パン屑リストを開始します ホーム >> 学術の社会的連携・協力の推進事業 >> 産学協力研究委員会一覧 >> 真空ナノエレクトロニクス第158委員会 パン屑リストを終わります
 
真空ナノエレクトロニクス第158委員会
   
 

趣旨・目的

 

 半導体デバイスと真空デバイス両者の長所を兼ね備えたエレクトロニクス技術を構築することにより、半導体デバイスの欠点や限界を超えた次世代エレクトロニクスを展開することを目的としている。
 このため、真空、材料、デバイスに関わる研究者の密接な連携の下に、高性能極微電子源の開発、およびこれら電子源を用いた各種センサー、超高速デバイス、高性能平面ディスプレイ等、これまで開発が困難であったデバイス実現のための諸技術を開拓する。

   
 

研究テーマ

 
  1. 高輝度・高精細平面ディスプレイ、高効率光源
  2. ミリ波から遠赤外の小型電磁波源
  3. 赤外、磁気、真空等各種センサー
  4. ナノスケールの微細電子源応用
  5. 高輝度・高安定電子源
   
 

委員長

 
三村 秀典 静岡大学 電子工学研究所 所長・教授
   
 

設置期間

 

平成26年4月1日〜平成31年3月31日(第5期・5年間)

   
 

委員の構成(平成29年4月現在)

 
学界 22名 産業界 10名 委員総数 32名
   
 

委員会の成果・特別活動等

 

真空ナノエレクトロニクスシンポジウムの開催(年1回)
IDW FEDWorkshopの主催(年1回)
報告書「真空ナノエレクトロニクスの基礎」刊行(第1巻〜第3巻)

   
 

活動状況報告

 
27年度
26年度
   
 

委員会のホームページ

 

http://vacuum-nanoelectronics-158.jpn.org/

   
  戻る