平成13年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



研究推進分野名 食資源動物の科学
 
研究プロジェクト名 食資源動物の利用形質の遺伝子工学的制御
 
(英文名) Contorol of the Useful Genes by Genetic Engineering in Food Animals
 
研究期間 平成9年度 〜 平成13年度

プロジェクト・リーダー名 研究経費 417,096千円
氏名・所属研究機関
所属部局・職名
駒野 徹 ・近畿大学 ・生物理工学部 ・教授 内訳 平成 9年度84,285千円
平成10年度82,504千円
平成11年度81,104千円
平成12年度84,103千円
平成13年度85,100千円

1.研究組織

氏名 所属機関・部局・職 研究プロジェクトでの役割分担
松本和也 近畿大学・生物理工学部・助教授 食資源動物の増産性に関与する遺伝子の単離とその機能解析
佐伯和弘 近畿大学・生物理工学部・助教授 初期発生過程におけるウシ形質転換胚の選別
細井美彦 近畿大学・生物理工学部・助教授 植物脂肪酸不飽和化酵素の動物における遺伝子工学的利用
加藤博己 近畿大学・生物理工学部・講師 食資源動物の増産性の遺伝的改良、及び増産性に関する遺伝子の動物への導入と発現誘導(平成10年度より)
田口善智 近畿大学・生物理工学部・助手 乳質の保全に関与する遺伝子の単離とその機能解析
藤原 昇 九州大学・生物資源環境科学府・教授 鶏受精卵及び初期胚に対する外来遺伝子の導入
北川泰雄 名古屋大学・生物分子応答研究センター・教授 高頻度相同組換え系によるニワトリ遺伝子資源の評価−ミトコンドリア形成に関与する遺伝子群の標的破壊−
鈴木石根 岡崎国立共同研究機構・基礎生物学研究所・助手 植物脂肪酸不飽和化酵素遺伝子の導入による食資源動物の質的改変(平成12年度より)
堀 哲也 日本学術振興会研究員 ウズラ初期胚全域での遺伝子強制発現系の構築(平成12年度より)

2.研究計画の概要

 地球的規模で増加の一途をたどる人口を支えるためには、新しい生命科学の知識と技術に基づいて、健康で成長性に勝れた食資源動物を育種することは不可欠の課題である。先進諸国においては、人類のニーズに応えることができる高い付加価値をもった食資源動物を品種改良により作出することが求められており、この方面で新しい育種技術の開発が急務とされている。従来、食資源動物の品種改良には交配を繰り返して優れた性質を選び出すことが必要であり、多大の労力と時間とを必要としていた。本プロジェクトでは、新しい学問的知識に基づく遺伝子工学を食資源動物に応用することにより、品種改良に要する時間的、経済的要因は大きく短縮、軽減し、これまで考えられなかったような有益な性質を備えた食資源動物を作出するための基盤的研究を目指した。

3.研究目的
 食資源動物の成長性に関わる形質転換動物を作出するために、(1)ウサギ、ニワトリ、マウスなどで成長ホルモン等による体型の大型化の誘導、並びに繁殖性を向上させるのに関与する遺伝子の単離・解析、マウスやウシの乳腺での有害物質の排出に関わるタンパク質(MRP1)の遺伝子の単離・解析を行う。(2)健康で安全な食資源動物の供給を目指し、ウサギ、ブタにおいて植物の脂肪酸不飽和化酵素(FAD2)の遺伝子(fad2)をもつ形質転換体の作出し、脂肪組織における脂肪酸組成変化の様相の分析を行う。(3)ニワトリやウズラなどの食鳥類の優良遺伝子の探索、単離・解析、遺伝子評価法の確立、形質体の作出方法の確立等を目指す。

4.研究成果の概要
4−1 研究計画、目的に対する成果
 食資源動物であるブタにFAD2のcDNAを導入した形質転換ブタで、導入されたfad2の発現状況を調べた。FAD2は期待したとおり、脂肪細胞特異的に発現し、各組織において、リノール酸含量が増加していることが確認された。ダチョウ成長ホルモン(GH)プロモーター領域において、哺乳類で脳下垂体特異的な転写を誘導する転写因子Pit1が機能することが示唆された。胚性遺伝子活性化の時期に特異的に発現する数十の遺伝子群のうち、新規にzag1(zygotic activation gene 1)遺伝子を単離し、ZAG 1の機能を解析した。ほ乳動物の細胞の成長に重要な役割をもつ40SリボソームS6タンパク質を活性化するp70/p85 S6キナーゼのcDNAを単離し、その機能を明らかにした。有害物質の排出を行うMRP1(multidrug resistance protein 1)のcDNAをウシ乳腺より単離し、その役割を確認した。ニワトリの精巣に外来DNAを導入し、また、電気搾孔法でウズラ初期胚へ効率的DNAを導入した。胚全体へ効率よく導入されることが明らかとなった。しかし、いずれの方法でも、導入したDNAがゲノムに組み込まれたかどうかは確認することができなかった。

4−2 研究計画、目的外の成果
 ブタやマウスに組み込まれた植物由来のfad2遺伝子は、何世代にもわたって安定して発現していることが明かとなった。この事実は、着目した遺伝子としても、また動物の遺伝的改変のもたらす意義についても、大きな研究成果であると考える。これまでに単離解析された遺伝子はそれぞれ重要な意義をもっているが、これら遺伝子の総てについて形質転換動物が得られたわけではない。なぜならば、動物の種類によって形質転換体の作出をするのに大きな差があるからである。食鳥として世界的に利用されているニワトリの形質転換体の作出は、世界的な関心事であるにもかかわらず、未だに成功していないということは、遺伝子工学に基本的問題を提起している。

4−3 研究成果の展望
 生命科学の発展に伴い、動物や植物のようなより高等な生物における有用遺伝子の解析とその利用が、人類の未来にとって不可欠となっている。本プロジェクトで達成した研究の一つで、食資源動物であるブタの初期胚に、ホウレンソウの根部より単離した脂肪酸不飽和化酵素の遺伝子を導入して、その遺伝子がゲノムみ組み込まれ、何世代にもわたって安定してその遺伝子が有効に発現しており、さらに、形質転換体もまた極めて健康体であることが示されたことは、実に意義深いことである。その理由は、遺伝子導入法(組換えDNA法)が食資源動物のような有用な動物の育種法として、期待どおりの役割を果たすということであり、高等生物の進化の課程で脱落したと考えられる有用な遺伝子を、再び利用できる可能性が強く示唆されたことである。
 一方、世界のどの地域おいても、人類の貴重なタンパ質食糧源となっているニワトリについては、世界的に未だ形質転換体の作出に成功していない。本プロジェクトにおいても、ニワトリの形質転換体の作出を試みたが、初期胚の各細胞には導入した遺伝子が存在しうるものの総てが一過性で、ゲノムDNAとの間の組換えは起らず、したがって、形質転換体の作出には成功していない。これは単に技術上の問題に留まらず、なぜ鳥類の初期胚において形質転換体の作出が困難なのかという基本的、かつ本質的な問題を提起していることに注目しなければならない。

