平成14年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



研究推進分野名   アジア地域の環境保全
 
研究プロジェクト名   中国西南部における生態系の再構築と持続的生物生産性の総合的開発
 
(英文名)   The Comprehensive Development of Ecosystem-Reconstruction and Sustainable Biological Production in the Southwestern China
 
研究期間   平成10年度〜平成14年度

プロジェクト・リーダー名 研究経費 総額 330,166千円
氏名・所属研究機関
所属部局・職名
出村克彦
北海道大学・大学院農学研究科・教授
内訳 平成10年度 49,338千円
平成11年度 80,328千円
平成12年度 80,000千円
平成13年度 52,500千円
平成14年度 68,000千円

1.研究組織

氏名 所属機関・部局・職 研究プロジェクトでの役割分担
石井 寛 北海道大学・大学院農学研究科・教授 森林行政調査
安藤 忠男 広島大学・生物生産学部・教授 物質循環
波多野隆介 北海道大学・北方生物圏フィールド科学センター・教授 窒素循環解析
笹 賀一郎 北海道大学・北方生物圏フィールド科学センター・教授 生態系の再構築
八木 久義 三重大学・生物資源学部・教授 生態系の再構築(平成14年10月1日から)
大久保達弘 宇都宮大学・農学部・助教授 森林再構築の方策
金澤晋二郎 九州大学・大学院農学研究院・教授 持続的生物生産

2.研究計画の概要

 アジア地域の農村域における環境問題としては、(1)伝統社会における人口圧と貧困の中で営まれている人間生活と食糧生産活動に伴う自然生態系の破壊、ならびに(2)自然生態系の破壊が食糧生産に及ぼす悪影響という二つの相互に絡み合っている問題が最も重大な問題である。このような環境問題を可能な限り小さくするためには、自然生態系と人間活動の共存原理を明らかにすることが不可欠である。このような背景のもとに本研究は、自然生態系の環境保全機能を評価し、更に自然生態系と人間活動との関係を定量的に評価し、自然生態系と人間活動の共存原理を明らかにすることを目的として、中国のカルスト地区の閉鎖的自然環境のもとに500年に渡り伝統社会を形成し、近年になって商業化が進行しつつある大化県七百弄郷を調査対象地として実施した中国研究者との共同研究である。
 当初計画は、環境破壊と貧困の間にある悪循環を断ち切るために森林修復方策と食料生産性向上方策を明らかにし、アジア地域での同様の問題に対する普遍的方策の提示を課題としたが、推進委員会と協議し、2年目から自然生態系機能の解析ならびに自然生態系と人間活動の共存原理の解明に計画の焦点を絞った。
 修正後の研究計画の概要は次の通りである。(1)森林生態系の植生密度を異にする4つの屯集落を比較対象として、伝統社会が永続してきた共存原理の歴史的、文化人類学的研究とその後の森林劣化が農村社会に与えた影響を解明する。(2)系内における水・養分・エネルギーの物質循環及び近年の化学肥料投入量の驚異的増加による窒素循環に関してそのメカニズムと環境に対する影響について分析を行う。(3)森林機能については、バイオマス供給機能、水源涵養機能、エロージョン防止機能、生物多様性維持機能、CO2固定機能等を測定・解析する。(4)劣化した森林の修復については、現存している原生林の植生状態を参考にして、植生を修復するべき地域の特定と森林の多目的利用法を明らかにする。(5)林地・草地・耕地の緑空間の合理的土地利用方式を明らかにする。(6)従来行われてきた不必要に多量の化学肥料の施用を廃止して、環境負荷の少ない持続可能性のある生物生産方策を求めるために食糧生産、家畜飼養に関する圃場試験を行う。(7)自然生態系の環境能力と人間活動の許容限界を評価するために 、Carrying Capacity(環境収容力)の定量評価をEcological Footprintにより求め、総合的な環境評価を行う。(8)以上の研究結果にもとずいて、自然生態系と人間活動の共存原理を明らかにする。

