平成16年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業
研究成果報告書概要


研究推進分野名 植物遺伝子
研究プロジェクト名 植物細胞死および増殖制御因子の高次発現機構の解明
(英文名) Studies of Intricate Mechanisms of the Regulatory Factors in Plant Cell Death and Proliferation
研究期間 平成12年度〜平成16年度

プロジェクトリーダー 研究経費 総額 351,000 千円
氏名・所属研究機関
所属部局・職名
内宮 博文・ 東京大学・分子細胞生物学研究所・ 教授 内訳 平成12年度 120,000千円
平成13年度 65,000千円
平成14年度 65,000千円
平成15年度 75,000千円
平成16年度 56,000千円
  1. 研究組織(コアメンバー及び研究協力者)
  2. 氏名 所属機関・部局・職 研究プロジェクトでの役割分担
    梅田 正明 東京大学・分子細胞生物学研究所・助教授 細胞増殖の基盤となる細胞周期の活性化機構の解析
    山田 真紀 東京大学・分子細胞生物学研究所・助手 細胞死と制御因子の解析
    中園 幹生 東京大学・大学院農学生命科学研究科・助教授 細胞死とミトコンドリアの相互作用の解析 (平成14年3月31日まで)
    堤 伸浩 東京大学・大学院農学生命科学研究科・教授 ミトコンドリア増殖制御因子の解析
    (平成15年4月1日から)
    Kim Gyung-Tae 東亜大学校・生命資源科学部・助教授 葉の分化に関わる細胞増殖因子の解析
    (平成13年3月31日まで)
    鳥山 欽哉 東北大学・大学院農学研究科・助教授 細胞死の育種工学的応用の研究
    (平成14年4月1日から)
    松永 幸大 大阪大学・大学院工学研究科・助教授 性分化の機構に関する研究
    (平成14年3月31日まで)
    射場 厚 九州大学・大学院理学研究院・教授 ストレス耐性の分子機構の研究
    (平成15年4月1日から)
    朽津 和幸 東京理科大学・理工学部・助教授 細胞死における活性酸素消去系の解析
    (平成14年3月31日まで)
    魚住 信之 名古屋大学・生物機能開発利用研究センター・助教授 塩ストレスの分子機構
    (平成15年4月1日から)
    柳澤 修一 東京大学・大学院農学生命科学研究科・助教授 ストレス情報と栄養情報のクロストークの分子メカニズムの研究
    (平成15年4月1日から)
  3. 研究計画の概要
  4.  本研究は細胞がいかに生き、いかに死ぬか、そのメカニズムを物質的レベルで明らかにしようという基本的考えのものに遂行された。このため、細胞の分裂や分化を制御する遺伝子の解析、細胞の死をコントロールする因子を単離した。この研究成果は、生物生産の鍵ともいえる、バイマスのコントロール、ウイルス等の病原菌や活性酸素などの発生に打ち勝つ環境抵抗性植物の作成、そして、作物の老化や寿命の制御による新しい育種素材の提供を可能にし、多くの植物の改良に貢献するものである。
     本研究の基礎的研究成果は、植物のもつ増殖能力をいかにして高めるか、葉や茎や根をいかに長生きさせて利用可能な状態を維持できるかという、植物生産上の基本的質問に答えるものであり、社会発展基盤への貢献は大である。また、植物バイオマスの制御に関与する基本因子の同定とその利用、栽培植物への外的ストレス耐性の付与や細胞寿命の制御による作物生産性の向上が期待でき、産業への貢献は大きい。
  5. 研究目的
  6.  植物は大地に根を張り、常に外界のさまざまなストレスに応答し、そのライフサイクルを完了する生命体である。その生命維持の諸過程には細胞の死と生という、一見相反する機構が複雑かつ厳密に制御されていると考えられる。植物は基本的には根と茎頂部の先端分裂組織を有し、その細胞増殖の制御により分化し、形作りを完了する。一方、組織形成過程において増殖を押さえ、遂には細胞を死に至らしめる事により植物への新機能を付与する遺伝的プログラムの存在も、最近明らかになりつつある。後者はいわゆるアポトーシス制御因子と総称される新規遺伝子の存在が推定されており、前者には、細胞周期をコントロールする極めて多様なタンパク質リン酸化機能を有する因子が関与する。本研究は、このような生命維持に必須な諸因子の高次機能を分子生物学的手法を用いて解明しようとするものである。すなわちアポトーシス制御因子や細胞周期の制御に関与する遺伝子を多数単離し、高等植物における細胞死や増殖の情報伝達の仕組を明らかにする。あわせて、活性酸素消去系の制御による栽培植物への外的ストレス耐性の付与や細胞寿命のコントロールによる作物生産性の向上、植物バイオマス生産の効率化に関与する基本因子を同定する。
  7. 研究成果の概要
  8. 4−1. 研究計画、目的に対する成果
     細胞死制御因子の解析のため、酵母を用いて促進、抑制に関与する遺伝子を単離し、植物における具体的機能を明らかにした。また、葉や、生殖器官形成における原因遺伝子の解明を試みた。このため、形質転換植物を用い、諸因子の生体内での相互作用を解明した。細胞死の制御は活性酸素の消去と綿密な関係があるので、環境ストレス耐性における以上の因子の役割を明らかにした。さらに、共通のメカニズムを利用して、ウイルスや病原菌等に対する抵抗性植物の育成を試みた。一方、細胞周期の制御に関与する遺伝子を多数単離し、高等植物における細胞増殖の情報伝達機構を明らかにした。
    4−2. 研究計画、目的外の成果
     タペート細胞は花粉の発育後期に細胞死を起こすが、それに伴い、花粉表面物質の供給が行われて花粉壁が完成する。タペート細胞崩壊過程における分子遺伝学的知見を得るために、葯の発育ステージ別にタペート細胞で発現誘導するプロモーターコレクションを作製し、発育ステージ別にタペート細胞の生死を人為的にコントロールした。植物細胞の生体膜を構成する脂質は、多不飽和脂肪酸の一種であるトリエン脂肪酸(TA)を特徴的に多く含んでいる。この脂肪酸の含量は、生育環境と密接に相関して変動する。葉緑体膜に由来するTAが、膜系を隔てた細胞膜に局在するNADPHオキシダーゼを活性化し、病害抵抗性獲得の端緒となるオキシダティブバーストを誘起することを確認した。植物の細胞質に取込まれたNaを排出する輸送系や液胞へ隔離するための輸送系(Na/Hアンチポーター)が同定された。Kトランスポーターとして分類されていたHKT/Ktr系トランスポーターは植物においてNaを植物内へ取り込む輸送体として機能することを見いだした。ストレス応答や病原菌応答などにおいても糖のレベルが大きな影響を与える。栄養情報がいかに生長・老化の決定メカニズムに関わっているかを明白にするために、エチレン情報伝達系とグルコース情報伝達系のクロストークの分子メカニズムを明らかにした。以上の研究は、作物分子育種学への分子基盤となる新知見として有望である。
    4−3. 研究成果の展望
     本研究は細胞がいかに生き、いかに死ぬか、そのメカニズムを物質的レベルで明らかにしようという基本的な考えのもとに遂行された。このため、細胞の分裂や分化を制御する遺伝子の解析、細胞の死をコントロールする因子を明らかにした。その研究成果は、生物生産の鍵ともいえる、バイオマスのコントロール、ウイルス等の病原菌や活性酸素などの発生に打ち勝つ環境抵抗性植物の作成、そして作物の老化や寿命の制御による新しい育種素材の提供を可能にし、多くの植物の改良に貢献するものである。これらの成果は特許として申請中である。
    4−4. 本事業の趣旨に鑑み、果たした役割
     バイオマスの積極的増産とその利用は、基盤となる原材料の安定的供給にとり、欠くことの出来ない研究課題である。本研究の基礎的研究成果は、植物のもつ増殖能力をいかにして高めるか、葉や茎や根をいかに長生きさせて利用可能な状態を維持できるかという、植物生産上の基本的質問に答えるものであり、社会発展基盤への貢献は大である。国内では、民間企業、地域研究機関との連携を図りつつ、研究成果の社会的還元に努め、内外からの研究進展に関する問い合わせが多く、いくつかの共同研究にまで、発展している。本研究は、ギリシャ地中海国際農学研究所、米国カリフォルニア大学、英国エジンバラ大学、中国精華大学、韓国慶尚大学等との、情報交換、研究者の交流を行いながら進めた。特に、米国ブチャム医学研究所のリード博士らとの共同研究による動物細胞と植物における細胞死の研究は特筆される。さらに、マックスプランク研究所との細胞分裂に関する研究交流は継続され、成果を上げている。従って、本研究はミレニアム研究として意味のある研究であると考える。
  9. キーワード
  10. 1. 環境抵抗性植物   2. バイオマス   3. 活性酸素
    4. 細胞死制御因子 5. 酵母 6. 細胞周期
    7. 病害抵抗性 8. 分子育種学 9. 遺伝子
  11. 研究成果発表状況
  12. A. 学術雑誌論文(Journal Papers)