4−4 本事業の趣旨に鑑み、果たした役割
 本プロジェクトにおいて新しい育種方法である分子育種法で食資源動物の育種が可能であるということが示された。微生物や実験小動物ではすでに形質転換体の作出が可能であったとしても、食資源動物のような中、大動物において、しかも植物の遺伝子が、極めて健康に恵まれた形質転換動物を作出することが出来たということは、動物の育種において分子育種法が普遍性のある優れた技術であることを実証したことになり、その意義は極めて大きい。多くの動物は食糧として植物や微生物に依存している。その意味するところは、動物に欠けている食品や栄養素を植物に依存しているわけで、もしそれらの成分の内の幾つかが、動物食品の中に含まれていれば、食資源動物そのものも健康でありうると同時に、ヒトがその肉を食した時、食品成分のバランスがとれていて、極めて望ましい形の食品となる。
 植物においてバランスのとれた望ましい食品成分を貯えている新しい品種の開発が望まれている。このことは、植物においてもまた新しい分子育種を通して望ましい食品成分を備えた植物の育種が期待されていることを示している。本プロジェクトにおいて、直接的には植物の有用遺伝子が動物において安定してゲノムの中に取り込まれたことを示しているが、植物においても植物の生育に不可欠な動物の遺伝子や微生物の遺伝子の分子育種がなされることが可能であることを示している。

5.キーワード

(1)形質転換動物、(2)脂肪酸不飽和化酵素、(3)形質転換ブタ
(4)形質転換ニワトリ、(5)有害物質排出タンパク質、(6)成長ホルモン
(7)S6キナーゼ、(8)胚性遺伝子活性化、(9)特定遺伝子の標的破壊

6.研究成果発表状況

A.学術雑誌論文(Journal Papers)
全著者名 論文名
Saeki K, Maeda M, Hori T, Okamoto C, Kasamatsu A, Taniguchi S, Matsumoto K, Hosoi Y, Nishimoto Y and Iritani A Early development and gene expression of reconstructed embryos following fusion of bovine enucleated oocytes with somatic cells from different species
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 57 1 446 2002

全著者名 論文名
Matsumoto, K., Otake, A., Uenoyama, A., Yano, H., Katake, J., Saeki, K., Hosoi, Y., Iritani, A. Repression of gene expression and productive translation at the beginning of mouse development
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 57 ??? 644 2002

全著者名 論文名
H.Suemori, T.Tada, R.Torii, Y.Hosoi, K.Kobayashi, H.Imahie, Y.Kondo, A.Iritani and N.Nakatsuji Establishment of embryonic stem cell lines from cynomlgus monkey blastocysts produced by IVF or ICSI
学術雑誌名 ページ 発行年
Developmental Dynamics 222 ??? 273-279 2001

全著者名 論文名
K Saeki,T Hosaka, M Maeda, H Minaminoto, C Okamoto, J Matsuba, K Matsumoto, Y Hosoi and A Iritani Onset of gene expression in bovine embryos reconstructed with fibroblasts following reporter gene microinjection
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 55 1 289 2001

全著者名 論文名
Matsumoto, K., Otake, S., Imamura, M., Saeki, K., Hosoi, Y., Iritani, A. Antisense inhibition of luciferase expression in transgenic mouse preimplantation embryos: a comparison of RNA and oligodeoxynucleotides.
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 55 ??? 413 2001

全著者名 論文名
Fujinami, N., Hosoi, Y., Torii, R., Takenoshita, Y., Saeki, K., Matsumoto, K., Nigi, H. and Iritani A. Development of the cynomonogus monkey oocytes following intarcytoplasmic sperm injection
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 55 ??? 503 2001

全著者名 論文名
Torii , R., Hosoi, Y., Fujinami, N., Tada, T., Suemori ,H., Kondo, Y., Imahie, H., Kobayashi, K., Nakatsuji, N. and Iritani A. Establishment of the primate embryonic stem cell line from blastocysts produced by intra cytoplasmic sperm injection (ICSI) or in vitro fertilization (IVF) using the Japanese monkey and the cynomologus monkey
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 55 ??? 374 2001

全著者名 論文名
Hiromi Kato, Yasuyuki Shibata, Minoru Yoneda, Kazuya Matsumoto, Kazuhiro Saeki, Yoshihiko Hosoi, Akira Iritani DNA sequence retrieval from ancient animal skin tissue excavated from Siberian permafrost
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 55 1 388 2001

全著者名 論文名
Mika Teranishi, Yukiko Shimada, Tetsuya Hori, Osamu Nakabayashi, Tateki Kikuchi, Tracy Macleod, Robert Pym, Bruce Sheldon, Irina Solovei, Herbert Macgregor and Shigeki Mizuno Transcripts of the MHM region on the chicken Z chromosome accumulate as non-coding RNA in the nucleus of female cells adjacent to the DMRT1 locus.
学術雑誌名 ページ 発行年
Chromosome Research 9 ??? 147-165 2001

全著者名 論文名
Yuichiro Itoh, Tetsuya Hori, Hisato Saitoh and Shigeki Mizuno Chicken spindlin genes on W and Z chromosomes: transcriptional expression of both genes and dynamic behavior of spindlin in interphase and mitotic cells.
学術雑誌名 ページ 発行年
Chromosome Research 9 ??? 283-299 2001

全著者名 論文名
Yukiko Kuroda, Nozomu Arai, Mariko Arita, Mika Teranisi, Tetsuya Hori, Masahiko Harata, Shigeki Mizuno Absence of Z-chromosome inactivation for five genes in male chickens.
学術雑誌名 ページ 発行年
Chromosome Research 9 ??? 457-468 2001

全著者名 論文名
大竹 聰、鹿嶽淳一、松本和也、上野山厚人、堀 哲也、佐伯和弘、細井美彦、入谷 明 マウス初期胚におけるIRESバイシストロン性発現ベクターの有効性の検討
学術雑誌名 ページ 発行年
近畿大学先端技術総合研究所紀要 6 ??? 29-35 2001

全著者名 論文名
松本 和也、中上 佳世子、大竹 聰、田中 久善、橋本 弓佳、山田 昇平、佐伯 和弘、細井 美彦、入谷 明 マウス未受精卵及び1細胞期胚で発現する遺伝子群の同定:胚性遺伝子の活性化に伴う遺伝子発現の挙動
学術雑誌名 ページ 発行年
日本受精着床学会雑誌 18 ??? 5-7 2001

全著者名 論文名
Kusaba K, Ando K, Hayashi K, Fujihara N and Masayuki N Innervation pattern of acethylcholinase (AChE)-positive nerves in the internal carotid artery and cerebral arterial tree of the pigeon
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Poult. Sci. 38 ??? 242-249 2001

全著者名 論文名
Fukushima R and Fujihara N In vitro proliferation of chicken primordial germ cells co-cultured with germinal ridge stroma cells.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Poult. Sci. 38 ??? 152-159 2001

全著者名 論文名
Nakaya Y and Fujihara N Possible improvement of spermatozoan function and in vitro fertilization by Japanese Kampo Medicines (JKMs) in mammals.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mamm. Ova Res. 18 ??? 52-57 2001

全著者名 論文名
Tsuzuki Y, Hisanaga M, Ashizawa K and Fujihara N The effect of dimethylsulfoxide and sucrose as a cryoprotectant on the adenosin triphosphate and ultrastructure of bovine oocytes matured in vitro.
学術雑誌名 ページ 発行年
Asian-Aus. J. Anim. Sci. 14 ??? 1353-1359 2001

全著者名 論文名
Xi Y. M and Fujihara N Possible release to the wild of the captive-bred crested ibis, Nipponia nippon.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Anim. Res. 19 ??? 177-186 2001

全著者名 論文名
Xi Y. M, Lu B. Z and Fujihara N Captive rearing and breeding of the crested ibis, Nipponia nippon.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Poult. Sci. 38 ??? 213-224 2001