3.研究目的

 アジアの環境保全・修復と人間生存の両立性の達成には、自然生態系と調和した人間活動の共存原理を明らかにし、持続可能性のある農村開発が必要である。日本側は生態系の機能解明と環境評価を4グループで実施し、中国側の農村開発計画に知見を提供した。
 人間社会グループは、伝統社会が環境と調和し永続を可能にした原理を解明し、その後の森林生態系劣化の影響と現状の経済・環境評価を行う。森林劣化,修復の課題に対する森林行政の制度、施策、管理方式を分析する。
 物質循環グループは、飲用・灌漑水の循環、養分の系内、系外循環と養分賦存量の定量評価、エネルギー源の確保と循環を明らかにし,物質循環メカニズムモデルを作成する。更に、近年の汚染源となっている窒素循環を定量分析する。
 森林機能・再構築グループは、森林機能の定量的解明とバイオマス供給能力の測定、森林修復のための原生樹種の再生定着の調査と合理的土地利用区分の提示を行う。
 持続的生物生産グループは、環境負荷を与えない食糧生産性向上技術、農法の栽培試験、森林の食害を防ぐ家畜生産方式の提示を行う。

4.研究成果の概要

4−1 研究計画、目的に対する成果
 森林環境の異なる4屯集落の自然生態系の現況、利用方法、農家経済、生活活動の比較調査を行い、1屯集落は農家悉皆調査を実施、更に1家族の過去15代に遡った家族暦を調査した。過去の自然環境と調和した時代から崩壊過程を経て、現在の環境悪化の影響が分かった。水・養分・エネルギーの物質循環の定量的フロー図を作成した。特に、N、P、K、その他微量要素の系内、系外経路が明らかになった。また窒素循環の定量的フロー図を作成した。窒素過剰を定量的に明らかに出来たが、窒素による水質汚染の調査が出来なかった。これは、カルスト土壌のために地下水の動態が補足出来ないことと現地ではまだそのような調査が行われておらず、中国側の協力を得ることが出来なかったためである。しかし、農村部における窒素肥料多投入は想像以上に行われており、今後の環境問題として顕在化することは明らかであり、今後の重要な課題である。
 森林の再構築に必要な知見を得た。土壌の生成過程、土壌特性から森林草地の成長要因の特定化、石灰岩地域における森林劣化と再生のプロセスと現地に植林可能な在来樹種選別とその有効性を確認した。森林機能は、森林の賦存状況とバイオマス供給量の関係、水資源涵養機能、生物多様性維持機能において確認できた。森林の多目的利用は既に実施されており、アグロフォーレストリによる森林の有効活用が確認された。
 窒素肥料による汚染を回避する施肥技術、栽培方法、新品種導入による生産性向上(減化学肥料で50%増収)が適用可能な農法として提示できた。また、水、気温不足による冬季間の休耕期に新たな作目導入によって食糧増産の作付け体系を提示できた。森林草地の食害を防ぐ家畜使用方法をソーラエネルギー利用により具体的に提示でき、実用化された。
 森林生態系のバイオマス利用と人間活動の関係を Carrying Capacity (Ecological Footprint)により定量化した。これは環境・経済データが無い途上国において最初の計測であり、このEFにより人間活動が生態系に与える総合的影響を具体的に計量化可能となった。


4−2 研究計画、目的外の成果
日中共同研究であるため、中国側に以下の効果があった。
・現地の農民等与えた影響、効果
 技術指導の講習会には100名以上の農民が参加した。従来はただ聞くだけの講習会であったが、質問が出るなどの変化があった。何よりも農民の意識の変化があった。森林生態系の保全、再構築することが農民の利益になることを理解するようになった。バイオエネルギーの発酵槽の建設技術を覚えた農民が、近隣の農家の発酵槽建設の技術者として参加し、雇用機会となり収入を増やした。
 郷政府、県政府の幹部に対する刺激となった。これまで幹部は生態系の再構築技術の導入が可能かどうか、農民の意識を高めることが出来るのかどうか疑問があり、普及活動への参加は従来は付き合い程度であったが、より積極的に参画するようになった。
・農業科学院他の研究者に与えた効果
 農科院ではこのプロジェクトの研究成果を活かし業績をあげ、評価委員会の審査により、教授(室長)、助教授(主任研究員)へ昇格した研究者が数名出た。


