平成15年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



研究推進分野名   知的で動的なインターネットワーキング
 
研究プロジェクト名   メタネットワークアーキテクチャ
 
(英文名)   Meta-network Architecture
 
研究期間   平成11年度〜平成15年度

プロジェクト・リーダー名 研究経費 総額 498,522千円
氏名・所属研究機関
所属部局・職名
森川 博之・東京大学
大学院新領域創成科学研究科・助教授

内訳 平成11年度 102,921千円
平成12年度 92,174千円
平成13年度 102,427千円
平成14年度 103,000千円
平成15年度 98,000千円

1.研究組織

氏名 所属機関・部局・職 研究プロジェクトでの役割分担
瀬崎 薫 東京大学・生産技術研究所・助教授 センサネットワークおよびテストベッド開発
江崎 浩 東京大学・大学院情報理工学系研究科・助教授 テストベッド開発およびアプリケーション開発
山岡 克式 東京工業大学・学術国際情報センター・助教授 ネーミング機構およびアプリケーション開発
久保田 稔 NTT・未来ねっと研究所・グループリーダ テストベッドおよびアプリケーション開発

2.研究計画の概要

(研究計画の概要)
 本研究では,ネーミング/ディレクトリ技術をコアとして,旧来のネットワーク無い機能群をインターネット上にオーバーレイする形で実現するメタネットワークアーキテクチャに関する研究開発を行った.メタネットワークアーキテクチャの実現に向けて,研究開発に着手した当初,以下の研究計画に基づいて研究を進めることとした.
       
初年度:メタネットワークアーキテクチャのコンセプトデザイン,およびこれに付随する自律分散型資源/サービス組織化機構,適応型アプリケーションサポート機構,テストベッドネットワーク機構に関する初期的な設計.
第2年度:メタネットワークアーキテクチャの本格的な設計,および自律分散型資源/サービス組織化機構,適応型アプリケーションサポート機構,テストベッドネットワーク機構に関する詳細設計.
第3年度:メタネットワークコアアーキテクチャのデザインの完了,および自律分散型資源/サービス組織化機構,適応型アプリケーションサポート機構,テストベッドネットワーク機構に関する初期的実装.
第4年度:メタネットワークコアアーキテクチャを構成する各要素の実装・評価・改良,アプリケーションプロトタイプの実装,およびラージスケールテストベッドの設計と実装
最終年度:各要素の最終実装・評価ならびにシステム全体としての総合的な評価

3.研究目的

 メタネットワークアーキテクチャにおいては,ユーザが利用できるサービス資源とネットワーク状況とをネットワークが認識し,当該条件下で最適なサービスを提供できるように動的に資源を組織化するとともに,サービスレベルをダイナミックに調整するメカニズムをネットワーク内に組み込む必要が生じる.また,ユーザとネットワークが会話できるシステムを構築する必要もある.このような観点から,本研究では当初,以下の5つのテーマについて研究を進めた.
 
メタネットワーク「コア」コンセプトの確立
ネーミング/ディレクトリサービスの開発
自律分散型資源/サービス組織化機構の開発(スケーラブル資源/発見プロトコル、自律分散型サービス構築機構、サービス「インタフェース」の開発など)
適応型アプリケーションサポート機構の開発(セッションマネージャー、輻輳マネージャ、動的QoS、イベント配送機構、アプリケーション/ネットワーク協調機構の開発など)
評価(テストベッドおよびアプリケーションの開発、スケーラブルシミュレーション評価など)