全著者名 論文名
Fujihara N and Y. M. Xi Genetic resource conservation in poultry reproduction.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Anim. Res. 19 ??? 33-47 2001

全著者名 論文名
Surai P. E, Fujihara N, Speake B. K and Sparks N. H. C Polyunsaturated fatty acid, lipid peroxidation and antioxidant protection in avian semen.
学術雑誌名 ページ 発行年
Asian-Aus. J. Anim. Sci. 14 ??? 1024-1050 2001

全著者名 論文名
Goto A, Matsushima Y, Kadowaki T, Kitagawa Y. Drosophila mitochondrial transcription factor A (d-TFAM) is dispensable for the transcription of mitochondrial DNA in Kc167 cells.
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem J. 354 2 243-248 2001

全著者名 論文名
Iwane Suzuki, Dmitry A. Los and Norio Murata Perception and transduction of low-temperature signals to induce desaturation of fatty acids.
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem. Soc. Trans. 28 6 628-630 2001

全著者名 論文名
Suleyman I. Allakhverdiev, Mikio Kinoshita, Masami Inaba, Iwane Suzuki and Norio Murata Unsaturated fatty acids in membrane lipids protect the photosynthetic machinery against salt-induced damage in Synechococcus.
学術雑誌名 ページ 発行年
Plant Physiol. 125 ??? 1842-1853 2001

全著者名 論文名
Saeki K, Noichi T, Matsumoto K, Kaneko T, Harada M, Hosoi Y, Iritani A Fate of DNA microinjected into bovine embryos
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 53 1 520 2000

全著者名 論文名
Matsumoto, K., Shinohara, Y., Fujimoto, H., Otake, S., Yamada, S., Saeki, K., Hosoi, Y., Iritani, A. Transcriptional activity of follicle-stimulating hormone (FSH) receptor promoter in mouse ovarian granulosa cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 53 ??? 406 2000

全著者名 論文名
Hosoi, Y., Suzuki, C., Kato, H., Matsumoto, K., Saeki, K. & Iritani, A. Oocyte activation and pronuclear formation after injection of isolated round spermatid nucleus.
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 53 ??? 394 2000

全著者名 論文名
Komano, T., Takebe, S., Taguchi, Y. and Sakai, H. Cloning and sequencing of cDNA that encodes ostrich growth hormone
学術雑誌名 ページ 発行年
Mem. School. B.O.S.T. Kinki Univ. 6 ??? 38-46 2000

全著者名 論文名
K Saeki, A Takatsuka, K Matsumoto, Y Hosoi, H Kato and A Iritani The effect of inorganic phosphate in a culture medium on development of bovine early embryos
学術雑誌名 ページ 発行年
Mem Inst Adv Tech, Kinki Univ 5 ??? 25-29 2000

全著者名 論文名
T Hosaka, S Taniguchi, K Saeki, T Kaneko, K Matsumoto, Y Hosoi, H Kato, A Iritani Production and pregnancy of bovine cloned embryos derived from fibroblasts taken from a Japanese Black male calf
学術雑誌名 ページ 発行年
Mem Inst Adv Tech, Kinki Univ 5 ??? 25-29 2000

全著者名 論文名
大竹 聰、上野山厚人、松本和也、佐伯和弘、細井美彦、入谷 明 超急速凍結保存した体外受精前核期卵を用いたトランスジェニックマウス作製方法の確立
学術雑誌名 ページ 発行年
近畿大学生物理工学研究所紀要 5 ??? 35-40 2000

全著者名 論文名
松本和也 植物由来遺伝子導入マウスの作出とその解析
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Reprod. Dev. 46 ??? j59-j63 2000

全著者名 論文名
Takahashi, Y., Yamakawa, N., Matsumoto, K., Toyoda, Y., Furukawa, K., and Sato, E. Analysis of the role of egg integrins in sperm-egg binding and fusion
学術雑誌名 ページ 発行年
Mol. Reprod. Dev. 56 ??? 412-423 2000

全著者名 論文名
松本和也 顆粒層細胞でのアポトーシス制御による卵巣内卵子の有効利用の可能性について
学術雑誌名 ページ 発行年
日本胚移植学雑誌 22 ??? 23-26 2000

全著者名 論文名
細井美彦、入谷 明 クローン技術の応用
学術雑誌名 ページ 発行年
産婦人科の世界 52 ??? 37-45 2000

全著者名 論文名
Torii, R., Hosoi, Y., Masuda, Y., Iritani, A. & Nigi, H. Birth of the japanese monkey (Macaca fuscata) following in-vitro fertilization and embryo transfer
学術雑誌名 ページ 発行年
Primates 41 1 39-47 2000

全著者名 論文名
Miyamoto, H., Matsumoto, K., Hosoi, Y., Saeki, K., Matsushiro, A., & Iritani, A Sequence of a cDNA encoding a novel basic protein expressed in rabbit placenta
学術雑誌名 ページ 発行年
Jpn. J. Fertil. Steril. 45 ??? 347-350 2000

全著者名 論文名
鈴木智草、細井美彦、加藤博己、松本和也、佐伯和弘、入谷 明 エルトリエーターによる精巣組織からの精子細胞の分離と回収
学術雑誌名 ページ 発行年
日本胚移植学雑誌 22 1 1-3 2000

全著者名 論文名
鈴木智草、細井美彦、加藤博己、松本和也、佐伯和弘、入谷 明 異種円形精子細胞核を 注入した ハムスター 卵母細胞の活性化の検討
学術雑誌名 ページ 発行年
受精着床学会誌 17 ??? 105-108 2000

全著者名 論文名
Tetsuya Hori, Shuichi Asakawa, Yuichiro Itoh, Nobuyoshi Shimizu, and Shigeki Mizuno Wpkci, Encoding an Altered Form of PKCI, Is Conserved Widely on the Avian W Chromosome and Expressed in Early Female Embryos: Implication of Its Role in Female Sex Determination.
学術雑誌名 ページ 発行年
Molecular biology of the Cell 11 ??? 3645-3660 2000

全著者名 論文名
Masaru Tateda, Kiyoto Shiga, Shigeru Saijo, Michiyo Sone, Tetsuya Hori, Junkichi Yokoyama, Kazuto Matsuura, Tomonori Takasaka and Taeko Miyagi Streptococcus anginosus in head and neck spuamous cell carcinoma: implication in carcinogenesis.
学術雑誌名 ページ 発行年
International Journal of Molecular Medicine 6 ??? 699-703 2000

全著者名 論文名
Soh T, Fujihara N and Koga O The effect of indomethacin on the superficial pigmentation of Japanese quail eggshell.
学術雑誌名 ページ 発行年
Jpn. Poult. Sci. 37 ??? 171-174 2000

全著者名 論文名
Kusaba H, Ando K and Fujihara N Innervation pattern of substance P-and calcitonin gene-related peptide-immunoreactive nervesof the cerebral arteries in the quail.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Vet. Med. Sci. 62 ??? 595-602 2000

全著者名 論文名
Yamaguchi H, Y. M. Xi, And Fujihara N Inter embryonic (hetero- and homo-sexual) transfer of primordial germ cells (PGCs) between chicken embryos.
学術雑誌名 ページ 発行年
Cytotechnol. 31 ??? 1-8 2000

全著者名 論文名
Ebara F and Fujihara N In vivo gene transfer into chicken embryos via primordial germ cells using green fluorescen protein as a marker.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Reprod. Dev. 46 ??? 79-83 2000

