平成13年度日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業研究成果報告書概要



研究推進分野名 感染と生体防御
 
研究プロジェクト名 粘膜細菌感染症の集学的制御法
 
(英文名) Combined Control Strategy for Mucosal Bacterial Infections
 
研究期間 平成9年度 〜 平成13年度

プロジェクト・リーダー名 研究経費 429,079千円
氏名・所属研究機関
所属部局・職名
本田武司 ・大阪大学 ・微生物病研究所 ・教授 内訳 平成 9年度85,250千円
平成10年度84,780千円
平成11年度82,929千円
平成12年度84,148千円
平成13年度91,972千円

1.研究組織

氏名 所属機関・部局・職 研究プロジェクトでの役割分担
中江太治 東海大学・医学部・教授 抗生物質排出ポンプの作動機作の解析
浜田茂幸 大阪大学・大学院歯学研究科・教授 病原細菌の宿主粘膜細胞への付着・侵入機構の解明とその制御

2.研究計画の概要

(本田グループ)
代表的な粘膜感染症として細菌性腸管感染症をとりあげ、感染成立にいたる全プロセスの理解を深化させ、その理解に基づき、理に叶った、抗菌薬に頼らない新規な感染症治療法の開発への基盤的知見を得ようと考えた。具体的には、発症機序の異なる腸炎ビブリオ、いわゆるO157を含む病原性大腸菌、さらに研究途中に我々が発見した新しい食中毒原因菌(Providencia alcalifaciens)も研究対象に加えて、それぞれ毒素、付着、侵入を引き起こすメカニズムについて比較解析した。
(中江グループ)
細菌感染症の制御は抗生物質による化学療法が中心である。しかし過去50年に及ぶ抗生物質使用の結果、多剤交叉薬剤耐性菌が出現し、この問題は深刻であり、その対策は急がねばならない。その対策としては、耐性機構の解析である。中でも近年問題となっているのは薬剤の能動排出による交叉耐性である。本研究では院内感染起因菌である緑膿菌の排出ポンプの作動機構を、その遺伝子及びその産物である膜蛋白質を解析することによって、排出による薬剤耐性化の問題を解決する戦略を立てた。
(浜田グループ)
病原細菌による最初期の感染部位と宿主体内への侵入門戸は、大部分の感染症において粘膜である。近年ようやく,感染と粘膜免疫の関係が注目をされ始めているが,病原微生物の専門家で粘膜免疫を手がけている研究者は極めて少ない。病原細菌の例として,A群化膿レンサ球菌(GAS)をモデル感染系として取り上げ、発症に至る動態、特に粘膜細胞への付着機構の解析を細菌自体あるいは精製純化した病原因子を用いて、粘膜免疫や標的細胞との相互作用について解析する。これらの成績をもとに、病原因子を免疫原とする感染症予防法の開発と,粘膜免疫を誘導する適切なアジュバントの開発を行う。

3.研究目的
(本田グループ)
細菌性腸管粘膜感染症の病態を次の代表的菌種を用いて解析し、制御法開発の基盤的知見をえること。(1)病原性大腸菌について:本菌の感染初期(標的細胞への付着)過程が成立する機序を明らかにする。(2)腸炎ビブリオについて:腸炎ビブリオの病態の多くは、本菌の産生する耐熱性溶血毒(TDH)で説明されてきたが、詳細な機序が不明な事が多い。そこで、TDHのエンテロトキシンとしての作用を解明する。(3)Providenciaについて:本菌による食中毒を研究期間中に見出し、しかも病原性大腸菌、腸炎ビブリオと異なった作用機序(標的細胞侵入性)を有したので、第三の研究課題に加え、解析した。これで、腸管系感染症の主要な発症機構の代表例が揃い、単独の研究グループが同じ土俵で比較検討できることになった。
(中江グループ)
能動的薬剤排出による多剤耐性菌に対する戦略のため次の様な目的を立てた。
(1)すでにクローン化してある緑膿菌の排出蛋白をコードする遺伝子を破壊しポンプサブユニットの機能を明らかとする。(2)緑膿菌の複数のポンプ間でサブユニットの交換をすることによって基質認識部位を明らかとする。(3)基質排出の機序解析のためリアルタイムに基質排出をモニタする。(4)排出ポンプの活性中心及びサブユニット相互作用を明らかとする。
(浜田グループ)
(1)A群化膿レンサ球菌(GAS)感染症の発症に至る動態,特に粘膜細胞への付着機構の解析する。
(2)A群化膿レンサ球菌の病原因子を免疫原とする感染症予防法の開発する。
(3)粘膜免疫を誘導する適切なアジュバントを探索する。

4.研究成果の概要
4−1 研究計画、目的に対する成果
(本田グループ)
(1)病原性大腸菌について:EPEC/EHECの感染初期にとって重要なプロセスは、杯状の大腸菌受け皿(A/E病変)の形成である。この過程は複雑であるが、cortactinとTalinが菌側の因子(Tir)と標的細胞側因子(F-actin)の間に介在する事が分かった。また、菌側因子(エフェクター)の1つであるEspBは、αCatenin結合し、A/E病変形成に関わる事を見出した。
(2)腸炎ビブリオについて:TDHのエンテロトキシン活性について解析し、TDHが標的細胞(腸管上皮細胞)に作用すると、Protein kinase Cの活性化が起り、細胞内のCa++濃度が高まり、それを受けて、Ca++-activated Cl- channelを介して、Clの分泌が起り、下痢を引き起こす事が分かった。
(3)Providenciaについて:新しい食中毒原因菌としてP.alcalifaciensを見出した。Salmonella pathogenicity island(SPI-1)類似の侵入に関わる遺伝子群がプラスミド上に認められ、培養細胞への侵入を示したので、本菌は侵入性により下痢原性を発揮すると考えられる。
(中江グループ)
(1)に対してはMexA,MexB,OprMポンプの三つのサブユニットを遺伝子置換法によって破壊した。その結果ポンプ機能にはすべてのサブユニットが必須であることがわかった。(2)のためにはMexAB-OprM,MexCD-OprJ及びMexEF-OprNの三種のポンプ間でサブユニットを交換する実験を行った。その結果OprMはほぼどのポンプとも共同的に機能した。また基質認識部位は内膜成分に存在した。(3)は蛍光プローブ数種を用いて実験を行ったところ、基質は膜中及び水相両方から輸送されることが明らかとなった。(4)のためにはMexBの膜貫通領域のアミノ酸残基の解析を行った。その結果荷電を有する残基が必須であることがわかった。
(浜田グループ)
(1)GAS莢膜は生育段階によりその発現を変化させ,細胞への付着と侵入を制御していることが示唆された。上皮細胞へのGAS侵入により,ミトコンドリアの機能異常からアポトーシスが誘導されることを示したまたA群レンサ球菌の細胞付着因子および細胞侵入因子としてそれぞれLbp,Fbaタンパクを新規に同定した。
(2)GAS菌由来のタンパクについて感染防御抗原の可能性を検討した結果,FBP54が最も有力な免疫原であった。
新しい遺伝子型別法を用いて,我が国におけるGAS臨床分離株のM型別をはじめて実行した。
(3)マウスへのスーパー抗原SpeA及び SEB の前投与が致死的リステリア菌感染に対する防御効果を誘導した。

4−2 研究計画、目的外の成果
(本田グループ)
最も大きな予想外の成果は、腸炎ビブリオが2つの環状染色体を持つ事を発見したことである。これは、細菌は1つの染色体を持つと言う常識を破るものである。更に、新しい食中毒原因菌としてProvidencia alcalifaciensの発見も大きい。
(中江グループ)
(1)MexA,MexB及びOprMサブユニットの膜トポロジーを解析した。その結果MexAは内膜結合リポ蛋白であり、蛋白部分はペリプラズムドメインに位置した。MexBは内膜を12回貫通する蛋白であり、二つの大きなペリプラズムドメインを有した。OprMは外膜結合リポ蛋白でありペリプラズムに突出していた。(2)MexAB-OprM及びMexEF-OprNポンプの発現の制御を明らかにした(詳細は省略)。
(浜田グループ)
(1)免疫グロブリン結合タンパクSibを新たに発見し,B細胞マイトジェンであることが明らかとなった。
(2)A群レンサ球菌の劇症型感染症で見られる筋壊死の惹起に関する病原因子AmyAを見いだした。
(3)非致死的インフルエンザウイルス感染後の非致死的GAS経鼻感染によってマウスの致死効果が増強された。
(4)GASの既知プロテアーゼを分子生物学的に不活化することで、新規のプロテアーゼPepAを発見した。