4.研究成果の概要

4−1研究計画、目的に対する成果
 当初の研究計画・研究目的に対応する成果としては,具体的に以下のような成果が挙げられる.
 まず,メタネットワーク「コア」コンセプトの確立については,次世代あるいは次々世代ネットワークにおいて柔軟で透過的なサービスの提供を行うためにネーミング技術の果たす役割が極めて重要となることを明らかにし.ネーミングシステムを中核としたサービス合成システムSTONE(Service Synthesizer on the Net)を提案した.次に,ネーミング/ディレクトリサービスの開発,および自律分散型資源/サービス組織化機構の開発については,STONEの中核をなす名前管理・解決機構,およびネットワーク上の様々な資源を動的に結びつけてサービスを生成するサービスシンセサイザの詳細な設計を行い,これを実装・評価した.適応型アプリケーションサポート機構の開発については,STONEよりも下位のレイヤで,STONEをサポートするプロトコル群と位置付けて開発を行い,モバイル用のQoSスケジューラ,セッションレイヤーモビリティサポート,マルチメディア通信をサポートする協調型のセッション制御機構などを開発し,これを実装・評価した.最後に,メタネットワークアーキテクチャの有用性を示す目的で,大型の屋内テストベッドとしてSTONEルームと呼ばれる環境を構築 し,その内部に研究プロジェクトで開発した各種機能や,4-2で述べる実空間情報取得機構などを導入し,動画像や位置情報などを活用した様々なプロトタイプアプリケーションを実装した.さらに,STONEルームを,インターネットを介して外部のスマートスペース環境と相互接続し,グローバルスケールでの評価も行った.
 以上述べたように,基本的には当初の研究計画・研究目的に忠実に研究開発を進めることができ,実装評価を通じでメタネットワークアーキテクチャの有用性や可能性を示すことができたと考えている.


4−2研究計画、目的外の成果
 4−1で述べた研究計画・研究目的以外での大きな成果としては,実空間を強く意識したネットワークアーキテクチャの開発が挙げられる.当初,本研究開発では基本的にネットワーク上の仮想空間でのアプリケーション(例えばWebベースのアプリケーションや動画像ストリーミングのアプリケーション)を想定して研究が進められた.しかしながら,研究を進めていく過程,特にテストベッドの構築を開始してアプリケーションイメージを具体化する時点で,将来のネットワーク環境では仮想空間のみならず,我々が生活する実空間の情報(例えば地理的位置情報やセンサからの情報)も積極的に利用する必要があるという結論に達した.そこで,研究開発中盤以降,物理空間の情報をネットワークに取り込むためのセンサネットワークに関しても重要な課題と位置付け,無線センサネットワーク用ノードU-Cube,自律分散型屋内位置情報システム,センサネットワーク用ミドルウェアなどの研究開発を積極的に行った.実空間情報を取り扱うセンサネットワークの技術については,現在,ネットワークの分野で極めて重要な技術課題となっており,本研究開発での成果をベースにさらに研究を 進めていく必要があると考えている.


4−3 研究成果の展望
 研究開発に着手した当初,インターネットはパーソナルコンピュータを端末としWebをそのキラーアプリケーションとした伝統的なスタイルのものであった.しかし,研究開発を行った5年間の間に,各種無線メディアによるインターネット接続が一般家庭でも当然のように利用されるようになり,ネットワークに接続される端末もワンチップマイコンレベルの超小型端末から,家電製品,携帯電話などといったように極めて多様化してきた.これに伴い,現在の情報通信分野の研究開発においては,それら多種多様のネットワークと膨大な数の端末が我々の生活を支えるユビキタス社会の実現に向けた動きが加速している.このような動きを顧みるとき,メタネットワークプロジェクトは研究開発当初からそのような未来の到来を予見し,今日における情報通信分野の方向性をアカデミックな領域でリードしたという点で,果たした役割は大きい.特にネーミング技術はネットワークの種類が多様化し,接続される端末やサービスの数が増えるほどその重要性が増す.このため,本研究において,ネーミング技術をどのように考え,どのようにデザインしたらよいかという点を示すことができ た点はアカデミックな観点からも非常に有意義であったと言える.
 本研究では,ネーミング技術の基礎については十分な成果を示すことができたと考えられるが,実用レベルのアプリケーションの開発までには至っておらず,テストベッド上での基本的なアプリケーションによってその可能性を示すにとどまっている.本研究の成果が真に社会に還元されるためには,多くのアプリケーションを開発し,アプリケーション側からの強力なフィードバックを得ることが必要であると考えられる.また,研究を進める過程で明らかになった実空間情報の重要性についてより深く検討を行い,本研究で培ったネーミング技術とセンサネットワーク技術を融合させる形で,実空間情報を流通させるためのプラットフォームなどの開発につなげていくことが重要であると考えている.


