平成15年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



研究推進分野名   光科学
 
研究プロジェクト名   光によるスーパークラスターの創製とその光計測:単一分子磁石の実現
 
(英文名)   Photochemical Synthesis of Super-Clusters and their Optical Diagnostics: the Way to Making Single Molecular Magnets
 
研究期間   平成11年度〜平成15年度

プロジェクト・リーダー名 研究経費 総額  405,065千円
氏名・所属研究機関
所属部局・職名
西 信之
岡崎国立共同研究機構分子科学研究所・教授
内訳 平成11年度 91,734千円
平成12年度 85,408千円
平成13年度 93,923千円
平成14年度 81,000千円
平成15年度 53,000千円

1.研究組織

氏名 所属機関・部局・職 研究プロジェクトでの役割分担
山瀬 利博 東京工業大学・資源化学研究所・教授 スーパークラスターの合成・構造・磁性
井上 克也  岡崎国立共同研究機構・分子科学研究所・助教授 不斉分子磁石の合成と構造・磁性
山崎陽太郎 東京工業大学・大学院総合理工学研究科・教授 ナノ粒子の磁性
成毛 治朗 東京工業大学・資源化学研究所・助教授 スーパークラスターの合成・構造・磁性
石川 英里 東京工業大学・資源化学研究所・助手 スーパークラスターの合成・構造・磁性
猿倉 信彦 岡崎国立共同研究機構・分子科学研究所・助教授 スーパークラスターの光学特性・計測
林  久治 学習院大学・理学部・客員教授 磁場下に於ける反応計測

2.研究計画の概要

 光などの外部エネルギー注入によって原子・分子を要素とする繰り返し構造(A-B)nを持つ質量が1千以上の新規なスーパークラスターを創製し、光(レーザー)を利用した新開発の分析機器で同定したり、新しい無段強度変調光学素子材料としての不斉分子性結晶透明磁石や単一磁区常温分子磁石(Single Domain Molecule-Based Room Temperature NanoMagnets)を実現することを最大の目的とした。研究計画作成の時期には、いわゆる単分子磁石がホットトピックとして注目され、この研究計画も単分子磁石の実現を目指した。しかし、本研究および他の幾つかのグループの研究により、いわゆる単分子磁石は、極低温でのみ磁石となるが、室温では常磁性になってしまうことが明らかになったため、(1)室温で利用可能、且つ、製法が容易な「分子部をユニットとして含む単磁区ナノ磁石」を開発する、(2)一方、単結晶化可能なスーパークラスターとして磁性を示すポリ酸スーパークラスターの開発を進め、当初の夢の可能性を見極める、また、(3)分子磁石でなければ実現できない機能の発現を可能にする「不斉で透明な磁石」を開発し、強度変調可能な光学素子としての応用の可能性を調べることとした。一方で。それぞれの成果や関連技術等の実用化を目指す目的で、「スーパークラスター結晶の高調波発生素子としての実用化」を図ると共に、「金属酸化物や合金磁性ナノ粒子の工学的研究」を平行して行うこととした。最終的には、光や電子ビームによってサイズを制御した単磁区金属ナノドット磁石やナノワイヤーの描画を可能とする安価な新規素材の開発に成功し、更に、ボトムアップ法による液相・中温で「炭素膜に包まれたナノ合金」を合成する新しい手法を開発し、様々な応用への道を開いた。

3.研究目的

1. 光によって新奇なスーパークラスターを合成する。ここでスーパークラスターとは、質量が1千以上である、或いは、構造や組成が異なる複数部分を有する為に機能性が出るスーパー構造を呈するクラスターやナノ粒子を言う。
2. 単一磁区磁石としての新しい単分子磁石の開発を行い、その実用性の検証と実用への改善法を探る。さらに、工学的な手法の導入が可能なシステムの実現に道を開く。
3. 光を用いて、溶液中に生成した化合物の計測(質量分析)が可能な全く新しい手法を開発し、スーパークラスター級の高分子物質の分析を可能にする。
4. スーパークラスターの生成機構および機能発現機構を明らかにする。
5. 透明な分子磁石を開発し、磁場応答性の非線形光学材料としての可能性を探る。

4.研究成果の概要

4−1 研究計画、目的に対する成果
 1.光によって新奇なスーパークラスターを合成する.:紫外光を用いて原料分子の最も弱い結合部を切断し て大量の(+,-)イオン対集団を生成させ、静電的な引力で断片を自己秩序的に結合させて極めて高効率でスーパークラ スターを生成させる手法を開発した。(C5H5)nVnO6スーパークラスター磁石がその例である。ポリ酸巨大ドーナツリングが繋がった巨大ナノチューブやナノリング等の場合は、条件を制御して特定のサイズのスーパークラスターを単結晶化し構造解析に成功した。2. 単一磁区磁石としての新しい単分子磁石の開発を行い、その実用性の検証と実用への改善法を探る.:3種の単分子磁石を合成したが、転移温度が極低温である事と、磁石同士の相互作用によって「反強磁性的」な塊になって、実用上大きな問題が生じた。種々検討の結果、常温で長期間スピン反転を抑える為には、異方性を大きくするだけではなく、磁区あたりの総スピン量子数を大きくする必要があり、単一磁区中に金属原子が数千個必要であると結論した。そこで、強磁性的4体間π−d相互作用とスピン密度を最大にする脱水素アセチレン陰イオンと遷移金属陽イオンが正方晶系構造に入り込んだアセチリド化合物ナノ結晶の創製に成功した。これは、結晶ドメインが数nmまでは超常磁性であるが10nmを超えると常温磁石となり、棒状のナノ結晶は常温で650エールステッドの保持力を示した。規則正しい配列のドット列を造るためには、これらアセチリド化合物サブナノ結晶の薄膜をシリコン基板上に作成し、これに電子ビームを照射し、電荷中和反応と偏析によって炭素皮革を持ち異方性を増した金属結晶を生成させれば良いことを示した。3.溶液中に生成したスーパークラスター分子やタンパク質分子などを真空中で溶媒脱離させ、これを金属回転ドラムに固定し、レーザーを用いて質量分析する新しい手法を開発し特許を得た。4. スーパークラスターの磁気構造について、物性物理学の専門家との共同研究を推進し、その機構を明らかにした。5.低温で磁石となる光学活性な分子性錯体結晶を合成し、近紫外領域の光の強度を磁場変調する素子となり得ることを実証した。この物質及びポリ酸スーパークラスターの磁気発現機構に関して物理的な興味を集め、物性物理学の分野に貢献した。


4−2 研究計画、目的外の成果
 有機物と金属を相互作用させてスーパークラスター構造を発生させ、金属に勝る特性を持つ分子或いは単一磁区常温磁石を創るという当初の目的は、脱水素アセチレン陰イオン分子という最小のπ電子系を用いて初めて成功した。この化合物の合成がこれまで成功していなかったのは、合成時に水と酸素を完全に断つ必要があるからであった。このナノ結晶を強い電子ビームによる走査電子顕微鏡観察を行ったり、結晶成長を目的とした高温アニールを行うと、金属と炭素が核と外殻に分離偏析し、鉄の場合は、核部と殻部のすべての原子が化学結合で繋がった3.5nmの厚さのグラファイト状皮革を持つ空気中で安定な鉄ナノ結晶が生じ、これは、飽和磁化が1.8Kから300Kまでほとんど同じという純鉄ナノ粒子より優れた磁気特性を示した。製造コストが安価なことから、多くの応用が考えられる。これは、アセチレン陰イオン分子の還元力が大きいためで、水素吸蔵能等を示す新しい炭素被覆金属合金を創ることも可能である。また、本プロジェクトで開発したヘテロポリ酸スーパークラスターは、常温磁石には成らなかったが、薬剤耐性菌増殖抑制剤、抗ウイルス剤、抗後天性免疫不全症候群ウイルス剤、抗MRSA薬剤など医療面で大きな貢献を果たす物質であることが解った。


