平成15年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



産学協力研究委員会名   磁気記録第144委員会
 
研究プロジェクト名   超大容量高速垂直ストレージシステムの研究
 
(英文名)   Research on Ultralarge-capacity High-speed Perpendicular Storage System
 
研究期間   平成11年度〜平成15年度

プロジェクト・リーダー名 研究経費 総額  392,957千円
氏名・所属研究機関
所属部局・職名
中村 慶久・東北大学
電気通信研究所・教授
内訳 平成11年度 119,293千円
平成12年度 106,630千円
平成13年度 104,034千円
平成14年度 36,000千円
平成15年度 27,000千円

1.研究組織

氏名 所属機関・部局・職 研究プロジェクトでの役割分担
杉田  愃 東北工業大学・工学部・教授 高性能機能性磁性薄膜の研究
大沢  寿 愛媛大学・工学部・教授 高密度信号処理方式の研究
村岡 裕明 東北大学・電気通信研究所・教授 高密度ストレージ方式の研究
沼澤 潤二 NHK・放送技術研究所・研究主幹 映像ストレージに関する研究
高野 公史 日立製作所・中央研究所・部長 ハードディスク装置の要素技術の研究
田上 勝通 日本電気・機能デバイス研究所・主任研究員 低ノイズ記録媒体の研究

2.研究計画の概要

 本研究の大きな目的は、日本学術振興会磁気記録第144委員会において産学協同研究が進められている垂直磁気記録による高密度・高速データ転送の磁気記録技術を確立することにあり、さらには、この展開研究として大容量ストレージの映像応用について取り組むものであった。
 垂直磁気記録は100ギガビット/平方インチを超える超高面密度記録のポテンシャルがある。これは研究開始当初に実用になっていたハードディスク装置の20倍以上に相当し、2.5インチ径HDDであれば100ギガバイト以上の情報を蓄積できる。
 しかし、磁気ヘッド等いくつかの新規技術の導入を要するために必ずしも容易に企業化できる状況にはなかった。さらには、その実用化には先導的なプロトタイプの提示を要する状況であった。本課題では、ヘッドディスク系として新規な垂直磁気記録デバイスを開発して、情報ストレージの核となっているハードディスクドライブを100ギガバイト以上に大容量化することを目指した。
 映像用HDDを構築するためのシステム化技術、さらにはネットワークを介して情報を授受する情報ストレージシステムの実験を行うことも計画した。

3.研究目的

 以下のような要素技術とシステム化技術の両面での高密度垂直磁気記録情報ストレージ技術の開発を目的とした。
1) 垂直磁気記録技術による高面密度磁気記録の実証とその新たな応用展開。磁気ヘッド及び信号処理技術等について新規技術を開発して、100ギガビット/平方インチの記録密度に達する高密度記録方式のポテンシャルを具現化して情報ストレージの大容量化を図る。
2) 大容量性と300メガビット毎秒以上の高速データ転送性能をもつ映像ストレージ用ハードディスクドライブの実現。デバイス技術としては、すでに原型開発を終えている低インダクタンス型単磁極記録ヘッドを、GMR型の高感度再生ヘッドと組み合わせて実用性の高いヘッドとして実現する。システム技術としては、新規PRML信号処理技術や多値並列型信号処理方式を検討してインタフェースを含めた試作を行い、映像用高速データ転送性能を研究する。
3) 上記ドライブを中心として高速ネットワークシステムで機能する、動画情報蓄積用マルチメディアストレージシステムの開発。ネットワークを通じた映像データ転送の実験を行う。

4.研究成果の概要

4−1 研究計画、目的に対する成果
 主な成果を以下に列記する。
1) 高面密度垂直磁気記録の開発
2000年に、日立製作所・東北大学・秋田県高度技術研究所の3者の共同開発によって、52.5ギガビット/平方インチの世界最高の記録密度を達成して、垂直磁気記録の実用化の機運を作った。その後、この記録密度を約63ギガビット/平方インチに発展させ、終了年度においては、90ギガビット/平方インチの可能性を検証した。当初目標の100ギガビット/平方インチの記録密度に対してはほぼその目標を達成したと理解している。
2) 要素技術としての高密度記録デバイス系の開発
東北大でその基本構造と性能を実証した薄膜励磁型単磁極ヘッドを基礎として、東北大学と秋田県高度技術研究所の共同研究によって、実用材料中最大の飽和磁束密度を持つFeCo膜を開発して、高記録能力のカスプ励磁型単磁極ヘッドへの発展を果たした。
3) 高速映像ストレージシステムの開発
マルチメディア医療情報をLAN経由で秋田−仙台を転送する実験を実施し、データ転送速度を検討した。さらに、HDDのアクセス速度を制限しているヘッドシークオーバーヘッドを低減するためには、ディスク上でのデータのシリンダとセクタの最適配置、および読み取りデータサイズの最適化が重要であることを明らかにし、その設計指針をシミュレーションと実測で検討した。