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Tsukaya,H., K.Shoda, G.T.Kim, H.Uchimiya Heteroblasty in Arabidopsis thaliana (L.) Heynh
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Planta 210   436-542 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Matsukura,C., M.Kawai, K.Toyofuku, R.A.Barrero, H.Uchimiya, J.Yamaguchi Transverse vein differentiation associated with gas space formation - fate of the middle cell layer in leaf sheath development of rice
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Annals of Botany 85   19-27 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Ueda,T.,N.Matsuda, H.Uchimiya, A.Nakano Modes of interaction between the Arabidopsis Rab protein, Ara4, and its putative regulator molecules revealed by a yeast expression system
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant J. 21 4 341-349 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Pan,L.,M.Kawai,A.Yano, H.Uchimiya Nucleoside diphosphate kinase required for coleoptile elongation in rice
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Phys. 122   447-452 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Kawai, M., H. Uchimiya Coleoptile senescence of rice (Oryza sativa L.)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Annals of Botany 86   405-414 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Yamaguchi,M.,M.Umeda,T.Fabian, M.Sauter, R.P.Bhalerao, J.Schrader, G.Sandberg , H.Uchimiya Activation of CDK-activating kinase is dependent on interaction with H-type cyclins in plants
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    The Plant Journal 24   11-20 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Kawai,M.,Y.Kobayashi,A.Hirata, Y.Oono,H.Watanabe H.Uchimiya Ion Beams as a Noble Tool to Induce Apoptosis-Like Cell Death in Roots of Maize (Zea mays L.)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Biotechnology 17 4 305-308 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Umeda, M., C.Umeda-Hara, H.Uchimiya A cyclin-dependent kinase-activating kinase regulates differentiation of root initial cells in Arabidopsis
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Proc.Natl.Acad.Sci. 97   13396-13400 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Yu, Lihua, J.Liu, M.Umeda, H.Uchimiya, N.Zhao Cloning and sequence characteristics of the genomic gene of a rice metallothionein
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Chinese Science Bulletin 45 2 153-155 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Fabian, T., Lorbiecke, R., Umeda, M. & Sauter, M. The cell cycle genes cycA1;1 and cdc2Os-3 are coordinately regulated by gibberellin in planta
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Planta 211 2 376-383 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Kleinow, T., Bhalerao, R., Breuer, F., Umeda, M., Salchert, K. & Koncz, C. Functional identification of an Arabidopsis Snf4 ortholog by screening for heterologous multicopy suppressors of snf4 deficiency in yeast.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant J. 23   115-122 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Nakazono, M., T. Imamura, N. Tsutsumi, T. Sasaki and A. Hira Characterization of two cDNA clones encoding rice F1F0-ATPase inhibitor proteins, both of which are targeted to mitochondria
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Planta 210   188-194 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Tsuji, H., M. Nakazono, D. Saisho, N. Tsutsumi and A. Hirai Transcript levels of the nuclear-encoded respiratory genes in rice decrease by oxygen deprivation: evidence for involvement of calcium in expression of the alternative oxidase 1a gene
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    FEBS Lett. 471   201-204 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Li, Y., M. Nakazono, N. Tsutsumi and A. Hirai Molecular and cellular characterizations of a cDNA clone encoding a novel isozyme of aldehyde dehydrogenase from rice
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Gene 249   67-74 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Nakazono, M., H. Tsuji, Y. Li, D. Saisho, S. Arimura, N. Tsutsumi and A. Hirai Expression of a gene encoding mitochondrial aldehyde dehydrogenase in rice increases under submerged conditions
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plnat Physiol 124   587-598 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Takahara, M., Takahashi, H., Matsunaga, S., Sakai, A., Kawano, S. and Kuroiwa, T. (2000) Isolation, characterization and chromosomal mapping of an ftsZ gene from the unicellular primitive red alga, Cyanidium caldarium RK-1.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Curr. Genet. 37 2 143-51 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Takahara, M., Takahashi, H., Matsunaga, S., Sakai, A., Kawano, S. and Kuroiwa, T. A putative mitochondrial ftsZ gene is encoded in the unicellular primitive red alga Cyanidioscyzon merolae.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Mol. Gen. Genet. 264 4 452-60 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Ueda, M., Kuroiwa, T., Matsunaga, S. and Ogihara, S. Microtubule-dependent migration of the cell nucleus toward a future leading edge in amoebae of Physarum polycepharum.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Protoplasma 211 1-2 172-182 2000