4−3 研究成果の展望
 直交した2種のπ軌道を持つ2原子分子陰イオンを構成要素とする新しい強磁性体、遷移金属アセチリド化合物群(MC2: M= Mn, Fe, Co, Ni)を見いだした。これは、所謂FeS2のようなパイライト化合物とは少し異なり、ゆるいπ−d結合を示し、最小の有機π電子系と金属d電子系を含む最初の3次元クラスター化合物である。今後、有機陰イオンと金属陽イオンを交互に繋いだシステムが次々と合成され、これまでには無かった性質を持つ系として用いられるであろう。これらの化合物の電気伝導性や触媒特性は、大きな興味が持たれている。一方、このアセチリド化合物を電子ビームや真空紫外光で照射したり、高温加熱を行うと金属の偏析が起こるが、均一なアセチリド薄膜が作成されれば、電子ビーム描画による微細金属パターン形成や真空紫外レーザーを用いたマスクパターン焼き付けによる金属配線や炭素殻を持ったコバルト磁石ドット列の作成など、工業的な応用の道が開ける。新分野としては、溶液中で各種遷移金属アセチリドとf電子をもつ各種希土類元素アセチリドとを任意の割合で反応させ、高温溶融法で生成するものとは異なった炭素被覆ナノ合金の製造が可能となり、その構造・電子構造・機能の研究に新たな道を開くであろう。
 一方、本研究で結晶化可能なスーパークラスターとして[Mo154O462(H2O)70H28]のようなドーナッツ型、或いは、風車型、水車型、そしてクラウンリング型といった様々の形態と機能を持つヘテロポリ酸を合成したが、これは光変換素子、電子材料ばかりでなく、分離分析材料や医薬など科学の広い分野にその応用範囲が及んでいる。この巨大分子は、やはり酸素のπ電子と金属のd電子の結合が織りなす多様な世界を提供しており、今後、大きく成長していく分野として期待される。同様に、不斉有機配位子と金属イオンからなる光学活性分子磁石結晶も、2次元・3次元の特有な磁気構造が明らかに成りつつあり、物理と化学の共同作業によって新しい世界の展開へと繋がっている。


4−4 本事業の趣旨に鑑み、果たした役割
 推進委員長の指導によってまともに壁とぶつかっていった5年間であったが、それだけに通常では与えられないような新しい世界への遭遇があった。これまでには存在しないと言われてきた遷移金属アセチリド化合物は、無酸素のジクロロメタンという極性有機溶媒の中で、光によって生成したコバルト原子が2個の溶媒分子から4個の塩酸分子を引き抜いてイオン化され生成したものであった。この発見から始まって、脱水素アセチレン陰イオンの強い還元力を用いた有機溶媒中での炭素被覆金属や合金の製造法の発見に繋がった。酸素原子や硫黄原子を含まない非水環境での低温液相合成は、金属科学の研究に新しい世界を開いてくれると確信される。ボトムアップで安価に安定な金属ナノ粒子を与えてくれるこの液相大量合成手法は、真空放電法に変わって工業的にも有用になるであろう。酸化されない磁性薄膜や電子材料ばかりでなく、お札や切符等の磁性インク、複写トナー、光劣化防止塗料材料など多岐にわたる応用が可能である。また、炭素殻をもつ合金化合物は、新しい水素吸蔵合金や強力ナノ磁石開発などの道を開いている。特許、特に一切の発表を禁じている欧州特許との関係で未発表の成果が多いが、時間の問題である。
 一方、金属原子のポリ酸と大量の水分子を含むヘテロポリ酸スーパークラスター分子の科学は、合成化学、分析化学、物性物理学、応用化学、医療といった多方面で注目されるようになっている。特に、近年問題になっている薬剤耐性菌の殺菌作用や抗ウイルス剤としての働きは、今後ますます重要視されるであろう。このような、親水性ではあるが生物の体内吸収不能な殺菌剤・抗ウイルス剤・抗MRSA薬剤等の開発研究は、21世紀の医療にとって、人類にとって、大きな価値と必然性を有していると言える。この意味で。この未来開拓学術研究・スーパークラスタープロジェクトが副産物として得た成果の価値は高い。

5.キーワード

(1)スーパークラスター (2)金属アセチリド化合物 (3)光化学合成
(4)単磁区磁石 (5)鉄ナノ粒子 (6)ヘテロポリ酸
(7)常温ナノ磁石 (8)不斉分子磁石 (9)光変換素子

6.研究成果発表状況

A.学術雑誌論文(Journal Papers)
全著者名 論文名
Kentaroh Kosugi, M. Junaid Bushiri, and Nobuyuki Nishi Formation of Air Stable Carbon-skinned Iron Nanocrystals from FeC2
学術雑誌名 ページ 発行年
Appl. Phys. Lett. 84 ??? 1753-1755 2004

全著者名 論文名
M. Goto, A. Quema, H. Takahashi, S. Ono, and N. Sarukura Teflon Photonic Crystal Fiber as Terahertz Waveguide
学術雑誌名 ページ 発行年
Japanese Journals of Applied Physics 43 ??? L317-L319 2004

全著者名 論文名
T.-Y. Kim and Y. Yamazaki Determination of the magnetic compensation composition in Al-substituted Bi-DyCoIG nanoparticles with enhanced coercive-force
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn.. ??? ??? ??? 2004(In press)

全著者名 論文名
T.-Y. Kim, Y. Yamazaki and T. Hirano Magneto-optical properties of Bi-YIG nanoparticle with poly-methacrylate matrix materials
学術雑誌名 ページ 発行年
Phys. Stat. Sol. ??? ??? ??? 2004(In press)

全著者名 論文名
T. Hirano, T.-Y. Kim, Y. Yamazakiand M. Abe Preparation of hybrid coating film between magneto-optical and hologram layers
学術雑誌名 ページ 発行年
Phys. Stat. Sol. ??? ??? ??? 2004(In press)

全著者名 論文名
K. Hamaya, T. Taniyama, Y. Kitamoto, Y. Yamazaki, R. Moriya, and H. Munekata Anisotropic magnetotransport due to uniaxial magnetic anisotropy in (Ga,Mn)As wires
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE. Trans. Magn.. ??? ??? ??? 2004(In press)

全著者名 論文名
C.S. Kuroda, T. Taniyama, Y. Kitamoto, Y. Yamazaki, K. Uchida, and F. Ikazaki Influence of the particle size distribution on magneto-optical property of Bi-YIG particulate film
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. MRS-J. ??? ??? ??? 2004(In press)

全著者名 論文名
H. Sakuma, T. Taniyama, H. Nishio, Y. Kitamoto, Y. Yamazaki, and H. Yamamoto Anisotropy field distribution of partially ordered Fe-Pt nanoparticles
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. ??? ??? ??? 2004(In press)

全著者名 論文名
Nobuyuki Nishi,Kentaroh kosugi,Kazuyuki Hino Metal-Molecular Hybrid Nanocluster Magnets
学術雑誌名 ページ 発行年
The Bulletin of the Nano Science and Technology Vol. 1 ??? 73-80 2003

全著者名 論文名
Nobuyuki Nishi, Kentaroh Kosugi, Kazuyuki Hino, Toshihiko Yokoyama, and Eiji Okunishi Formation and magnetic characteristics of cobalt-carbon nanocluster magnets embedded in amorphous carbon matrices
学術雑誌名 ページ 発行年
Chem. Phys. Let t 369 ??? 198-203 2003

全著者名 論文名
Nobuyuki Nishi, Kentaroh Kosugi, Kazuyuki Hino,and Toshihiko Yokoyama Matrix embedded cobalt-carbon nano-cluster magnets:behavior as room temperature single domain magnets
学術雑誌名 ページ 発行年
European Journal of Pysics D 24 ??? 97-100 2003

全著者名 論文名
K. Fukaya and T. Yamase Alkali Metal-Controlled Self-Assembly of Crown-Shaped Ring Complexes of Lanthanide/α−B[AsW9O339- (1/1; mol/mol): [K⊂{Eu(H2O)2(AsW9O33)}6]35- and [Cs⊂{Eu(H2O)2(AsW9O33)}4]23-
学術雑誌名 ページ 発行年
Angew. Chem. Int. Ed. Engl. 42 ??? 654-658 2003

全著者名 論文名
K. Dan, K. Miyashita, Y. Seto, H. Fujita, and T. Yamas Mechanism of the Protective Effect of Heteropoly-oxotungstate (PM-19) against Herpes Simplex Virus Type 2
学術雑誌名 ページ 発行年
Pharmacology 67 ??? 83-89 2003

