パン屑リストを開始します ホーム >> 学術の社会的連携・協力の推進事業 >> 産学協力研究委員会一覧 >> 素材プロセシング第69委員会 パン屑リストを終わります
 
製銑第54委員会
   
   
 

趣旨・目的

 

 金属、無機物をはじめ、一部の有機物を含めた素材・新素材のプロセスと評価、リサイクリング、さらには製造プロセスから波及する環境問題の解決という幅広い分野において、産学共同の中心的な役割を果たすことを目的としている。

   
 

研究テーマ

 
  1. 非鉄製錬関連技術(第1分科会)
  2. 新素材関連技術(第2分科会)
  3. 環境関連技術(第3分科会)
  4. 産学官連携促進(産学官連携促進小委員会)
  5. 今後の研究会の進め方についての活動(運営委員会)
   
 

設置年月

 

昭和19年4月 〜

   
 

委員の構成(平成29年4月現在)

 
学界 43名 産業界 21名 委員総数 64名
   
 

委員長


福山 博之 東北大学 多元物質科学研究所 副所長・教授
   
 

委員会の成果・特別活動等

 
  1. 未来開拓学術研究推進事業プロジェクト研究2件
    ①「ソフト溶液プロセスによる高機能無機材料創製」(1996年〜2001年)
    ②「自己組織化バイオミメオテックス材料プロセシング」(1999年〜2004年)(第131、第153委員会との共同提案)
  2. 「非鉄金属製錬技術の伝承」(2001年〜2004年)
  3. スラグWG、電解WG(2006年〜)
 

活動状況報告

 
27年度
26年度
   
  戻る