4−3 研究成果の展望
 中国の環境問題として、森林保全、修復は国家プロジェクトと重要課題であり、更に従来からの農村部の貧困解消政策を進めていく中で、このプロジェクトは石灰岩地域での森林環境問題の先行プロジェクトとして評価され、モデルケースとなった。森林環境政策がプロジェクトの実施期間中に、封山育林、退耕還林政策として実施されてきたが、森林機能の解明、環境負荷を軽減する食料、家畜の飼養技術、エネルギー対策が、大化県において重要な科学的データとして利用された。更に、広西壮族自治区のように科学的プロジェクトの経験が少ない貧困県で、環境保全と開発の調和を必要とする地域に対して重要な先行研究としての意義を持った。何よりも、中国研究者の研究蓄積と現地農民のインセンティブが必要であるが、それらを醸成することのできた共同研究であった。
 途上国の Development Economics は益々重要性を増してきたし、その実証研究の蓄積が多いが、理論的には技術進歩の問題をより説明力のある論理に発展させた新たな論理としての内発的技術進歩の発現理論を除けば、新たな理論を構築していない。また、環境問題を発展要因に含めた途上国の開発理論はまだ形成過程にある。本研究は、Sustainable Economic Development の理論構築に環境と経済の関係をEcological Economicsの観点から寄与する研究である。


4−4 本事業の趣旨に鑑み、果たした役割
 アジアの環境保全において、森林の再生と森林機能の能力を高める事業、研究は重要な分野である。またアジアの貧困問題、特に食糧生産と人口圧の関係、それによる自然環境への負荷の関係を、それらのメカニズムを通して定量的に把握する学術研究はアジア環境学の基礎である。本プロジェクトはそれらへの知見と方法論を提示する役割を果たした。特に環境機能とその調和原理の知見を現実の開発問題へ適用する際、現地の環境条件、科学的知識の普及度、農民へのインセンティブ等を如何に総合化して、普及開発施策へ結びつけるかが、途上国の自然生態系の保全と開発問題へのアプローチに必要である。本プロジェクトはこの点から feasibility study として成果を挙げる研究であり、現在中国で農村開発計画に応用されている。

5.キーワード

(1)カルスト・ドリーネ (2)大化県七百弄 (3)森林生態系の機能
(4)森林バイオマス (5)植生変遷 (6)物質循環
(7)窒素循環 (8)持続的生物生産 (9)環境収容力

6.研究成果発表状況

A.学術雑誌論文(Journal Papers)
全著者名 論文名
高橋 義文、出村克彦 自然環境問題と持続的農業農村開発ーCarrying Capacity概念による人間活動の観点からー
学術雑誌名 ページ 発行年
日本農業経済学会論文集 ??? ??? ??? 2003

全著者名 論文名
Yoshifumi TAKAHASHI, Katsuhiko DEMURA Natural Environmental issues and Sustainable Agricultural-Rural Development: From viewpoint of Human activities by Carrying Capacity
学術雑誌名 ページ 発行年
Journal of Rural Economics special issue ??? ??? ??? 2003

全著者名 論文名
大久保達弘、西尾孝佳、八木久義、丹下建、頼志強、梁建平・陳国臣 中国広西壮族自治区の石漠化した石灰岩山地植生における群集構造の多様性
学術雑誌名 ページ 発行年
50回日本生態学会大会講演集 ??? ??? 154 2003

全著者名 論文名
Ohkubo Tatsuhiro, Nihiso Takayoshi, Yagi Hisayoshi, Tange Takeshi, LAI Zhiqiang, LIANG Jiang-Ping, CHEN Guo-Chen Community diversity of vegetation in a degraded Karst area, Guangxi, China.
学術雑誌名 ページ 発行年
Proc. of 50th Annual meeting of Ecological Society of Japan. ??? ??? 154 2003

全著者名 論文名
大久保達弘、西尾孝佳、八木久義、丹下健、山本美穂、梁建平・陳国臣・周全連 石漠化した中国西南部石灰岩山地の土地利用が森林構造に及ぼす影響
学術雑誌名 ページ 発行年
日本林学会大会講演要旨集 ??? ??? ??? 2003

全著者名 論文名
Ohkubo Tatsuhiro, Nishio Takayoshi, Yagi Hisayoshi, Tange Takeshi, Yamamoto Miho, LIANG Jiang-Ping, CHEN Guo-Chen Effects of land use on the forest structure in a rock desertification Karst area, Guangxi, China
学術雑誌名 ページ 発行年
Proc. Of 114th annual meeting of Japanese Forestry Society ??? ??? ??? 2003

全著者名 論文名
和泉充剛、王 宝臣、大神裕史、橘 治国 カルスト地域・中国七百弄の水質特性
学術雑誌名 ページ 発行年
第37回日本水環境学会年会 ??? ??? ??? 2003