全著者名 論文名
Furuta H, K. B. Kim and Fujihara N Gene transfer to chicken blastoderm by lipofection or electroporation.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Anim. Sci. 17 ??? 209-216 2000

全著者名 論文名
Ebara F and Fujihara N Successful transfer of exogenously introduced genes for generations of chicken.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Reprod. Dev. 46 ??? 177-182 2000

全著者名 論文名
Lukaszewicz E, Furuta H, Y. M. Xi and Fujihara N Comparative study on semen quality of one- and two-year-old ganders during the entire reproductive season.
学術雑誌名 ページ 発行年
Asain J. Androl. 2 ??? 139-142 2000

全著者名 論文名
Ebara F and Fujihara N Introduction of exogenous genes into the gonads via primordidal germ cells (PGCs) originatedfrom germinal crescent of chicken embryos.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Anim. Res. 18 ??? 33-40 2000

全著者名 論文名
Ebara F and Fujihara N Possible abnormalities of chimeric chicken caused by the introduction of exogenous genes into chicken embryos via primordial germ cells (PGCs).
学術雑誌名 ページ 発行年
Asian-Aus. J. Anim. Sci. 13 ??? 285-293 2000

全著者名 論文名
Aritomi S and Fujihara N Possible production of chimeric chicken by fusing blastodermal cells using electroporation. Asian
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Androl. 2 ??? 271-275 2000

全著者名 論文名
Toba M, Ebara F, Furuta H, Matsushima Y, Kitagawa Y and Fujihara N Dynamics of DT40 cells introduced into germinal crescent region of early developing chicken embryos.
学術雑誌名 ページ 発行年
Asian J. Androl. 2 ??? 56-63 2000

全著者名 論文名
Fujihara N and Y. M. Xi Possible application of basical researches for animal reproductive physiology to the restoration of endangered and/or extinct wild animals.
学術雑誌名 ページ 発行年
Asian-Aus. J. Anim. Sci. 13 ??? 1026-1034 2000

全著者名 論文名
Fujihara N and Y. M. Xi Physiological control of egg shell color by forced molting in chickens.
学術雑誌名 ページ 発行年
Current Topic Pharmacol . 4 ??? 185-191 2000

全著者名 論文名
Tsuzuki Y, Duran D. H, Sawamizu M, Ashizawa K and Fujihara N The effects of dimethyl-sulfoxide added to the fertilization medium on the motility and the acrosome reaction of spermatozoa and the subsequent development of oocytes in bovine.
学術雑誌名 ページ 発行年
Asian-Aus. J. Anim. Sci. 13 ??? 739-747 2000

全著者名 論文名
Tsuzuki Y, Kusao T, Ashizawa K and Fujihara N Effect of different cryoprotectants on the survivability and the development of bovine oocytes matured in vitro.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Anim. Res. 18 ??? 15-24 2000

全著者名 論文名
He W, Fujiki H and Fujihara N Identification of sodium alginate-induced reddish purple-stained cells (APRC) in mice.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mam. Ova Res. 17 ??? 64-67 2000

全著者名 論文名
He W, Fujiki H and Fujihara N Appearance of reddish purple-stained cells (ARPC) induced by sodium alginate in mice.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mam. Ova Res. 17 ??? 120-123 2000

全著者名 論文名
He W, Fujiki H and Fujihara N Ultrastructural characteristics of alginate-induced reddish purple stained cells (APRC) in mouse peritoneal cavity.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Anim. Res. 18 ??? 135-140 2000

全著者名 論文名
Nishida N, Takesue K, Hattori M, Kato Y, Wakabayashi K and Fujihara N Modulatory action of nitric oxide on the expression of transcription factor genes, c-fos and c-jun, in developing porcine granulosa cells in vitro.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Reprod. Dev. 46 ??? 167-175 2000

全著者名 論文名
Nishida N, Hattori M, Takesue K, Kato Y and Fujihara N Critical role of nitric acid in expression of porcine LH receptor at transcription and post-transcription levels.
学術雑誌名 ページ 発行年
Exp. Clin. Endoc. Diabet. 108 ??? 1-6 2000

全著者名 論文名
Hattori M, Takesue K, Nishida N, Kato Y and Fujihara N Inhibitory effect of retinoic acid on the development of immature porcine granulosa cells to mature cells.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mol. Endocr. 25 ??? 53-61 2000

全著者名 論文名
Matsushima Y, Matsumura K, Ishii S, Suzuki T, Matsuda Y, Kitagawa Y. Chromosomal assignment of the chicken NP220 gene encoding a large DNA-binding nuclear protein and its targeted disruption in chicken DT40 cells.
学術雑誌名 ページ 発行年
Cytotechnology. 33 1 109-115 2000

全著者名 論文名
Saeki K, Matsumoto K, Kaneko T, Hosoi Y, Kato H, Iritani A Onset of RNA synthesis in early bovine embryos detected by reverse transcription-polymerase chain reaction following introduction of exogenous gene into their pronuclei
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 51 1 192 1999

全著者名 論文名
Hosoi, Y., Suzuki, C., Kato, H., Matsumoto, K., Saeki, K. and Iritani, A. Ferttilization and development of rabbit oocytes injected with isolated sperm head after activation.
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 51 ??? 358 1999

全著者名 論文名
Komano, T., Takebe, S., Taguchi, Y. and Sakai, H. Cloning and sequencing of cDNA that encodes ostrich growth hormone
学術雑誌名 ページ 発行年
Mem. School. B.O.S.T. Kinki Univ. 5 ??? 74-81 1999

全著者名 論文名
Yoshida, S., Suzuki, M., Yamano, S., Takeuchi, M., Ikenaga, H., Kioka, N., Sakai, H., and Komano, T. Expression and characterization of rat UDP-N-acetylglucosamine: alpha-3-D-mannoside beta-1,2-N-acetylglucosaminyltransferase I in Saccharomyces cerevisiae
学術雑誌名 ページ 発行年
Glycobiology 9 1 53-58 1999

全著者名 論文名
T Kaneko, K Saeki, K Matsumoto, K Nakagami, Y Hosoi, H Kato, A Iritani Detection of messenger ribonucleic acid coding for glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase in single bovine oocytes and early embryos
学術雑誌名 ページ 発行年
J Mamm Ova Res 16 ??? 118-123 1999

全著者名 論文名
M Hoshi, K Saeki, Y Nagao, S Hashimoto, N Seike, M Nagai Production of bovine transgenic conceptus; possible selection of transgenic embryos by polymerase chain reaction
学術雑誌名 ページ 発行年
J Reprod Dev 45 ??? 387-395 1999

全著者名 論文名
K Saeki, N Kato, Y Hosoi, K Matsumoto, H Kato and A Iritani Morphological changes of bovine sperm surface during sperm capacitation and acrosome reaction by atomic force microscopy
学術雑誌名 ページ 発行年
Mem Inst Adv Tech, Kinki Univ 2 ??? 26-32 1999

全著者名 論文名
Matsumoto, K.,,Nakayama T., Sakai, H., Tanemura, K., Osuga, H., Sato, E., and Ikeda JE. Neuronal apoptosis inhibitory protein (naip) may enhance the survival of granulosa cells which indirectly affects oocyte survival
学術雑誌名 ページ 発行年
Mol. Reprod. Dev. 54 ??? 103-111 1999

全著者名 論文名
Matsumoto, K., Nakagata, N., Ueda, S., Toyoda, Y., Sato, E., Saeki, K., Hosoi, Y., and Iritani, A. Effects of endogenous rat growth hormone gene expression suppressed by an antisense rna transgene on reproductive functions in transgenic rats
学術雑誌名 ページ 発行年
Mem. Res. Insti. BOST Kinki Uni. 3 ??? 1-9 1999

