パン屑リストを開始します ホーム >> 学術の社会的連携・協力の推進事業 >> 産学協力研究委員会一覧 >> 製鋼第19委員会 パン屑リストを終わります
 
製鋼第19委員会
   
   
 

趣旨・目的

 

 高品質の鋼を製造するための技術課題を学問的に研究し議論することを目的として いる。近年は鋼の生産に関する研究のみならず鉄鋼生産研究によって蓄積された成果を環境保全に応用する研究も行っている。

   
 

研究テーマ

 
  1. 鉄鋼の製造プロセスに関する研究
  2. 超清浄鋼の製造に関する研究
  3. 使用済み鋼材のリサイクルに関する研究
  4. 鉄鋼業の環境保全に関する研究
  5. 鉄鋼中不純物元素ならびに鉄鋼業環境分析手法に関する研究
   
 

設置年月

 

平成29年10月1日〜平成34年9月30日(第17期・5年間)

   
 

委員の構成(平成30年9月現在)

 
学界 84名 産業界 54名 委員総数 138名
   
 

委員長

 
田中 敏宏 大阪大学 大学院工学研究科 教授
   
 

委員会の成果・特別活動等

 

熱力学的物性値データベース「Thermodynamic Data for Steelmaking」の刊行

国際シンポジウム
Symposium on Highly Innovative Novel Operations Future Steelmaking Metallurgy
(平成22年5月23−25日)を開催

   
 

活動状況報告

 
27年度
26年度
   
   
  戻る