全著者名 論文名
M. Inoue, T. Yamase, and L. P. Kazansky NMR and UV Spectra of Lanthanide Decatungstates LnW10O36n- and W10O324-: Study of Some Peculiarities in Spectra by Extended Huckel MO Method
学術雑誌名 ページ 発行年
Polyhedron 22 ??? 1183-1189 2003

全著者名 論文名
L. Yang, H. Naruke, and T. Yamase A Novel Organic/inorganic Hybrid Nanoporous Material Incorporating Keggi-type PSolyoxometalates
学術雑誌名 ページ 発行年
Inorg. Chem. Commun. 6 ??? 1020-1024 2003

全著者名 論文名
S. Shigeta, S. Mori, E. Kodama, J. Kodama, K. Takahashi, and T. Yamase Broad Spectrum Anti-RNAVirus Activities of Titanium or Vanadium Substituted Polyoxotungstates
学術雑誌名 ページ 発行年
Antiviral Res. 58 ??? 265-271 2003

全著者名 論文名
T. Yamase Photoredox Chemistry of Polyoxometalates as a Photocatalyst
学術雑誌名 ページ 発行年
Catalysis Surveys from Asia 7 ??? 203-218 2003

全著者名 論文名
T. Yamase, P. V. Prokop, Y. Arai Ph otochemical Studies of Alkylammonium Molybdates. Part 12: O→Mcharge-transfer triplet states-initiated self-assembly to {Mo154} ring- and tube-molybdenum- blues
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Molecular Structure 656 ??? 107-117 2003

全著者名 論文名
H. Naruke and T. Yamase Structural Investigation of R2Mo4O15 (R=La, Nd, Sm), and Polymorths of the R2Mo4O15 (R=rare earth) Family
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Solid State Chem. 173 ??? 407-417 2003

全著者名 論文名
X. Cao, H. Naruke, and T. Yamase Na8.5H1.5[GeW9O34]・20H2O Containing Trivacant A-α- and A-β-Keggin Anions
学術雑誌名 ページ 発行年
Acta Cryst. E59 ??? i116-i118 2003

全著者名 論文名
T. Yamase and S. Shigeta Solution Chemistry and Spin Frustration of [(VIVO)3(SbW9O33)2]12- Exhibiting a Potent Anti-RNA Virus Activity
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Inorg. Biochem. 96 27 ??? 2003

全著者名 論文名
T. Ito, K. Sawada, and T.Yamase Crystal Structure of Bis(dimethyldioctadecylammonium) Hexamolybdate: a Molecular Model of Langmuir-Blodgett Films
学術雑誌名 ページ 発行年
Chem. Lett. 32 10 938-939 2003

全著者名 論文名
Katsuya Inoue, Koichi Kikuchi, Masaaki Ohba and Hisashi Okawa Structure and Magnetic Properties of a Chiral Two-dimensional Ferrimagnet with TC of 38 K
学術雑誌名 ページ 発行年
Angew. Chem. Int. Ed. 42 ??? 4810-4813 2003

全著者名 論文名
Imai H, Inoue K, Ohba M, Okawa M, Kikuchi K A novel two-dimensional chiral complex; [Cu-II(R)-pn]2[Ni-II(CN)4]2・ H2O ((R)-pn = (R)-1,2-diaminopropane)
学術雑誌名 ページ 発行年
Synth. Met. 137 ??? 919-920 2003.

全著者名 論文名
Hosokoshi Y, Katoh K, Inoue K Magnetic properties on an organic ferrimagnetic compound and related materials
学術雑誌名 ページ 発行年
Synth. Met. 133 ??? 527-530 2003

全著者名 論文名
Kumagai H, Oka Y, Kawata S, Ohba M, Inoue K, Kurmoo M, Okawa H Hydrothermal synthesis, crystal structure and characterization of a new hexanuclear cobalt(II) complex comprised of octahedral and tetrahedral cobalt ions
学術雑誌名 ページ 発行年
Polyhdron 22 ??? 1917-1920 2003

全著者名 論文名
Hayami S, Kawajiri R, Juhasz G, Kawahara T, Hashiguchi K, Sato O, Inoue K, Maeda Y Study of intermolecular interaction for the spin-crossover iron(II) compounds
学術雑誌名 ページ 発行年
Bull. Chem. Soc. Jpn. 76 ??? 1207-1213 2003

全著者名 論文名
H. Ohtake, H. Murakami, T. Yano, S. Ono, N. Sarukura, H. Takahashi, Y. Suzuki, G. Nishijima, K. Watanabe Anomalous power and spectrum dependence of terahertz radiation from femtosecond-laser-irradiated indium arsenide in high magnetic fields up to 14 T
学術雑誌名 ページ 発行年
Applied Physics Letters 82 ??? 1164-1166 2003

全著者名 論文名
H. Takahashi, Y. Suzuki, M. Sakai, S. Ono, N. Sarukura, T. Sugiura, T. Hirosumi, M. Yoshida Significant enhancement of terahertz radiation from InSb by use of a compact fiber laser and an external magnetic field
学術雑誌名 ページ 発行年
Applied Physics Letters 82 ??? 2005-2007 2003

全著者名 論文名
H. Takahashi, Y. Suzuki, A. Quema, M.Sakai, T. Yano, S. Ono, N.Sarukura, M. Hosomizu, T. Tsukamoto, G. Nishijima, and K. Watanabe Magnetic-Field-Induced Enhancement of THz-Radiation Power from Femtosecond-Laser-Iradiated InAs up to 27 T
学術雑誌名 ページ 発行年
Japanese Journals of Applied Physics 42 ??? L532-L534 2003

全著者名 論文名
H. Takahashi, A. Quema, R. Yoshioka, S. Ono, and N. Sarukura Excitation fluence dependence of terahertz radiation mechanism from femtosecond-laser-irradiated InAs under magnetic field
学術雑誌名 ページ 発行年
Applied Physics Letters 83 ??? 1068-1070 2003

全著者名 論文名
A. Quema, H. Takahashi, M. Sakai, M. Goto, S. Ono, N. Sarukura, N. Yamada, and R.Shioda Identification of Potential Estrogenic Environmental Pollutants by Terahertz Transmission Spectroscopy
学術雑誌名 ページ 発行年
Japanese Journals of Applied Physics 42 ??? L932-L934 2003

全著者名 論文名
H.Takahashi, H. Murakami, H. Ohtake, N. Sarukura Mid-Infrared and THz Coherent Sources Using Semiconductor-Based Materials
学術雑誌名 ページ 発行年
Top Applied Physics ??? ??? 425-444 2003

全著者名 論文名
H. Takahashi, A. Quema, M. Goto, S. Ono,and N. Sarukura Terahertz radiation mechanism from femtosecond-laser-irradiated InAs (100) surface
学術雑誌名 ページ 発行年
Japanese Journals of Applied Physic 43 ??? L259-L261 2003

全著者名 論文名
H. Takahashi, M. P. Hasselbeck, A. Quema, M. Goto, S. Ono,and N. Sarukura Broadband Terahertz Radiation Emitter Using Femtosecond-Laser-Irradiated n-Type InAs under Magnetic Field
学術雑誌名 ページ 発行年
Japanese Journals of Applied Physics 43 ??? L221-L223 2003

全著者名 論文名
T.Y. Kim, T. Hirano, Y. Kitamoto, Y. Yamazaki, and Y.D. Hong Transmission electron microscopy estimation of Bi-YIG nanoparticle hybridized with plastic material
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 93 ??? 7501-7503 2003

全著者名 論文名
T.-Y Kim, T. Hirano, Y. Kitamoto and Y. Yamazaki Novel nanoparticle milling process for Bi-YIG dispersed transparent films
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn.. 39 ??? 2078-2080 2003

全著者名 論文名
H. Sakuma, H. Nishio, Y. Kitamoto, Y. Yamazaki, and H. Yamamoto Effect of atomic ordering on magnetization decay and activation volume of FePt nanoparticles
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn.. 39 ??? 2816-2819 2003

全著者名 論文名
H. Sakuma, T. Taniyama, Y. Kitamoto, and Y. Yamazaki Cation order on B site and magnetic properties of double perovskite Sr2FeMoO6
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 93 ??? 2816-2819 2003