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Hayashi,K., K. Ogino, Y. Oono, H. Uchimiya, H. Nozaki Yokonolide A, a New Inhibitor of Auxin Signal Transduction, from Streptomyces diastatochromogenes B59
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    The Journal of Antibiotics 54 7 573-581 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Ueda,T.,M.Yamaguchi, H. Uchimiya, A. Nakano Ara6, a plant-unique novel type Rab GTPase, functions in the endocytic pathway of Arabidopsis thaliana
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    The EMBO Journal 20 17 4730-4741 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Kawai-Yamada,M., L-H. Jin, K. Yoshinaga, A. Hirata, H. Uchimiya Mammalian Bax-induced plant cell death can be down-regulated by overexpression of Arabidopsis Bax Inhibitor-1 (AtBl-1)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Proc. Natl. Acad. Sci 98 21 12295-12300 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Liu Jinyuan, C. Oura, E. T. Aspuria, Y. Oono ,H. Uchimiya Application of real-time RT-PCR quantification to evaluate differential expression of Arabidopsis Aux/IAA genes
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Chinese Science Bulletin 46 19 1642-1645 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Pan,L., M Kawai, L-H.Yu, K-M.Kim, A.Hirata, M. Umeda , H. Uchimiya The Arabidopshis thaliana ethylene-responsive element binding protein (AtEBP) can function as a dominant suppressor of Bax-induced cell death of yeast
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    FEBS Letters 508   375-378 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    H. Uchimiya, M. Kawai, M. Yamaguchi and M. Umeda Molecular dissection of cell death in rice
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Rice Genetics TX   365-376 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Saitoh , H., Kiba, A., Nishihara, M., Yamamura, S., Suzuki, K. and Terauchi Production of antimicrobial defensin in Nicotiana benthamiana with a potato virus X vector
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Molecular Plant-Microbe Interaction 14   111-115 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Saisho, D., M. Nakazono, N. Tsutsumi and A. Hirai ATP synthesis inhibitors as well as respiratory inhibitors increase steady-state level of alternative oxidase mRNA in Arabidopsis thaliana
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    J. Plant Physiol 158   241-245 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Ohtsu, K., M. Nakazono, N. Tsutsumi and A. Hirai Characterization and expression of the genes for cytochrome c oxidase subunit VIb (COX6b) from rice and Arabidopsis thaliana
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Gene 264   233-239 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Saisho, D., M. Nakazono, K.H. Lee, N. Tsutsumi, S. Akita and A. Hirai The gene for alternative oxidase-2 (AOX2) from Arabidopsis thaliana consists of five exons unlike other AOX genes and is transcribed at an early stage during germination
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Genes & Genetic Systems 76   89-97 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Meguro, N., M. Nakazono, N. Tsutsumi and A. Hirai Decreased transcription of a gene encoding putative mitochondrial aldehyde dehydrogenase in barley (Hordeum vulgare L.) under submerged conditions
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Biotech 18   223-228 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Kejnovsky, E., Vrana, J., Matsunaga, S., Soucek, P., Siroky, J., Dolezel, J. and Vyskot, B. (2001) Localization of male-specifically expressed MROS genes of Silene latifolia by PCR on flow-sorted sex chromosomes and autosomes
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Genetics 158 3 1269-77 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Ito, M., Araki, S., Matsunaga, S., Itoh, T., Nishihama, R., Machida, Y., Doonan, J.H. and Watanabe A. G2/M phase-specific transcription during the plant cell cycle is mediated by cMyb-like transcription factors
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Cell 13 8 1891-905 2001