全著者名 論文名
Matsumoto, K., Anzai, A., Nakagata, N., Miyata, K., Kato, H., Saeki, K., Hosoi, Y., and Iritani, A. Possible usage of the firefly luciferase gene as a gene expression marker in preimplantation embryos from transgenic mice
学術雑誌名 ページ 発行年
Mem. Res. Insti. BOST Kinki Uni. 2 ??? 11-18 1999

全著者名 論文名
日下尚子、細井美彦、金子武人、加藤博己、松本和也、佐伯和弘、入谷 明 ウサギ精子頭部の卵細胞質内注入による受精と胚発生
学術雑誌名 ページ 発行年
日本胚移植学雑誌 21 2 85-90 1999

全著者名 論文名
藤浪菜穂子、細井美彦、加藤博己、松本和也、佐伯和弘、入谷 明 ウシ顕微受精胚の活性化による発生率について
学術雑誌名 ページ 発行年
近畿大学生物理工学部紀要 3 ??? 39-44 1999

全著者名 論文名
細井美彦、鳥居隆三、増田善行、佐伯和弘、松本和也、加藤博己、入谷 明 ニホンザル繁殖システムへの顕微授精の応用
学術雑誌名 ページ 発行年
近畿大学生物理工学部紀要 2 ??? 19-25 1999

全著者名 論文名
Hosoi, Y., Torii, R., Saeki, K., Matsumoto, K. and Iritani, A Microinjection of domestic and zoo animal spermatozoa into oocytes and their development
学術雑誌名 ページ 発行年
Zygote 6 Suppl. 1 65-66 1999

全著者名 論文名
Fan G. L, Y. M. Xi, H. C. Zhou, B. Z. Lu, Nakaya Y and Fujihara N Pathological characteristics of a dead domestic crested ibis in China.
学術雑誌名 ページ 発行年
Jpn. J. Zoo Wildl. Med. 5 ??? 93-97 2000

全著者名 論文名
Eguma K, Soh T, Hattori M and Fujihara N In vitro transfer of foreign DNA into primordial germ cells (PGCs) of chicken. Asian-Aust.
学術雑誌名 ページ 発行年
J.Anim. Sci. 12 ??? 520-524 1999

全著者名 論文名
Yang Q. G and Fujihara N Long-term proliferation of chicken primordial germ cells cultured in vitro.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Reprod. Dev. 45 ??? 161-166 1999

全著者名 論文名
Yang G. Q and Fujihara N Survival and proliferation of refined chicken circulating primordial germ cells culture in vitro.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Reprod. Dev. 45 ??? 177-181 1999

全著者名 論文名
Furuta H, Yamaguchi H and Fujihara N Development of the gonads derived from hetero-sexually transferred primordial germ cells (PGCs) between embryos in the chicken. Asian-Aus.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Anim. Sci. 12 ??? 1188-1191 1999

全著者名 論文名
Ebara F and Fujihara N Reproductive characteristics of transgenic (TG) chickens carrying an exogenous gene.
学術雑誌名 ページ 発行年
Asian J. Androl. 1 ??? 139-144 1999

全著者名 論文名
Furuta H and Fujihara N Proliferation of exogenously injected primordial germ cells (PGCs) into the busulfan-treated chicken embryos.
学術雑誌名 ページ 発行年
Asian. J. Androl. 1 ??? 187-190 1999

全著者名 論文名
Liu L, Zhang H, Qian J and Fujihara N The role of calcium in the resumption of meiosis I in bovine oocytes.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Anim. Res. 15 ??? 97-104 1999

全著者名 論文名
Oho T, Shimazaki Y, Mitoma M, Fujihara N and Koga T Bovine milk antibodies against cell surface protein antigen Pac-glucosyl transferase fusion protein suppress cell adhesion.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Nutr. 129 ??? 1836-1841 1999

全著者名 論文名
Fujihara N Poultry genetic resources and conservation biology.
学術雑誌名 ページ 発行年
Review Jpn. Poult. Sci. 36 ??? 127-147 1999

全著者名 論文名
Fujihara N Possible production of transgenic chicken by transferring foreign genes and germ cells. K.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Poult. Sci. 26 ??? 119-129 1999

全著者名 論文名
Suleyman I. Allakhverdiev, Yoshitaka Nishiyama, Iwane Suzuki, Yasushi Tasaka and Norio Murata Genetic engineering of the unsaturation of fatty acids in membrane lipids alters the tolerance of Synechocystis to salt stress.
学術雑誌名 ページ 発行年
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 96 ??? 5862-5867 1999

全著者名 論文名
Saeki K, Matsumoto K, Kaneko T, Saka A, Hosoi Y, Iritani A Onset of gene activation in early bovine embryos detected in a luminescent system
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 49 1 277 1998

全著者名 論文名
Nagao Y, Saeki K, Nagai M Effects of embryo density, oxygen concentration and medium composition on in vitro development of bovine early embryos
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 49 1 210 1998

全著者名 論文名
Tanemura, K, Gotoh, H., Matsumoto, K., Ogura, A., Kuramoto, K., Eddy, E.M., Sato, E. and Hayashi, Y. Regulation of telomerase activity and telomere length during spermatogenesis in the mouse
学術雑誌名 ページ 発行年
Biomedical Gerontology 22: 67. 22 ??? 67 1998

全著者名 論文名
Hosoi, Y., Torii, R., Masuda, Y., Iritani,A. & Nigi,H. Establishment of routine IVF-ICSI-ET methodology in the Japanese Monkey (Macaca fuscata)
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 49 ??? 367 1998

全著者名 論文名
Qiao, J., Ishihara, Y., Kuroda, H., Sakai, F., Sakai, H., and Komano, T. Transient expression of goat growth hormone gene in poplar (Populus alba L.) protoplasts: a quick method for detection of foreign gene expression in mRNA level
学術雑誌名 ページ 発行年
Biosci Biotechnol Biochem 61 9 1580-1581 1997

全著者名 論文名
Yuko Takada, Kouji Yamada, Yoshitomo Taguchi, Y., Kouichi Kino, Michinori Matsuo, Stephen J. Tucker, Tohru Komano, Teruo Amachi, and Kazumitsu Ueda Non-equivalent cooperation between the two nucleotide-binding folds of P-glycoprotein
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem. Biophys. Acta, 1373 ??? 131-136 1998

全著者名 論文名
Saeki K, Nagao Y, Kishi M, Nagai M, Iritani A Timing of completion of the first meiotic division in bovine oocytes after maintenance of meiotic arrest with cycloheximide and their subsequent development
学術雑誌名 ページ 発行年
J Vet Med Sci 60 ??? 523-526 1998

全著者名 論文名
Hashimoto S, Saeki K, Nagao Y, Minami N, Yamada M, Utsumi K Effects of cumulus cell density during in vitro maturation on the developmental competence of bovine oocytes
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 49 ??? 1451-1463 1998

全著者名 論文名
松本和也、細井美彦、豊川弘治、中上佳世子、宮本裕史、佐伯和弘、入谷 明 経精巣遺伝子導入法により得られたトランスジェニックマウスの解析
学術雑誌名 ページ 発行年
近畿大学生物理工学研究所紀要 1 ??? 31-35 1998