全著者名 論文名
Mitsuyoshi IZUMI, Baochen WANG, Yushi OHGAMI, Harukuni TACHIBANA Chemical Characteristic of Qibainong, Karst Area, Chaina
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceeding of 37thAnnual Meeting of JAPAN SOCIETY on WATER ENVIRONMENT ??? ??? ??? 2003

全著者名 論文名
高橋義文 中国西南部七百弄における環境収容力分析
学術雑誌名 ページ 発行年
北海道農業経済学会 ??? ??? ??? 2002

全著者名 論文名
Yoshifumi TAKAHASHI An Analysis of Carrying Capacity in Qibainong, Southwest China
学術雑誌名 ページ 発行年
The Agricultural Economics Society of Hokkaido ??? ??? ??? 2002

全著者名 論文名
高橋義文,出村克彦,林岳 中国の自然生態系と農業発展ーCarrying Capacityによる評価ー
学術雑誌名 ページ 発行年
環境経済・政策学会 ??? ??? ??? 2002

全著者名 論文名
Yoshifumi TAKAHASHI, Katsuhiko DEMURA, and Takashi HAYASHI Ecosystem and Agricultural Development in China: Evaluation by Carrying Capacity
学術雑誌名 ページ 発行年
Society for Environmental Economics and Policy Studies ??? ??? ??? 2002

全著者名 論文名
出村克彦,高橋義文,林岳 Carrying Capacityからみた自然生態系と人間活動の関係―Ecological Footprintによる中国農村の一考察―
学術雑誌名 ページ 発行年
農経論叢[北海道大学大学院農学研究科紀要別冊] 58 ??? 167-183 2002

全著者名 論文名
Katsuhiko DEMURA, Yoshifumi TAKAHASHI, and Takashi HAYASHI A Measure of Ecosystem and Human Activity: A Study of Rural Areas in China making use of Ecological Footprint
学術雑誌名 ページ 発行年
The Nokei Ronso[The Review of Agricultural Economics Hokkaido University] 58 ??? 167-183 2002

全著者名 論文名
石井寛,山本美穂,中村義久,兼重努 広西壮族自治区における郷レベルの林政組織
学術雑誌名 ページ 発行年
第113回日林学術講 ??? ??? 259 2002

全著者名 論文名
Yutaka Ishii, Miho Yamamoto, Yoshihisa Nakamura, and Tsutomu Kaneshige Forest policy system in the village level in the Guangxi State
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceedings of Japanese Forest Society,No.113 ??? ??? 259 2002

全著者名 論文名
山本美穂,石井寛,兼重努 広西壮族自治区石山区における住民の森林利用
学術雑誌名 ページ 発行年
第113回日林学術講 ??? ??? 260 2002

全著者名 論文名
Miho Yamamoto, Yutaka Ishii, and Tsutomu Kaneshige Forest uses of farmers inDahuaxian Qibainongxiang
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceedings of Japanese Forest Society,No.113 ??? ??? 260 2002

全著者名 論文名
黒河功 中国広西壮族自治区の少数民族集落における農家実態ー大化県七百弄郷における農家実態調査データ分析ー
学術雑誌名 ページ 発行年
農業経営研究 28 ??? 127-140 2002

全著者名 論文名
Isao Kurokawa, Survey of Farm and Agricultural Production in Inland Area of China-A Case of Minority Race in Dahuaxian Qibainongxiang-
学術雑誌名 ページ 発行年
HOKKAIDO JOURNAL OF FARM MANAGEMENT 28 ??? 127-140 2002

全著者名 論文名
Hatano, R., Shinano, T., Taigen Z., Okubo M. and Li, Z. Nitrogen Budgets and Environmental Capacity in Farm Systems in a Large-Scale Karst Region, Southern China.
学術雑誌名 ページ 発行年
Nutrient Cycling in Agroecosystems 63 ??? 139-149 2002

全著者名 論文名
WANG Xiufeng, Ryusuke Hatano, Tomomi Takeda,and Zheng Taigen Detailed Analysis of Land Cover and Vegetation Status in Dahua District, Guangxi, China -By Using Landsat Data and Very High-Resolution Satellite Ikonos Data
学術雑誌名 ページ 発行年
International Conference on Computer Graphics and Spatial Information System ??? ??? 348-354 2002

全著者名 論文名
大久保達弘,西尾孝佳,梁建平,陳,出村克彦 中国におけるもう一つの環境問題「石漠化」−広西壮族自治区における石漠化の現状−
学術雑誌名 ページ 発行年
第49回日本生態学会大会講演要旨集 ??? ??? 212 2002