全著者名 論文名
T. Taniyama, K. Hamaya, Y. Kitamoto, and Y. Yamazaki Anomalous Hall resistivity due to grain boundary in manganite thin films
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 93 ??? 8107-8109 2003

全著者名 論文名
T. Taniyama, N. Fujiwara, Y. Kitamoto, and Y. Yamazaki Asymmetric transport due to spin injection into a Kondo alloy
学術雑誌名 ページ 発行年
Phys. Rev. Lett. 90 ??? 01661-1-4 2003

全著者名 論文名
K. Hamaya, R. Moriya, A. Oiwa, T. Taniyama, Y. Kitamoto, Y.Yamazaki, and H. Munekata Contribution of shape anisotropy to the magnetization configuration of (Ga,Mn)As
学術雑誌名 ページ 発行年
Jpn. J. Appl. Phys. 43B ??? L306-L308 2003

全著者名 論文名
H. Sakuma, H. Nishio, Y. Kitamoto, Y. Yamazaki, H. Yamamoto High-field torque measurement of FePt nanoparticles
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. Magn. Soc. Jpn.. 4 ??? 24-27 2003

全著者名 論文名
Kazuyuki Hino, Yoshiya Inokuchi, Kentaroh Kosugi, Hiroshi Sekiya, Yuko Hosokoshi, Katsuya Inoue, and Nobuyuki Nishi  Photochemical Generation of High Spin Clusters in Solution: Cyclopentadienyl-Vanadium)mOn
学術雑誌名 ページ 発行年
J.Phys. Chem. B 106(6) ??? 1290-1293 2002

全著者名 論文名
F. Gao, T. Yamase, and H. Suzuki H2O2-based Epoxidation of Bridged-cyclic Alkenes with [P{Ti(O2)}2W10O38]7- in Monophasic Systems: Active Site and Kinetics
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mol. Catal. A180 ??? 97-108 2002

全著者名 論文名
T. Yamase and P. Prokop Photochemical Formation of Tire-Shaped Molybdenum Blues : Topology of a Defect Anion, [Mo142O432H28 (H2O) 58] 12-
学術雑誌名 ページ 発行年
Angew. Chem. Int. Ed.., Engl 41 ??? 466-469 2002

全著者名 論文名
H. Naruke and T. Yamase Size-Dependent Population of Trivalent Rare Earth Cations (RE3+) in [(RE) 2 (H2O)] 2(SbW9O33)(W5O18) 2]15-, and Structural Characterizaion of a Luthetium-Polyoxotungstate Complex [Lu3 (H2O) 4(SbW9O33) 2 (W5O18)221-
学術雑誌名 ページ 発行年
Bull. Chem. Soc. of Jpn. 75 6 1275-1282 2002

全著者名 論文名
T. Yamase, H.Naruke Gd4Mo7O27, a novel phase in the Gd2O3-MoO3 system
学術雑誌名 ページ 発行年
Acta Crystallograhpica E58 ??? i62-i64 2002

全著者名 論文名
K.Sawada and T.Yamase Nonasodium Decatungstodysprosate Pentariacontahydrate
学術雑誌名 ページ 発行年
Acta Cryst. C58 ??? i149-i151 2002

全著者名 論文名
H. Naruke and T. Yamase Structures of Novel R2Mo5O18 and R6Mo12O45 (R=Eu and Gd) Prepared by Thermal Decomposition of Polyoxomolybdate Precursor [R2(H2O)12Mo8O27]-nH2O
学術雑誌名 ページ 発行年
Inorg. Chem. 41 ??? 6414-6520 2002

全著者名 論文名
K. Dan, Y. Seto, H. Fujita, and T. Yamase Effect of Heteropolyoxotungstate (PM-19) on Virus Induced Diabetes-model Mice
学術雑誌名 ページ 発行年
Diabetes Research 36 ??? 37-44 2002

全著者名 論文名
K. Dan, K. Miyashita, Y. Seto, H. Fujita, and T. Yamase The Memory Effect ofHeteropolyoxotungstate (PM-19) Pretreatment on Infection by Herpes Simplex Virus at the Penetration stage
学術雑誌名 ページ 発行年
Pharmacological Research 46 ??? 357-361 2002

全著者名 論文名
Hitoshi Kumagai, Yoshimi Oka, Katsuya Inoue and Mohamedally Kurmoo Hydrothermal synthesis, structure and magnetism of square-grid cobalt(II)-carboxylate layered compounds with and without pillars
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Chem. Soc., Dalton Trans. 2002 ??? 3442-3446 2002

全著者名 論文名
Ovchinnikov AS, Bostrem IG, Sinitsyn VE, Boyarchenkov AS, Baranov NV, Inoue K Low-energy excitations and thermodynamical properties of the quantum (5/2,1/2,1/2) ferrimagnetic chain
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Phys. Condensed Matter. 14 ??? 8067-8078 2002

全著者名 論文名
Yoshimi Oka, Hitoshi Kumagai, Katsuya Inoue and Mohamedally Kurmoo Hydrothermal Synthesis and Characterization of a Two-Dimensional Cobalt (II) Complex Containing Cinnamate Anion
学術雑誌名 ページ 発行年
Mol. Cryst. Liq. Cryst. 379 ??? 265-270 2002

全著者名 論文名
Hitoshi Kumagai, Nathalie Kyritsakas, Yoshimi Oka, Katsuya Inoue And Mohamedally Kurmoo Hydrothermal Synthesis and Structual and Magnetic Characterization of the Coordination Bonding Network CoII(H2O)2carboxy-cinnamate
学術雑誌名 ページ 発行年
Mol. Cryst. Liq. Cryst. 379 ??? 217-222 2002

全著者名 論文名
Hitoshi Kumagai, Katsuya Inoue, and Mohamedally Kurmoo Self-Organized Metallo-Helicates and -Ladder with 2,2'-Biphenyldicarboxylate (C14H8O4)2-: Synthesis, Crstal Structures, and Magnetic Properties
学術雑誌名 ページ 発行年
Bull. Chem. Soc. Jpn. 75 ??? 1283-1289 2002

全著者名 論文名
H. Kumagai, Y. Oka, M. Akita-Tanaka, and K. Inoue Hydrothermal synthesis and characterization of a two-dimensional nickel(II) complex containing benzenehexacarboxylic acid(mellitic acid)
学術雑誌名 ページ 発行年
Inorg. Chim. Acta. 332 ??? 176-180 2002

全著者名 論文名
H. Kumagai, Y. Oka, M. Akita-Tanaka, and K. Inoue Hydrothermal synthesis and characterization of a two-dimensional nickel(II) complex containing benzenehexacarboxylic acid(mellitic acid)
学術雑誌名 ページ 発行年
Inorg. Chim. Acta 332 ??? 176-180 2002

全著者名 論文名
Hitoshi Kumagai, Katsuya Inoue, and Mohamedally Kurmoo Self-Organized Metallo-Helicates and -Ladder with 2,2'-Biphenyldicarboxylate (C14H8O4)2-: Synthesis, Crstal Structures, and Magnetic Properties
学術雑誌名 ページ 発行年
Bull. Chem. Soc. Jpn. 75 ??? 1283-1289 2002

全著者名 論文名
T.Y. Kim, T. Hirano, Y. Kitamoto, T. Hasegawa, H. Koinuma, and Y. Yamazaki Bi-YIG nanoparticle and plastic hybridized magnetooptical material
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 38 ??? 3240-3242 2002

全著者名 論文名
C.S. Kuroda, T. Taniyama, Y. Kitamoto, and Y. Yamazaki Magneto-optical properties and morphology of particulate film consisting of Bi-YIG coprecipitated particles
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Magn. Mater. 241 ??? 201-206 2002

全著者名 論文名
T. Taniyama, N. Fujiwara, Y. Kitamoto, and Y. Yamazaki Change in resistance of CuFe wires iniduced by spin injection
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 38 ??? 2872-2874 2002

全著者名 論文名
T. Taniyama, M. Yamasaki, and Y. Yamazaki Crossover of magnetotransport process toward spin-polarized tunneling in manganite thin films
学術雑誌名 ページ 発行年
Appl. Phys. Lett. 81 ??? 4562-4564 2002