4−3 研究成果の展望
(本田グループ)
細菌性腸管感染症は、特異な付着(EPECによるA/E病変)、タンパク毒素(TDH/TRH産生性腸炎ビブリオ)、侵入性(Providencia)のいずれかの発症機序で病気を引き起こす。これまで、それぞれ別個の研究者が個々の菌を扱い、相互の比較が必ずしも容易でなかった。本研究で、偶然発見できたProvidenciaが加わる事で、細菌性腸管感染症の主要な発症機構を持つ研究材料が揃い、比較検討(共通な過程、特異な過程など)できる体制が整った事の意義は大きい。これまでの豊富な経験を生かし、焦点が拡散する事の欠点を意識する事で、比較病態学と言った領域開拓を目指したい。
(中江グループ)
本研究では緑膿菌の薬剤排出ポンプの構造及び機能を遺伝子・蛋白及び細胞膜の観点から研究した。この結果はこれまで明らかとされたことのない(1)非特異的膜輸送の系が確立された、(2)疎水分子の膜輸送の機序が明らかとなりつつある、(3)抗生物質耐性の新しい機序が明らかとなった、(4)ヒトの抗癌剤耐性などと共通する全生物に存在する異物排出及び新しい型の生体防御機構が浮かび上がってきた。(5)抗排出ポンプ剤の開発に重要な情報を提供したことによって、全く新しい型の薬剤が開発中である。
(浜田グループ)
(1)スーパー抗原が細胞性免疫の賦活を誘導し,細胞内寄生菌などに対する感染防御効果を増強させる新しい役割をもち、細胞性免疫誘導の新たなアジュバントとしての可能性を強く示唆した。(2)劇症型 GAS 感染症発症の原因としてGAS 由来病原因子以外の外的因子の存在を明らかにしたことから,特に細菌とウイルスの重感染系モデルを用いたアプローチが採用されると思われる。(3)今後GASの新たに同定した宿主定着因子(付着,侵入に関するタンパク)の機能部位の解明と免疫学的解析を行う。さらに、同タンパクのマウス発症モデルを用いて感染防御抗原としての可能性を検討することにより、ワクチン化をめざす。

4−4 本事業の趣旨に鑑み、果たした役割
(本田グループ)
病態の詳細な理解により、抗菌薬の感受性・耐性に関わらず有効な抗菌薬とは異なる、新規な抗感染症薬(感染症制御法)の開拓が最終目標である。本研究では、様々な阻害剤が見出せたので、これらをシードとして新しい抗感染症薬が創製出来る基盤が出来たと思われる。
(中江グループ)
本研究で取り上げられたMexAB-OprM異物排出ポンプは薬剤を細胞外に排出するものであるから、この研究の未来開拓事業の趣旨に貢献したことは次の様な事柄である。(1)新しい型の異物排出の機序が明らかとなり、新しい型の生体防御機構の研究に発展できた。(2)本研究を通して抗排出ポンプ剤という今までの概念にない薬剤の開発が可能となった。事実一部のメーカーでは開発が進んでいる。抗ポンプ剤の開発が成功すれば20世紀に蓄積した多くの抗生物質・薬剤は再び使用可能となる。
(浜田グループ)
劇症型A群レンサ球菌感染症患者より最も高頻度に分離されるM1血清型菌に特有の病原因子を同定したことは、本感染症に対する予防法、治療法の確立に寄与するものと思われる。
スーパー抗原の感染防御因子としての役割を示し、細菌感染における本抗原の新たな可能性を引き出した。
劇症型GAS感染症発症マウスモデルの作製により、発症のメカニズムを解析することが可能となった。

5.キーワード

(1)A群レンサ球菌、(2)定着因子、(3)粘膜免疫
(4)腸炎ビブリオ、(5)病原性大腸菌、(6)毒素
(7)薬剤排出ポンプ、(8)抗生物質、(9)緑膿菌

6.研究成果発表状況

A.学術雑誌論文(Journal Papers)
全著者名 論文名
Akeda Yukihiro, T. Kodama, T. Kashimoto, V. Cantarelli, Y. Horiguchi, K. Nagayama, Tetsuya Iida and Takeshi Honda Dominant-negative Rho, Rac, and Cdc42 facilitate the invasion process of Vibrio parahemolyticus into Caco-2 Cells.
学術雑誌名 ページ 発行年
Infect. Immun. 70 ??? 970-973 2002

全著者名 論文名
Miyagi K., Y. Takegaki, T. Nakano, Y. Nakano, Takeshi Honda and K. Sano Frequency of failure to isolate Shigella spp. by the direct plating technique and improvement of isolation by enrichment in selenite broth.
学術雑誌名 ページ 発行年
Epidemiol. Infect. 127 ??? 375-379 2001

全著者名 論文名
Nakata S., T. Ikeda, H. Nakatani, M. Sakamoto, M. Higashidutumi, Takeshi Honda, A. Kawayoshi and Y. Iwamura Evaluation of an automatic fogging disinfection unit.
学術雑誌名 ページ 発行年
Environmental Health and Preventive Medicine 6 ??? 160-164 2001

全著者名 論文名
Vlademir V. C, A. Takahashi, I. Yanagihara, Yukihiro Akeda, K. Imura, T. Kodama, G. Kono, Y. Sato and Takeshi Honda Talin, a host cell protein, interacts directly with the translocated intimin receptor, Tir, of entropathogenic Escherichia coli, and is essential for pedestal formation.
学術雑誌名 ページ 発行年
Cellular Microbiology 3 ??? 1-8 2001

全著者名 論文名
Hayashi T, K.Makino, M.Ohnishi, K.Kurokawa, K.Ishii, K.Yokoyama, C.G.Han, E.Ohtsubo, K.Nakayama, T.Murata, M.Tanaka, T.Tobe, Tetsuya Iida, H.Takami, Takeshi Honda, C.Sasakawa, N.Ogasawara, T.Yasunaga, S.Kuhara, T.Shiba, M.Hattori and H.Shinagawa Complete genome sequence of enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 and genomic comparsion with a laboratory strain K-12.
学術雑誌名 ページ 発行年
DNA Reseach. 8 ??? 11-22 2001

全著者名 論文名
Hayashi T, K.Makino, M.Ohnishi, K.Kurokawa, K.Ishii, K.Yokoyama, C.G.Han, E.Ohtsubo, K.Nakayama, T.Murata, M.Tanaka, T.Tobe, Tetsuya Iida, H.Takami, Takeshi Honda, C.Sasakawa, N.Ogasawara, T.Yasunaga, S.Kuhara, T.Shiba, M.Hattori and H.Shinagawa Complete genome sequence of enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 and genomic comparison with a laboratory strain K-12.
学術雑誌名 ページ 発行年
DNA Reseach. 8 Supplement 47-52 2001

全著者名 論文名
Naim R, Itaru Yanagihara, Tetsuya Iida and Takeshi.Honda Vibrio parahaemolytics thermostable direct hemolysin can indeuce an apoptoic cell death in Rat-1 cells from inside and ouside of the cells.
学術雑誌名 ページ 発行年
FEMS Microbiol.Lett. 195 ??? 237-244 2001

全著者名 論文名
Iida Tetsuya, A. Hattori, K. K. Tagomori, H. Nasu, R. Naim and Takeshi Honda Filamentous phage associated with recent pandemic strains of Vibrioparahaemolyticus.
学術雑誌名 ページ 発行年
Emerging Infectious Diseases 7 ??? 477-478 2001

全著者名 論文名
Iijima Y., M. Karama, J.O. Oundo and Takeshi Honda Prevention of bacterial diarrhea by pasteurization of drinking water in Kenya.
学術雑誌名 ページ 発行年
Microbiol. Immunol. 45 ??? 413-416 2001

全著者名 論文名
Naim R., Tetsuya Iida, A. Takahashi and Takeshi Honda Monodansylcadaverine inhibits cytotoxicity of Vibrio parahaemolyticus thermostable direct hemolysin on cultured rat embryonic fibolast cells.
学術雑誌名 ページ 発行年
FEMS Microbiol. Lett. 196 ??? 99-105 2001

全著者名 論文名
Takahashi Aakira, Tetsuya. Iida, R. Naim, Y. Nakakaya and Takeshi Honda Chloride secretion induced by thermostable direct haemolysin of Vibrio parahaemolyticus depends on colonic cell maturation.
学術雑誌名 ページ 発行年
J.Med. Microbiol. 50 ??? 870-878 2001

全著者名 論文名
Taniguchi T., Yukihiro Akeda, A. Haba, Y. Yasuda, K. Yamamoto, Takeshi Honda and K. Tochikubo Gene cluster for assembly of pilus colonization factor antigen III of enterotoxigenic Esherichia coli.
学術雑誌名 ページ 発行年
Infect. Immun. 69 ??? 5864-5873 2001

全著者名 論文名
Murata T., Tetsuya Iida, Y. Shiomi, K. Tagomori, Yukihiro Akeda, I. Yanagihara, S. Mushiake, F. Ishiguro and Takeshi Honda A large outbreak of foodborne infection attributed to Providencia alcalifaciens.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Infect. Dis. 184 ??? 1050-1055 2001