4−2 研究計画、目的外の成果
 中間評価での情報発信が必要との指摘を受け、上記の技術検討と並行して、期間中に開催された磁性・磁気記録関連の主な国際応用磁気会議(Intermag会議)や磁性・磁気材料国際会議(MMM会議)等のほか、磁気記録第144委員会が主催した以下の垂直磁気記録国際会議(PMRC)で積極的な関与と発表を行った。

第5回垂直磁気記録国際会議(PMRC2000)
2000年10月23日〜26日の開催期間で、仙台市近郊で開催。Conference Chairは学振第144委員会岩崎俊一委員長が務めた。発表論文数は113件、参加者は日本を含めて10カ国から239名。
垂直磁気記録・北米垂直磁気記録 共同国際会議 (Joint [NA]PMRC 2003)
2003年1月6日〜8日、米国California州Monterey市で開催。北米の研究者と学振磁気記録第144委員会の共催。岩崎俊一委員長がChairを務めた。65件の研究発表と約160名の参加者。


4−3 研究成果の展望
1) 学問的・学術的なインパクト
本研究プロジェクトの開始時点では必ずしも十分ではなかった垂直磁気記録の実用化の機運は、上述の本課題と関連して産学協同で行った52.5ギガビット/平方インチの記録密度を垂直磁気記録で実証した成果が大きなインパクトになって前進している。その後、アメリカのメーカーを巻き込んで、世界中が垂直磁気記録の開発競争に突入し、その実用化が今まさに始まろうとしている。
2) 新しい展開の展望 ―― 文科省大型プロジェクト(RR2002)への展開 ――
本プロジェクトの成果によって、垂直磁気記録の学術的な展開と実用的な高密度記録への適合性及びその能力が明らかになったので、さらに1テラビット/平方インチという極限的な超高密度垂直磁気記録を実現する社会の要求に応えることを目標とする、新たな国家プロジェクトしての次の課題に応募し採択されている。このプロジェクトは本成果をより緊密な産学連携のもとに超高密度垂直記録技術として発展させることを目指すとともに、無線インタフェースを用いてユビキタス化されたストレージシステム技術を並行して開発することが目標である。
文部科学省 平成14年度科学技術試験研究(RR2002)
「超小型大容量ハードディスクの開発」


4−4 本事業の趣旨に鑑み、果たした役割
1) 国際貢献と産業育成
 垂直磁気記録はわが国で生まれ、学振第144委員会で産学協同体制に育まれた独自技術である。このような技術をもって次世代IT社会の核となる情報ストレージの大容量化に実現することはわが国の重要な国際貢献であると言える。また、垂直磁気記録が実用化されつつある現在、米国に大きく立ち遅れていたハードディスク装置を筆頭とするわが国の情報ストレージ産業にとっては、垂直記録が大きな巻き返しの契機となっている。実際、垂直磁気記録国際会議などを通じてのアピールはわが国からの重要な情報発信となっており、国際的な意味で垂直磁気記録は日本という認識が確かなものとなっている。

2) 垂直磁気記録の学術的な意義
 これまでの面内記録に代わって、今後は垂直磁気記録による継続的な記録密度の発展が可能となる。垂直磁気記録の原理的な高分解能性によって記録密度限界は磁性微粒子サイズへの挑戦となる。この際に、垂直磁気記録は大きな磁気エネルギーを持つことから、現在の高密度記録が受けている熱緩和減磁の制約が取り除かれる。今後の超高密度に向けて記録媒体の微粒子にビットを記録する超高密度領域への可能性が拓かれたといえる。

3) マルチメディアストレージ分野の発展
 高細精度動画情報等、多様なマルチメディア情報が普及しつつある。しかし、その広範な普及と幅広い発展には、それを支える大容量情報ストレージ技術がまず必須である。今回、垂直磁気記録をもって高面密度を実現するとともにネットワークを介した映像転送実験を行ったことは、このような爆発的な映像情報ストレージの大容量化の要求に応えるために今後の未来技術を開拓した意義があると考えている。