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Gyung-TaeKim,KeikoShoda, TomohikoTsuge, Kiu-Hyung Cho, Hirofumi Uchimiya, Ryosuke Yokoyama, Kazuhiko Nishitani , Hirokazu Tsukaya The ANGUSTIFOLIA gene of Arabidopsis, a plant CtBp gene, regulates leaf-cell expansion, the arrangement of cortical microtubules in leaf cells and expression of a gene involved in cell-wall formation
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    The EMBO Journal 21 6 1267-1279 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Roberto A. Barrero, M. Umeda, S. Yamamura, H. Uchimiya Arabidopsis CAP Regulates the Actin cytoskeleton Necessary for Plant Cell Elongation and Division
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    The Plant Cell 14   149-163 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Oono, Yutaka, C. Ooura and H. Uchimiya Expression Pattern of Aux/IAA Genes in the iaa3/shy2-1D Mutant of Arabidopsis thaliana (L.)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Annals of Botany 89   77-82 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Fukuzawa, H., S. Arai, M. Kawai, A. Das, M. Tagawa and H. Uchimiya Glufosinate-tolerant Tobacco Plants Directed by the Promoter of Adenylate Kinase Gene of Rice
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Annals of Botany 89   351-354 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    E.T.Aspuria, C.Ooura, G.Q.Chen, H.Uchimiya, Y.Oono GFP accumulation controlled by an auxin-responsive promoter as a non-destructive assay to monitor early auxin response
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Cell Rep 21   52-57 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Hirofumi Uchimiya, Seiich Fujii, Jirong Huang, TakaomiFushimi, Masanori Nishioka, Kyung-Min Kim, Maki Kawai Yamada, Takamitsu Kurusu, Kazuyuki Kuchitsu, Michito Tagawa Transgenic rice plants conferring increased tolerance to rice blest and multiple environmental stresses
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Molecular Breeding 9   25-31 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Avijit Das. Hirofumi Uchimiya Oxygen stress and adaptation of a semi-aquatic plant: rice (Oryza sativa)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    J Plant Res 115   315-320 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Yanagawa, Y., Kimura, S., Takase, T., Sakaguchi, K., Umeda, M., Komamine, A., Tanaka, K., Hashimoto, J., Sato, T. & Nakagawa H. Spatial distribution of the 26S proteasome in meristematic tissues and primordia of rice (Oryza sativa L.)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Planta 214   703-707  

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Fabian-Marwedel, T., Umeda, M. & Sauter, M. The rice cyclin-dependent kinase-activating kinase R2 regulates S-phase progression
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Cell 14   197-210 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Urasaki,N., Tokumoto,M., Tarora ,K., Ban,Y., Kayano,T., Tanaka,H., Oku,H., Chinen,I. and Terauchi,R. A male and hermaphrodite specific RAPD marker for papaya (Carica papaya L.)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Theoretical and Applied Genetics:. 104   281-285. 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Urasaki, N., Tarora, K., Uehara, T., Chinen, I., Terauchi, R. and Tokumoto, M. Rapid and highly reliable sex diagnostic PCR assay for papaya (Carica papaya L.)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Breeding Science 52   333-335 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Saitoh, H. and Terauchi, R. Virus-induced silencing of a FtsH gene in Nicotiana benthmiana plants causes a striking bleached leaf phenotype 
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Gene and Genetic Systems 77   335-340 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Urasaki, N., Tarora, K., Uehara, T., Chinen, I., Terauchi, R. and Tokumoto, M. Rapid and highly reliable sex diagnostic PCR assay for papaya (Carica papaya L.)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Breeding Science 52   333-335 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Kanzaki,H., Nirasawa, S., Saitoh, H., Ito, M., Nishihara, M., Terauchi, R., and Nakamura, I. Overexpressing of wasabi defensin gene confers enhanced resistance to blast fungus (Magnaporthe grisea) in transgenic rice.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Theoretical and Applied Genetics 105   809-814 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Saika, H., Ohtsu, K., Hamanaka, S., Nakazono, M., Tsutsumi, N, Hirai, A. AOX1c, a novel rice gene for alternative oxidase; comparison with rice AOX1a and AOX1b. Genes & Genetic Sys
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Genes Genet. Syst. 77   31-38 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Ohtsu, K., Ito, Y., Saika, H., Nakazono, M., Tsutsumi, N. and Hirai, A ABA-independent expression of rice alternative oxidase genes under environmental stresses
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Biote 19   187-190 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Ariizumi T, Amagai M, Shibata D, Hatakeyama K,Watanabe M, Toriyama K Comparative study of promoter activity of three anther-specific genes encoding lipid transfer protein, xyloglucan endotransglucosylase/hydrolase and polygalacturonase in transgenic Arabidopsis thaliana
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Cell Report 21   90-96 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Nakao, S., Matsunaga, S., Sakai, A., Kuroiwa, T. and Kawano, S. RAPD isolation of a Y chromosome-specific ORF in a dioecious plant, Silene latifolia
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Genome 45 2 413-20 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Uchida, W., Matsunaga, S., Sugiyama, R., Kawano, S. Interstitial telomere-like repeats in the genome of Arabidopsis thaliana.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Genes Genet Syst. 77 1 63-7 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Matsunaga, S., Yagisawa, F., Yamamoto, M., Uchida, W., Nakao, S. and Kawano, S. LTR retrotransposons in the dioecious plant Silene latifolia
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Genome 45 4 745-51 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Janousek, B., Matsunaga, S., Kejnovsky, E., Zluvova, J. and Vyskot B. DNA methylation analysis of a male reproductive organ specific gene (MROS1) during plant development
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Genome 45 5 930-8 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Uchida, W., Matsunaga, S., Sugiyama, R., Shibata, F., Kazama, Y., Miyazawa, Y., Hizume, M., Kawano, S. Distribution of interstitial telomere-like repeats and their adjacent sequences in a dioecious plant, Silene latifolia
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Chromosoma 111 5 313-20 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Miyazawa, Y., Sakai, A., Matsunaga, S., Asami, T., Kawano, S., Kuroiwa, T. and Yoshida, S. Isolation, and expression of novel starch-storing cell specific gene containing KH RNA binding domain from tobacco cultured cells BY-2
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    J Exp. Bot. 53 379 2451-2 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Obara, M., Matsunaga, S., Nakao, S. and Kawano, S. A plant Y chromosome-STS marker encoding a degenerate retrotransposon
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Genes Genet Syst. 77 6 393-8 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Kuchitsu, K., Ward, J. M., Allen, G. J., Schelle, I., Schroeder, J. I. Loading acetoxymethyl ester fluorescent dyes into the cytoplasm of Arabidopsis and Commelina guard cells.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    New Phytologist 153   527-533 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Uchimiya, H., Fujii, S., Huang, J., Fushimi, T., Nishioka, M., Kim, K.-M., Kawai, M., Kurusu, T., Kuchitsu, K., Tagawa, M. Transgenic rice plants conferring increased tolerance to pathogens and multiple environmental stresses.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Molecular Breeding 9   25-31 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Kwak, J. M., Moon, J.-H., Murata, Y., Kuchitsu, K., Leonhardt, N., DeLong, A., Schroeder, J. I. Disruption of a guard cell-expressed protein phosphatase 2A regulatory subunit, RCN1, confers abscisic acid insensitivity in Arabidopsis.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    The Plant Cell 14   2849-2861 2002