全著者名 論文名
Cantarelli V., Akira Takahashi, Yukihiro Akeda, K. Nagayama and Takeshi Honda Interaction of enteropathogenic or enterohemorrhagic Escherichia coli with HeLa cells results in traslocation of cortactin to the bacterial adherence site.
学術雑誌名 ページ 発行年
Infect. Immun. 68 ??? 382-386 2000

全著者名 論文名
Yamamoto T., K. Nagayama, K. Satomura, Takeshi Honda and S. Okada Increased serum IL-10 and endothelin levels in hemolytic uremic syndrome caused by Escherichia coli O157.
学術雑誌名 ページ 発行年
Nephron 84 ??? 326-332 2000

全著者名 論文名
Nasu H, Tetsuya Iida, T. Sugawara, Y. Yamaichi, K. Park, K. Yokoyama, K. Makino, H. Shinagawa and Takeshi Honda A filamentous phage associated with recent pandemic Vibrio parahaemolyticus O3:K6 strains.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Clin. Microbiol. 38 ??? 2156-2161 2000

全著者名 論文名
Kojima S., I. Yanagihara, G. Kono, T. Sugahara, H. Nasu, M. Kizima, A. Hattori, T. Kodama, K. Nagayama and Takeshi Honda mkp-1, encoding mitogen-activated protein kinase phosphatase1, a verotoxin 1 responsive gene, detected by differential display reverse transcription-PCR in Caco-2 Cells.
学術雑誌名 ページ 発行年
Infect. Immun. 68 ??? 2791-2796 2000

全著者名 論文名
Takahashi Akira, N.Kenjyo, K.Imura, Myonsun.Yoh and Takeshi Honda Cl- secretion in colonic epithelial cells induced by the Vibrio parahaemolyticus hemolytic toxin related to thermostable direct hemolysin.
学術雑誌名 ページ 発行年
Infect. Immun. 68 ??? 5435-5438 2000

全著者名 論文名
Takahashi Akira, K.Imura and Takeshi Honda Chloride secretion caused by thermostable direct hemolysm of Vibrio parahaemolyticus.
学術雑誌名 ページ 発行年
Contorol and Disease of Sodium Dependent Transport Proteins and Ion Channels ??? ??? 275-276 2000

全著者名 論文名
Ohiso I, M. Tsuruoka, Tetsuya Iida Takeshi Honda and I. Karube A fluorescence polarization assay using oligonucleotide probes for the rapid detection of Verotoxin-producing Escherichia coli
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Biotechnol. 81 ??? 15-25 2000

全著者名 論文名
Park K, Takeshi Iida, Y. Yamaichi, T. Oyagi, K. Yamamoto and Takeshi Honda Geneticcharacterization of DNA region containing the trh and ure genes of Vibrio parahaemolyticus.
学術雑誌名 ページ 発行年
Infect.Immun. 68 ??? 5742-5748 2000

全著者名 論文名
Yokoyama K., K.Makino, Y. Kubota, M. Watanabe, S. Kimura, C.H. Yutsudo, K. Kurokawa, K. Ishii, M. Hattori, I. Tatsuno, H. Abe, Myonsun.Yoh, Takeshi Iida, M. Ohnishi, T. Hayashi, T. Yasunaga, T. Honda, C. Sasakawa and H.Shinagawa Complete nucleotide sequence of the prophage VT1-Sakai carrying the Shiga toxin 1 genes of the enterohaemorrhagic O157 Escherichia colistrain derived from the Sakai outbreak
学術雑誌名 ページ 発行年
GENE. 258 ??? 127-139 2000

全著者名 論文名
Cantarelli V., K. Nagayama, Akira Takahashi, Takeshi Honda, P.F. Cauduro, C.A.G.Dias, A. Mezzari and T. Brodt Isolation of Shiga toxin-producing Escherichia coli(STEC) serotype O91: H21 from a child with diarrhea in Porto Alegre city, rs, Brazil.
学術雑誌名 ページ 発行年
Brazilian J. Mirobiol. 31 ??? 266-270 2000

全著者名 論文名
Takahashi Akira, Y.Sato, Y.Shiomi, V.Cantarelli, Tetuya.Iida, M.Lee and Takeshi Honda Mechanisms of chloride secretion induced by thermostable direct haemolysin of Vibrio parahaemolyticus in human colonic tissue and a human intestinal epithelial cell line.
学術雑誌名 ページ 発行年
J.Med.Microbiol. 49 ??? 801-10 2000

全著者名 論文名
Yamaichi Y. Tetsuya Iida, K. S. Park, K. Yamamoto and Takeshi Honda Physical and genetic map of the genome of Vibrio parahaemolyticus: presence of two chromosomes in Vibrio species.
学術雑誌名 ページ 発行年
Mol. Microbiol. 31 ??? 1513-1521 1999

全著者名 論文名
Zhang D. and Takeshi Honda Disappearance of glyceraldehyde 3-phosphate dehydrogenase from erythrocyte membrane by hemolysis with thermostable direct hemolysin of Vibrio parahaemolyticus or V. cholerae El Tor hemolysin.
学術雑誌名 ページ 発行年
Microbiol. Immunol. 43 ??? 303-305 1999

全著者名 論文名
Sawata S., E. Kai, K. Ikebukuro, Tetsuya Iida, Takeshi Honda and I. Karube Application of peptide nucleic acid to the diret detection of deoxyribonucleic acid amplified by polymerase chain reaction.
学術雑誌名 ページ 発行年
Biosensors & Bioelectronics 14 ??? 397-404 1999

全著者名 論文名
Bi Z., K. Nagayama, Yukihiro Akeda, V. Cantareli, T. Kodama, Y. Takarada, S. Shibata and Takeshi. Honda Development of an enzyme-labeled oligonucleotide probe for detecting the Escherichia coli attaching and effecing A gene
学術雑誌名 ページ 発行年
Microbiol. Immunol. 43 ??? 663-667 1999

全著者名 論文名
Fujiwara N., J. Pan, K. Enomoto, Y. Terano, Takeshi Honda and I. Yano Production and partial characterization of anti-cord factor (trehalose-6,6'-dimycolate) IgG antibody in rabbits recognizing mycolic acid subclasses of Mycobacterium tuberculosis or Mycobacterium avium
学術雑誌名 ページ 発行年
FEMS Immunol. Med. Microbiol. 24 ??? 141-149 1999

全著者名 論文名
Taniguchi T., Y. Yasuda, K. Tochikubo, K. Tohikubo, K. Yamamoto and Takeshi Honda The gene encoding the prepilin peptidase involved in biosynthesis of pilus colonization factor antigen III(CFA/III) of human enterotoxigenic Escherichia coli.
学術雑誌名 ページ 発行年
Microbiol. Immunol. 43 ??? 853-861 1999

全著者名 論文名
Matsunaga T., T. Nakajima, M. Sonoda, S. Kawai, J. Kobayashi, I. Inoue, A Satomi, S. Katayama, Akira Hara, S. Hokari, Takeshi Honda and T. Komoda Reactive oxygen species as a risk factor in verotoxin-1-exposed rats.
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem. Biophy. Res. Commun. 260 ??? 813-819 1999

全著者名 論文名
Zhang D., J. Takahashi, T. Seno, Y. Tani and Takeshi Honda Analysis of receptor for Vibrio cholerae El tor hemolysin with a monoclonal antibody that recognizes glycophorin B of human erythrocyte membrane.
学術雑誌名 ページ 発行年
Infect. Immun. 67 ??? 5332-5337 1999

全著者名 論文名
Miyagi K., K. Sano, C. Morita, S. Imura, S. Morimatsu, T. Goto, Y. Nakano, K. Omura, Y. Matsumoto, K. Maeda, S. Hashimoto and Takesih Honda An improved method for detecting faecal Vibrio cholerae by PCR of the cholera toxin A gene.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Med. Microbiol. 48 ??? 883-889 1999

全著者名 論文名
Koike N., Y. Yabushita, Z-D. Yan, Tetsuya Iida and Takeshi Honda Increased sensitivity of cholera toxin detection by enzyme-linked immunosorbent assay with chemical immobilization of antibody onto nylon surface by providing hydrophobicity
学術雑誌名 ページ 発行年
Microbiol. Immunol. 43 ??? 1057-1060 1999

全著者名 論文名
Yoh Myonsun., E.K. Frimpong, S.P. Voravuthikunchai and Takeshi Honda Effect of subinhibitory concentrations of antimicrobial agents (quinolones and macrolide) on the production of verotoxin by enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7
学術雑誌名 ページ 発行年
Canad. J. Microbiol. 45 ??? 732-739 1999