5.キーワード

(1)高密度磁気記録 (2)垂直磁気記録 (3)映像情報ストレージ
(4)単磁極型ヘッド (5)FeCo高飽和磁束密度膜

6.研究成果発表状況

A.学術雑誌論文(Journal Papers)
全著者名 論文名
村岡裕明、三浦健司、杉田 愃、中村慶久 二層膜垂直磁気記録のキャラクタリゼーションと高密度記録性能
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 23 S2 35-40 1999

全著者名 論文名
H. Muraoka, K. Miura, Y. Sugita, and Y.Nakamura characterization of Perpendicular Magnetic Recording and Performance Estimation
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 23 S2 35-40 1999

全著者名 論文名
中川 健、村岡裕明、杉田 愃、中村慶久 PR等化における垂直磁気記録のノイズ特性
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 24 4-2 227-230 2000

全著者名 論文名
Takeshi Nakagawa, Hiroaki Muraoka, Yutaka Sugita, and Yoshihisa Nakamura Noise Characterization in a PR Channel for Perpendicular Magnetic Recording
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 24 4-2 227-230 2000

全著者名 論文名
三浦健司、村岡裕明、杉田 愃、中村慶久 垂直二層膜媒体の時間軸ノイズ解析
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 24 4-2 231-234 2000

全著者名 論文名
Kenji Miura, Hiroaki Muraoka, Yutaka Sugita, and Yoshihisa Nakamura Time-Domain Noise Analysis for a Perpendicular Double-Layer Medium
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 24 4-2 231-234 2000

全著者名 論文名
島津武仁、駒込博泰、村松孝一、渡辺 功、村岡裕明、杉田 愃、中村慶久 CoCrTa垂直磁気記録媒体の磁化の熱擾乱と磁気特性
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 24 4-2 239-242 2000

全著者名 論文名
Takehito Shimatsu, Hiroyasu Komagome, Koichi Muramatsu, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, Yutaka Sugita, and Yoshihisa Nakamura Effect of Thermal Agitationon the Magnetic Properties of CoCrTa Perpendicular Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 24 4-2 239-242 2000

全著者名 論文名
駒込博泰、島津武仁、吉田亮一、渡辺 功、村岡裕明、杉田 愃、中村慶久 CoCrTa/Ti/M(M:CoZrNb,Fe,Co)垂直二層膜媒体の磁気特性と記録再生特性
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 24 4-2 243-246 2000

全著者名 論文名
Hiroyasu Komagome, Takehito Shimatsu, Ryoichi Yoshida, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, Yutaka Sugita, and Yoshihisa Nakamura Magnetic Properties and Recording Performances of Double-Layered CoCrTa/Ti/M(M:CoZrNb,Fe,Co) Perpendicular Media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 24 4-2 243-246 2000

全著者名 論文名
片田裕之、島津武仁、渡辺 功、村岡裕明、中村慶久、杉田 愃 数nm膜厚さのパーマロイ薄膜の誘導磁気異方性
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 24 4-2 539-542 2000

全著者名 論文名
Hiroyuki Katada, Takehito Shimatsu, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, Yoshihisa Nakamura, Yutaka Sugita Induced Uniaxial Magnetic Anisotropy in Permalloy Films
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 24 4-2 539-542 2000

全著者名 論文名
T. Shimatsu, H. Komagome, I. Watanabe, H. Muraoka, Y. Sugita and Y. Nakamura Effect of a Ti Seed layer on the magnetic properties of CoCrTa double-layerd perpendicular media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 87 9 6367-6369 2000

全著者名 論文名
島津武仁, 上住洋之, 渡辺 功, 村岡裕明, 中村慶久 CoCr系垂直磁気記録媒体の磁化の熱擾乱と磁気特性
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 25 4-2 539-542 2001

全著者名 論文名
Takehito Shimatsu, Hiroyuki Uwazumi, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Effect of Thermal Agitation on magnetic Properties of CoCr-based perpendicular Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 25 4-2 539-542 2001

全著者名 論文名
三浦健司, 村岡裕明, 中村慶久 垂直二層膜媒体ノイズの記録磁界依存性
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 25 4-2 551-554 2001

全著者名 論文名
Kenji Miura, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Dependence of Medium Noise on Writing Field in Double-layered media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 25 4-2 551-554 2001