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Roberto A. Barrero, Masaaki Umeda, Saburo Yamaura , Hirofumi Uchimiya Over-expression of Arabidopsis CAP Causes Decreased Cell Expansion Leading to Organ Size Reduction in Transgenic Tobacco Plants
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Annals of Botany 91   559-603 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Akie Shimotohno, Satoko Matsubayashi, Masatoshi Yamaguchi, Hirofumi Uchimiya, Masaaki Umeda Differential phosphoryation activities of CDK-activating kinases in Arabidopsis Thaliana
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    FEBS Letters 534   69-74 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Jeongyung Lee, Avijit Das, Masatoshi Yamaguchi, Junji Hishimoto, Nobuhiro Tsutsumi, Hirofumi Uchimiya, Masaaki Umeda Cell cycle function of a rice B2-type cyclin interacting with a B type cyclin-dependent kinase
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    The Plant Journal 34   417-425 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Masatoshi Yamaguchi, Hisashi kato, Shigeo Yoshida, Saburo Yamamura, Hirofumi Uchimiya, Masaaki Umeda Control of in vitro organogenesis by cyclin-dependent kinase activities in plants
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    PNAS 100 13 8019-8023 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Yutaka Oono, Chiharu Ooura, Abidur Rahman, Evalour T. Aspuria, Ken-ichiro Hayashi, Atsushi Tanaka, Hirofumi Uchimiya p-Chlorophenoxyisobutyric Acid Impairs Auxin Response in Arabidpsis Root
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant physiology 113   1135-1147 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    H.Matsumura, S.Nirasawa, A.Kiba, N.Urasaki, H.Saitoh, M.Ito, M.Kawai-Yamada, H.Uchimiya and R. Terauchi Overexpression of Bax inhibitor suppresses the fungal elicitor-induced cell death in rice (Oryza sativa L.) cells
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    The Plant Journal 33   425-434 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Atsushi Kono, Chikage Umeda-Hara, Jeongkyung Lee, Masaki Ito, Hirofumi Uchimiya, Masaki Umeda Arabidopsis D-type Cyclin CYCD4;1 Is a Novel Cyclin Partner of B2-Type Cyclin- Dependent Kinase1
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Physiology 132   1315-1321 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Bakó, L., Umeda, M., Tiburcio, A.F., Schell J. and Koncz, C The VirD2 pilot protein of Agrobacterium-transferred DNA interacts with the TATA box-binding protein and a nuclear protein kinase in plants
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Proc. Natl. Acad. Sci., USA 100   10108-10113 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Matsumura,H., Reich,S., Ito,A., Saitoh,H., Kamoun, S., Winter,P., Kahl,G., Reuter,M., Krueger,D. and Terauchi,R. Gene expression analysis of plant host-pathogen interactions by SuperSAGE. 
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Proceeding of National Academy of Science, USA 100   15718-15723 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Irie,T., Matsumura,H., Terauchi,R., Saitoh,H. Serial analysis of gene expression (SAGE) of Magnaporthe grisea: genes involved in appressorium formation 
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Molecular Genetics and Genomics. 270   181-189 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Kanzaki,H., Saitoh,H., Ito,A., Fujjsawa,S., Kamoun,S., Katou,S., Yoshioka,H. and Terauchi,R. Cytosolic HSP90 and HSP70 are essential components of Inf1-mediated hypersensitive response and non-host resistance to Pseudomonas cichorii in Nitociana benthamiana
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Molecular Plant Pathology 4   383-391. 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Hong, Z., Bednarek, S. Y., Blumwald, E., Hwang, I., Jurgens, G., Menzel, D., Osteryoung, K.W., Raikhel, N. V., Shinozaki, K., Tsutsumi, N. and Verma, D. P. S A unified nomenclature for Arabidopsis dynamin-related large GTPases based on homology and possible functions
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Mol 53   261-265 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Kubo N., Arimura S., Tsutsumi N., Hirai A. and K. Kadowaki Involvement of N-terminal region in mitochondrial targeting of rice RPS1O and RPS14 proteins
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Sci. 164   1047-1055 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Tsuji H., Meguro N., Suzuki Y., Tsutsumi N., Hirai A. and Nakazono M. Induction of mitochondrial aldehyde dehydrogenase by submergence facilitates oxidation of acetaldehyde during re-aeration in rice
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    FEBS Lett. 546   369-373 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Tsuji H., Tsutsumi N., Sasaki T., Hirai A. and Nakazono M Organ-specific expressions and chromosomal locations of two mitochondrial aldehyde dehydrogenase genes from rice (Oryza sativa L.), ALDH2a and ALDH2b
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Gene 305   195-204 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Amagai M, Ariizumi T, Endo M, Hatakeyama K, Kuwata C, Shibata D, Toriyama K, Watanabe M Identification of anther-specific genes in a cruciferous model plant, Arabidopsis thaliana, by using a combination of Arabidopsis macroarray and mRNA derived from Brassica oleracea.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Sexual Plant Reproduction 15   213-220 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Ariizumi T, Hatakeyama K, Hinata K, Sato S, Kato T, Tabata S, Toriyama K A novel male-sterile mutamt of Arabidopsis thaliana, faceless pollen-1, produces pollen with a smooth surface and an acetolysis-sensitive exine.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Molecular Biology 53   107-116 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Yanagisawa, S., Yoo, S.-D., Sheen, J. Differential regulation of EIN3 stability by glucose and ethylene signalling in plants
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Nature 425 6957 521-525 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Potuschak, T., Lechner, E., Parmentier, Y., Yanagisawa, S., Grava, S., Koncz, C., Genschik, P. EIN3-dependent regulation of plant ethylene hormone signaling by two arabidopsis F box proteins: EBF1 and EBF2
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Cell 115 16 679-689 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Sato, Y., Sakaguchi, M., Goshima, S., Nakamura, T., and Uozumi, N. Molecular dissection of the contribution of negatively and positively charged residues in S2, S3, and S4 to the final membrane topology of the voltage sensor in the K+ channel, KAT1
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    J. Biol. Chem. 278   13227-13234 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Umigai, N., Sato, Y., Mizutani, A., Utsumi, T., Sakaguchi, M., and Uozumi, N Topogenesis of two transmembrane type K+ channels, Kir 2.1 and KcsA
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    J. Biol. Chem. 278   40373-40384 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Holtmann, G., Bakker, E. P., Uozumi, N., and Bremerl, E KtrAB and KtrCD: two K+ uptake systems in Bacillus subtilis and their role in the adaptation to hypertonicity
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    J. Bacteriol. 185   1289-1298 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Sato, Y., Hosoo, Y., Sakaguchi, M., and Uozumi, N. Requirement of negative residues, Asp 95 and Asp 105, in S2 on channel function and membrane integration of voltage-dependent K+ channel, KAT1
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Biosci. Biotech. Biochem. 67   923-926 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Berthomieu, P., Conejero G., Nublat A., Brackenbury W.L. Lambert C., Savio, C., Uozumi, N., Oiki, S., Yamada, K., Cellier, F., Gosti, F., Simonneau, T., Essah, P. A., Tester, M., Very, A-A, Sentenac, H., and Casse, F. Functional analysis of AtHKT1 in Arabidopsis shows that Na+ recirculation by the phloem is crucial for salt tolerance
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    EMBO J. 22 9 2004-2014 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Kato Y., Hazama A., Yamagami M., and Uozumi N. Addition of a peptide tag at the C terminus of AtHKT1 inhibits its Na+ transport.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Biosci. Biotech. Biochem. 67 10 2291-2293 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    G. Horiguchi, H. Kodama and K. Iba Mutations in a gene for plastid ribosomal protein S6-like protein reveal a novel developmental process required for the correct organization of lateral root meristem in Arabidopsis