4−4 本事業の趣旨に鑑み、果たした役割
 本プロジェクトの実施を通じて,新たなネットワークアーキテクチャの必要性,新たなネットワークサービス研究の必要性が日本国内で認識されつつあると考えている.具体的には,電子情報通信学会では第二種研究会として「新世代ネットワークミドルウエアと分散コンピューティング時限研究専門委員会」と「実空間指向ユビキタスネットワーキング時限研究専門委員会」の2つの研究会を立ち上げ,情報処理学会では研究グループとして「情報家電コンピューティング研究グループ」を,研究会として「ユビキタスコンピューティング研究会」を新たに立ち上げた.これらの研究会の設立とともに,国内外での関連学会/ワークショップ/シンポジウム等においてチュートリアル講演,パネル討論会,特別セッションなどを鋭意企画することなどをも行い,本プロジェクトの背景,目的,意義を広く知らしめることができたと考えている.
 また,本プロジェクトから生まれた研究成果により,電子情報通信学会論文賞,学術奨励賞,研究賞,情報処理学会研究会優秀論文賞,DICOMO優秀論文賞,IEEE CE Japan Chapter若手論文賞,IEEE/LEOS最優秀論文賞,SAINT2002最優秀論文賞などの多数の賞を受けることができた.これらのことからも本プロジェクトが国内外のネットワーク研究に与えた影響は少なくないととともに,若手研究者の育成にも寄与できたのではないかと自負している.
 さらに,本プロジェクトにおいてはポスドクレベルの若手研究者の参加を積極的に求め,プロジェクトコアの研究者として重責を担ってもらった.彼らは,現在,NTTドコモ米国研究所,芝浦工業大学,東京大学等の各機関で次世代を担う研究者として活躍をしている.
 また,学外のオフィスビルにSTONEルームという本プロジェクトのデモルームを設置することができ,多数のメディアに取り上げられるとともに多数の方の訪問をいただいた.このようなデモルームを設置することができたのも,未来開拓ならではの成果であると考えている.

5.キーワード

(1)ネーミング (2)サービス合成 (3)センサネットワーク
(4)実空間情報 (5)ユビキタスコンピューティング

6.研究成果発表状況

A.学術雑誌論文(Journal Papers)
全著者名 論文名
H. Morikawa and T. Aoyama Realizing the Ubiquitous Network: The Internet and Beyond
学術雑誌名 ページ 発行年
Telecommunications Systems 25 3-4 449-468 2004

全著者名 論文名
Y. Kawahara, H. Morikawa, and T. Aoyama A Peer-to-Peer Message Exchange Scheme for Large-Scale Networked Virtual Environments
学術雑誌名 ページ 発行年
Telecommunication Systems 25 3-4 353-370 2004

全著者名 論文名
南 正輝, 森川 博之, 青山 友紀 ユビキタス環境におけるサービス合成支援のためのインタフェース指向ネームサービス
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌 J86-B 5 777-789 2003

全著者名 論文名
M. Minami, H. Morikawa and T. Aoyama The Design and Evaluation of Interface-based Naming System for Supporting Service Synthesis in Ubiquitous Computing Environment
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Trans. on Communication J86-B 5 777-789 2003

全著者名 論文名
X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama Priority-based Wavelength Assignment Algorithm for Burst Switched WDM Optical Networks
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Transactions on Communications, Joint Special Issue on Recent Progress in Optoelectronics and Communications E86-B 5 1508-1514 2003

全著者名 論文名
T. Itao, S. Tanaka, T. Suda and T. Aoyama Adaptive Creation of Mobile Network Applications in the Jack-in-the-Net Architecture
学術雑誌名 ページ 発行年
Kluwer/ACM Wireless Network Journal ??? ??? ??? 2003

全著者名 論文名
川田雅人,森川博之,青山友紀 階層型マルチキャストを用いた協調的ストリーム間レート制御手法
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌 j86-B 11 2357-2369 2003

全著者名 論文名
M. Kawada, H. Morikawa and T. Aoyama Coordinating Inter-stream Rate Control Scheme using Layered Multicast
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Trans. on Communication j86-B 11 2357-2369 2003