全著者名 論文名
山田 洋, 村岡裕明, 中村慶久 単磁極ヘッド/垂直二層膜媒体におけるトラックエッジノイズ
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 25 4-2 555-558 2001

全著者名 論文名
Hiroshi Yamada, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Track-edge Noise in Single-pole Head with Perpendicular Double-layer Media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 25 4-2 555-558 2001

全著者名 論文名
片田裕之, 島津武仁, 渡辺 功, 村岡裕明, 中村慶久, 杉田 愃 極薄軟磁性薄膜の誘導一軸磁気異方性
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 25 4-2 867-870 2001

全著者名 論文名
Hiroyuki Katada, Takehito Shimatsu, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, Yoshihisa Nakamura, and Yutaka Sugita Induced Uniaxial Magnetic Anisotropy in Very Thin Soft Magnetic Films
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 25 4-2 867-870 2001

全著者名 論文名
松原 亮, 金井 靖, 村岡裕明, 中村慶久 単磁極ライトヘッドの非線形渦電流記録磁界解析
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 25 4-2 531-534 2001

全著者名 論文名
Ryo Matsubara, Yasushi Kanai, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Nonlinear Eddy Current Write Field Analysis of a Single-pole Write Head
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 25 4-2 531-534 2001

全著者名 論文名
Hiroaki MUARAOKA and Yoshihisa NAKAMURA Analytical Expessions for Shielded MR Head Response
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Trans. Electron. E84-C 9 1165-1170 2001

全著者名 論文名
Y. Okamoto, T. Kanaoka, H. Osawa, H. Saito, H. Muraoka, Y. Nakamura Byte Error Rate Performance of Iterative Decoding in a Perpendicular Magnetic Recording Channel
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 37 4 689-694 2001

全著者名 論文名
Y. Kanai, R. Matsubara, H. Muraoka, and Y. Nakamura Numerical study of a narrow-track single-pole head useful for GHz response and large field strength requirements
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 37 4 1357-1359 2001

全著者名 論文名
T. Shimatsu, H. Uwazumi, Y. Sakai, A. Otsuki, I. Watanabe, H. Muraokaand Y. Nakamura Thermal Agitation of Magnetization in CoCrPt Perpendicular Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 37 4 1567-1569 2001

全著者名 論文名
H.Uwazumi, T.Shimatsu, Y.Sakai, A.Otsuki, I.Watanabe, H.Muraoka and Y.Nakamura Recording Performance of CoCrPt-(Ta,B)/TiCr Perpendicular Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 37 4 1595-1598 2001

全著者名 論文名
Y. Sonobe, D. Weller, Y. Ikeda, M. Schabes, K. Takano, G. Zeltzer, B. K. Yen, M. E. Best, S. J. Greaves, H. Muraoka, and Y. Nakamura Thermal Stability and SNR of Coupled Granular/Continuous Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 37 4 1667-1670 2001

全著者名 論文名
K. Miura, H. Muraoka, and Y. Nakamura Effect of head field gradient on transition jitter in perpendicular magnetic recording
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 37 4 1926-1928 2001

全著者名 論文名
H. Katada, T. Shimatsu, I. Watanabe, H. Muraoka, Y. Nakamura and Y. Sugita Induced Uniaxial Magnetic Anisotropy and Film Magnetostriction in Very Thin Permalloy Films
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 37 4 2334-2336 2001

全著者名 論文名
Hiroaki Muraoka, Yoshihisa Nakamura Overview of read/write scheme for perpendicular magnetic recording utilizing single-pole head and double layer media (Invited)
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Magn. Mat. 235 ??? 10-19 2001

全著者名 論文名
Hisashi Takano, Yasuyuki Nishida, Astuko Kuroda, Hideki Sawaguchi, Yuzuru Hosoe, Takashi Kawabe, Hajime Aoi, Hiroaki Muraoka, Yoshihisa Nakamura, Kazuhiro Ouchi Realization of 52.5 Gb/in2 perpendicular recording
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Magn. Mat. 235 ??? 241-244 2001

全著者名 論文名
Yoshihiro Okamoto, Hisashi Osawa, Hidetoshi Saito, Hiroaki Muraoka, Yoshihisa Nakamura Performance of PRML Systems in perpendicular magnetic recordnig channel with jitter-like noise (Invited)
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Magn. Mat. 235 ??? 259-264 2001