全著者名 論文名
Ohkubo Tatsuhiro, Nishio Takayoshi, LIANG Jiang-Ping, CHEN Guo-Chen, Demura Katsuhiko Another environmental issues, present status of rock desertification of degraded karst region in Guangxi, China.
学術雑誌名 ページ 発行年
Proc. of 49th Annual meeting of Ecological Society of Japan ??? ??? 212 2002

全著者名 論文名
西尾孝佳,大久保達弘,頼,覃,梁,陳,出村克彦 中国におけるもう一つの環境問題 「石漠化」ー広西壮族自治区における石漠化がもたらす植生劣化とその修復の展望
学術雑誌名 ページ 発行年
第49回日本生態学会大会講演要旨集 ??? ??? 212 2002

全著者名 論文名
Nishio Takayoshi, Ohkubo Tatsuhiro, LAI Zhiqiang, Qing Shang-Min, LIANG Jiang-Ping, CHEN Guo-Chen , Demura Katsuhiko Another environmental issues in China, rock desertification, vegetation degradation and future direction of restoration in Guanxi, China.
学術雑誌名 ページ 発行年
Proc. of 49th Annual meeting of Ecological Society of Japan. ??? ??? 212 2002

全著者名 論文名
大久保達弘,西尾孝佳,八木久義,丹下健,出村克彦,蘇湘郡 中国西南部カルスト地域の石獏化と森林構造
学術雑誌名 ページ 発行年
第113回日林学術講 ??? ??? 269 2002

全著者名 論文名
Ohkubo Tatsuhiro, Nishio Takayoshi, Yagi Hisayoshi, Tange Takeshi, Demura Katsuhiko, Su Xiang-Qun. Forest structure in a rock desertification Karst area in Guangxi, south west China.
学術雑誌名 ページ 発行年
Proc. Of 113rd annual meeting of Japanese Forestry Society ??? ??? 269 2002

全著者名 論文名
大久保達弘,西尾孝佳,八木久義,丹下健,出村克彦,蘇湘郡 石漠化にともなう中国西南部熱帯カルスト地域の森林構造の変化
学術雑誌名 ページ 発行年
第12回日本熱帯生態学会年次大会講演要旨集 ??? ??? 63 2002

全著者名 論文名
Ohkubo Tatsuhiro, Nishio Takayoshi, Yagi Hisayoshi, Tang Takeshi, Demura Katsuhiko, Su Xiang-Qun. Changes of forest structure along rock degradation in degraded karst area in south west China.
学術雑誌名 ページ 発行年
Proc. of 12th Annual meeting of Japan Society of Tropical Ecology. ??? ??? 63 2002

全著者名 論文名
和泉充剛、王 宝臣、橘 治国 中国広西壮族自治区七百弄の水質特性
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceeding of 10th Symposium on Sanitary Engineering Environmental Chemistry ??? ??? 37-40 2002

全著者名 論文名
Mitsunori Izumi, Baoshen Wang, Harukuni Tachibana Water quality of Qibainong Xiang, Dahua Country, Guangxi Province of China
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceeding of 10th Symposium on Sanitary Engineering Environmental Chemistry ??? ??? 37-40 2002

全著者名 論文名
金澤晋二郎,楊尚東 中国西南部山岳地帯における石灰質アルカリ性及び赤色性土壌の特性解明に関する研究第2報イオン樹脂バック法による土壌浸透水の移動イオン量
学術雑誌名 ページ 発行年
土肥学会要旨集 48 ??? 21 2002

全著者名 論文名
Shinjiro Kanazawa and Shangdong Young Studies on chsaractristices of alkaline and red acidic soils in karst area of South-weatern China, Part 2. The leaching amount of elements from soil by using ion exchange resin bag method,
学術雑誌名 ページ 発行年
Abstract of the annual meeting, Jap. Sci. Soil Sci. Plant Nutr. 48 ??? 21 2002

全著者名 論文名
T. Shinano,Z. Taigen ,Y. Meng, W. Lu, H. Tan, T. Yamamura & T. Tadano Production of maize in the karst mountain area of southwest China
学術雑誌名 ページ 発行年
Field Crops Research ??? ??? ??? 2002

全著者名 論文名
金澤晋二郎,楊尚東 中国西南部山岳地帯における石灰質アルカリ性及び赤色性土壌の特性解明第1報 理化学性及びリン化合物について
学術雑誌名 ページ 発行年
土肥誌 ??? ??? ??? 2002