全著者名 論文名
M. R. Jeong, T. Yoshimura, H. Morikawa, and T. Aoyama A Minimum Bandwidth Guaranteed Service Model and Its Implementation on Wireless Packet Scheduler
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Transactions on Fundamentals E85-A 7 1463-1471 2002

全著者名 論文名
X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama Photonic Burst Deflection Routing Protocol for Wavelength Routing Networks
学術雑誌名 ページ 発行年
SPIE Optical Networks Magazine, 3 6 12-19 2002

全著者名 論文名
今井 尚樹, 中川 智尋, 森川 博之, 青山 友紀 片方向リンクが存在するアドホックネットワークにおける安定ルート構築機構
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌 J85-B 12 2097-2107 2002

全著者名 論文名
N. Imai, T. Nakagawa, H. Morikawa and T. Aoyama Stability Adaptive Routing for Ad-hoc Networks with Unidirectional Links
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Trans. on Communication J85-B 12 2097-2107 2002

全著者名 論文名
南 正輝, 杉田 馨, 森川 博之, 青山 友紀 ユビキタス環境に向けたインターネットアプリケーションプラットフォーム
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌 J85-B 12 2313-2330 2002

全著者名 論文名
M. Minami, K. Sugita, H. Morikawa and T. Aoyama A Design of Internet Application Platform for Ubiquitous Computing Environment
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Trans. on Communication J85-B 12 2313-2330 2002

全著者名 論文名
板生 知子, 中村 哲也, 松尾 真人, 田中 聡, 須田 達也, 青山 友紀 ユーザ嗜好に応じた動的なサービス構築のためのリレーションシップメカニズムの設計と評価
学術雑誌名 ページ 発行年
情報処理学会論文誌 44 3 812-825 2003

全著者名 論文名
T. Itao, T. Nakamura, M. Matsuo, S. Tanaka, T. Suda and T. Aoyama Relationship Mechanism for Dynamic and User Preference-Aware Service Creation
学術雑誌名 ページ 発行年
IPSJ Journal 44 3 812-825 2003

全著者名 論文名
M.Jeong, H.Morikawa, T.Aoyama A Fair Scheduling Algorithm for Wireless Packet Networks
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Trans. Fundamental E84-A 7 1624-1635 2001

全著者名 論文名
T.H.Nguyen, K.Nakauchi, M.Kawada, H.Morikawa, T.Aoyama Rendezvous Points Based Layered Multicast
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Trans. Communications E84-B 12 3133-3140 2001

全著者名 論文名
田島佳武, 森川博之, 青山友紀 適応型キャッシュを用いたリライアブルマルチキャスト
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌 J84-B 3 354-364 2001

全著者名 論文名
Y. Tajima, H. Morikawa and T. Aoyama Reliable Multicast Using Adaptive Caching
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Trans. on Communication J84-B 3 354-364 2001

全著者名 論文名
中内清秀, 森川博之, 青山友紀 階層化マルチキャストのためのネットワーク支援型レート制御手法
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌 J84-B 3 365-379 2001

全著者名 論文名
K. Nakauchi, H. Morikawa and T. Aoyama Network-supported Rate Control for Layered Multicast
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Trans. on Communication J84-B 3 365-379 2001

B.国際会議発表論文(International Conferences)
全著者名 論文名
H. Morikawa The Design and Implementation of Context-aware Services(invited)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IEEE/IPSJ Symposium on Applications and the Internet Workshops Tokyo, Japan ??? 293-298 2004

全著者名 論文名
M. Minami, H. Morikawa, and T. Aoyama The Design of Naming-Based Service Composition System for Ubiquitous Computing Applications
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IEEE/IPSJ Symposium on Applications and the Internet Workshops(SAINT2004 Service Oriented Computing Workshop) Tokyo, Japan ??? 304-312 2004

全著者名 論文名
T. Oka, H. Morikawa, and T. Aoayama Vineyard : A Collaborative Filtering Service Platform in Distributed Environment
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IEEE/IPSJ Symposium on Applications and the Internet Workshops(SAINT2004 P2PI Workshops) Tokyo, Japan ??? 575-581 2004

