パン屑リストを開始します ホーム >> 学術の社会的連携・協力の推進事業 >> 産学協力研究委員会一覧 >> インターネット技術第163委員会 パン屑リストを終わります
 
インターネット技術第163委員会
   
   
  詳細ページはこちら
 

趣旨・目的

 

 今日、劇的な進歩を続けるインターネット技術は、産業、行政、教育等、社会全般からの要望に対し、迅速な対応が切望されている。
 そこで必要な研究は、世界的情報インフラストラクチャを生み出すネットワーク実現のための基盤技術開発であり、その上で豊かな活動を実現化する対応技術およびその利用環境の研究である。
 本委員会では、この基礎および応用研究に、より柔軟かつ迅速に対応すべく広汎な研究者・技術者層の交流を基盤に、産学協力による具体的研究実施主体として新しく重要なテーマに機動的に注力するものである。

   
 

研究テーマ

 
  1. 基盤技術研究
     ①次世代ネットワーク構築のための基盤技術研究
     ②ネットワークマネージメントに関する研究
  2. 応用技術研究
     ①医療情報ネットワーク相互接続に関する研究
     ②分散型マルチメディア基盤に関する研究
     ③マルチメディアネットワークを利用した遠隔教育に関する研究
     ④地域ネットワーク活動に関する研究
     ⑤視覚障害者のインターネット利用に関する研究
     ⑥インターネットを用いた教育改革に関する研究
   
 

委員長

   
 
下條 真司  大阪大学 サイバーメディアセンター 教授
   
 

設置期間

 

平成28年10月1日〜平成33年9月30日(第5期・5年間)

   
 

委員の構成(平成29年4月現在)

 
学界 45名 産業界 23名 委員総数 68名
   
 

活動状況報告

 
27年度
26年度
   
   
  戻る