全著者名 論文名
Takehito Shimatsu, Hiroyuki Uwazumi, Hiroaki Muraoka, Yoshihisa Nakamura Thermal stability in perpendicular recording media (Invited)
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Magn. Mat. 235 ??? 273-280 2001

全著者名 論文名
Yasuyuki Kanai, Ryo Matsubara, Hiroaki Muraoka, Yoshihisa Nakamura Write field of analysis od narrow-track SPT head for GHz response (Invited)
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Magn. Mat. 235 ??? 368-374 2001

全著者名 論文名
S.J. Greaves, H. Muraoka, Y. Sonobe, M. Schabes, Y. Nakamura Pinning of written bits in perpendicular recording media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Magn. Mat. 235 ??? 418-423 2001

全著者名 論文名
Hiroaki Shigematsu, Hiroaku Muraoka, Yoshihisa Nakamura Influence of hard-transition shift on overwrite characteristics in perpendicular magnetic recording
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Magn. Mat. 235 ??? 435-439 2001

全著者名 論文名
Y. Nishida, H. Sawaguchi, A. Kuroda, H. Takano, H. Aoi, and Y. Nakamura Noise characteristics of double-layered perpendicular media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Magn. Mat. 235 ??? 454-458 2001

全著者名 論文名
Y. Okamoto, M. Sato, H. Osawa, H. Saito, H. Muraoka, Y. Nakamura MTR for PRML Systems for Perpendicular Magnetic Recordnig
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Magn. Mat. 235 ??? 465-469 2001

全著者名 論文名
Yoshihiro Okamoto, Satoshi Miki, Noriyuki Masunari, Hisashi Osawa, Yoshihisa Nakamura A study of timing recovery for perpendicular magnetic recording
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Magn. Mat. 235 ??? 470-474 2001

全著者名 論文名
Hiroyuki Uwazumi, Takehito Shimatsu, and Y. Kuboki Switching Field Distributions of 40Gbits/in2 Longitudinal Media Obtained by Subtracting Thermal Agitation of Magnetization
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 91 10 7095-7097 2002

全著者名 論文名
H. Uwazumi, T. Shimatsu, Y. Sakai, K. Enomoto, S. Takenoiri, S. Watamabe, H. Muraoka, and Y. Nakamura Recording performance and magnetization switching of CoTb/CoCrPt composite perpendicular media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 91 10 8058-8060 2002

全著者名 論文名
T. Shimatsu, H. Muraoka, Y. Nakamura, Y. Sonobe, Y. Satodate, K. Muramatsu, and I. Watanabe High thermal stability in CoPrTb/CoCrTa composite perpendicular media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 91 10 8061-8063 2002

全著者名 論文名
A. M. Goodman, S. J. Greaves, Y. Sonobe, H. Muraoka, and Y. Nakamura Smoothing of bit transition irregularity in coupled granular/continuous perpendicular media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 91 10 8064-8066 2002

全著者名 論文名
Y. Nakamura Recent Progress of Perpendicular Magnetic Recording−From the Viewpoint of Wrinting Theory−
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Trans. Electron. E85-C 10 1724-1732 2002

全著者名 論文名
Y. Kanai, R. Matsubara, H. Muraoka, and Y. Nakamura Modeling of single pole write head and double-layered medium for 3-D eddy current analysis
学術雑誌名 ページ 発行年
Int. J. Appl. Electrom. 14 1-4 35-42 2002

全著者名 論文名
Osamu Kitakami, Takehito Shimatsu, and Hiroaki Muraoka A Simple Analysis for Magnetic Behaviors of Exchange-Coupled Granular/Continuous Perpendicular Magnetic Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
Jpn. J. Appl. Phys. 41 ??? L455-L457 2002

全著者名 論文名
上住洋之, 島津武仁,寺川潤,酒井泰志, 竹野入俊司,渡辺貞幸,村岡裕明,中村慶久 CoCrPt-(Ta,B)垂直記録媒体の初期成長層の低減と磁気特性
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 26 4 205-209 2002

全著者名 論文名
Hiroyuki Uwazumi, Takehito Shimatsu, Masaru Terakawa, Yasushi Sakai, Shunji Takenoiri, Sadayuki Watanabe, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Initial Growth Layer and Magnetic Properties of CoCrPt Perpendicular Media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 26 4 205-209 2002