全著者名 論文名
H. Morikawa Realizing the Ubiquitous Network: The Internet and Beyond
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Symposium on Electronics for Future Generations Tokyo, Japan ??? 203-209 2004

全著者名 論文名
Y. Kawahara, H. Morikawa, and T. Aoyama A Sensor Data Abstraction for Context Aware Applications
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
4th International Workshop on Smart Appliances and Wearable Computing (IWSAWC2004) Tokyo, Japan ??? ??? 2004

全著者名 論文名
Y. Fukuju, M. Minami, H. Morikawa, and T. Aoyama DOLPHIN: An Autonomous Indoor Positioning System in Ubiquitous Computing Environment
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IEEE Workshop on Software Technologies for Future Embedded Systems (WSTFES2003) Hakodate, Japan ??? 53-56 2003

全著者名 論文名
K. Nakauchi, Y. Ishikawa, H. Morikawa, and T. Aoyama Peer-to-Peer Keyword Search Using Keyword Relationship
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
3rd International Workshop on Global and Peer-to-Peer Computing on Large Scale Distributed Systems (GP2PC 2003) Tokyo, Japan ??? 359-366 2003

全著者名 論文名
N. Mimura, K. Nakauchi, H. Morikawa, and T. Aoyama RelayCast: A Middleware for Application-level Multicast Services
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
3rd International Workshop on Global and Peer-to-Peer Computing on Large Scale Distributed Systems (GP2PC 2003) Tokyo, Japan ??? 434-441 2003

全著者名 論文名
Saito, M. Minami,Y. Kawahara, H. Morikawa and T. Aoyama Smart Baton System: A Universal Remote Control System in Ubiquitous Computing Environment
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Conference on Consumer Electronics(ICCE2003) Los Angeles, U.S.A THAM 16.3 308-309 2003

全著者名 論文名
T. Hashiguchi, X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama Burst Assembly Mechanism with Delay Reduction for OBS Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Conference on the Optical Internet (COIN 2003) Melborune, Australia ??? 664-666 2003

全著者名 論文名
S. Lim, K. Kaneko, H. Morikawa, and T. Aoyama Secure Session Migration Using Key-Insulated Public-Key Cryptosystems
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
1st Joint Korea-Japan Joint Workshop on Mobile Multimedia Communications ??? ??? 57-61 2003

全著者名 論文名
S. Sameshima, K. Kawano K. Takashio, H. Morikawa, M. Minami Opportunities and issues relating to middleware technologies for context-aware service
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
SICE Annual Conference 2003 Fukui, Japan MPII-11-2 2003 Y. Kawahara, M. Minami, H. Morikawa, T. Aoyama

全著者名 論文名
Y. Kawahara, M. Minami, H. Morikawa, T. Aoyama Design and Implementation of a Sensor Network Node for Ubiquitous Computing Environment
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Conference on Vehicular Technology (VTC2003-Fall) Orland, U.S.A. ??? ??? 2003

全著者名 論文名
H. Yamada, H. Morikawa, and T. Aoyama Decentralized Control Mechanism Suppressing Delay Fluctuation in Wirelss LANs
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Conference on Vehicular Technology (VTC2003-Fall) Orland, U.S.A. ??? ??? 2003

全著者名 論文名
M. Minami, H. Morikawa, T. Aoyama Prototyping a Fully Distributed Indoor Positioning System for Location-aware Ubiquitous Computing Applications
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Conference on Ubiquitous Computing (UbiComp 2003) Seattle, U.S.A. ??? 201-202 2003

全著者名 論文名
M. Inoue, K. Mahmud, H. Murakami, M. Hasegawa, H. Morikawa Seamless Handover Using Out-Of-Band Signaling in Wireless Overlay Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
6th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC 2003) Yokosuka, Japan ??? 189-190 2003

全著者名 論文名
M. Hasegawa, H. Morikawa, M. Inoue, U. Bandara, H. Murakami, Khaled Mahmud Cross-Device Handover Using the Service Mobility Proxy
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
6th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC 2003) Yokosuka, Japan ??? 357-361 2003

