お問い合わせ先

独立行政法人日本学術振興会
国際事業部 人物交流課
論博事業担当
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
TEL03-3263-2368
FAX03-3263-1854
MAILronpaku@jsps.go.jp

論文博士号取得希望者に対する支援事業

論博事業の概要

選考方法


選考は、本会国際事業委員会書面審査員による書面審査及び特別研究員等審査会における合議審査により行われています。

審査方針は以下のとおりです。

  1. 国際的な学術誌への掲載や受賞歴があるなど一定の研究実績があり、研究者としての成熟度が認められること。
  2. 申請書の内容が、課程によらず論文提出による学位取得にふさわしいものであり、本事業の支援期間内(3年)に学位取得の見込みがあると認められること。
  3. 日本側研究指導者が適切であり、論博研究者候補者と連絡等が十分で、研究指導計画が具体的であること。

書面審査

1件の申請について、申請者の分科細目に応じた上記委員会の専門委員3人によって行います。

書面による評価は、審査方針に基づき、論博研究者候補者の研究能力、研究計画、指導・受入体制等を含めて総合的に判断したうえ、5段階の評点(5:学位取得が大いに期待できる、4:学位取得が期待できる、3:学位取得の可能性がある、2:学位取得があまり期待できない、1:学位取得の見込みがない)を付します。

合議審査

合議による九つの領域別審査会(人文学、社会科学、数物系科学、化学、工学、生物学、農学、医歯薬学、総合)では、上記の書面審査の評点に基づき、各領域への採用配分数により採用内定者の選定を行います。 選考結果は、翌年1月末までに我が国における研究指導者の所属機関長を通じて文書で通知されます。