全著者名 論文名
島津武仁,寺川潤,渡辺功,村岡裕明,中村慶久 Co(-B)/Pd人工格子垂直磁気記録媒体の磁気異方性と磁化の熱擾乱
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 26 4 219-223 2002

全著者名 論文名
Takehito Shimatsu, Masaru Terakawa, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Perpendicular Magnetic Anisotropy and Thermal Agitation of Magnetization in Co(-B)/Pd Superlattice Perpendicular Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 26 4 219-223 2002

全著者名 論文名
島津武仁,村岡裕明,里舘慶洋,渡辺功,中村慶久 Co-PrTb/Co-Cr-Ta複合型垂直磁気記録媒体の熱安定性と記録再生特性
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 26 4 229-232 2002

全著者名 論文名
Takehito Shimatsu, Yoshihiro Satodate, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Thermal Stability and Recording Performance in Co-PrTb/Co-Cr-Ta Composite Perpendicular Magnetic Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 26 4 229-232 2002

全著者名 論文名
三浦健司,村岡裕明,園部義明,中村慶久 CGC(Coupled Granular and Continuous)垂直二層膜媒体のノイズ低減効果
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 26 4 233-237 2002

全著者名 論文名
Kenji Muira, Hiroaki Muraoka, Yoshiaki Sonobe, Yoshihisa Nakamura Medium Noise Reduction of CGC(Coupled Granular and Continuous) Double-layered Media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 26 4 233-237 2002

全著者名 論文名
片田裕之,島津武仁,渡辺功,村岡裕明,中村慶久 NiFe/FeCo/NiFe高飽和磁化薄膜の構造と軟磁気特性
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 26 4 505-508 2002

全著者名 論文名
Hiroyuki Katada, Takehito Shimatsu, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Soft Magnetic Properties and Microstructure of NiFe/FeCo/NiFe Thin Films with Large Saturation Magnetization
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 26 4 505-508 2002

全著者名 論文名
片田裕之,島津武仁,渡辺博志,渡辺功,村岡裕明,中村慶久,杉田愃 極薄パーマロイ薄膜の誘導磁気異方性とその温度依存性
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 26 5 752-755 2002

全著者名 論文名
Hiroyuki Katada, Takehito Shimatsu, Hiroshi Watanabe, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, Yoshihisa Nakamura, and Yutaka Sugita Temperature Dependence of Induced Magnetic Anisotropy in Very Thin Permalloy Films
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 26 5 752-755 2002

全著者名 論文名
H. Muraoka, Y. Sonobe, K. Miura, A.M. Goodman, and Y. Nakamura Analysis on Magnetization Transition of CGC Perpendicular Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 38 4 1632-1636 2002

全著者名 論文名
T. Shimatsu, H. Uwazumi, H. Muraoka, and Y. Nakamura Magnetization Reversal and Activation Volume of Perpendicular Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 38 5 1973-1975 2002

全著者名 論文名
T. Oikawa, M. Nakamura, H. Uwazumi, T. Shimatsu, H. Muraoka, and Y. Nakamura Microstructure and Magnetic Properties of CoPtCr-SiO2 Perpendicular Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 38 5 1976-1978 2002

全著者名 論文名
T. Shimatsu, M. Terakawa, I. Watanabe, H. Muraoka, and Y. Nakamura Thermal Agitation of Magnetization and Recording Performance of Co(B)-Pd Superlattice Perpendicular Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 38 5 2048-2050 2002

全著者名 論文名
A.M. Goodman, S.J. Greaves, Y. Sonobe, H. Muraoka, and Y. Nakamura Simulations of magnetic recording in coupled granular/continuous perpendicular media with random pinning sites
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 38 5 2051-2053 2002

全著者名 論文名
Kenji Muira, Hiroaki Muraoka, Yoshiaki Sonobe, Yoshihisa Nakamura Jitter Reduction by Using a Continuous Hard-Magnetic Layer for Perpendicular Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 38 5 2054-2056 2002

全著者名 論文名
H. Katada, T. Shimatsu, I. Watanabe, H. Muraoka, and Y. Nakamura Soft Magnetic Properties and Microstructure of NiFe(Cr)/FeCo/NiFe(Cr) Films With Large Saturation Magnetization
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 38 5 2225-2227 2002

全著者名 論文名
Hiroaki Muraoka, Martin Hassner, Yoshiaki Sonobe, Hideaki Nemoto, Satoshi Yamamoto, David Berman, Augusto Rossi, Yoshihisa Nakamura Hilbert Filter for Double-Layer Perpendicular Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 38 5 2337-2339 2002