全著者名 論文名
K. Kaneko, H. Morikawa, and T. Aoyama Session Layer Mobility Support for 3C Everywhere Environments
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
6th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC 2003) Yokosuka, Japan ??? 347-351 2003

全著者名 論文名
N. Hoaison, A. Shindo, K. Kaneko, H. Morikawa, and T. Aoyama Personal Mesh: A Design of Flexible Internet Access for Personal Area Network
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
The International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC03) Yokosuka, Japan ??? 256-360 2003

全著者名 論文名
X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama Priority-based Wavelength Assignment for Burst Photonic Networks with Limited Wavelength Conversion
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
APOC2003 Wuhan, China ??? ??? 2003

全著者名 論文名
T. Hashiguchi, X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama Performance evaluation of distributed wavelength assignment in WDM optical networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
APOC2003 Wuhan, China ??? ??? 2003

全著者名 論文名
T. Itao, T. Nakamura, M. Matsuo, T. Suda, and T. Aoyama Adaptive Creation of Network Applications in the Jack-in-the-Net Architecture
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IFIP Networking 2002 Pisa, Italy ??? 129-140 2002

全著者名 論文名
T. Hashiguchi, X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama Improving CoS-oriented Wavelength Assignment for Burst Switched Photonic Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Optoelectronics and Communications Conference (OECC2002) Yokohama, Japan ??? 406-407 2002

全著者名 論文名
X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama On Wavelength Assignment and Deflection Routing for Contention in Burst Switched Photonic Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Optoelectronics and Communications Conference(OECC2002) Yokohama, Japan ??? 410-411 2002

全著者名 論文名
N. Yoshida, X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama Design of a Bandwidth Management Scheme for Wavelength-routed Photonic Ring Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Asia-Pacific Optical and Wireless Communications (APOC2002) Shanghai, China 4910-04 ??? 2002

全著者名 論文名
X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama Deflection Routing-compatible Wavelength Assignment for Contention Resolution in Burst-switched Photonic Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Asia-Pacific Optical and Wireless Communications(APOC2002) Shanghai, China 4910-24 ??? 2002

全著者名 論文名
T. Hashiguchi, X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama Improving CoS-oriented Wavelength Assignment for Optical Bursts in WDM Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Asia-Pacific Optical and Wireless Communications(APOC2002) 4910-25 Shanghai, China ??? 2002

全著者名 論文名
Y. Kawahara, H. Morikawa, and T. Aoyama A Peer-to-Peer Message Exchange Scheme for Large Scale Networked Virtual Environments
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
8th IEEE International Conference on Communications Systems(ICCS2002) ??? 3A-04-04 ??? 2002

全著者名 論文名
H. Morikawa The Design and Implementation of Network Service Platform for Pervasive Computing
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
In Advances in Multimedia Information Processing - PCM2002 Berlin, Heidelberg ??? 41-49 2002

全著者名 論文名
M. Minami, H. Morikawa, and T. Aoyama An Interface-based Naming System for Ubiquitous Internet Applications
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
9th International Conference on Real-time and Embedded Computing Systems and Applications(RTCSA2003) Tainan, Taiwan ??? ??? 2003

全著者名 論文名
K.Nakauchi, H.Morikawa, and T.Aoyama A Network-Supported Approach to Layered Multicast
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IEEE International Conference on Communications (ICC 2001) Helsinki, Finland ??? 1227-1231 2001

全著者名 論文名
N.Imai, H.Morikawa, and T.Aoyama Prefetching Architecture for Hot-Spotted Network
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IEEE International Conference on Communications (ICC2001) Helsinki, Finland ??? 2006-2010 2001

全著者名 論文名
T.Nagahara, N.Imai, H.Morikawa, T.Aoyama, and S.Shinoda Two Stage Source Routing in Sensor Networks,
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Proc. Multi Dimensional Mobile Communications (MDMC2001) Pori, Finland ??? 174-181 2001

全著者名 論文名
M.Jeong, K.Kakami, H.Morikawa, and T.Aoyama Wireless Scheduling Method for Relative Delay Differentiated Service
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Multi-Dimensional Mobile Communications (MDMC2001) Pori, Finland ??? 310-317 2001