全著者名 論文名
Shinjiro Kanazawa and Shangdong Young Studies on chsaractristices of alkaline and red acidic soils in karst area of South-weatern China, Part 1. Caractristics of Phsical and chemical, and phaphrous compounds,
学術雑誌名 ページ 発行年
$Jap. Soil Sci. Plant Nutr.(in preparation) ??? ??? ??? 2002

全著者名 論文名
石井 寛,山本美穂,王登挙,鄭泰根 中国西南部石山地域における農民の森林利用・林政の現状と課題
学術雑誌名 ページ 発行年
第112回日本林学会 ??? ??? ??? 2001

全著者名 論文名
Yutaka Ishii, Miho Yamamoto, Toky Wan,and Taigen Zheng, Current state and problmes of forest uses and forest policy in Dahuaxian Qibainongxiang
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceedings of Japanese Forest Society,No.112 ??? ??? ??? 2001

全著者名 論文名
安藤忠男,高橋恵里子,譚 宏偉 中国広西壮族自治区の居住ドリーネにおけるN、P、Kの循環
学術雑誌名 ページ 発行年
日本土壌肥料学会講演要旨集 47 ??? 196 2001

全著者名 論文名
Tadao Ando, Eriko Takahashi and Hongwei Tan Cycling of nitrogen, phophorus and potassium in the habited dolines n Qibainong Xiang, China.
学術雑誌名 ページ 発行年
Annual meeting of Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition Proceeding 47 ??? 196 2001

全著者名 論文名
大久保達弘,西尾孝佳 中国西南部広西壮族自治区の熱帯カルスト地形,土地利用と石漠化
学術雑誌名 ページ 発行年
Japan infomab. 28 ??? 8-12 2001

全著者名 論文名
OHKUBO, Tatsuhiro, NISHIO, Takayoshi. Topography, land use and the rock desertification of tropical Karst in Guanxi, south-west China.
学術雑誌名 ページ 発行年
Japan Info MAB 28 ??? 8-12 2001

全著者名 論文名
Nishio Takayoshi, Ohkubo Tatsuhiro, Yagi Hisayoshi Tange Takeshi, Demura Katsuhiko and Su Xiangqun Vegetation and site condition of the rock desertification area in Karst Region,GUANGXI,CHINA
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceedings of international symposium on eco- Environmental conservation and 21st century's forestry management ??? ??? ??? 2001

全著者名 論文名
大久保達弘,西尾孝佳,八木久義,丹下健,新谷融,笹賀一郎,高橋英紀,出村克彦,蘇湘郡 中国西南部広西壮族自治区カルスト地域の土地利用と石獏化
学術雑誌名 ページ 発行年
第112回日林学術講 ??? ??? 390 2001

全著者名 論文名
OHKUBO Tatsuhiro, NISHIO Takayoshi, YAGI Hisayoshi, TANGE Takshi, ARAYA Tohru, SASA Kaichiro, TAKAHASHI Hideki, DEMURA Katsuhiko, Su Xiang-Qun. Land use pattern and rock desertification in a degraded Karst region, Guangxi, south west China.
学術雑誌名 ページ 発行年
Proc. Of 112nd annual meeting of Japanese Forestry Society, ??? ??? 390 2001

全著者名 論文名
山田雅仁・高橋英紀・蒙 炎成 中国・広西壮族自治区カルスト地形地域における低温現象の季節変動とその特徴
学術雑誌名 ページ 発行年
北海道の農業気象 53 ??? 12-18 2001

全著者名 論文名
Masahito Yamada, Hidenori Takahashi and Yanchen Meng Seasonal change of the nocturnal low temperature of a closed small basin in a karst region, Guangxi, China. (written in Japanese)
学術雑誌名 ページ 発行年
Agricultural Meteorology in Hokkaido 53 ??? 12-18 2001

全著者名 論文名
金澤晋二郎,楊尚東 中国西南部山岳地帯における石灰質アルカリ性及び赤色性土壌の特性解明に関する研究第1報理化学性及びホスファターゼ活性について
学術雑誌名 ページ 発行年
土肥学会要旨集 47 ??? 27 2001

全著者名 論文名
Shinjiro Kanazawa and Shangdong Young Studies on chsaractristices of alkaline and red acidic soils in karst area of South-weatern China, Part 1. Phsical and chemical Caractristics, and phaphatase activity,
学術雑誌名 ページ 発行年
Abstract of the annual meeting, Jap. Sci. Soil Sci. Plant Nutr. 47 ??? 27 2001