全著者名 論文名
Matushiro A., K. Sato, H. Miyamoto, T. Yamamura and Takeshi Honda Induction of prophages of enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 with norfloxacin.
学術雑誌名 ページ 発行年
J.Bacteriol. 181 ??? 2257-2260 1999

全著者名 論文名
Honda Takeshi Fanctors influencing the development of hemolytic uremic syndrome caused by entrohemorrhagic Escherichia coli infection: from a questionnaire survey to in vitro experiment.
学術雑誌名 ページ 発行年
Pedictrics International 41 ??? 209-212 1999

全著者名 論文名
Makino K., K. Yokoyama, Y. Kkubota, C. H. Yutsudo, S. Kimura, K. Kurokawa, K. Ishii, M. Hattori, I. Tatsuno, H. Abe, Tetsuya Iida, K. Yamamoto, M. Onishi, T. Hayashi, T. Yasunaga, Takeshi Honda, C. Sasakawa and H. Shingawa Complete nucleotide sequence of the prophage VT2-Sakai carrying the verotxin 2 genes of the enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 derived from the Sakai outbreak
学術雑誌名 ページ 発行年
Genes Genet. Syst 74 ??? 227-239 1999

全著者名 論文名
Kodama T., K. Nagayama, K. Yamada, Y. Ohba, Yukihiro Akeda and Takeshi Honda Induction of apoptosis in human renal proximal tubular epithelial cells by Escherichia coli verocytotoxin 1 in vitro.
学術雑誌名 ページ 発行年
Med. Microbiol Immunol. 188 ??? 73-78 1999

全著者名 論文名
Kai E., S. Sawata, K. Ikubukuro, T. Iida, Takeshi Honda and I. Karube Detection of PCR products in solution using surface plasmon resonance
学術雑誌名 ページ 発行年
Analytical Chemistry 71 ??? 796-800 1999

全著者名 論文名
Makino K., K. Ishii, T. Yasunaga, M. Hattori, K. Yokoyama, C. H. Yutsudo, Y. Kubota, Y. Yamaichi, Tetsuya Iida, K. Yamamoto, Takeshi Honda, C-G. Han, E. Ohtsubo, M. Kasamatsu, T. Hayashi, S. Kuhara and H. Shinagawa Complete nucleo tide sequences of 93-kb and 3.3kb plasmids of an enterohemorrhagic Escherichia coli O157: H7 derived from Sakai outbreak
学術雑誌名 ページ 発行年
DNA Research 5 ??? 1-9 1998

全著者名 論文名
Iijima Y., M. Matsumoto, K. Higuchi, T. Furuta and Takeshi Honda Resistance to dryness of Escherichia coliO157: H7 strains from outbreak in Sakai city, Japan, 1996
学術雑誌名 ページ 発行年
Emerging Infect. Dis. 4 ??? 340-341 1998

全著者名 論文名
Nakano T., H. Kamiyama, N. Matubayashi, M. Watanabe, M. Sakurai and Takeshi Honda Diagnosis of bacterial enteric infections in children in Zambia.
学術雑誌名 ページ 発行年
Acta Paediatrica Japonica 40 ??? 259-263 1998

全著者名 論文名
Izumi R., M. Shimaoka, C. Nagaoka, M. Komaki, A. Mizutani, Myonsun Yoh, Takeshi Honda, N. Taenaka and I. Yoshiya The effectiveness of hand-disinfection by a flow water system using electrolytic products of sodium chloride, compared with a conventional method using alcoholic solution in an intensive care unit.
学術雑誌名 ページ 発行年
Critical Care, 2 ??? 79-80 1998

全著者名 論文名
Naka A., Tetsuya Iida, T. Ohara, K. Yamamoto, T. Miwatani and Takeshi Honda Nicking sites in A subunit of cholera toxin and Escherichia coli heat-labile enterotoxin for Vibrio choleraehemagglutinin/protease.
学術雑誌名 ページ 発行年
Toxicon 36 ??? 1001-1005 1998

全著者名 論文名
Iida Tetsuya, O. K. S. Park, O. Suthienkul, J. Kozawa, Y. Yamaichi, K. Yamamoto and Takeshi Honda Close proximity of the tdh, trh and ure genes on the chromosome of Vibrio parahaemolyticus.
学術雑誌名 ページ 発行年
Microbiology 144 ??? 2517-2523 1998

全著者名 論文名
Murata A., T. Shimazu, T. Yamamoto, N. Taenaka, K. Nagayama, Takeshi Honda, H. Sugimoto, M. Monden, N. Matuura and S. Okada Profiles of circulating inflammatory- and anti-inflammatory cytokines in patients with hemolytic uremic syndrome due to E. coli O157 infection
学術雑誌名 ページ 発行年
Cytokine 10 ??? 544-548 1998

全著者名 論文名
Koike N., K. Okada, Y. Yabushita, D. Y. Zhang, K. Yamamoto, T. Miwatani and Takeshi Honda Rapid and differential detection of two analogous enterotoxins of Vibrio cholerae and enterotoxigenic Escherichia coli by a modified enzyme-linked immunosorbent assay.
学術雑誌名 ページ 発行年
FEMS Immunol. Med. Microbiol. 17 ??? 21-25 1997

全著者名 論文名
Nagamune K., K. Yamamoto and Takeshi Honda Intramolecular chaperone activity of the pro-region of Vibrio cholerae E1 Tor cytolysin.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Biol. Chem. 272 2 1338-1343 1997

全著者名 論文名
Said S. M., Y. Iijima, W. K. William, K. Sang, A. K. Mwangudza, J.O. Oundo, K. Taga, M. Aihara, K. Nagayama, H. Yamamoto, P.G. Waiyaki and Takeshi Honda Epidemiological study on infectious diarrheal diseases in children in a coastal rural area of Kenya
学術雑誌名 ページ 発行年
Microbiol. Immunol, 41 10 773-778 1997

全著者名 論文名
Tang G., Tetsuya Iida, H. Inoue, M. Yutsudo, K. Yamamoto, Takeshi Honda A mutant cell line resistant to Vibrio parahaemolyticus thermostable direct hemolysin(TDH): its potential in identification of putative receptor for TDH.
学術雑誌名 ページ 発行年
Bioch. Biophys. Acta 1360 ??? 277-282 1997

全著者名 論文名
Tang G., Tetsuya Iida, K. Yamamoto and Takeshi Honda Analysis of functional domains of Vibrio parahaemolyticusthermostable direct hemolysin using monoclonal antibodies.
学術雑誌名 ページ 発行年
FEMS Microbiol. Lett. 150 ??? 289-296 1997

全著者名 論文名
Iida Tetsuya, O. Suthienkul, K-S. Rark, G-Q. Tang, R. Yamamoto, M. Ishibashi, K. Yamamoto and Takeshi Honda Evidence for genetic linkage between the ure and trh genes in Vibrio parahaemolyticus.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Med. Microbiol. 46 ??? 639-645 1997

全著者名 論文名
Sang W.K., J.O. Oundo, J.K. Mwituria, P.G. Waiyaki, Myonsun Yoh, Tetsuya Iida and Takeshi Honda Multidrug-resistant enteroaggregative Escherichia coli associated with persistent diarrhea in Kenyan children.
学術雑誌名 ページ 発行年
Emerging Infect. Dis. 3 ??? 373-374 1997

全著者名 論文名
Iida Tetsuya, A. Naka, O. Suthienkul, Y. Sakaue, R. L. Guerrant and Takeshi Honda Measurement of fecal lactoferrin for rapid diagnosis of enterohemorrhagic Escherichia coli infection
学術雑誌名 ページ 発行年
Clin. Infect. Dis. 25 ??? 167 1997

全著者名 論文名
Akeda Yukihiro, K. Nagayama, K. Yamamoto and Takeshi Honda Invasive phenotype of Vibrio parashaemolyticus.
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Infect. Dis. 176 ??? 822-824 1997

全著者名 論文名
Yoh Myonsun and Takeshi Honda The stimulating effect of fosfomycin, an antibiotic in common use in Japan, on the production/release of Verotoxin-1 from enterohaemorrhagic Escherichia coliO157:H7 in vitro.
学術雑誌名 ページ 発行年
Epidemiol. Infect 119 ??? 101-103 1997

全著者名 論文名
Yoh Myonsun. E.K. Frimpong and Takeshi Honda Effect of anitimicrobial agents, especially fosfomycin, on the production and release of Vero toxin by enterohaemorrhagic O157:H7.Escherichia coli
学術雑誌名 ページ 発行年
FEMS Immun. Med. Microbiol. 19 ??? 57-64 1997

全著者名 論文名
Sawata S., E. Kai, K. Ikebukuro, Tetsuya Iida, Takeshi Honda and I. Karube Novel detection system of injection analysis (1). The existence of significant relation between secondary structure of DNA and sensitivity in signal detection.
学術雑誌名 ページ 発行年
Nucleic Acids Symposium Series 37 ??? 247-248 1997