全著者名 論文名
X.Wang, H.Morikawa, and T.Aoyama Distributed Wavelength Assignment Algorithm for Optical Bursts in WDM Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
6th Optoelectronics and Communications Conference (OECC 2001) Sydney, Australia ??? 191-193 2001

全著者名 論文名
T.Hashiguch, X.Wangi, H.Morikawa, and T.Aoyama CoS-oriented wavelength assignment algorithm in burst switching optical networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
6th Optoelectronics and Communications Conference (OECC2001) Sydney, Australia ??? 371-373 2001

全著者名 論文名
H. Morikawa Information Appliances
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Workshop on Wireless Mobile Multimedia (WoWMoM2001) Rome, Italy ??? ??? 2001

全著者名 論文名
N.Imai, K.Kaneko, H.Morikawa, and T.Aoyama On-demand Data Prefetching System for Spotted Access Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
7th Asia Pacific Conference on Communications (APCC2001) Tokyo, Japan ??? 61-64 2001

全著者名 論文名
K.Nakauchi, H.Morikawa, and T.Aoyama A Router Support Framework for Multicast Video Distribution,
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
  Tokyo, Japan ??? 586-589 2001

全著者名 論文名
M.Kawada, H.Morikawa, and T.Aoayama Collaborative Multicast Architecture for Multi-Stream Applications
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
7th Asia Pacific Conference on Communications (APCC2001) Tokyo, Japan ??? 626-629 2001

全著者名 論文名
X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama Rank-based Wavelength Assignment Algorithm for Optical Bursts in WDM Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Optical Fiber Communications Conference (OFC 2002) Anaheim, California, USA ??? 765-767 2002

全著者名 論文名
H. Morikawa, M.R. Jeong, and T. Aoyama Bringing Flexibility into Ubiquitous Personal Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
1st International Workshop on Active Network Technologies and Applications Tokyo, Japan ??? 75-79 2002

全著者名 論文名
X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama A deflection routing protocol for optical bursts in WDM networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Optoelectronics and Communications Conference (OECC 2000) Makuhari, Japan ??? 94-95 2000

全著者名 論文名
G. Kunito, K. Yamazaki, and H. Morikawa, T. Aoyama An ad-hoc routing control method in sensor networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IEEE International Conference on Industrial Electronics, Control and Instrumentation (IECON 2000) Nagoya, Japan ??? 1147-1152 2000

全著者名 論文名
N. Imai, T. Nakagawa, H. Morikawa, and T. Aoyama Stability adaptive routing algorithm in high-density networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IEEE International Conference on Industrial Electronics, Control and Instrumentation (IECON 2000) Nagoya, Japan ??? 1171-1176 2000

全著者名 論文名
X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama Burst optical deflection routing protocol for wavelength routing WDM networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
SPIE/IEEE Optical Networking and Communications (Opticom 2000) Dallas, TX, USA ??? 257-266 2000

全著者名 論文名
N. Imai, H. Morikawa, and T. Aoyama Asymmetric data routing with prefetching for hot-spotted network
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Workshop on Mobile Multimedia Communications (MoMuC 2000) Tokyo, Japan ??? P-24-1〜P-24-6 2000

全著者名 論文名
Y. Ishikawa, M. Kawada, K. Nakauchi, H. Morikawa, and T. Aoyama Retransmission flow control mechanism for reliable multicast using adaptive caching
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Asia Pacific Communication Conference 2000 (APCC 2000) Seoul, Korea ??? 635-639 2000

全著者名 論文名
T. H. Nguyen, M. Kawada, K. Nakauchi, H. Morikawa, and T. Aoyama A congestion control method for layered multicast in sparse mode routing
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Asia Pacific Communication Conference 2000 (APCC 2000) Seoul, Korea ??? 640-644 2000

全著者名 論文名
K. Nakauchi, H. Morikawa, and T. Aoyama Loss-less and fair multicast congestion control in heterogeneous environments
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Asia Pacific Conference on Communications (APCC 2000) Seoul, Korea ??? 645-649 2000