全著者名 論文名
赤江剛夫,長澤徹明 中国西南部石灰岩山地地帯の現状と水資源計画−中国,広西壮族自治区大化県,七百弄(ロン)の事例−
学術雑誌名 ページ 発行年
畑地農業 505巻 ??? 2-12 2001

全著者名 論文名
Takeo Akae and Tetsuaki Nagasawa: Present situation of lime stone mountaneous area in south-west China and a water resource planning - A case study on Qibainong, Dahua Xian, Guangxi Province, China-
学術雑誌名 ページ 発行年
Upland Field Agricultur 505 ??? 2-12 2001

全著者名 論文名
須藤 弘嗣他 中国西南部におけるトウモロコシの気象潜在生産力評価のための簡易モデルの構築
学術雑誌名 ページ 発行年
北海道大学農学部農場研究報告 32 ??? 35-45 2001

全著者名 論文名
Sudo,H., Hasegawa,T., Iwama,K. Hayashi, K., Moki,N., Ichikawa,S., Cheng,W.,Zheng, X. A Simplified model for evaluating climatic productivity of maize in Southwest China.
学術雑誌名 ページ 発行年
Research Bulletin of the University Farm 32 ??? 35-45 2001

全著者名 論文名
高橋恵里子他 中国およびわが国のカルスト台地に分布する土壌の特性と養分供給能−土壌母材および土壌の元素組成の比較
学術雑誌名 ページ 発行年
日本土壌肥料学会平成12年度大会 ??? ??? ??? 2000

全著者名 論文名
Eriko Takahashi et al Characterlization of the soil distributed in some karst platoeus in China and Japan; comparison in elemental composition of rock and soil.
学術雑誌名 ページ 発行年
Annual meeting of Japanese Society of Soil science and Plant Nutrition ??? ??? ??? 2000

全著者名 論文名
高橋恵理子他 中国およびわが国のカルスト台地に分布する土壌の特性と養分供給能
学術雑誌名 ページ 発行年
日本土壌肥料学会講演要旨集 46 ??? 146 2000

全著者名 論文名
Eriko Takahashi et al Characterlization of the soil distributed in some karst platoeus in China and Japan; comparison in elemental composition of rock and soil.
学術雑誌名 ページ 発行年
Annual meeting of Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition, Proceeding 46 ??? 146 2000

全著者名 論文名
高橋恵理子他 中国広西壮族自治区に分布するドリーネにおける養分循環システム
学術雑誌名 ページ 発行年
日本土壌肥料学会関西支部講演会講演要旨集 96 ??? 24 2000

全著者名 論文名
Eriko Takahashi et al: Mineral nutrient cycling system of the dolines distributed in Qibainong Xiang, China.
学術雑誌名 ページ 発行年
Annual meeting of Kansai Branch, Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition, Proceeding 96 ??? 24 2000

全著者名 論文名
小池孝良,北岡哲,矢崎健一,北尾光俊,飛田博順,丸山温,笹賀一郎 中国西南部の石灰岩地帯に導入した亜熱帯樹種の冷温障害耐性
学術雑誌名 ページ 発行年
第111回日本林学会大会学術講演集 ??? ??? 229 2000

全著者名 論文名
Koike, T. Kitaoka, S., Yazaki, K., Kitao, M., Tobita, H., Maruyama. Y., and Sasa. K. Chlling tolerance of introduces trees originated form sub-tropical regions in kime stone region in southwest China
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceeding of Japanese Society of Forestry (In Japanese) ??? ??? 229 2000

全著者名 論文名
王 秀峰 衛星データによる中国カルスト台地の地上情報に関する研究
学術雑誌名 ページ 発行年
日本農業気象学会2000年度全国大会講演要旨集 ??? ??? 30-31 2000

全著者名 論文名
WANG Xiufeng Studies on the ground information of karst plateau in China using Landsat TM data
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceedings of 2000 Annual Meeting of the Society of Agricutural Meteorology of Japan ??? ??? 30-31 2000

全著者名 論文名
王 秀峰 衛星データによる中国カルスト地域の地上情報に関する研究
学術雑誌名 ページ 発行年
日本リモートセンシング学会第29回学術講演会学術講演会論文集 ??? ??? 181-182 2000