全著者名 論文名
Kai E., S. Sawata, K. Ikebukuro, Tetsuya Iida, Takeshi Honda and I. Karube Novel detection system of injection analysis (2). The distinctive properties of a novel system employing PNA(peptide nucleic acid)as a probe for specific DNA detection.
学術雑誌名 ページ 発行年
Nucleic Acids Symposium Series 37 ??? 321-322 1997

全著者名 論文名
Yoh Myonsun, K. Takagi, J. Eda, M. Ohtomo, Y. Takarada, S. Shibata and Takeshi Honda Evaluation of enzyme-labeled oligonucleotide probes to identify enterohaemorrhagic Escherichia coli.
学術雑誌名 ページ 発行年
Microbiol. Immunol. 41 ??? 879-882 1997

全著者名 論文名
Iida t. and Takeshi Hondonda Hemolysins produced by vibrios.
学術雑誌名 ページ 発行年
J.Toxicol-Reviews. 16 ??? 215-227 1997

全著者名 論文名
Yamada K., M. Shimaoka, K. Nagayama, T. Hiroi, H. Kiyono and Takeshi Ha Bacterial invasion induces interleukin-7 receptor expression in colonic epithelial cell line, T84
学術雑誌名 ページ 発行年
Eur. J. Imuunol. 27 ??? 3456-3460 1997.

全著者名 論文名
Anat A. Herskovits, Andrei Seluanov, Ricardo Rajsbaum, Corinne m. ten Hagen-Jongman, Tanja Henrichs, Elena S. Bochkareva, Gregory J. Philips, Francis J. Probst, Taiji Nakae, Michael Ehrmann, Joen Luirink, and Eitan Bibi Evidence for coupling of membrane targeting and fuction of thesignal recognition particle (SRP) receptor FtsY
学術雑誌名 ページ 発行年
EMBO reports 2 ??? 1040-1046 2001

全著者名 論文名
Lan Guan, and Taiji Nakae Identification of essential charged residues in transmembrane segments of the multidrug transporter MexB of Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Bacteriol. 183 ??? 1734-1739 2001

全著者名 論文名
Kohjiro Saito, Shima Eda, Hideaki Maseda, and Taiji Nakae Molecular mechanism of MexR-mediated regulation of MexAB-OprM efflux expression in Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
FEMS Microbiol. Letts. 195 ??? 23-28 2001

全著者名 論文名
Taiji Nakae, Kohjiro Saito, and Akira Nakajima Effect of sulbactam on anti-pseudomonal activity of beta-lactam antibiotics in cells producing various levels of the MexAB-OprM efflux pump and beta-lactamase
学術雑誌名 ページ 発行年
Microbiol. Immunol. 44 ??? 997-1001 2000

全著者名 論文名
Hideaki Maseda, Kohjiro Saito, Akira Nakajima, and Taiji Nakae Variation of the mexT gene, a regulator of the MexEF-OprN efflux pump expression in wild-type strains of Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
FEMS Microbiol. Letts. 192 ??? 107-112 2000

全著者名 論文名
Akira Nakajima, Yohko Sugimoto, Hiroshi Yoneyama, and Taiji Nakae Localizaiton of the outer membrane subunit OprM of resistance-nodulation-cell division family multicomponent efflux pump in Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Biol. Chem. 275 ??? 30064-30068 2000

全著者名 論文名
Hideaki Maseda, Hiroshi Yoneyama, and Taiji Nakae Assignment of the substrate-selective subunits of the MexEF-OprN multidrug efflux pump of Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
Antimicrob. Agents Chemother. 44 ??? 658-664 2000

全著者名 論文名
Hiroshi Yoneyama, Hideaki Maseda, Hiroshi Kamiguchi, and Taiji Nakae Function of the membrane fusion protein, MexA, of the MexA,B-OprM effflux pump in Pseudomonas aeruginosa without an anchoring membrane
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Biol. Chem. 275 ??? 4628-4634 2000

全著者名 論文名
Kiyomi Okamoto, Naomasa Gotoh, Hideto Tsujimoto, Hiroshi Yamada, Eisaku Yoshihara, Taiji Nakae, and Takeshi Nishino Molecular cloning and characterization of the oprQ gene coding for outer membrane protein OprE3 of Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
Microbiol. Immunol. 43 ??? 297-301 1999

全著者名 論文名
Monika Germ, Eisaku Yoshihara, Hiroshi Yoneyama, and Taiji Nakae Interplay between the efflux pump and the outer membrane permeability barrier in fluorescent dye accumulation in Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem. Biophys. Res. Commun. 261 ??? 452-455 1999

全著者名 論文名
Hajime Ikigai, Toshihisa Ono, Taiji Nakae, Hiroshi Otsuru, and Tadakatsu Shimamura Two forms of Vibrio cholerae O1 El Tor hemolysin derived from identical precursor potein
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem. Biophys. Acta, Biommbr. 1415 ??? 297-305 1999

全著者名 論文名
Taiji Nakae, Akira Nakajima, Toshihisa Ono, Kohjiro Saito, and Hiroshi Yoneyama Resistance to beta-lactam antibiotics in Pseudomonas aeruginosa by interplay between the MexA,B-OprM efflux pump and beta-lactamase
学術雑誌名 ページ 発行年
Antimicrob. Agents Chemother. 43 ??? 1301-1303 1999

全著者名 論文名
Kohjiro Saito, Hiroshi Yoneyama, and Taiji Nakae NalB-type mutaitons causing the over expression of the MexAB-OprM efflux pump are located in the mexR gene of Pseudomonas aeruginosa chromosome
学術雑誌名 ページ 発行年
FEMS Microbiol. Letts. 179 ??? 67-72 1999

全著者名 論文名
Lan Guan, Michael Ehrmann, Hiroshi Yoneyama, and Taiji Nakae Membrane topology of the xenobiotic-exporting subunit, MexB of the MexA,B-OprM extrusion pump in Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Biol. Chem. 274 ??? 10517-10522 1999

全著者名 論文名
Akira Nakajima, Mie Hoshikawa, and Taiji Nakae Antibiotic stress induces a large amount of outer membrane protein in Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
FEMS Microbiol. Letts. 165 ??? 261-265 1998

全著者名 論文名
Eisaku Yoshihara, Hiroshi Yoneyama, Toshihisa Ono, and Taiji Nakae Identification of the catalytic triad of the protein D2 protease in Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem. Biophys. Res. Commun. 247 ??? 142-145 1998

全著者名 論文名
Keiko Suzuki, Taiji Nakae, and Shigeki Mitaku Flocculation and membrane binding of outer membrane protein F, porin, at acidic pH
学術雑誌名 ページ 発行年
Jpn. J. Appl. Phys. 37 ??? 2074-2077 1998

全著者名 論文名
Hiroshi Yoneyama, Aydin Ocaktan, Naomasa Gotoh, Takeshi Nishino, and Taiji Nakae Subunit swapping in the Mex-extrusion pumps in Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem. Biophys. Res. Commun. 244 ??? 898-902 1998

全著者名 論文名
Taiji Nakae, Eisaku Yoshihara, and Hiroshi Yoneyama Multiantibiotic resistance caused by active drug extrusion in the hospital pathogen
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Infect. Chemother. 3 ??? 173-183 1997

全著者名 論文名
Takashi Kitahara, Hiroshi Yoneyama, and Taiji Nakae Antibiotic diffusion pathways in the outer membrne of Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem. Biophys. Res. Commun. 238 ??? 457-461 1997

全著者名 論文名
Aydin Ocaktan, Hiroshi Yoneyama, and Taiji Nakae Use of fluorescence probes to monitor function of the subunit proteins of the Mex-A-MexB-OprM drug extrusion machinery in Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
J. Biol. Chem. 272 ??? 21964-21969 1997

全著者名 論文名
Hiroshi Yoneyama, Aydin Ocaktan, Masataka Tsuda, and Taiji Nakae The role of mex-gene products in antibiotic extrusin in Pseudomonas aeruginosa
学術雑誌名 ページ 発行年
Biochem. Biophys. Res. Commun. 233 ??? 611-618 1997

全著者名 論文名
Taiji Nakae Multiantibiotic resistance caused by active drug extrusion in Pseudomonas aeruginosa and other gram-negative bacteria
学術雑誌名 ページ 発行年
Microbiologia 13 ??? 273-284 1997

全著者名 論文名
Hajime Ikigai, Toshihisa Ono, Masashi Iwata, Taiji Nakae, and Tadakatsu Shimamura El Tor hemolysin of Vibrio cholerae O1 forms channels in planar lipid bilayer membranes
学術雑誌名 ページ 発行年
FEMS Microbiol. Letts. 150 ??? 249-254 1997