全著者名 論文名
Y. Okamoto, N. Masunari, H. Yamamoto, H. Osawa, H. Saito, H. Muraoka, Y. Nakamura Jitter-Like Noise Cancellation Using AR Model of PR Channel in Perpendicular Magnetic Recording
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 38 5 2349-2351 2002

全著者名 論文名
H. Katada, T. Shimatsu, H. Watanabe, I. Watanabe, H. Muraoka, Y. Nakamura, and Y. Sugita High Mobility of Surface Atoms and Induced Anisotropy in Very Thin Permalloy Films
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 38 5 2664-2666 2002

全著者名 論文名
島津武仁,猪狩孝洋,寺川潤,渡辺功,村岡裕明,中村慶久 Co/Pt人工格子垂直磁気記録媒体へのB添加効果とNiAlシールド層効果
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 27 4 210-214 2003

全著者名 論文名
Takehito Shimatsu, Takahiro Igari, Masaru Terakawa, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Effects of Boron Doping and NiAl Seed Layer on Magnetic and R/W Characteristics of Co/Pt Superlattice Perpendicular Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 27 4 210-214 2003

全著者名 論文名
島津武仁,本間一人,渡辺功,村岡裕明,中村慶久 反強磁性的な磁化結合による垂直磁気記録媒体裏打層の単磁区化
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 27 4 230-233 2003

全著者名 論文名
Takehito Shimatsu, Kazuto Honma, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Interlayer Coupling and Domain Structure in SUL for Perpendicular Recording Media
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 27 4 230-233 2003

全著者名 論文名
三浦健司,村岡裕明,青井基,中村慶久 転移ジッタと磁化転移幅に対するヘッド磁界勾配と媒体保磁力分散の影響
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 27 4 261-264 2003

全著者名 論文名
Kenji Miura, Hiroaki Muraoka, Hajime Aoi, and Yoshihisa Nakamura Effect of the Head Field Gradient the Variance of Coercivity on Transition Jitter and Transition Width
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 27 4 261-264 2003

全著者名 論文名
山田洋,島津武仁,渡辺功,村岡裕明,中村慶久 シリンダ状媒体を用いた磁気ストレージ装置の基礎検討
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 27 4 265-268 2003

全著者名 論文名
Hiroshi Yamada, Takehito Shimatsu, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Preliminary Examination of a Crlindrical Magnetic Storage System
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 27 4 265-268 2003

全著者名 論文名
岡本好弘,増成訓之,山本裕文,大沢寿,斉藤秀俊,村岡裕明,中村慶久 垂直磁気記録におけるARチャネルモデルを用いたPRML方式の性能改善
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌 J86-C 5 542-550 2003

全著者名 論文名
Yoshihiro Okamoto, Noriyuki Masunari, Hirofumi Yamamoto, Hisashi Osawa, Hidetoshi Saito, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Performance Improvement of PRML System Using AR Channel Model in Perpendicular Mangnetic Recording
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Trans. Electron. J86-C 5 542-550 2003

全著者名 論文名
大沢寿,篠原宣彦,岡本好弘,斉藤秀俊,村岡裕明,中村慶久 垂直磁気記録におけるNPML方式の性能評価
学術雑誌名 ページ 発行年
電子情報通信学会論文誌 J86-C 5 551-558 2003

全著者名 論文名
Hisashi Osawa, Nobuhiko Shinohara, Yoshihiro Okamoto, Hidetoshi Saito, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Performance Evaluation of NPML System in Perpendicular Magnetic Recording
学術雑誌名 ページ 発行年
IEICE Trans. Electron. J86-C 5 551-558 2003

全著者名 論文名
Yasushi Kanai, Osama A. Mohammed, Ryo Matsubara, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Numerical analysis of narrow-track single-pole-type head with side shields for 1Tb/in2
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Phys. 193 10 7738-7740 2003

全著者名 論文名
Toshio Suzuki, Hiroaki Muraoka, Yoshihisa Nakamura, and Kazuhiro Ouchi Design and Recording Properties of Fe-Pt Perpendicular Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 39 2 691-696 2003

全著者名 論文名
A.M. Goodman, S.J. Greaves, H. Muraoka, K. Miura, Y. Sonobe, and Y. Nakamura Micromagnetics of Hysteresis Loops in CGC Perpendicular Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 39 5 2329-2331 2003

