パン屑リストを開始します ホーム >> 学術の社会的連携・協力の推進事業 >> 産学協力研究委員会一覧 >> 経営問題第108委員会 パン屑リストを終わります
 
  経営問題第108委員会
   
   
 

趣旨・目的

 

 本委員会は、企業経営上の重要課題を、経営学および関連分野の研究者(学界委員)と経営者および関連の実務家(産業界委員)が連携して理論と実践の両面から研究し、企業のあるべき理念に則してその解決方向を提示することにより、日本企業の健全な発展に寄与することを目的としています。

   
 

研究テーマ

 
最近のテーマ:
グローバル市場主義の進展と日本企業
企業の責任
経営理念の深化と価値創造
日本型価値創造経営
ライフスタイルと技術革新
企業の社会的責任
環境調和型経営
企業行動の国際比較
   
 

設置年月

 

昭和22年4月 〜

 

委員の構成(平成29年4月現在)

 
学界 24名 産業界 8名 委員総数 32名
   
 

委員長

 
上林 憲雄 神戸大学 大学院経営学研究科 教授
   
 

委員会のホームページ

 

http://108committee.blogspot.jp/2017/05/blog-post.html

   
 

活動状況報告

 
27年度
26年度
   
  戻る