全著者名 論文名
K.K. Choi, T. Murase, T. Yokoshima, T. Osaka, Y. Kitamoto, and Y. Yamazaki High-frequency properties of CoZrNb/Fe-C multilayer films
学術雑誌名 ページ 発行年
Trans. Magn. Soc. Jpn.. 3 ??? 4562-4567 2002

全著者名 論文名
T. Yamase, B. Botar, E .Ishikawa, and K. Fukaya Chemical Structure and Intramolecular Spin-Exchange Interaction of [(VO)3(SbW9O33)2]12-
学術雑誌名 ページ 発行年
Chem. Lett. ??? ??? 56-57 2001

全著者名 論文名
H. Naruke and T. Yamase $ $Bull. Chem. Soc. Jpn. Synthesis and Structure of Ln(W5O18)-Capped Mixed-Ligand Polyoxotungstolanthanoate [Ln(W5O18){Ln(H2O)2(SbW9O33)(W5O18)}15-](Ln=Sm and Er)
学術雑誌名 ページ 発行年
Bull. Chem. Soc. Jpn. 74 ??? 1289-1294 2001

全著者名 論文名
L. Yang, C. Hu, H. Naruke, and T. Yamase Three-dimensional Inorganic/organic Hybrid Material, [Ni2(4,4’-bipy)3(H2O)2・2.5H2O
学術雑誌名 ページ 発行年
Acta Crystallogr. C57 ??? 799-801 2001

全著者名 論文名
B. Botar, T. Yamase, E. Ishikawa Synthesis and Structure of a Novel Vanadium-containing Tungstobismutate(III)K12[(VO)3(BiW9O33>)2]・30H2O
学術雑誌名 ページ 発行年
Inorg. Chem. Commun. 4 ??? 551-554 2001

全著者名 論文名
H. Naruke and T. Yamase Crystallization and Structural Characterization of Two Europium Molybdates, Eu4Mo7O27 and Eu6Mo10O39
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Solid State Chem. 161 ??? 85-92 2001

全著者名 論文名
H. Murakami, T. Kozeki, Y. Suzuki, S. Ono, H. Ohtake, N. Sarukura, and E. Ishikawa, and T. Yamase Nanocluster Crystals of Lacunary Polyoxometalates: Novel Application as Structure Design-flexible
学術雑誌名 ページ 発行年
Inorganic Nonlinear Materials Appl. Phys. Lett 79 3564-3566 2001

全著者名 論文名
L. Yang, H. Naruke, and T. Yamase A 3-D Inorganic/organic Hybrid Vanadium Oxide with Pentacoordinate Co(II) Complex, [Co(4,4’-bipy)V2O6]
学術雑誌名 ページ 発行年
Acta Crystallogr. C57 ??? 1378-1380 2001

全著者名 論文名
H. Naruke and T. Yamase Tb2Mo4O15
学術雑誌名 ページ 発行年
Acta Crystallogr. E57 ??? i106-i108 2001

全著者名 論文名
Shuji Aonuma, Helene Casellas, Christophe Faulmann, Benedicte Garreau de Bonneval, Isabelle Malfant, Patrick Cassoux, Pascal G. Lacroix, Yuko Hosokoshi and Katsuya Inoue Structure and Properties of Novel M(dmit)2 Salts with the Me3N-TEMPO Radical (Me3N-TEMPO = N,N,N-trimethyl(1-oxyl-2,2,6,6-tetramethylpiperidin-4-yl)ammonium)
学術雑誌名 ページ 発行年
J.Mater. Chem 11 ??? 337-345 2001

全著者名 論文名
S. Aonuma,H. Casellas, C. Faulmann, B. G.de Bonneval, I. Malfant, P. G. Lacroix, P. Cassoux, Y. Hosokoshi, K. Inoue Structure and properties of M(dmit)2 salts of cations with a magnetic nitroxide radical
学術雑誌名 ページ 発行年
Synth. Metals 120 ??? 993-994 2001

全著者名 論文名
Y.Hosokoshi, K.Katoh, A.S.Markosyan, and K.Inoue Magnetic properties of organic spin ladder systems
学術雑誌名 ページ 発行年
Synth. Metals 121 ??? 1838 2001

全著者名 論文名
Y.Hosokoshi, K.Katoh, K.Inoue, and T.Goto Approach to a Single-component Ferrimagnetism by Organic Radical Crystals
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Am. Chem. Soc. 123 ??? 7921-7922 2001

全著者名 論文名
A.S. Ovchinnikov, I.G. Bostrem, V.E. Synitsyn, N.V. Baranov, K. Inoue The ground state properties of one-dimensional heterospin chain (5/2, 1/2, 1/2) with alternating exchange
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Phys. Condens. Mat. 13 ??? 5221-5229 2001

全著者名 論文名
Tuneaki Goto, M. I. Bartashevich, Yuko Hosokoshi, Keiichi Kato, Katsuya Inoue Observation of a magnetization plateau of 1/4 in a novel double-spin chain of ferromagnetic dimers formed by organic tetraradicals
学術雑誌名 ページ 発行年
Physica B 294-295 ??? 43-46 2001

全著者名 論文名
Hiroshi Sakiyama, Rie Ito, Hitoshi Kumagai, Katsuya Inoue, Masatomi Sakamoto, Yuzo Nishida, Mikio Yamasaki Dinuclear Cobalt(II) Complexes of an Acyclic Phenol-Based Dinucleating Ligand with Four Methoxyethyl Chelating Arms - First Magnetic Analyses in an Axially Distorted Octahedral Field
学術雑誌名 ページ 発行年
Eur. J. Inorg. Chem. 2001 ??? 2027-2032 2001

全著者名 論文名
Kumagai H, Akita-Tanaka M, Inoue K, Kurmoo M Hydrothermal synthesis and characterization of a new 3D-network containing the versatile cis,cis-cyclohexane-1,3,5-tricarboxylate
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mat. Chem. 11 ??? 2146-2151 2001

全著者名 論文名
TANAKA, Motoko; HOSOKOSHI, Yuko; MARKOSYAN, Ashot. S.; IWAMURA, Hiizu; INOUE, Katsuya Magnetic Properties of Layered Complexes [M(hfac)2]3?(R)2, M = Mn(II) and Cu(II), with Trisnitroxide Radicals Having Various Metal-Radical Exchange Interactions
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Phys.: Condens.Matter 13 ??? 7429-7442 2001

全著者名 論文名
Hayami S, Hosokoshi Y, Inoue K, Einaga Y, Sato O, Maeda Y Pressure-stabilized low-spin state for binuclear iron(III) spin-crossover compounds
学術雑誌名 ページ 発行年
Bull. Chem. Soc. Jpn. 74 ??? 2361-2368 2001

全著者名 論文名
Motoko Tanaka, Yuko Hosokoshi, Ashot S. Markosyan, Katsuya Inoue, Hiizu Iwamura Metal (3d) - Organic (2p) -Hybrid Magnets Made of Mn(II) Ions with Tris(aminoxyl) Radicals (R) as Bridging Ligands. 2D Complexes [{Mn(hfac)2}3・R2]
学術雑誌名 ページ 発行年
Syn. Met. 122 ??? 463-470 2001

全著者名 論文名
K. Inoue H. Kumagai, A. S. Markosyan Synthesis of asymmetric one-dimensional molecular-based magnets
学術雑誌名 ページ 発行年
Synth. Met. 121 ??? 1772 2001

全著者名 論文名
Katsuya Inoue, Hiroyuki Imai, Prasanna S. Ghalsasi, Koichi Kikuchi, Masaaki Ohba, Hisashi Okawa, J. V. Yakhmi A Three-dimensional Ferrimagnet with High Magnetic Transition Temperature (TC) of 53K Based on a Chiral Molecule
学術雑誌名 ページ 発行年
Angew. Chem. Int. Ed. 40 ??? 4242-4245 2001

全著者名 論文名
T.Y. Kim, T. Taniyama, Y. Kitamoto, Y. Yamazaki, and Y.D. Hong Magnetic anisotropy of Co-substituted Bi-DyAlIG nanoparticles
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Jpn. Powder and Powder Metallurgy 48 ??? 710-714 2001

