パン屑リストを開始します ホーム >> 学術の社会的連携・協力の推進事業 >> 産学協力研究委員会一覧 >> 材料の微細組織と機能性第133委員会 パン屑リストを終わります
 
材料の微細組織と機能性第133委員会
   
   
 

趣旨・目的

 

 近年材料の原子分子レベルの微細組織に関する研究は長足の進歩をとげまたそれにもとづく新機能材料が急速に発展しつつある。また材料面でも金属をベースとし、セラミックス、半導体、高分子、バイオマテリアルへと拡大されてきている。
 本委員会は産業界からの強い要望により、この方面の研究者を結集して編成されており、材料の微細組織と機能性に関する研究を中心に、新時代に要求される新機能材料の創製を目指し、研究を進めることを目的としている。応用面では環境、エネルギー情報関係材料等に重点を置く。

   
 

研究テーマ

 
  1. 材料の微細組織の研究
    測定法内部摩擦、電子顕微鏡、アトムプローブ、原子間力、顕微鏡、X線、ポジトロン消滅等の応用
    材料金属、金属間化合物、アモルファス、セラミックス、半導体、高分子、バイオマテリアル、複合材料、新素材
  2. 機能性の開発および新材料設計法の研究
     音波物性、内部摩擦、超塑性、クリープ、疲労、脆性破壊、熱物性、電子物性、磁気物性、光物性、耐食性、(乾食、湿食、応力腐食、表面改質)、耐照射性、情報材料、エネルギー材料、宇宙航空環境(等)からのニーズ
  3. ナノテクノロジー
  4. 高減衰能材料の開発に関する研究(学振未来開拓学術研究)
   
 

設置年月

 

昭和37年6月 〜

   
 

委員の構成(平成29年4月現在)

 
学界 53名 産業界 20名 委員総数 73名
   
 

委員長

 
竹内 伸 東京大学 名誉教授
   
 

委員会のホームページ

 

http://www.u-gakugei.ac.jp/~tkosaka/jsps133/

   
 

活動状況報告

 
27年度
26年度
   
   
  戻る