全著者名 論文名
Jumpei Murakami, Shigetada Kawabata, Yutaka Terao, Ken Kikuchi, Kyoichi Totsuka, Ichiro Nakagawa, Ichijiro Morisaki, Shigeyuki Hamada Distribution of emm genotypes and superantigen genes of Streptococcus pyogenes isolated in Japan from 1994 to 1999
学術雑誌名 ページ 発行年
Epidemiol. Infect. In press ??? ??? ??? 2002

全著者名 論文名
Yutaka Terao, Shigetada Kawabata, Eiji Kunitomo, Ichiro Nakagawa, and Shigeyuki Hamada Novel laminin-binding protein of Streptococcus pyogenes, Lbp, is involved in adhesion to epithelial cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Infect. Immun. 70 2 993-997 2002

全著者名 論文名
Yutaka Terao, Shigetada Kawabata, Eiji Kunitomo, Jumpei Murakami, and Shigeyuki Hamada Fba, a novel fibronectin-binding protein from Streptococcus pyogenes, promotes bacterial entry into epithelial cells, and the fba gene is positively transcribed under the Mga regulator
学術雑誌名 ページ 発行年
Mol. Microbiol. 42 1 75-86 2001

全著者名 論文名
Shigefumi Okamoto, Shigetada Kawabata, Ichiro Nakagawa, and Shigeyuki Hamada Administration of superantigens protects mice from lethal Listeria monocytogenes infection by enhancing cytotoxic T cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Infect. Immun. 69 11 6633-6642 2001

全著者名 論文名
Ichiro Nakagawa, Masanobu Nakata, Shigetada Kawabata, and Shigeyuki Hamada Cytochrome c-mediated caspase-9 activation triggers apoptosis in Streptococcus pyogenes-infected epithelial cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Cell. Microbiol. 3 6 395-405 2001

全著者名 論文名
Shigetada Kawabata, Eiji Kunitomo, Yutaka Terao, Ichiro Nakagawa, Kenichi Kikuchi, Kyoichi Totsuka, and Shigeyuki Hamada Systemic and mucosal immunizations with fibronectin-binding protein FBP54 induce protective immune responses against Streptococcus pyogenes challenge in mice
学術雑誌名 ページ 発行年
Infect. Immun. 69 2 924-930 2001

全著者名 論文名
Ichiro Nakagawa, Masanobu Nakata, Shigetada Kawabata, and Shigeyuki Hamada Regulated expression of the Shiga toxin B gene induces apoptosis in mammalian fibroblastic cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Mol. Microbiol. 33 6 1190-1199 1999

全著者名 論文名
Shigetada Kawabata, Hirotaka Kuwata, Ichiro Nakagawa, Shinichi Morimitsu, Koichi Sano, and Shigeyuki Hamada Capsular hyaluronic acid of group A streptococci hampers their invasion into human pharyngeal epithelial cells
学術雑誌名 ページ 発行年
Microb. Pathog. 27 2 71-80 1999         

B.国際会議発表論文(International Conferences)
全著者名 論文名
Tetsuya Iida Pathogenesis and genome of Vibrio parahaemolyticus.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 3rd Forum for Human Infectious Diseases of the 21st CenturySenri Life Science Center, Osaka ??? ??? 2002

全著者名 論文名
Tetsuya. Iida, H. Nasu, A. Hattori, K. Tagomori, T. Sugahara, Y. Akeda, K. Yokoyama, K. Makino, H. Shinagawa and Takeshi. Honda A filamentous phage associated with recent pandemic Vibrio parahaemolyticus strains.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
36 th U.S.-Japan Cholera and Other Bacterial Enteric Infections Joint Panel Meeting, Osaka. ??? ??? 2001

全著者名 論文名
Tetsuya Iida Pathogenesis of Vibrio parahaemolyticus.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Functional Genomics Conference of the US-Japan Cooperative Medical Sciences Program, Princeton University ??? ??? 2001

全著者名 論文名
Tetsuya Iida Educational Lecture "Bacterial gastroenteritis in the subtropical region"
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
JIMTEF Symposium, 1st AAMLS (Asia Association of Medical Laboratory Scientists) Congress, Mutiara, K ??? ??? 2001

全著者名 論文名
Tetsuya Hayashi, Makoto Ohnishi, Keisuke Nakayama, Takahiro Murata, Kozo Makino, Katsuhi Yokoyama, Hideo Shinagawa, Ken Kurokawa, Teruo Yasunaga, Masahiro Hattori, Satoru Kuhara, Tetsuya Iida, Takeshi Honda, Satoru Tobe, and Chihiro Sasakawa Complete genome sequence of an enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 Sakai strain.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
36 th U.S.-Japan Cholera and Other Bacterial Enteric Infections Joint Panel Meeting, Osaka ??? ??? 2001

全著者名 論文名
Takeshi Honda V. parahaemolyticus.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
6th International Conference on Emerging Infectious Diseases in the Pacific Rim Manila ??? ???. 2001

全著者名 論文名
Takeshi Honda Pathogenesis of Vibro parahaemolyticus food poisoning.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The Awaji International forum on infection and immunity., Awaji ??? ??? 2001

全著者名 論文名
Tetsuya Iida Pathogenesis and genome of Vibrio parahaemolyticus.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 5th Korea-Japan International Symposium on Microbiology 2000, TEMF Kyongju Hotel, ??? ??? 2000

全著者名 論文名
H. Nasu, Tetsuya Iida, T. Sugahara, Y. Yamaichi, K.-S. Park, K. Yokoyama, K. Makino, H. Shinagawa and Takeshi Honda A filamentous phage associated with recent pandemic Vibrio parahaemolyticus O3:K6 strains.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
100 th ASM General Meeting, Los Angeles ??? ??? 2000

全著者名 論文名
Kenichi Tagomori, Tetsuya Iida, Takeshi Honda Physical map of the chromosome of Kanagawa-phenomenon positive Vibrio parahaemolyticus KXV237.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 5th Korea-Japan International Symposium on Microbiology 2000, TEMF Kyongju Hotel, ??? ??? 2000

全著者名 論文名
Kozo Makino, Katsushi Yokoyama, Tetsuya Hayashi, Makoto Ohnishi, Masahiro Hattori, Teruo Yasunaga, Ken Kurokawa, Takeshi Honda, Tetsuha Iida, Chihiro Sasakawa, Hideo Shinagawa Geneme analysis of the E. coli O157:H7 strain from Sakai outbreak.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Plenary Session 5, 4th International Symposium and workshop on "Shiga toxin (verocytotoxin) producing Escherichia coli Infections", Kyoto, Japan ??? ??? 2000

全著者名 論文名
Tetsuya Hayashi, Makoto Ohnishi, Takahiro Murata, Keisuke Nakayama, Hideo Shinagawa, Kozo Makino, Katsushi Yokoyama, Teruo Yasunaga, Ken Kurokawa, Masahiro Hattori, Satoru Kuhara, Takeshi Honda, Tetsuha Iida, Chihiro Sasakawa, Toru Tobe Complete genome sequence of the VTEC O157:H7 Sakai strain.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
4th International Symposium and workshop on "Shiga toxin (verocytotoxin) - producing Escherichia coli Infections", Kyoto, Japan ??? ??? 2000

全著者名 論文名
Takeshi Honda Bacteriological insight int effects of antimicrobial agents on Vero Tokin production of VTEC.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Satellite Luncheon Seminar VTEC2000, Kyoto ??? ??? 2000

全著者名 論文名
Akira Takahashi, Y. Sato, N. Kenjyo, Tetusya Iida and Takeshi Honda Effects of themostable direct hemolysin of Vibrio parahaemolyticus to ion transport of cells.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
35 th U.S.-Japan Cholera and Other Bacterial Enteric Infections Joint Panel Meeting, Baltimore. ??? ??? 1999

全著者名 論文名
Tetsuya Iida, K.-S. Park, K. Tagomori, Y. Yamaichi, H. Nasu and Takeshi Honda DNA regions flanking toxin genes of Vibrio parahaemolyticus.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
35 th U.S.-Japan Cholera and Other Bacterial Enteric Infections Joint Panel Meeting, Baltimore. ??? ??? 1999

全著者名 論文名
Yamaichi Y, Tetsuya Iida, K-S, Park, K. Yamamoto and Takeshi Honda Physical and genetic map of the genome of Vibrio parahaemollticus( Presence of two chromosomes in Vibrio species.)
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Thirty-fourth Joint Confernece on Cholera and Other Bactrial Enteric Infcections Panel, Nov. Shonan Village ??? ??? 1998

全著者名 論文名
Nagayama K, K. Yamada, S. Kojima, Itaru Yanagihara and Takeshi Honda Verocytotoxin 1 induces endothelin-1 production in cultured human glomeular endothelial cells.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Thirty-fourth Joint Confernece on Cholera and Other Bactrial Enteric Infcections Panel, Shonan Village ??? ??? 1998