全著者名 論文名
H. Sakuma, T. Taniyama, Y. Kitamoto and Y. Yamazaki Magnetic and Mossbauer study of Sr2FeMoO6 partially ordered double perovskite
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 25 ??? 731-734 2001

全著者名 論文名
K. Hamaya, T. Taniyama, Y. Kitamoto and Y. Yamazaki Enhanced magnetoresistance of La1-xSrxMnO3 thin films by reaction with substrates
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 25 ??? 727-730 2001

全著者名 論文名
B. S. Kuroda, T. Taniyama, Y. Kitamoto, and Y. Yamazaki Improvement in magneto-optical properties of BiYIG particulate films by reduction in particle size
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 37 ??? 2432-2434 2001

全著者名 論文名
M. Naoe, K. Hamaya, N. Fujiwara, T. Taniyama, Y. Kitamoto and Y. Yamazaki Selective dry etching of manganite thin films for high sensitive magnetoresistive sensors
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Magn. Mater. 235 ??? 223-227 2001

全著者名 論文名
K. Hamaya, T. Taniyama and Y. Yamazaki Magnetoresistance of manganite thin films induced by reaction with substrate
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 89 ??? 6390-6393 2001

全著者名 論文名
T. Taniyama, Y. Kitamoto and Y. Yamazaki Magnetotransport and Mossbauer study of Fe3O4/γFe2O3 granular thin films
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 89 ??? 7693-7695 2001

全著者名 論文名
K. K. Choi, T. Taniyama, and Y. Yamazaki Strain induced anisotropic low-field magnetoresitance of La-Sr-Mn-O thin films
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 90 ??? 6145-6150 2001

全著者名 論文名
T. Taniyama, C. S. Kuroda, Y. Kitamoto and Y. Yamazaki Magneto-optical properties of Bi-YIG particle-embedded films prepared by different coprecipitation procedure
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn.. 25 ??? 311-312 2001

全著者名 論文名
C. Hu, B. Yue, and T. Yamase Photoassisted Dehalogenation of Organo-chlorine Comounds by Paratungstate A in Aqueous Solution
学術雑誌名 ページ 発行年
Appl. Catal. A 194-195 ??? 99-107 2000

全著者名 論文名
H. Naruke and T. Yamase A Novel type Mixed-Ligand Polyoxotungstolanthanoate, [Ln(W5O18)(BW11O39)]12-(Ln=Ce3+ and Eu3+)
学術雑誌名 ページ 発行年
Bull. Chem. Soc. Jpn. 73 ??? 375-382 2000

全著者名 論文名
E. Ishikawa and T. Yamase Photoreduction Processes of α-Dodecamolybdophospahate: Electrical Conductivity, 31 P-NMR, and Crystallographic Studies
学術雑誌名 ページ 発行年
Bull. Chem. Soc. Jpn. 73 ??? 641-649 2000

全著者名 論文名
H. Naruke, N. Fukuda, and T. Yamase Na10(glycine)2[H2W12O42]・28H2O
学術雑誌名 ページ 発行年
Acta Crystallogr. C56 , ??? 177-178 2000

全著者名 論文名
T. Yamase and H. Makino Crystal and Electronic Structures and Magnetic Susceptibility of the Photochemically Prepared Layered Vanadyl Phosphate, Na(VO)2(PO4)2・4H2O
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Chem. Soc. Dalton Trans. ??? ??? 1143-1150 2000

全著者名 論文名
B. Botar, T. Yamase, and E. Ishikawa A Highly Nuclear Vanadium-containing Tungstobismutate: Synthesis and Crystal Structure of K11H[(BiW9O33)3Bi6(OH)3(H2O)3V4O10]・28H2O
学術雑誌名 ページ 発行年
Inorg. Chem. Commun. 3 ??? 578-583 2000

全著者名 論文名
T. Yamase and E. Ishikawa Photochemical Self-assembly Reaction of β-[Mo8O26]4- to Mixed-Valence Cluster [Mo37O112]26- in Aqueous Media
学術雑誌名 ページ 発行年
Langmuir 16 ??? 9023-9030 2000

全著者名 論文名
T. Yamase, H. Makino, H. Naruke, and A. M. S. Jose Wery A Spherical Potassium-Capped Vanadium methylphosphonate as Another ε-Keggin Fragment, [H6KV12O27(VO4)(PO3CH3)3]5-
学術雑誌名 ページ 発行年
Chem. Lett. ??? ??? 1350-1351 2000

全著者名 論文名
H. Suzuki, T. Yamase, M. Narita, and F. Hamada Synthesis of bis(tricyclo[4.3.0.12,5] dec-7-ene-3-yl) ether, a candidate for lubrication oil and high viscous blending component, based on H3P Mo 12O40・30H2O as a solid catalyst
学術雑誌名 ページ 発行年
Int. J. Soc. Master. Eng. Resour. 8 ??? 69-72 2000

全著者名 論文名
Pierre Rabu, Marc Drillon, Hiizu Iwamura, Gunter Golitz, Tetsuji Itoh, Kenji Matsuda, Noboru Koga, and Katsuya Inoue Exchange Coupling Parameters and Energy Levels for Cyclic Metal-Radical Complexes of Bis(hexafluoroacetylacetonato)manganese(II) with 5-tert-butyl-1,3-phenylenebis(N-tert-butylaminoxyl) and (4-N-tert-butyl-N-oxyamino)pyridine
学術雑誌名 ページ 発行年
European J. Inorg. Chem. ??? ??? 211-216 2000

全著者名 論文名
Katsuya Inoue, Fumiyasu Iwahori, Ashot S. Markosyan, and Hiizu Iwamura One-Dimensional Ferro- and Ferrimagnetic Chains Made up of an Alternating Array of 1,3-Bis(N-tert-butyl-N-oxy-amino)benzene Derivatives and Mn(II)(hfac)2
学術雑誌名 ページ 発行年
Coordination Chemistry Reviews. 198 ??? 219-229 2000

全著者名 論文名
Keiichi Katoh, Yuko Hosokoshi, Katsuya Inoue, and Tuneaki Goto Singlet ground states in an organic S = 1/2 spin ladder and a novel double spin chain of ferromagnetic dimers formed by an organic tetraradical
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Phys. Soc Jpn. 69 ??? 1008-1011 2000

全著者名 論文名
K. K. Choi,. Taniyama, and Y. Yamazaki Microstructure and low-field magnetoresitance of La-Sr-Mn-O thin films
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Jpn. Powder and Powder Metallurgy 47 ??? 203-207 2000

全著者名 論文名
C. S. Kuroda, K. T. Kim, T. Hirano, T. Taniyama, and Y. Yamazaki Effects of the substitution of nonmagnetic ions in Bi-YIG coating films on the magneto-optical properties
学術雑誌名 ページ 発行年
Electrochem. Soc. Proc 99-34 ??? 229-234 2000

全著者名 論文名
M. Uotani, T. Taniyama, and Y. Yamazaki Magnetic and magnetotransport properties of γFe2O3 grains embedded Fe3O4 thin films
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 87 ??? 5585-5587 2000

全著者名 論文名
T. Taniyama, I. Nakatani, T. Yakabe, and Y. Yamazaki Control of domain structures and magnetotransport properties in patterned ferromagnetic wires
学術雑誌名 ページ 発行年
Appl. Phys. Lett. 76 ??? 613-615 2000

全著者名 論文名
N. Fukuda, T. Yamase, and Y. Tajima Inhibitory Effect of Polyoxotungstates on the Production of Penicillin-binding Proteins and β-Lactamase against Methicillin-resistant
学術雑誌名 ページ 発行年
Staphylococcus aureus, Biol. Pharm. Bull 22 ??? 463-470 1999

全著者名 論文名
E. Ishikawa and T. Yamase Kinetics of Epoxidation of Cyclooctene with H2O2 by α-Keggin [PTi2W10O38(O2)2]7- Catalyst in Acetonitrile
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mol. Catal. A 142 ??? 61-76 1999

全著者名 論文名
T. Yamase, M. Inoue, H. Naruke, and K. Fukaya X-Ray Structure of Characterization of Molybdate-tripeptide Complex, [Mo4O12(glycylglycylglycine)2]・9H2O
学術雑誌名 ページ 発行年
Chem. Lett. ??? ??? 563-564 1999