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant J. 33 3 521-529 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    K. Iba Trienoic fatty acids and plant tolerance of temperature(Invited)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Natu. Med. 57 2 41-43 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    J. Yazaki, N. Kishimoto, Y. Ngata, M. Ishikawa, F. Fujii, A. Hashimoto, K. Shimbo, Z. Shimatani, K. Kojima, K. Suzuki, M. Yamamoto, S. Honda, A. Endo, Y. Yoshida, Y. Sato, K. Takeuchi, K. Toyoshima, C. Miyamoto, J. Wu, T. Sasaki, K. Sakata, K. Yamamoto, K. Iba, T. Oda, Y. Otomo, K. Murakami, K. Matsubara, J. Kawai, P. Carninci, Y. Hayashizaki and S. Kikuchi Genomics approach to abscisic acid- and gibberellin-responsive genes in rice
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    DNA Res. 10 6 249-261 2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Maki Kawai-Yamada, Yuri Ohori, Hirofumi Uchimiya Dissection of Arabidopsis Bax inhibitor-1 suppressing Bax, Hydrogen peroxide and salicylic acid-induced cell death
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    The Plant Cell 16   21-32 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Hiromitsu Fukuzawa, Li-Hua Yu, Chikage Umeda-Hara, Michito Tagawa, Hirofumi Uchimiy Uchimiya The Rice metallothionein gene possesses high promoter activity in plant tissues except for endosperm
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Cell Rep 23   231-235 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Yanagisawa S, Akiyama A, Kisaka H, Uchimiya H, and Miwa Metabolic engineering with Dof1 transcription factor in plants: improved nitrogen assimilation and growth under low nitrogen conditions
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    PNAS 101 20 7833-7838 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Baek, D., Nam, J., Koo, Y.D., Kim, D.H., Lee, J., Jeong, J.C., Kwak, S.S., Chung., W.S.,Lim, C.O., Lee, S.Y., Kawai, M., Uchimiya, H.,Yun, D.J. Bax-induced cell death of Arabidopsis is meditated through reactive oxygen-dependent and –independent processes
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Molecular Biology 56   15-27 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Yoshiko Tone, Maki Kawai-Yamada, Hirofumi Uchimiya Isolation and characterization of Arabidopsis thaliana ISU1 gene
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Biochimica et Biophysica Acta 1680   171-175 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Akie Shimotohno, Chikage Umeda-Hara, Katerina Bisova, Hirofumi Uchimiya, and Masaaki Umeda The Plant-Specific Kinase CDKF;1 Is Involved in Activating Phosphorylation of Cyclin-Dependent Kinase-Activating Kinases in Arabidopsis
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    The Plant Cell 22   47-50 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Arimura S., Yamamoto J., Aida G.P., Nakazono M. and Tsutsumi N. Frequent fusion and fission of plant mitochondria with unequal nucleoid distribution
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 101   7805-7808 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Feng X., Arimura S. Hirano H-Y., Sakamoto W. and Tsutsumi N Isolation of mutants with aberrant mitochondrial morphology from Arabidopsis thaliana
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Genes & Genetic Sys 79   301-305 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Fujimoto M., Arimura S., Nakazono M. and Tsutsumi N A Rice Dynamin-like Protein, OsDRP3A, Is Involved in Mitochondrial Fission
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Breed. Sci. 54   367-372 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Arimura S., Aida G.P., Fujimoto M., Nakazono M. and Tsutsumi N Arabidopsis dynamin-like protein 2a (ADL2a), like ADL2b, is involved in plant mitochondrial division.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant and Cell Physiol. 45   236-242 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Li, Y., Ohtsu K., Nemoto K., Tsutsumi N., Hirai A. and Nakazono M. The rice pyruvate decarboxylase 3 gene, which lacks introns, is transcribed in mature pollen.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    J. Exp. Bot 55   145-146 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Zhang, L., Lee, J-K., John, S. A., Uozumi, N., Kadama, I. Mechanosensitivity of GIRK channels is mediated by PKC-dependent channel-PIP2 interaction.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    J. Biol. Chem. 279   7037 - 7047 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Matsuda, N., Kobayashi, H., Katoh, H., Ogawa, T., Futatsugi, L., Nakamura, T., Bakker, E.P., and Uozumi, N. Na+-dependent K+ uptake Ktr system from the cyanobacterium Synechocystis sp. PCC 6803 and its role in the early phases of cell adaptation to hyperosmotic shock
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    J. Biol. Chem. 279   54952-54962 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Fregene,M., Matsumura,H. and Terauchi,R.  Serial analysis of gene expression (SAGE) of host plant resistance to the cassava mosaic disease (CMD
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Molecular Biology:, 56 563-571 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    N. Hirata, D. Yonekura, S. Yanagisawa and K. Iba Possible involvement of the 5’-flanking region and the 5’UTR of plastid accD gene in NEP-dependent transcription
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Cell Physiol. 45 2 176-186 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    H. Sugimoto, K. Kusumi, Y. Tozawa, J. Yazaki, N. Kishimoto, S. Kikuchi and K. Iba The virescent-2 mutation inhibits translation of plastid transcripts for the plastid genetic system at an early stage of chloroplast differentiation
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Cell Physiol. 45 8 985-996 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    K. Kusumi, A. Yara, N. Mitsui, Y. Tozawa, and K. Iba, Characterization of a rice nuclear-encoded plastid RNA polymerase gene OsRpoTp
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Cell Physiol. 45 9 1194-1201 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    T. Yaeno, O. Matsuda and K. Iba Role of chloroplast trienoic fatty acids in plant disease defense responses
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant J. 40 6 931-941 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    R. Tomita, T. Hamada, G. Horiguchi, K. Iba, H. Kodama Transgene overexpression with cognate small interfering RNA in tobacco
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    FEBS Letters 573   117-120 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Ariizumi T, Hatakeyama K, Hinata K, Inatsugi R, Nishida I, Sato S, Kato T, Tabata S, Toriyama K Disruption of the novel plant protein NEF1 affects lipid accumulation inthe plastids of the tapetum and exine formation of pollen, resulting in male sterility in Arabidopsis thaliana
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    The Plant Journal 39   170-180 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    有泉亨・鳥山欽哉 シロイヌナズナの核遺伝子雄性不稔における研究の現状と応用への展望、育種学研究
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    育種学研究 6   195−203 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Hirata, N., Yonekura, D., Yanagisawa, S., Iba, K. Possible involvement of the 5'-flanking region and the 5'UTR of plastid accD gene in NEP-dependent transcription
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Cell Physiol. 45 2 176-186 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Gagne, J. M., Smalle, J., Gingerich, D. J., Walker, J. M., Yoo, S.-D., Yanagisawa, S., Vierstra, R. D. Arabidopsis EIN3-binding F-box 1 and 2 form ubiquitin-protein ligases that repress ethylene action and promote growth by directing EIN3 degradation
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Proc. Natl. Acad. Sci., U S A. 101 17 6803-6808 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Yanagisawa, S., Akiyama, A., Kisaka, H., Uchimiya, H., Miwa, T. Metabolic engineering with Dof1 transcription factor in plants: Improved nitrogen assimilation and growth under low-nitrogen conditions
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Proc. Natl. Acad. Sci., USA. 101 20 7833-7838 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Yanagisawa, S. Dof domain proteins: plant-specific transcription factors associated with diverse phenomena unique to plants (Invited Review)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Cell Physiol. 45 4 386-391 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Yanagisawa, S. Cross-talk between signaling pathways in plants: controlling degradation of transcription factors is a key for cross-talk. (Invited Review)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Tanpakushitsu Kakusan Koso 49 13 2131-2138 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Takahashi, H., Hotta, Y. Hayashi, M., Kawai-Yamada, M., Komatsu, S. and Uchimiyia, H High throughput metabolome and proteome analysis of transgenic rice plants (Oryza sativa L.).
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)