全著者名 論文名
Yamamoto T, K. Nagayama, K. Stomura, Study Group of Enterohemorrhagic Escherichia coli Infection in Osaka Prefecture, T. Honda and S. Okada Predictive factors for the onset of Hemolytivc Uremic Syndrome(HUS) associated with Escherichia coli O157 infecton: Evidence for the important role of serum cytokine and endothelin levels in the pathogenesis of HUS.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Thirty-fourth Joint Confernece on Cholera and Other Bactrial Enteric Infcections Panel, Shonan Village ??? ??? 1998

全著者名 論文名
Makino K, T. Ishiii, M. Hattori, K. Yokoyama, K. Kurokawa, Tetsuya Iida, Takeshi. Honda, T. Hayashi, S. Kuhara, C.Sasakawa and H. Shinagawa Genome analysis of enterohemorrhagic Escherichia coli O157 :H7 (Sakai).
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Thirty-fourth Joint Confernece on Cholera and Other Bactrial Enteric Infcections Panel, Shonan Village ??? ??? 1998

全著者名 論文名
K.-S. Park, Tetuya Iida, Y. Yamaichi, K. Yamamoto and Takeshi Honda Analysis of virulence factor genes of Vibrio parahaemolyticus.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 4th Japan-Korea International Symposium on Microbiology 1998., Tokushima. ??? ??? 1998

全著者名 論文名
Yoshiharu Yamaichi, Tetsuya Iida, Kwon-Sam Park, Koichiro Yamamoto and Takeshi Honda Physical and genetic map of the genome of Vibrio parahaemolyticus: Presence of two chromosome in Vibrio species.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
34th Joint Conference of US-Japan Medical Program cholera Panel. Yokohama ??? ??? 1998

全著者名 論文名
Dongyan Zhang, Itaru Yanagihara, Tetsuya Iida and Takeshi Honda Analysis of the El Tor hemolysin receptor with a monoclonal antibody that recognizes human erythrocyte membrane molecule.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
34th Joint Conference of US-Japan Medical Program cholera Panel. Yokohama, ??? ??? 1998.

全著者名 論文名
Honda Takeshi 0utlines of a large of enterohaemorrhagic Escherichia coli 0157:H7 infections experienced in Japan in 1996 and a brief description of the pathogenesis of the E. coli.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
8th Asian Conference on Diarrhoeal Diseases, Indonessia ??? ??? 1997

全著者名 論文名
Honda Takeshi Enterohemorrhagic Escherichia coli (EHEC) .
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
International Conference on Emerging Infectious Diseases in the Pacific Rim, Bangkok. ??? ??? 1997

全著者名 論文名
Akeda Yukihiro, K. Nagayama, K. Yamamoto and Takeshi Honda Analysis of adherence and invasion of Vibrio parahaemolyticus.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
33th U.S.-Japan Cholera and Related Diarrheal Diseases. Adams Park Hotel, Cl ??? ??? 1997

全著者名 論文名
Yamada K., M. Shimaoka, K. Nagayama, T. Hiroi, H. Kiyono and Takeshi Honda Bacterial invasion induces interleukin 7(IL-7) receptor expression in colonic epithelial cell line, T84.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
33th U.S.-Japan Cholera and Related Diarrheal Diseases. Adams Park Hotel, Cl ??? ??? 1997

全著者名 論文名
Tetsuya Iida and Takeshi Honda Bacterial infection and inflammatory responses.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
33rd Joint Conference of US-Japan Medical Program cholera Panel. St. Petersburg, Flo ??? ??? 1997

全著者名 論文名
Honda Takeshi Pathogenesis of enterohaemorrhagic Escherichia coli.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
6th China-Japan Microbiology Conference, Peking, China ??? ??? 1997

全著者名 論文名
Honda Takeshi Enterohemorrhagic Escherichia coli.
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
French-Japanease Workshop on emerging bacterial diseases. Maison Franco-Japona ??? ??? 1997

全著者名 論文名
S. Sawata, E. Kai, K. Ikebukuro, Tetsuya Iida, Takeshi Honda and I. Karube Novel detection system of flow injection analysis (1) --- The existence of significant relation between secondary structure of DNA and sensitivity in signal detection
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
??? Rikkyo University ??? ??? 1997

全著者名 論文名
E. Kai, S. Sawata, K. Ikebukuro, Tetsuya Iida, Takeshi Honda and I. Karube Novel detection system of flow injection analysis (2) --- The distinctive properties of novel system employing PNA (Peptide Nucleic Acid) as a probe for specific DNA detection
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
??? Rikkyo University ??? ??? 1997

全著者名 論文名
Taiji Nakae, Lan Guan, Hiroshi Yoneyama, and Akira Nakajima Topological localizaiton of the subunit proteis of the three-component RND-efflux pump MexAB-OprM in Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Bios 2002, Biomedical Optics San Jose, Calif. 4625-18 51 2002

全著者名 論文名
Taiji Nakae, Lan Guan, Hiroshi Yoneyama, and Akira Nakajima Topological localizaiton of the susbunit protiens of three-component RND-efflux pump, MexAB-OprM, in Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
New Perspectives in Transporter Biology FASEB Summer Seminar Tucson, Arizona ??? 18 2001

全著者名 論文名
Taiji Nakae Active efflux of antibiotics and multidrug resistance in Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Symposium on Antimicrobial Agents and Resistance 3rd ISAAR 2001 Symposium Seoul, Korea ??? 117 2001

全著者名 論文名
Taiji Nakae, Lan Guan, Hiroshi Yoneyama, and Akira Nakajima MexAB-MexM:Multidrug efflux transpoter of Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
The 4th Sanken International Symposium Biological Molecular Machines and Bio-devices Osaka, Japan 4 47 2001

全著者名 論文名
Masayuki Yamato, Hiroshi Yoneyama, Taiji Nakae, and Fusao Ota Preparation and epitope mapping of monoclonal antibiodies to MexA protein of mexA,B-OprM efflux pump in Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
7th China-Japan intern. Cong. Microbiol. Beijing, China ??? ??? 2000

全著者名 論文名
Taiji Nakae Role of the charged amino acid residiues in the transmembrane segments of RND-transporter, MexB, of Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Gordon Res. Conf., Membrane Transporter Proteins New London, Conn. ??? ??? 2000

全著者名 論文名
Hiroshi Yoneyama, Hideaki Maseda, Hiroshi Kamiguchi, and Taiji Nakae Funtion of the unbound membrane fusion protein, MexA, of the RND efflux pump in Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
100th General Meeting AMS Los Angeles, Calif. ??? 51 2000

全著者名 論文名
Taiji Nakae, Akira Nakajima, Yohko Sugimoto, and Hiroshi Yoneyama Localization and function of the outer membrane subunit, OprM, of the RND efflux pump in Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
100th General Meeting AMS Los Angeles, Calif. ??? 51 2000

全著者名 論文名
Hiroshi Yoneyama, Robert Jeffer, Taiji Nakae, and Xiaohong Nancy Xu Probing subunit interactions of multiantibiotic efflux pump in Pseudomonas aeruginosa using electrochemiluminescence
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
PITTCON 2000 New Orlens, Missouri ??? 864 2000

全著者名 論文名
Taiji Nakae Structural basis of antibiotic efflux pump and the resistance
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
French-Japanese Workshop on Molecular Aspects of Biology Paris, France ??? ??? 1999

全著者名 論文名
Taiji Nakae, Akira Nakajima, Toshihisa Ono, Kohjiro Saito, and Hiroshi Yoneyama Interplay between the efflux pump and beta-lactamase in the beta-lactam resistance in Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Resistance to Antimicrobial Agents, International Society of Chemotherapy Monte Carlo, Monaco ??? 8 1999

全著者名 論文名
Hideaki Maseda, Hiroshi Yoneyama, and Taiji Nakae The beta-lactam hypersusceptibility of the nfxC mutant of Pseudomonas aeruginosa does not rely on the property of MexEF-OprN efflux pump
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
39th ICAAC San Francisco, Calif ??? 95 1999

全著者名 論文名
Monika Germ, Aydin Ocaktan, Hiroshi Yoneyama, and Taiji Nakae Importance of the outer membrane barrier in the efflux pump-mediated lowering of intracellular substrate concentration in Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
39th ICAAC San Francisco, Calif ??? 95 1999

全著者名 論文名
Taiji Nakae, Michael Ehrmann, Hiroshi Yoneyama, and Lan Guan Membrane topology of the xenobiotic-exporting subunits, MexA and MexB, of the MexA,B-OprM extrusion pump in Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
"Ligand Recognition and Molecular Gating" Gordon Research Conference Ventura, Calif. ??? ??? 1999

