に資する事を目的として、本プログラムの実施等において得た情報や経験を集約したプラットフォームを構築する事業。

対象機関

   我が国の国公私立大学。なお、連携して事業を行う機関としては、短期大学、高等専門学校も対象に含むものとします。

選定件数

    タイプA ロシア:6件程度、インド:2件程度
    タイプB ロシア:1件、インド:1件

   なお、タイプBに選定されるためには、同じ交流先の相手国を対象とするタイプAに同時に選定されるか、または、同じ交流先の相手国を対象とする本プログラム(平成26年度採択)に選定されていることが前提となります。

 

補助期間

  最大5年間(国の財政事情等により5年間を必ず保証するものではありません。)。

補助金基準額

    タイプA 年間4千万円
    タイプB 年間1千万円
    (全て、1件当たりの補助金基準額)

審査について

   独立行政法人日本学術振興会を中心に運営される「大学の世界展開力強化事業プログラム委員会」において、提出された申請書等による「書面審査」及び「面接審査」の二段階審査を行います。委員会は、この審査を踏まえ決定される選定候補となった事業計画を文部科学省に推薦し、文部科学省はこの推薦を受け、選定する事業計画を決定します。