全著者名 論文名
Hosoi, Y., Toyokawa, K., Matsumoto, K., Miyamoto, H., Saeki, K. and Iritani, A. Analysis of transgenic mice produced by testis-mediated gene transfer
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Reprod.. Engineering 1 ??? 76-77 1998

全著者名 論文名
細井美彦、入谷 明 凍結細胞動物園
学術雑誌名 ページ 発行年
環境技術 27 7 14-15 1998

全著者名 論文名
Torii, R., Hosoi, Y., Masuda, Y., Iritani, A. & Nigi, H. Establishment of routine cryo-preservation of spermatozoa in the Japanese Monkey (Macaca fuscata)
学術雑誌名 ページ 発行年
Jap.J.Fert.Steril. 43 2 125-131 1998

全著者名 論文名
細井美彦、草之瀬基一、佐伯和弘、松本和也、入谷 明 ブタ精子由来の卵子活性化因子の検討
学術雑誌名 ページ 発行年
近畿大学生物理工学研究所紀要 1 ??? 20-25 1998

全著者名 論文名
Rebecca Schmid, Hiromi Kato, Edward L. Squires Effects of progesterone and follicular fluid during oocyte maturation on embryo development following intracytoplasmic sperm injection (ICSI) in horses
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 49 1 259 1998

全著者名 論文名
Hiromi Kato, George E. Seidel Jr. Effects of follicular fluid and follicular walls on bovine oocyte maturation
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 49 1 313 1998

全著者名 論文名
Hasebe M, Soh T, Hattori M and Fujihara N An attempt to produce transgenic chicken mediating sperm cells as vectors.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Anim. Res. 14 ??? 143-150 1998

全著者名 論文名
Zhao J, Hattori M.-A and Fujihara N Effects of Japanese Kampo Medicines (JKMs) on in vitro maturation and subsequent embryonic development of bovine oocytes.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Anim. Res. 13 ??? 93-104 1998

全著者名 論文名
Hanada K, Nishida N, Hattori M.-A and Fujihara N An enhancement of uterine epidermal growth factor receptor associated with embryo transplantation in rats.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mamm. Ova Res. 15 ??? 96-102 1998

全著者名 論文名
Tsuzuki Y and Fujihara N The effects of caffeine on sperm motility and in vitro embryo development for different bulls.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mamm. Ova Res. 15 ??? 27-30 1998

全著者名 論文名
Tsuzuki Y, Duran D. H, Kuroki Y, Uehara Y, Ashizawa K and Fujihara N The effects of dimethyl-sulfoxide on the in vitro maturation and fertilization of bovine oocytes and the subsequent development.
学術雑誌名 ページ 発行年
Asian-Aust. J. Anim. Sci. 11 ??? 307-310 1998

全著者名 論文名
Ohboshi S, Fujihara N, Yoshida T and Tomogane H Effects of glucose and amino acids on in vitro development of rat preimplantation embryos, and morphological features of the developed blastocysts.
学術雑誌名 ページ 発行年
Anim. Sci. Tech. 69 ??? 637-645 1998

全著者名 論文名
Ohboshi S, Fujihara N, Yoshida T and Tomogane H Ultrastructure of bovine in vitro-produced blastocysts cryopreserved by vitrification.
学術雑誌名 ページ 発行年
Zygote 6 ??? 17-26 1998

全著者名 論文名
Tsuzuki Y, Sakamoto T, Asizawa K and Fujihara N Effects of luteinizing hormone on nuclear maturation of pig oocytes in vitro.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mamm. Ova Res. 15 ??? 128-131 1998

全著者名 論文名
Liu L, Zhang H. W, Qian J. F and Fujihara N Effect of cycloheximide on bovine oocyte nuclear progression and sperm head transformation after fertilization in vitro.
学術雑誌名 ページ 発行年
Asian-Aust. J. Anim. Sci. 12 ??? 22-27 1998

全著者名 論文名
Tsuzuki Y, Ashizawa K and Fujihara N Effect of concentration of calf serum on in vitro development of in vitro produced bovine embryos.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Anim. Res. 14 ??? 137-142 1998

全著者名 論文名
Ando K, Fujihara N and Kusaba H Histochemical study on the innervation of noradrenergic and acetylcholinesterase-positive nerves in the internal carotid artery and cerebral arterial tree of the duck.
学術雑誌名 ページ 発行年
Jpn. Poult. Sci. 35 ??? 220-227 1998

全著者名 論文名
Okumara K, Nogami M, Matsushima Y, Matsumura K, Nakamura K, Taguchi H, Kitagawa Y. Mapping of human DNA-binding nuclear protein (NP220) to chromosome band 2p13.1-p13.2 and its relation to matrin 3.
学術雑誌名 ページ 発行年
Biosci Biotechnol Biochem. 62 8 640-642 1998

全著者名 論文名
Matsushima Y, Nagabukuro A, Matsuda Y, Kitagawa Y. Cloning and genomic mapping of the mouse matrin 3 gene and its pseudogenes.
学術雑誌名 ページ 発行年
Cytogenet Cell Genet. 81 3-4 194-198 1998

全著者名 論文名
Yoshitomo Taguchi, Kouichi Kino, Masaki Morishima, Tohru Komano, Susan E. Kane and Kazumitsu Ueda Alteration of substrate specificity by mutations at the His61 position in predicted transmembrane domain 1 of human MDR1/P-glycoprotein
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochemistry 36 29 8883-8889 1997

全著者名 論文名
Yoshitomo Taguchi, Masaki Morishima, Tohru Komano, and Kazumitsu Ueda Amino acid substitutions in the first transmembrane domain (TM1) of P-glycoprotein that alter substrate specificity
学術雑誌名 ページ 発行年
FEBS Lett. 413 ??? 142-146 1997

全著者名 論文名
Yoshitomo Taguchi, Aya Yoshida, Yuko Takada, Tohru Komano and Kazumitsu Ueda Anti-cancer drugs and glutathione stimulate vanadate-induced trapping of nucleotide in multidrug resistance-associated protein (MRP)
学術雑誌名 ページ 発行年
FEBS Lett. 401 ??? 11-14 1997

全著者名 論文名
Kazumitsu Ueda, Yoshitomo Taguchi and Masaki Morishima How dose P-glycoprotein recognize its substrates?
学術雑誌名 ページ 発行年
Seminar in Cancer Biology 8 ??? 151-159 1997

全著者名 論文名
Jinno, M., Katsumata, Y., Hoshiai, T., Nakamura, Y., Matsumoto, K. and Yoshimura, Y. A therapeutic role of prolactin supplementation in ovarian stimualtion for in vitro fertilization: The bromocriptine-rebound method
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Clin. Endocrinol. Metab. 82 11 3603-3611 1997

全著者名 論文名
Matsumoto, K., Haraguchi, S., Miyoshi, K., Awaya, A. and Sato, E. Enhancement of number of ovulations by administration of a pyrimidine compound with potentiating activity of angiogenesis by mice superovulated by PMSG and hCG
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Reprod.Dev. 43 ??? 137-141 1997

全著者名 論文名
細井美彦、入谷 明 ウシとウサギにおける精子頭部顕微注入による体外受精
学術雑誌名 ページ 発行年
近畿大学生物理工学部紀要 1 ??? 64-71 1997

全著者名 論文名
Inada S, Hasebe M, Yamaguchi H, Hattori M, Fujihara N and Morohashi K In vivo gene transfer into chick embryos at blastodermal stage.
学術雑誌名 ページ 発行年
Reprod. Nut. Develop. 37 ??? 1-8 1997