    Plant Biotech

    22   47-50 2005

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Hayashi, M., Takahashi, H., Kawai-Yamada, M., Tezuka, T.and Uchimiya, H Maize plants mutated in NAD(P)H-dependent HC-toxin redutase gene (Hm1) is vulnerable to H2O2 stress
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)

    Plant Biotech

    22   69-70 2005

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Hase, Y., Fujioka, S., Yoshida, S., Sun, G., Umeda, M. & Tanaka, A. Ectopic endoreduplication caused by sterol alteration results in serrated petals in Arabidopsis.
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    J. Exp. Bot.     In press 2005

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Matsumura,H., Ito,A., Saitoh,H., Winter,P., Kahl,G., Reuter,M., Kruger,D.H., Terauchi,R. SuperSAGE.(Invited)
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Cellular Microbiology 7(1) 11-18 2005

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Ariizumi T, Hatakeyama K, Hinata K, Sato S, Kato T, Tabata S, Toriyama K The HKM gene, which is identical to the MS1 gene of Arabidopsis thaliana, is essential for primexine formation and exine pattern formation
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Sexual Plant Reproduction     in press 2005

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Agetsuma, M., Furumoto, T., Yanagisawa, S., Izui, K. The Ubiquitin-Proteasome Pathway is Involved in Rapid Degradation of Phosphoenolpyruvate Carboxylase Kinase for C4 Photosynthesis
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plant Cell Physiol. 46 3 389-398 2005

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Matsuda, O. H. Sakamoto, T. Hashimoto and K. Iba A temperature-sensitive mechanism that regulates post-translational stability of a plastidial ω-3 fatty acid desaturase (FAD8) in Arabidopsis leaf tissues
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    J. Biol. Chem. 280 5 3597-3604 2005

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Takahara, T., Tasic, B, Maniatis, T., Akanuma, H., Yanagisawa, S. A delay in the synthesis of the 3’ splice site promotes trans-splicing of the preceding 5’ splice site
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Mol. Cell     in press 2005

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Yoshinaga, K., Arimura, S., Hirata, A., Niwa, Y. Yun, D.J., Tsutsumi, N., Uchimiya, H. and Kawai-Yamada Mammalian Bax initiates plant cell death through organelle destruction
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Plnt Cell Reports     in press 2005