全著者名 論文名
X. Wang, H. Morikawa, and T. Aoyama Deflection routing protocol for burst switching WDM mesh networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
SPIE/IEEE Terabit Optical Networking Architecture, Control, and Management Issues Boston, USA ??? 242-252 2000

全著者名 論文名
N. Imai, H. Morikawa, and T. Aoyama Data transfer with prefetching on hot-spotted network
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC 2000) Bangkok, Thailand ??? 1050-1055 2000

全著者名 論文名
M. R. Jeong, K. Kakami, H. Morikawa, and T. Aoyama Wireless scheduler providing relative delay differentiation
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications (WPMC 2000) Bangkok, Thailand ??? 1067-1072 2000

全著者名 論文名
M. Minami and T. Aoyama The design of service synthesizer on the net
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IEEE Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2001) San Diego, CA, U.S.A. ??? ??? 2001

全著者名 論文名
K. Nakauchi, H. Morikawa, and T. Aoyama Network-supported rate control mechanism for multicast streaming media
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IEEE Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2001) San Diego, CA, U.S.A. ??? 131-138 2001

全著者名 論文名
M. Kawada, H. Morikawa, and T. Aoyama Cooperative inter-stream rate control scheme for layered multicast
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IEEE Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2001) San Diego, CA, U.S.A. ??? 147-154 2001

全著者名 論文名
M.R. Jeong, H. Morikawa, and T. Aoyama Fair Scheduling Algorithm for Providing QoS in Wireless Packet Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Conference on Computer Communication ??? I-1-01 ??? 1999

全著者名 論文名
Y. Tajima, H. Morikawa, and T. Aoyama Reliable Multicast using Adaptive Caching
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Conference on Computer Communication ??? I-2-02 ??? 1999

全著者名 論文名
T. Yoshimura, M.R. Jeong, H. Morikawa, and T. Aoyama Wireless Packet Scheduling Method for Providing Minimum Bandwidth Guaranteed Service
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
IEEE International Symposium on Personal, Indoor, and Mobile Radio Communications ??? G6-2 ??? 1999

全著者名 論文名
M.R. Jeong, H. Morikawa, and T. Aoyama Fair Scheduling Algorithm for Wireless Packet Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Conference on Parallel Processing, Workshops on Internet'99 ??? ??? 280-285 1999

全著者名 論文名
M. Kawada, K. Nakauchi, H. Morikawa, and T. Aoyama Multiple Streams Controller for Layered Multicast
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Asia-Pacific Conference on Communications and Optoelectronics and Communication Conference ??? ??? 65-68 1999

全著者名 論文名
Y. Tajima, K. Nakauchi, H. Morikawa, and T. Aoyama Active Network Support for Reliable Multicast
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Asia-Pacific Conference on Communications and Optoelectronics and Communication Conference ??? ??? 513-516 1999

全著者名 論文名
T. Yoshimura, M.R. Jeong, N. Imai, H. Morikawa, and T. Aoyama Minimum Bandwidth Guaranteed Scheduling for Wireless and Mobile Network Service
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Asia-Pacific Conference on Communications and Optoelectronics and Communication Conference ??? ??? 521-524 1999

全著者名 論文名
M.R. Joeng, H. Morikawa, and T. Aoyama Wireless Packet Scheduler for Fair Service Allocation
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Asia-Pacific Conference on Communications and Optoelectronics and Communication Conference ??? ??? 794-797 1999

全著者名 論文名
T. Imai, T. Aoyama, A.E. Johnson, J. Leigh, D.E. Pape, and T.A. DeFanti Supporting Transoceanic Collaborations in Virtual Environment
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Asia-Pacific Conference on Communications and Optoelectronics and Communication Conference ??? ??? 1059-1062 1999

全著者名 論文名
J. Gomez, A. Campbell, and H. Morikawa The Havana Framework for Supporting Application and Channel Dependent QoS in Wireless Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
7th International Conference on Network Protocols ??? ??? 235-244 1999

全著者名 論文名
M.R. Jeong, H. Morikawa, and T. Aoyama Scheduling Algorithm for Providing Fairness and Protection in Wireless Packet Networks
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications ??? ??? 819-822 1999.


戻る