全著者名 論文名
Fujihara N, J. Zhao and Hattori M Artificial control of membrane function of rooster spermatozoa.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Ainm. Res. 11 ??? 137-144 1997

全著者名 論文名
Ohboshi S, Etoh T, Sakamoto K, Fujihara N, Yoshida T and Tomogane H Effects of bovine serum proteins in culture medium on post-warming survival of bovine blastocysts developed in vitro.
学術雑誌名 ページ 発行年
Theriogenology 47 ??? 1237-1243 1997

全著者名 論文名
Zhao J, Hattori M. -A and Fujihara N Ultrastructural comparison between immature and in vitro matured bovine oocytes cryopreserved in propanediol.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mamm. Ova Res. 14 ??? 84-94 1997

全著者名 論文名
Zhao J, Hattori M. A and Fujihara N Effect of Japanese Kampo Medicines on physiological function of frozen-thawed bovine spermatozoa in in vitro fertilization.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Mamm. Ova Res. 14 ??? 169-174 1997

全著者名 論文名
Ohboshi S, Fujihara N, Yoshida T and Tomogane H Usefulness of polyethylene glycol for cryopreservation by vitrification of in vitro-derived bovine blastocysts.
学術雑誌名 ページ 発行年
Anim. Reprod. Sci. 48 ??? 27-36 1997

全著者名 論文名
Hanada K, Hattori M and Fujihara N Improvement of rat embryo implantation by epierdermal growth factor.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Appl. Anim. Res. 12 ??? 71-80 1997

全著者名 論文名
Feng W. H, J. Zhao and Fujihara N Physiological characteristics of electro-ejaculated giant panda (Ailuropoda melanoleuca) semen.
学術雑誌名 ページ 発行年
Jpn. J. Zoo Wild Med. 2 ??? 107-112 1997

全著者名 論文名
Fujihara N Physiological comparison of semen and spermatozoa in birds.
学術雑誌名 ページ 発行年
Current Rev. Pharmacol. 4 ??? 23-32 1997

全著者名 論文名
Inagaki H, Matsushima Y, Ohshima M, Kitagawa Y. Interferons suppress mitochondrial gene transcription by depleting mitochondrial transcription factor A (mtTFA).
学術雑誌名 ページ 発行年
J Interferon Cytokine Res. 17 5 263-269 1997

全著者名 論文名
Matsushima Y, Matsumura K, Kitagawa Y. Zinc finger-like motif conserved in a family of RNA binding proteins.
学術雑誌名 ページ 発行年
Biosci Biotechnol Biochem. 61 5 905-906 1997

B.国際会議発表論文(International Conferences)
全著者名 論文名
Hiromi Kato, Yasuyuki Shibata, Minoru Yoneda, Kazuya Matsumoto, Kazuhiro Saeki, Yoshihiko Hosoi, Akira Iritani DNA sequence retrieval from ancient animal skin tissue excavated from Siberian permafrost
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 27th Annual Conference International Embryo Transfer Society Omaha 388 388 2001

全著者名 論文名
Aritomi S and Fujihara N Production of chimeric chicken using somatic dells derived from hens. Proc. Curr. Status Perspec
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Cloning Relat. Stud. Tsukuba ??? 80 2001

全著者名 論文名
Katayma K. and Fujihara N Successful cell culture of dead animal tissues and introduction of foreign gene into animal cells. Status Perspec
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Cloning Relat. Stud. Tsukuba ??? 62 2001

全著者名 論文名
Saruwatari K. an Fujihara N Effective cryoprotectants for the cryopreservation of animal tissues. Status Perspec
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Cloning Relat. Stud. Tsukuba ??? 92 2001

全著者名 論文名
Fujihara N. and Xi Y. M Promissing conservation of genetic resources in poultry production in the future
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
2001 Int. Symp. Recent Research Trends in the Development of Poutry Industry (Invited) Chonju ??? 50-56 2001

全著者名 論文名
Fujihara N. Strusie w Japonii - tendencje - rynek zbytu (Invited)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Miedzynarodowe Seminariium nt. Jastrzbiec ??? 11-13 2001

全著者名 論文名
Saeki K, Kaneko T, Matsumoto K, Hosoi Y, Iritani A Onset of gene expression in bovine embryos following reporter gene microinjection
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
14th Int'l Cong Anim Reprod Abstr Stockholm Vol 1 139 2000

全著者名 論文名
Hosoi, Y., Torii, R., Kusaka, N., Matsumoto, K., Saeki, K., Nigi, H. & Iritani, A Establishment of routine artificial reproductive methodology in the Japanese monkey (Macaca fuscata)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
14th Int'l Cong Anim Reprod Abstr Stockholm ??? ??? 2000

全著者名 論文名
Tada, T., Torii, R., Hosoi, Y., Kondo, Y., Imahie, H., Kobayashi, K., Iritani, A. & Nakatsuji N. Embryonic Stem Cell Lines Established from Primate Species and Mouse Strains Derived from Asian Wild Mice
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
International Congress on Differentiation and Cell Biology Goldcoast ??? ??? 2000

全著者名 論文名
Arima T, Ebara F, Furuta H and Fujihara N Possible vector of chicken spermatozoa for transferring exogenous genes into embryos
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Cong. on 3rd Asian Oce. Androl. Chiba ??? 135 2000

全著者名 論文名
Nakaya Y, Zhang R, Xi Y. M and Fujihara N Effect of Japanese Kampo Medicines (JKMs) on in vitro preservation of bovine spermatozoa and in vitro fertilization
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Cong. on 3rd Int. Yak. Lhasa ??? 110-111 2000

全著者名 論文名
Aritomi S and Fujihara N Possible production of chimericm chicken by fusing cells with electroporation in two-phase polymer systems
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Cong. on 21st World Poult. Montreal ??? 125-126 2000

全著者名 論文名
Furuta H and Fujihara N Developmental mechanism of chicken gonads haivng inter-sexually transferred primordial germ cells (PGCs).
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Cong. on 21st World Poult. Montreal ??? 121-122 2000

全著者名 論文名
Furuta H, Aritomi S and Fujihara N Possible production of transgenic chicken via germline and blastodermal cells
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on JAACT 2000. Fukuoka ??? 60 2000

全著者名 論文名
Miyamoto R and Fujihara N Analysis of telomerase activity in several kinds of cells
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on JAACT 2000. Fukuoka ??? 168 2000

全著者名 論文名
Saruwatari K, Nakaya Y and Fujihara N Effect of cryoprotectants on the cryopreservation of bovine tissues
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on JAACT 2000. Fukuoka ??? 102 2000

全著者名 論文名
Gamo T, Nakaya Y and Fujihara N In vitro proliferation of cryopreserved animal tissues
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on JAACT 2000 Fukuoka ??? 100 2000

全著者名 論文名
Fukushima R and Fujihra N Proliferation of chicken primordial germ cells (PGCs) co-cultured with germinal ridge stroma cells derived from female and male embryos
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on JAACT 2000 Fukuoka ??? 114 2000

全著者名 論文名
Toba M and Fujihara N Movement of DT40 cells injected into different sites of early chick embryos
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on JAACT 2000 Fukuoka ??? 136 2000

全著者名 論文名
Furuta H, K. B. Kim and Fujihara N Successful transfer of exogenous genes to chicken blastoderm by lipofection
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on Bird Reprod. Tours ??? 84-85 1999

全著者名 論文名
Ebara F and Fujihara N In vivo gene transfer into chicken embryos via primordial germ cells using green fluorescent protein hybrid DNA
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on Bird Reprod Tours ??? 124-125 1999