全著者名 論文名
T. Shimatsu, T. Oikawa, Y. Inaba, H. Muraoka, and Y. Nakamura Formation of Magnetic Cluster and Remanence Coercivity in Granular-Type Perpendicular Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 39 5 2335-2337 2003

全著者名 論文名
T. Shimatsu, H. Katada, I. Watanabe, H. Muraoka, and Y. Nakamura Effect of Lattice Strain on Soft Magnetic Properties in FeCo/NiFe(Cr) Thin Films With 2.4T
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 39 5 2365-2367 2003

全著者名 論文名
Kazuyuki Ise, Kiyoshi Yamakawa, Naoki Honda, Kazuhiro Ouchi, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura High-Field Gradient Cusp Field Single-Pole Writing Head With Front Return Yoke
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 39 5 2374-2376 2003

全著者名 論文名
Yasushi Kanai, Ryo Matsubara, Hideaki Watanabe, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Finite-Element Model Analysis of Single-Pole-Type Head for 1 Tbit/in2
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 39 5 2405-2407 2003

全著者名 論文名
Yasuaki Nakamura, Yoshihiro Okamoto, Hisashi Osawa, Hidetoshi Saito, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura A Study of Turbo Decoding With Embedded AR Channel Model for Perpendicular Recording
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 39 5 2570-2572 2003

全著者名 論文名
Mitsuhiro Hashimoto, Kenji Miura, Hiroaki Muraoka, Hajime Aoi, and Yoshihisa Nakamura Influence of Transition Percolation on Media Noise in Perpendicular Double Layered Media
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 39 5 2624-2626 2003

全著者名 論文名
Hiroshi Yamada, Takehito Shimatsu, Isao Watanabe, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Preliminary Investigation for a Cylindrical Magnetic Storage System
学術雑誌名 ページ 発行年
IEEE Trans. Magn. 39 6 3619-3621 2003

全著者名 論文名
及川忠昭, 島津武仁, 稲葉祐樹,佐藤英夫,青井 基,村岡裕明, 中村慶久 CoCrPt-SiO2/Ru 垂直磁気記録媒体における磁気特性のPt,Cr組成依存性
学術雑誌名 ページ 発行年
日本応用磁気学会誌 28 3 254-257 2004

全著者名 論文名
Tadaaki Oikawa, Takehito Shimatsu, Yuki Inaba, Hideo Sato, Hajime Aoi, Hiroaki Muraoka, and Yoshihisa Nakamura Dependence of the Magnetic Properties of CoPtCr-SiO2/Ru Perpendicular Recording Media on the Pt, Cr Composition
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Magn. Soc. Jpn. 28 3 254-257 2004

C.著書(Books)
全著者名 書名
中村慶久監修 情報ストレージガイドブック―マルチメディア時代のメモリを集大成―
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
"(株)オプトロニクス社 (社)ニューガラスフォーラム編" ??? 4900474843 ??? 2000

全著者名 書名
Yoshihisa Nakamura Information storage guide book
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Optronics-sha ??? 4-900474-84-3 ??? 2000

D.特許等取得状況
特許等名称 発明者名
垂直磁気記録再生方式およびそれを用いた磁気記録再生装置 大沢 寿,栗原義武,岡本好弘,斎藤秀俊,村岡裕明,中村慶久
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
??? 発明 特開平11-66755 ??? 平成11年3月9日

特許等名称 発明者名
薄膜単磁極ヘッド 佐藤 仁,中村慶久,村岡裕明,片倉 亨
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
??? 発明 特開平11-110717 ??? 平成11年4月23日

特許等名称 発明者名
面内および垂直磁気記録媒体に共用できる信号処理デバイスおよびディジタル信号記録装置 梅本益雄,大沢 寿,岡本好弘,中村慶久,村岡裕明
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
??? 発明 特開平11-7301 ??? 平成12年7月28日

特許等名称 発明者名
薄膜単磁極磁気記録ヘッド 伊勢和幸,山川清志,本多直樹,大内一弘,中村慶久,杉田 愃,村岡裕明
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
??? 発明 特願2000-60293 平成12年3月6日 ???

特許等名称 発明者名
垂直磁気記録方式による大容量情報を超高速で記録再生する磁気シリンダ装置 中村慶久,村岡裕明,二川敏信
権利者名 種類 出願番号 出願年月日 設定登録年月日
??? 発明 特願2000-221814 平成12年7月24日 ???


戻る