パン屑リストを開始します ホーム >> 学術の社会的連携・協力の推進事業 >> 産学協力研究委員会一覧 >> リスクベース設備管理第180委員会 パン屑リストを終わります
 
リスクベース設備管理第180委員会
   
   
 

趣旨・目的

 

 日本における産業界の発展は、1960年から1970年前半に多くの産業基盤が主に大都市近郊の海岸沿いに建設されたことに基づいている。これら産業基盤は、近年の産業競争力強化や環境問題といった状況から、適切なメンテナンスを行ないつつ、安全に運転して生産性を上げることが要求されている。しかしながら、日本のメンテナンスでは、要員の削減および2007年問題、近年の産業現場におけるトラブルの頻発が指摘されている。この種の課題の解決のひとつとして、米国で試行されつつあるRBI/RBM(リスクベースドインスペクション/メンテナンス)が挙げられ、安全・安心の社会構築にはこのRBI/RBMの定着普及が今後の課題であると考える。
 ここでは、リスク的設備管理が日本に定着すると同時に、事故の低減に寄与する「リスクベースメンテナンスシステムの開発」が期待されている。これは、日本単独のシステムということではなく、先行する欧米の仕組みを活用しつつ、日本の現状に沿ったシステムの開発を目指すものである。

   
 

研究テーマ

 

 日本の現状に即した産業基盤へのRBI/RBM システムの開発に必要な以下の課題をテーマとする。

(1) 技術課題およびそれを取り巻く社会環境問題の抽出
(2) 取り巻く社会環境(規制、制約、法規、責任)への改善提案
(3) 新技術の提案
  • センシング技術:個々の損傷に特有な事象の検出技術の探索と実機試行の提案
  • モニタリング技術:その場観察、時間変化の観察が可能な技術の探索と実機での試行および適用
(4) 産業界の協力の基での、実際の基盤における実験・データの採取
(5) 日本型リスクベースの基盤研究
  • 発生確率など、各種損傷要因での日本の実情を考慮した解析をおこなうことによるデータベースの作成にて、日本の産業界に根ざしたデータでのリクスの指標を提案する
(6) 産業基盤の安全・安心確保のためのプラットホーム構築
  • 産業基盤の健全性確保のための仕組み(リスクベースによる事象検出精度、事故情報共有化に係る情報管理システムなど、総合的な基盤健全性確保のプラットホームのモデル)を提案する

 本委員会では、「導入効果検討分科会」、「テクニカルモジュール分科会」、「被害影響度分科会」、「センシング分科会」、「用語定義分科会」、「実用化分科会」、「損傷係数分科会」といった複数の分科会活動の連携により、上記のテーマの達成を図り、日本の産業界に安全・安心を供するメンテナス技術の確立とその横断的な共有による、産業事故低減に寄与するとともに、技術の伝承に関する問題の解決の方策を提案する。

   
 

設置期間

 

平成24年4月1日 〜 平成29年3月31日(第2期・5年間)

   
 

委員の構成(平成29年4月現在)

 
学界 24名 産業界 15名 委員総数 39名
   
 

委員長

 
酒井 潤一 早稲田大学 名誉教授
   
 

委員会の成果・特別活動等

 

平成19年度;6回の研究会(含2回の海外招待講演)
平成20年度;6回の研究会(含2回の海外招待講演)
平成21年度;4回の研究会
平成22年度;4回の研究会(含1回の海外招待講演)

 
   

委員会のホームページ

 

http://riskbase180.org/index.html

   
 

活動状況報告

 
27年度
26年度
   
  戻る
   
s