全著者名 論文名
H. Naruke, T. Yamase, and M. Kaneko X-Ray Structural Characterization of [Eu(H2O)8]2[V10O28]・8H2O
学術雑誌名 ページ 発行年
Bull. Chem. Soc. Jpn. 72 ??? 1775-1779 1999

全著者名 論文名
T. Yamase, L. Yang, and R. Suzuki Photochemically Self-assembly Reactions of Polyoxovanadates. Structure of MoO42- -Encapsulated Mixed-valent Cluster [V22O54(MoO4)]8- and Template-exchange Reaciton of [V18O42(H2O)12-
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mol. Catal.A. 147 ??? 179-190 1999

全著者名 論文名
T. Yamase and H. Naruke Luminescence and Energy Transfer Phenomena in Tb3+/Eu3+ -Mixed Polyoxometallolanthanoates K15H3[Tb1.4Eu1.6(H2O)3(SbW9O33)(W5O18)3]・25.5H2O and Na7H19[Tb4.3Eu1.7O2(OH)6(H2O)6Al2(Nb6O19)5]・47H2O
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Phys. Chem. B 103 ??? 8850-8857 1999

全著者名 論文名
H. Naruke and T. Yamase Mixed-Valence Ammonium Trivanadate with a Tunnel Structure Prepared by Pyrolysis of Polyoxovanadate
学術雑誌名 ページ 発行年
Bull. Chem. Soc. Jpn. 72 ??? 2699-2702 1999

全著者名 論文名
I. S. Dubenko, I. Yu. Gaidukova, Y. Hosokoshi, K. Inoue, A. S. Makosyan The magnetic phase diagram and the effect of pressire on the magnetic properties of the Y1-xGdxMn2 intermetallic compound
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Phys., Condens. Matter. 11 ??? 2937-2953 1999

全著者名 論文名
Yuko Hosokoshi and Katsuya Inoue Pressure effects on organic radicals with ferromagnetic and antiferromagnetic interactions
学術雑誌名 ページ 発行年
Synth. Metals. 103 ??? 2323-2324 1999

全著者名 論文名
Fumiyasu Iwahori, Katsuya Inoue, and Hiizu Iwamura Mn(II)-Induced Formation and Structural Elucidation of a [3+3] Benzene-Dimer Derivative from m-Phenylenebis(N-tert-butylaminoxyl)
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Am. Chem. Soc. 121 ??? 7264-7265 1999

全著者名 論文名
Yuko Hosokoshi, Yasuhiro Nakazawa, Katsuya Inoue, Kohichi Takizawa, Hiroki Nakano, Minoru Takahashi, Tsuneaki Goto Magnetic properties of low dimensional quantum spin systems made of stable organic biradicals PNNNO, F2PNNNO and PIMNO
学術雑誌名 ページ 発行年
Phys. Rev. B. 60 ??? 12924-12932 1999

全著者名 論文名
Ashot S. Markosyan, Yuko Hosokoshi and Katsuya Inoue Influence of the thermal excitations of the ferrimagnetic (-1 / 2, 5 / 2, -1 / 2) linear trimer on the paramagnetic behavior of the layered metal-radical complex {Mn(hfac)2}3(RD)2・n-C7H16
学術雑誌名 ページ 発行年
Phys. Lett A. 261 ??? 212-216 1999

全著者名 論文名
Yuko Hosokoshi, Keiichi Katoh, Katsuya Inoue, Tuneaki Goto Construction of a Quantum-Spin System of S = 1/2 Antiferromagnetic Chain with the Next-Nearest-Neibor Interactions
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Phys. Soc. Jpn. 68 ??? 2910-2913 1999

全著者名 論文名
M. Mito, T. Kawae, Y. Hosokoshi, K. Inoue, M. Kinoshita, K. Takeda Pressure-induced crossover from alternating to uniform interaction in a S = 1/2 one-dimensional Heisenberg antiferromagnet
学術雑誌名 ページ 発行年
Solid State Communications 111 ??? 607-611 1999

全著者名 論文名
N. V. Baranov, A. A. Yermakov, A. N. Pirogov, A. E. Teplykh, K. Inoue and Yu. Hosokoshi The magnetic state of the Co-sublattice in Tb1-xYxCo2
学術雑誌名 ページ 発行年
Physica B Condensed Matter. 269 ??? 284-289 1999

全著者名 論文名
T. Kawashima, T. Manabe, M. Yamashita, K. Toriumi, H. Kitagawa, T. Mitani, H. Okamoto, K. Inoue, Y. Hosokoshi, M. Shiro Synthesis and Physical Properties of Quasi-One-Dimensional Halogen-Bridged CuII-PtIV Mixed-Metal MX-Chain Compounds
学術雑誌名 ページ 発行年
Synthetic Metals. 103 ??? 2648-2649 1999

全著者名 論文名
Kazuo Mukai, Masanobu Yanagimoto, Yasuo Shimobe, Katsuya Inoue, Yuko Hosokoshi Doping effect of magnetic impurities on the spin-Peierls compound p-CyDOV
学術雑誌名 ページ 発行年
Chemical Physics Letters. 311 ??? 446-452 1999

B.国際会議発表論文(International Conferences)
全著者名 論文名
Nobuyuki Nishi, Kentaroh Kosugi, and Junaid Bushiri Air-Stable Iron Nano-particles with graphitic skin 3.5 nm thick.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Japan-Taiwan Joint Seminor:Toward Formation of New Network Between Physics and Chemistry on the Frontiers of Material Sciences. Taipei, Taiwan ??? Proceedings IN-22 2003

全著者名 論文名
Nobuyuki Nishi Magnetic Properties and HRTEM observation of Air Stable Carbon-Skinned Fe Nanocrystals
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Workshop on “Physics on Nanoscale Magnets” Kyoto ??? Proceedings 2-2 2003

全著者名 論文名
Nobuyuki Nishi, Kentaroh Kosugi, and Junaid Bushiri Air-Stable Iron Nano-particles with graphitic skin 3.5 nm thick
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Symposium on Functional Clusters and Cluster-Based Nano-Materials Okazaki ??? Proceedings p.36 2003

全著者名 論文名
Toshihiro Yamase and Eri Ishikawa Supramolecular Polyoxomolybdate Complexes involved in Photoinduced Self-assembly Reactions
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Symposium, Nano-Science of Advanced Metal Complexes Okazaki, Japan ??? 31-32 2003

全著者名 論文名
Toshihiro Yamase UV-induced Formation of Nano-sized Polyoxomolybdate Clusters in Aqueous Solutions
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
First JSPS-DST Symposium on Surfaces and Interfaces for Nanostructured Materials Tokyo, Japan 11 ??? 2003

全著者名 論文名
T. Yamase Molecular Design for Biologically Significant Inorganic Caplules:[(VO)3(SbW9O33) 2] 12- Exhibiting a Potent Anti-RNA Virus Activity
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
11th International Workshop on Bioencapsulation, State of Art of Bio & Encapsulation Science and Technology Illkirch, France ??? ??? 2003

全著者名 論文名
T. Yamase Solution Chemistry and Spin Frustration of [(VO)3(SbW9O33) 2] 12- Exhibiting a Potent Anti-RNA Virus Activity
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
11th International Conference on Biological Inorganic Chemistry (ICBIC) , Journal of Inorganic Biochemistry Vol 96 No.1 Cairns, Australia Vol 96 No. 1 2003

全著者名 論文名
T. Yamase Quantum tunneling of magnetization of VO2+ -triangle-containing polyoxotungstates and self-assembly of polyoxo-molybdates and ?tungstates to nano-ring superclusters
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Okazaki Conference 2003 International Symposium on Functional Clusters and Cluster-Based Nano-Materials Okazaki, Japan 37 ??? 2003

全著者名 論文名
Nobuyuki Nishi, Kentaroh Kosugi, Kazuyuki Hino,and Toshihiko Yokoyama Matrix embedded cobalt-carbon nano-cluster magnets: behavior as room temperature single domain magnets XI International Symposium on Small Particles and Inorganic Clusters
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
??? Strassburg, France ??? 97-100 2002