全著者名 論文名
Toba M, Fukushima R, Kitagawa K and Fujihara N Possible vector of DT40 cells for transferring foreign genes into chicken embryos
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on Bird Reprod. Tours ??? 45-46 1999

全著者名 論文名
Fukushima R, G. Q. Yang and Fujihara N articipation of embryonic germinal ridge stroma cells (GRSCs) in in vitro proliferation of chicken primordial germ cells (PGCs)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on Bird Reprod. Tours ??? 67-68 1999

全著者名 論文名
Lukaszewicz E and Fujihara N The effect of DMF addition on morphology and fertilizing ability of unfrozen gander spematozoa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on Bird Reprod. Tours ??? 87-88 1999

全著者名 論文名
Yuwanta T and Fujihara N Indonesian native chickens: production and reproduction potentials and future development
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on Bird Reprod Tours ??? 112-113 1999

全著者名 論文名
Fan G. L, Y. M. Xi and Fujihara N Observation on the morphological structure of some immunological organs of crested ibis
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf on. Int. Work. Crested Ibis Conserv. Hanzhong ??? 133-136 1999

全著者名 論文名
Fujihara N and Y. M. Xi Genetic resource conservation in the waterfowl (Invited Papers)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on 1st World Waterfowl Taiwan ??? 63-69 1999

全著者名 論文名
Lukaszewicz E, and Fujihara N Analysis of semen quality of 1 and 2 years old ganders during the entire reproductive season
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Conf. on 1st World Waterfowl Taiwan ??? 199-202 1999

全著者名 論文名
Hiromi Kato, Mehmet Gueler, George E. Seidel Jr. Effects of ?-mercaptoethanol and oxygen tension on in vitro development of bovine embryos
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
American Society of Animal Science Meeting Denver 848 218 1998

全著者名 論文名
Rebecca Schmid, Hiromi Kato, Edward L. Squires Effects of progesterone and follicular fluid during oocyte maturation on embryo development following intracytoplasmic sperm injection (ICSI) in horses
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 24th Annual Conference International Embryo Transfer Society Boston 259 259 1998

全著者名 論文名
Hiromi Kato, George E. Seidel Jr. Effects of follicular fluid and follicular walls on bovine oocyte maturation
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 24th Annual Conference International Embryo Transfer Society Boston 313 313 1998

全著者名 論文名
Matsushima, Y., Matsumura, K., Ishii S. and Kitagawa, Y. Targeted disruption of mitochondrial transcription kactor A in a chiken DT40 cell lione.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The Joint Meeting of Jananese Association for Animal Cell Technology and European Society for Animal Cell Technplogy Kyoto O-51 289-293 1997

C.著書(Books)
全著者名 書名
佐伯和弘 最近における胚の性判別および精子分別の研究開発の動向.T.PCR法による胚の性判別とその実用化
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
畜産技術11月号 ??? ??? 5-8 2001

全著者名 書名
松本和也 HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY 8(「特集 生殖医学のゆくえ」)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
メディカルレビュー社 東京 ??? 17-23 2001

全著者名 書名
松本和也 生殖工学のための講座 卵子研究法
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
養賢堂 東京 ISBN4-8425-0075-1 268-276 2001

全著者名 書名
細井美彦 6.遺伝子改変法 - 1.マウス、In : 卵子研究法、鈴木秋悦、佐藤英明共編
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
養賢堂 東京 ISBN4-8425-0075-1 372-381 2001

全著者名 書名
Hattori M, Nishida N, Takesue K, Kato Y and Fujihara N Synthesis of nitric oxide in the porcine ovary and its possible function In : Reproductive Biotechnology(Editors: H. Miyamto & N. Manabe)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Nakanishi Print Kyoto 4-87963-892-9 99-103 2001

全著者名 書名
細井美彦、入谷 明 培養液の調整と平衡化 In:ARTラボラトリー、鈴木秋悦 他 監修
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
 メディカルビュー社 東京 ISBN4-8955-3887-7 66-71 2000

全著者名 書名
藤原 昇 家禽学
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
朝倉書店 東京 ISBN 4-254-45017-6 60-70 2000

全著者名 書名
Fujihara N., Mori M, Masumoto N and Xi Y. M Physiological regulation of egg shell color via forced molting in the chicken. In: Current Topic in Pharmacology (Editors: A. Brui & G. Brunstock)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Research Trends Trivandrum ISBN 81-258-0059-X 143-148 2000

全著者名 書名
駒野 徹、酒井 裕 ライフサイエンスのための分子生物学入門
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
裳華房 東京 ISBN4-7853-5042-3 1-255 1999

全著者名 書名
青柳敬人,佐伯和弘 海外情報-高度畜産新技術実用化促進事業に係る海外現地調査報告
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
ETニュースレター ??? 22 7-33 1999

全著者名 書名
佐伯和弘 トランスジェニック家畜:最近の進捗状況と商業的利用
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
日本胚移植研究会誌 21 ??? 144-152 1999

全著者名 書名
Matsumoto, T., Kanno, T., Hontsu, S., Hosoi, Y., Kato, N., Uenoya, T. & Sugihara, T Formation of biocompatible hydroxy apatite thin films deposited by laser ablation In: Bioceramics vol 12 edited by H.Ohgushi et al.,
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
World Scientific Publishing Co. Pte. Ltd New York ??? 499-502 1999

全著者名 書名
細井美彦、入谷 明 ジェネティックスとクローンIn: 生殖ジェネティクス 鈴木秋悦 他 監修
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
メディカルビュー社 東京 ISBN4-89553-753-7 122-129 1999

全著者名 書名
Inada S, Hattori M and Fujihara N In vivo gene transfer to chicken via blastodermal cells of early developing embryos. In: Animal Cell Technology: Challenge for 21st century (Editors: K. Ikura, M. Nagao, S. Masuda & R. Sasakj)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Kluewer Academic Pub. Dordrecht ISBN 0-7923-5805-8 208-213 1999

全著者名 書名
R.J. ベイノン、駒野 徹 科学研究ガイド
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
化学同人 京都 ISBN4-7598-0770-5 1-216 1998

全著者名 書名
駒野 徹 遺伝子の構造と機能
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
学会出版センター 東京 ISBN4-7622-1871-5 1-307 1998

全著者名 書名
Fujihara N, Inada S, Hasebe M, Yamaguchi H and Hattori M.-A In vivo gene transfer to chick embryos via spermatozoa and primordial germ cells. In: Reproductive Biology Update(Editors: H. Miyamoto & N. Manabe)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Nakanishi Print Kyoto ISBN 4-87974-981-8 389-401 1998

全著者名 書名
Zhao J, Hattori M.-A and Fujihara N In vitro maturation of oocytes and developmental ability of embryos in vitro fertilization. In: Reproductive Biology Update(Editors: H. Miyamto & N. Manabe)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Nakanishi Print Kyoto ISBN 4-87974-981-8 187-195 1998

全著者名 書名
Hattori M, Nishida N, Noda M, Fujihara N and Horiuchi R Ganglionic cell glycoconjugates found in atretic follicles of the pig ovary. In: Reproductive Biology Update (Editors: H. Miyamto & N. Manabe)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Nakanishi Print Kyoto ISBN 4-87974-981-8 43-57 1998

全著者名 書名
Fujihara N Physiological comparison of semen and spermatozoa in birds. In: Current Topics in Pharmacology (Editors: A. Brui & G. Brunstock)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Research Trends Trivandrum ISBN 81-85607-90-7 59-65 1997


戻る