全著者名 論文名
Xiufeng Wang Studies on the ground information of karst regions in China using Landsat TM dat,
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceedings of the 29TH conferece of the remote sensing society of Japan ??? ??? 181-182 2000

全著者名 論文名
王宝臣他 中国広西壮族自治区七百弄の水環境
学術雑誌名 ページ 発行年
第9回環境科学討論会 ??? ??? 84-85 2000

全著者名 論文名
Baoshen Wang, Yushi Ohgami, Harukuni Tachibana Water Environment of Nongshitun, Qibainong Xiang, Dahua Country, Guangxi Province of China
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceeding of 9th Symposium on Environmental Chemistry ??? ??? 84-85 2000

全著者名 論文名
山田雅仁,高橋英紀 中国・広西壮族自治区カルスト地形地域における閉鎖型盆地の夜間放射冷却について
学術雑誌名 ページ 発行年
北海道の農業気象 52 ??? 7-14 2000

全著者名 論文名
Masahito Yamada, Hidenori Takahashi Nocturnal radiative cooling of a closed small basin in a karst region, Guangxi, China. (written in Japanese)
学術雑誌名 ページ 発行年
Agricultural Meteorology in Hokkaido 52 ??? 7-14 2000

全著者名 論文名
Iwama Kazuto et.al. Growth and yield of potato using micro-tuber as seeds in Qibailong, the South-West China
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceedings of the 12th Symposium of the International Society for Tropical Root Crops ??? ??? ??? 2000

全著者名 論文名
須藤弘嗣他 中国西南部におけるトウモロコシの生産性の解析−潜在生産力評価のための基礎データの収集−
学術雑誌名 ページ 発行年
日本作物学会紀事 69 別1号 164-165 2000

全著者名 論文名
Sudo,H., Hayashi,K., Hasegawa,T.,Iwama,K. Analysis of maize productivity in Southwest China :Parameters estimation for potential growth.
学術雑誌名 ページ 発行年
Japanese Journal of Crop Science 69 Ex.1 164-165 2000

全著者名 論文名
信濃卓郎他 中国西南部石灰岩山岳地域における持続的作物生産性向上に関する研究1.トウモロコシ栽培における肥培管理
学術雑誌名 ページ 発行年
日本土壌肥料学会本大会2000年度 46 ??? 148 2000

全著者名 論文名
T. Shinano Studies on sustainability and improvement of crop production in South-West China Karst mountain region.1. Fertilizer management on maize cultivation.
学術雑誌名 ページ 発行年
Abstracts of the annual meeting, Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition 46 ??? 148 2000

全著者名 論文名
鄭泰根他 中国西南部石灰岩山岳地域における持続的作物生産性向上に関する研究
学術雑誌名 ページ 発行年
日本土壌肥料学会本大会2000年度 46 ??? 148 2000

全著者名 論文名
Zhen Tigen Research on the improvement in sustainable crop productivity in karst region, Southwest China
学術雑誌名 ページ 発行年
Japanese Society of Soil Science and Plant Nutrition 46 ??? 148 2000

全著者名 論文名
山田雅仁・高橋英紀・蒙 炎成 中国西南部石灰岩地域における閉鎖型盆地の夜間冷却
学術雑誌名 ページ 発行年
日本農業気象学会北海道支部会研究発表会要旨集 ??? ??? ??? 1999

全著者名 論文名
Masahito Yamada, Hidenori Takahashi and Yanchen Meng Nocturnal radiative cooling in a closed small basin of the limestone area in Southwest China. (written in Japanese)
学術雑誌名 ページ 発行年
Abstracts on the annual meeting of the Hokkaido Blanch, Japan Society of Agricultural Meteorology ??? ??? ??? 1999

全著者名 論文名
Zenig,Pingtong et al. A firstorder cloure model for the wind flow within and above vegetation canopoes
学術雑誌名 ページ 発行年
Agricultural and Forest Meterrology ??? ??? ??? 1999

全著者名 論文名
小池孝良,笹賀一郎 中国西南部における斜面緑化寿の冷温傷害感受性の評価
学術雑誌名 ページ 発行年
日本林学会大会講演集 ??? ??? ??? 1998

全著者名 論文名
Koike, T, Sasa, K Evaluation of resistant capacity in photosynthesis of introduced tree species to chilling temperature in southwest China
学術雑誌名 ページ 発行年
Proceeding of Japanese Society of Forestry(in Japanese) ??? ??? ??? 1998


戻る