全著者名 論文名
Taiji Nakae, Hiroshi Yoneyama, and Aydin Ocaktan The repercussions of deleting the subunit components of the MexA-MexB OprM pump of Pseudomonas aeruginosa on the antibiotic suceptibility and dye extrusion
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Gordon Research Conference, Membrane Transporters Tilton, New Hampshar ??? ??? 1998

全著者名 論文名
Lan Guan, Michael Ehrmann, Hiroshi Yoneyama, and Taiji Nakae Topology of the drug extrusion pump, MexB, in Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
38th ICAAC San Diego, Calif. ??? C-121 1998

全著者名 論文名
Hiroshi Yoneyama, Aydin Ocaktan, and Taiji Nakae The subunit exchange of the outer membrane components in the Mex-extrusion pump in Pseudomonas aeruginosa
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
2nd European Congress of Chemotherapy Hamburg, Germany ??? T223 1998

全著者名 論文名
Taiji Nakae Multidrug resistant Pseudomonas aeruginosa and drug extrusion
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Forum Franco-Japonais sur les sciences du viviant Tokyo ??? ??? 1997

全著者名 論文名
Shigetada Kawabata, Jumpei Murakami, Yutaka Terao, Ichiro Nakagawa, and Shigeyuki Hamada Distribution of Streptococcus pyogenes superantigen is associated with clinical status
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of the XIV Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases Auckland, New Zeala ??? 175-178 1999

全著者名 論文名
Yutaka Terao, Shigetada Kawabata, Eiji Kunitomo, Ichiro Nakagawa, and Shigeyuki Hamada Immunization of mice with streptococcal fibronectin binding protein
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of the XIV Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases Auckland, New Zeala ??? 451-453 1999

全著者名 論文名
Ichiro Nakagawa, Keiji Kimura, Masanobu Nakata, Hirotaka Kuwata, Shigetada Kawabata, and Shigeyuki Hamada Effect of receptor globulins on invasive group A streptococcal infection
会議名 開催場所 論文番号 ページ 発行年
Proceedings of the XIV Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases Auckland, New Zeala ??? 595-599 1999

C.著書(Books)
全著者名 書名
本田武司 細菌感染症をめぐって---現状と展望、「感染症研究の今」(本田武司、生田和良、堀井俊宏 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
大阪大学出版会 大阪 4-87259-120-8 p1−6 2001

全著者名 書名
本田武司 概説U 細菌毒素の構造と作用。腸炎ビブリオの耐熱性溶血毒。「細菌毒素ハンドブック」(櫻井 純、本田武司、小熊恵二 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
サイエンスフォーラム 東京 4-916164-54-7 p10−16、p463−469 2001

全著者名 書名
本田武司、飯島義雄( 「あなたを狙う感染症」
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
p1-251、小学館 東京 4-09-387307-0 C0095 p1-251 2000

全著者名 書名
本田武司 「病原菌はヒトより勤勉で賢い」
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
p1-205、三五館 東京 4-88320-193-7 C0040 p1-205 2000

全著者名 書名
本田武司 腸管出血性大腸菌(O-157:H7)。「感染症」(一山 智、丸山征郎 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
メディカルビュー社 東京 4-89600-323-3 C304 p203-210 2000

全著者名 書名
本田武司、田中美智男、山中喜代治 院内感染関連微生物学 「院内感染対策テキスト」(厚生省健康政策局 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
へるす出版 東京 4-89269-224-7 p2-39 2000

全著者名 書名
本田武司 第4編 細菌学各論 (2)グラム陰性通性嫌気性桿菌 A.腸内細菌科、B.ビブリオ科。「シンプル微生物、改訂3版学」(東 政伸、小熊恵二 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
南江堂 東京 4-524-21804-7 C3047 118-136 2000

全著者名 書名
本田武司 「食中毒の科学」
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
裳華房 東京 4-7853-8725-4 C0047 p1-144 2000

全著者名 書名
服部景子、本田武司 環境感染症としてのVRE対策は?「バンコマイシン耐性菌戦略Q&A」(公文裕巳 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
医薬ジャーナル社 ??? 4-7532-1864-3 C3047 p123-124 2000

全著者名 書名
本田武司 腸内細菌科の細菌。「微生物学」(畑中正一、嶋田甚五郎 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
文光堂 東京 4-8306-0511-1 C3047 p237-260 1999

全著者名 書名
谷口 暢、杤久保邦夫、本田武司 下痢性大腸菌ワクチン開発の現状。「ワクチン最前線V」(高橋理明、神谷 斎 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
医薬ジャーナル社 大阪 4-7532-1780-9 C3047 p120-127 1999

全著者名 書名
本田武司 菌体外蛋白毒素。広範囲 血液・尿化学検査、免疫学的検査(3)−その数値をどう読むか−
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
「日本臨床、1999年増刊号」 東京 ??? p180-184 1999

全著者名 書名
本田武司 腸炎ビブリオ食中毒の発症機序。「腸内フローラと細菌性食中毒」(光岡知足 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
学会出版センター 東京 4-7622-2934-2 C3347 p71-82 1999

全著者名 書名
本田武司 2.基本手技「外科・救急処置」:食中毒。「臨床研修イラストレイテッド」(奈良信雄 編集)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
羊土社 東京 ??? p119-120 1998

全著者名 書名
本田武司 腸炎ビブリオ「食中毒予防必携」。(厚生省生活衛生局 監修)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
社団法人 日本食品衛生協会 東京 00 p104-130 1998

全著者名 書名
本田武司 食中毒・その他。「学校保健用語辞典」。(大山良徳 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
東山書房 東京 4-8278-1098-2 C2537 ??? 1998

全著者名 書名
本田武司 細菌毒素 他。「生化学辞典」。(今堀和友、山川民夫 監修)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
東京化学同人 東京 4-8079-0480-9 C3547 ??? 1998

全著者名 書名
本田武司 感染症は今−O157騒動から食中毒を考える。「第30回大阪大学開放講座」。(運営委員会 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
大阪大学 大阪 ??? p113-118 1998

全著者名 書名
本田武司 細菌毒素と毒素産生菌感染症「毒素産生菌とその感染症」(竹田美文、本田武司 編
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
医薬ジャーナル社 大阪 4-7532-1706-XC3047 p10-27 1998

全著者名 書名
本田武司、上田成子 「食中毒 予防と対処のすべて」
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
法研 東京 ISBN4-87954-190-7 1-212 1997

全著者名 書名
本田武司 現代食と食中毒「健康をつくる食生活、安全でからだに合った食のとり方」
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
(財)明治生命厚生事業団 東京 00 p73-104 1997

全著者名 書名
本田武司 食中毒、輸入細菌感染症、新型コレラ。「ウイルス・細菌感染newファイル」(永井美之、渡邉治雄 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
羊土社 東京 ??? p180-184 1997.

全著者名 書名
本田武司、宮城和文 新型コレラ−Vibrio cholerae O139。最新内科学体系、「感染症」(井村祐夫、尾形悦郎、高久史磨、垂井清一郎 監修)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
中山書店 東京 4-521-40851-6 C3347 p221-228 1997

全著者名 書名
本田武司 コレラ、エルシニア感染症、ブルセラ症(波状熱)。「現代内科学(黒川 清、斎藤英彦、矢先義雄 編)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
金芳堂 京都 4-7653-0874-X p2172-2173、p2180、 1997

全著者名 書名
本田武司 病原性大腸菌 その他。「医学大辞典」。(鈴木 肇 編集代表)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
南山堂 ??? 4-525-01422-9 ??? 1997

全著者名 書名
川端重忠,浜田茂幸 口腔微生物学・免疫学(編者:浜田茂幸)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
医歯薬出版 東京 ISBN4-263-45473-1 88-94 2000

全著者名 書名
Shigetada Kawabata,Shigeyuki Hamada Kokubiseibutsugaku Menekigaku(Editor:Shigeyuki Hamada)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Ishiyaku Publishers, Ins. Tokyo ISBN4-263-45473-1 88-94 2000

全著者名 書名
川端重忠,浜田茂幸 口腔微生物学・免疫学(編者:浜田茂幸)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
医歯薬出版 東京 ISBN4-263-45473-1 173-177 2000

全著者名 書名
Shigetada Kawabata,Shigeyuki Hamada Kokubiseibutsugaku Menekigaku(Editor:Shigeyuki Hamada)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Ishiyaku Publishers, Ins. Tokyo ISBN4-263-45473-1 173-177 2000

全著者名 書名
中川一路,浜田茂幸 口腔微生物学・免疫学(編者:浜田茂幸)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
医歯薬出版 東京 ISBN4-263-45473-1 106-120 2000

全著者名 書名
Ichiro Nakagawa,Shigeyuki Hamada Kokubiseibutsugaku Menekigaku(Editor:Shigeyuki Hamada)
出版者名 出版場所 ISBN番号 ページ 発行年
Ishiyaku Publishers, Ins. Tokyo ISBN4-263-45473-1 106-120 2000


戻る