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Hayashi, M., Takahashi,H., Tamura,K., Huang, J.Yu, L.H., Kawai-Yamada, M., Tezuka, T. Uchimiya, H Concordant interaction of the enhanced DFR activity and NAD homeostasis leading to cell death to lerance in transgenic rice
    学術雑誌名 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    PNAS     in press 2005

    B. 国際会議発表論文(International Conferences)[査読つきの論文に限ること。]


    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Hirofumi Uchimiya, Li-Hua Yu, Keiko Yoshinaga, Hideo Matsumura, Ryohei Terauchi, Maki Kawai Arabidopsis Bax inhibitor acts as a suppressor to plant cell death triggered by oxidative stresses
    会議名 開催場所 論文番号 初めの頁-終わりの頁 発表年(西暦)
    Keystone Symposia 2003, Plant Biology: Functions and Control of Cell Death Snowbird ,Utah, USA     2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Hiro Uchimiya, Mitunori Hayashi, Takafumi Tezuka Genetic engineering of stress resistant plants by metabolic activation of NAD pathway
    会議名 開催場所 論文番号 初めの頁-終わりの頁 発表年(西暦)
    Second International Conference on Plant Metabolomics Potsdam, Germany     2003

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    Matsuda, N., Kobayashi, H., Katoh, H., Ogawa, T., Futatsugi, L., Nakamura, T., Bakker, E.P., and Uozumi, N. The Na+-Regulated K+ Uptake System Is Essential for Adaptation to Hyperosmotic Stress by Cyanobacterium, Synechocystis sp. PCC6803
    会議名 開催場所 論文番号 初めの頁-終わりの頁 発表年(西暦)
    The 14th International Workshop on Plant Membrane Biology Montpellier, France T11-3 60 2004

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    O. Matsuda, H. Sakamoto, T. Hashimoto and K. Iba Temperature-sensitive mechanism regulating post-translational stability of a plastidial ω-3 fatty acid desaturase (FAD8) in Arabidopsis
    会議名 開催場所 論文番号 初めの頁-終わりの頁 発表年(西暦)
    13th International congress of photosynthesis Montréal, Canada   in press 2005

    全著者名 論文名(招待論文にはInvitedを明記)
    M. Hashimoto, J. Negi and K. Iba ABA response in CO2 insensitive Arabidopsis mutants, ht1 and ht2
    会議名 開催場所 論文番号 初めの頁-終わりの頁 発表年(西暦)
    13th International congress of photosynthesis Montréal, Canada   in press 2005

    C. 著書(Books)

    全著者名 書名(分担による執筆の場合は編者を記入すること)
    梅田正明 植物細胞工学シリ-ズ13「植物細胞の分裂-分裂装置とその制御機構」
    出版者名 出版場所 ISBN番号 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
          37-48 2000

    全著者名 書名(分担による執筆の場合は編者を記入すること)
    梅田正明 植物の化学調節 「植物の細胞分裂とホルモン応答」
    出版者名 出版場所 ISBN番号 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
          35-42 2000

    全著者名 書名(分担による執筆の場合は編者を記入すること)
    松永幸大 植物学がわかる。アエラ編集部編
    出版者名 出版場所 ISBN番号 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    朝日新聞社 東京 402274121X 34-37 2001

    全著者名 書名(分担による執筆の場合は編者を記入すること)
    梅田正明 蛋白質 核酸 酵素増刊「植物の形づくり-遺伝子から見た分子メカニズム」
    出版者名 出版場所 ISBN番号 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
          1628-1632 2002

    全著者名 書名(分担による執筆の場合は編者を記入すること)
    松永幸大、河野重行 生物学デ-タ大百科事典「ゲノムサイズ」 石原 勝敏編
    出版者名 出版場所 ISBN番号 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    朝倉書店 東京 上巻 ISBN: 4254171110 ; 下巻ISBN: 4254171129 ; 96-98 2002

    全著者名 書名(分担による執筆の場合は編者を記入すること)
    日詰雅博、松永幸大、河野重行 生物学デ-タ大百科事典「核と染色体」石原 勝敏編
    出版者名 出版場所 ISBN番号 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    朝倉書店 東京 上巻 ISBN: 4254171110 下巻ISBN: 4254171129 99-104 2002

    全著者名 書名(分担による執筆の場合は編者を記入すること)
    Ibuki T., Tokida Y., Matsuda N., Czempinski K., Muller-Roeber B., Ona T., and Uozumi N. Improvement of forest resources for recyclable forest products. (T. Ona)
    出版者名 出版場所 ISBN番号 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Springer USA   167-169 2004

    全著者名 書名(分担による執筆の場合は編者を記入すること)
    Kanzaki, H., Nirasawa,S., Saitoh,H., Ito,M., Nishihara,M., Yamamura,S., Suzuki,K., Terauchi,R. and Nakamura,I. Transgenic rice expressing wasabi defensin gene exhibit its enhanced resistance to blast fungus (Magnaporthe Grisea). In Rice Blast: Interaction with Rice and Control (ed. S. Kawasaki)
    出版者名 出版場所 ISBN番号 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Kluwer Academic Publ.     179-184 2004

    全著者名 書名(分担による執筆の場合は編者を記入すること)
    Irie,T., Matsumura,H., Terauchi,R., and Saitoh,H. SAGE (Serial Analysis of Gene Expression) in Magnaporthe Grisea. Profiling of cAMP-inducible genes involved in appressorium formation. In Rice Blast: Interaction with Rice and Control (ed. S. Kawasaki)
    出版者名 出版場所 ISBN番号 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Kluwer Academic Publ.     23-28 2004

    全著者名 書名(分担による執筆の場合は編者を記入すること)
    Matsumura, H., Reich, S., Reuter, M., Krueger, D. H., Winter, P., Kahl, G., Terauchi R. SuperSAGE: A Potent Transcriptome Toof for Eukaryotic Organisms. In: SAGE: Current Technologies and Applications (ed. S.-M. Wang)
    出版者名 出版場所 ISBN番号 初めの頁-終わりの頁 発行年(西暦)
    Horizon Press London, UK   77-90 2005


戻る