全著者名 論文名
T. Yamase Molecular Devices based on Nano-sized Polyoxometalates
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
International Symposium on Nano-Intelligent Materials/Systems(ISNIMS) Tokyo, Japan ??? 59-63 2002

全著者名 論文名
. Kitamoto, H. Sakuma, A. Jogo, T. Taniyama, Y. Yamazaki, H. Nishio, H. Yamamoto FePt nanoparticle-assembly for magnetic recording media
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Seventh International Symposium Proceedings on Magnetic Materials Processes and Devices VII and Electrodeposition of Alloys PV 2002-27 483-490 2002

全著者名 論文名
H. Sakuma, T. Taniyama and Y. Yamazaki Synthesis and magnetic properties of double perovskite Sr2FeMoO6
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Proc. the 8th international conference on ferrites ??? ??? 339-341 2001

全著者名 論文名
K. Hamaya, T. Taniyama and Y. Yamazaki Enhancement of low-field magnetoresistance in La1-xSrxMnO3/Insulator thin films
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Proc. the 8th international conference on ferrites ??? ??? 253-255 2001

全著者名 論文名
C.S. Kuroda, T. Taniyama and Y. Yamazaki Influence of substitution of magnesium on magneto-optical properties of Bi-YIG coating f
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Proc. the 8th international conference on ferrites ??? ??? 1006-1008 2001

全著者名 論文名
T.Y. Kim, T. Taniyama and Y. Yamazaki Size dependent magnetic properties of Bi-substituted DyIG particles
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Proc. the 8th international conference on ferrites ??? ??? 1012-1014 2001

全著者名 論文名
K.-K. Choi, T. Taniyama and Y. Yamazaki Effect of YSZ buffer layer on the low field magnetoresistance of La-Sr-Mn-O thin films on Si substrates
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Proc. the 8th international conference on ferrites ??? ??? 265-267 2001

全著者名 論文名
T. Taniyama, I. Nakatani, T. Yakabe, A. Nomura, K. Shiiki, and Y. Yamazaki Magnetotransport and spin configurations in patterned ferromagnetic wires
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Proceedings of The Eighth International Conference on Ferrites ??? ??? 339-341 2001

全著者名 論文名
T. Yamase, B.Botar, E.Ishikawa, K.Fukaya, and S. Shigeta Magnetic Exchange Coupling and Potent Antiviral Activity of [(VO)3(SbW9O33)2]12-
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発表年
Polyoxometalate Chemistry for Nano-Composite Design, Kluwer Academic/Plenum Publishers Honolulu, Hawaii ??? 169-180 2000


C.著書(Books)
全著者名 書名
T. Yamase Molecular Aspect of Energy Transfer from Tb3+ to Eu3+ in Polyoxometalate Lattices: An Approach for Molecular Design of Rare-Earth Metal-oxide Phosphors, Polyoxometallates: From Topology to Industrial Applications (M. T. Pope and A. Muller (Eds.))
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Kluwer Academic Publishers ??? ??? 187-203 1999

全著者名 書名
T. Taniyama, N. Fujiwara, Y. Yamazaki, and I. Nakatani Recent Research Developments in Magnetism & Magnetic Materials
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Transworld Research Network ??? ??? 21 2004

全著者名 書名
西 信之 溶液中での磁性クラスターの合成、先端化学シリーズ「理論・計算化学、クラスター、スペースケミストリー」
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
丸善 ??? ??? 第2章6節 2003

全著者名 書名
T. Yamase Time-resolved Electron Spin Resonance Spectroscopy of Photoredox Reactions of Polyoxometalates: Formation of Paramagnetic-Species Pair by Triplet Mechanism , Polyoxometalate Molecular Science, NATO Science series , J. J. Borras-Alamenar, E. Coronado (A. Muller, and M. T. Pope (Eds.))
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Kluwer Academic Publishers ??? ??? 211-229 2003

全著者名 書名
石川英里、山瀬利博 金属酸化物クラスターイオン(ポリ酸)の機能と分子設計マテリアルステージ
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
??? ??? 3 1-5 2003

全著者名 書名
T. Yamase Time-resolved Electron Spin Resonance Spectroscopy of Photoredox Reactions of Polyoxometalates: Formation of Paramagnetic-Species Pair by Triplet Mechanism , Polyoxometalate Molecular Science, NATO Science series , J. J. Borras-Alamenar, E. Coronado (A. Muller, and M. T. Pope (Eds.))
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Kluwer Academic Publishers ??? ??? 211-229 2003

全著者名 書名
西 信之 溶液中での(π-d)n-π、クラスターの合成21世紀の化学の潮流を探る No.5 新しいナノサイエンスの開拓に向けて
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
日本化学会 ??? ??? 66-60 2002

全著者名 書名
山瀬利博 ポリオキソメタレートと抗ウイルス作用―無機医薬の実現をめざして―、抗ウイルス薬をめぐる最近の話題
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
医歯薬出版株式会社 ??? ??? 262-263 2002

全著者名 書名
T. Yamase, B. Botar, E. Ishikawa, K. Fukaya, and S. Shigeta Magnetic Exchange Coupling and Potent Antiviral Activity of [(VO)3(SbW9O33)2]12- Polyoxometalate Chemistry for Nanocomposite Design (T.Yamase and M.T.Pope(Eds.))
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Kluwer Academic/Plenum Publishers ??? ??? 169-180 2002

全著者名 書名
山瀬利博 触媒のキャラクタリゼーション、時間分解ESR分光法によるポリ酸の溶液光化学の研究
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
触媒 ??? ??? 340-344 2002

全著者名 書名
T. Yamase Molecular Aspect of Energy Transfer from Tb3+ to Eu3+ in Polyoxometalate Lattices: An Approach for Molecular Design of Rare-Earth Metal-oxide Phosphors , Polyoxometallates: From Topology to Industrial Applications (M. T. Pope and A. Muller (Eds.))
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Kluwer Academic Publishers ??? ??? 187-203 2001

全著者名 書名
山瀬利博 希土類蛍光体の分子デザイン
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
化学工業 ??? ??? 682-689 2000

全著者名 書名
山瀬利博 III-3. ポリオキソメタレート ウイルス感染症との戦いー現状と21世紀への展望 茂田士郎、満屋裕明/編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
医薬ジャーナル ??? ??? 458-472 2000

全著者名 書名
山瀬利博 光との関わり、先端材料の魔術師、希土類のすべてー光・磁石・エネルギー・環境・バイオー (1999第13回「大学と科学」公開シンポジウム組織委員会編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
クバプロ ??? ??? 15-25 1999

D.特許等取得状況
特許等名称 発明者名
磁気クラスター、磁気記録媒体、磁気クラスターの製造方法、および磁気記録媒体の製造方法 西信之
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
岡崎国立共同研究機構長 発明 特開2004-028928 平成16年2月12日 ???

特許等名称 発明者名
遷移金属アセチリド化合物、ナノ粉末、および遷移金属アセチリド化合物の製造方法 西信之、小杉健太郎
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
岡崎国立共同研究機構長 発明 特願2004-026797 平成16年2月3日 ???

特許等名称 発明者名
炭素被覆遷移金属ナノ構造体の製造方法、炭素被覆遷移金属ナノ構造体パターンの製造方法。炭素被覆遷移金属ナノ構造体。及び炭素被覆遷移金属ナノ構造体パターン 西信之、小杉健太郎
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
岡崎国立共同研究機構長 発明 特願2004-026839 平成16年2月3日 ???

特許等名称 発明者名
質量分析用インターフェース、質量分析計および質量分析方法 西信之
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
岡崎国立共同研究機構長 発明 特許番号:3413491 米国特許、特許番号:Pat.6,620,624 平成15年4月4日 ???

特許等名称 発明者名
不斉分子磁石:[Mn(L)]3[Cr(CN)6]2・4H2O(L:光学活性(RまたはS)または1,3-ジアミン)の合成 井上克也
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
岡崎国立共同研究機構長 発明 特許番号:3271009、米国特許、特許番号: US6,355,820B1 平成14年11月15日 ???

特許等名称 発明者名
光学材料 村上英利、猿倉信彦、大竹秀幸、山瀬利博、西信之、井上克也
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
岡崎国立共同研究機構長 発明 特願2001-135236 特開2002-328404号 平成13年5月2日 平成14年11月15日


戻る